本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

プレスリリース

ホーム > 研究所 > 研究実績 > プレスリリース

プレスリリース

図表

分子基盤研究部の篠原充副部長と里直行部長がアルツハイマー病脳における病因物質であるタウ蓄積の正確かつ簡便な測定法を開発―バイオマーカーへの応用が期待

2021年7月20日

zu

統合神経科学研究部の田口明子部長らは、インスリン作用経路分子の欠損変異が2型糖尿病とともに認知機能障害を誘導することを発見しました

2021年7月8日

ロボット臨床評価研究室 吉見研究員・加藤室長の論文が「Geriatrics & Gerontology International」誌に掲載されました

2021年6月18日

分子基盤研究部の篠原充副部長と里直行部長のグループが糖尿病の寿命への影響はAPOE遺伝子型で異なることを発見

2021年6月9日

20210507

認知症先進医療開発センターの関谷倫子副部長と飯島浩一部長(神経遺伝学研究部)が共同責任著者の論文が米国科学誌「STAR protocols」に掲載されました

2021年05月07日

分子基盤研究部の鈴木香研究員、篠原充副部長、里直行部長らが、脳血管障害で発現増加する遺伝子を欠損させることにより グリア細胞の増殖がより顕著になることを発見

2021年04月06日

新規の日本人アルツハイマー病関連遺伝子座位群を発見

2021年03月03日

分子基盤研究部の篠原充室長、里直行部長らによる、肥満・糖尿病とアルツハイマー病の合併で特異的に発現増加する遺伝子の同定

2021年03月03日

ロボット臨床評価研究室 吉見研究員,加藤室長の論文が「Geriatrics & Gerontology International」誌に掲載されました

2021年01月14日

血液検査によるアルツハイマー病変の検出法が製品化され、医療機器承認を取得しました

2020年12月11日

臨床ゲノム解析推進部の重水大智ユニット長らの論文がAlzheimer's Research and Therapyに掲載されました

2020年11月26日

アルツハイマー病研究部の関谷室長,権研究員,飯島部長の論文が米国科学誌「Neuron」に掲載されました

2020年11月25日

統合加齢神経科学研究部田口明子部長の共同研究論文が「Molecular Psychiatry」誌に掲載されました

2020年11月19日

組織恒常性研究PT 赤木一考PLの論文が「Scientific Reports」誌に掲載されました

2020年11月05日

アルツハイマー病研究部の飯島浩一部長が共著のアルツハイマー病関連遺伝子変異とタウタンパク質蓄積メカニズムに関する論文がThe Journal of Biological Chemistry誌に掲載されました

2020年11月02日

臨床ゲノム解析推進部の尾崎浩一部長が共著の虚血性心疾患の遺伝的要因解明に関する論文がNature Genetics誌に掲載されました

2020年10月09日

今井老化制御研究部長が東京医科大学との共同研究で新しいインスリン分泌促進機構を発見しました

2020年09月09日

小木曽実験動物管理室長が共同研究者として参加した「神経筋接合部の形成増強による老齢マウスの運動機能の改善」に関する研究成果がiScienceに掲載されました

2020年08月17日

メディカルゲノムセンターの研究チームは血中の網羅的な遺伝子発現解析から 早期アルツハイマー病診断マーカー候補を発見しました

2020年7月20日

血液検査による認知症診断の実用化を目指し、産学連携の多施設共同研究を開始致しました

2020年06月23日

メディカルゲノムセンターが参加した大規模ゲノム解析研究の成果が Nature Genetics に掲載されました

2020年06月11日

分子基盤研究部の篠原充室長、里直行部長のグループは糖尿病の認知機能への影響がAPOE遺伝子型で異なることを見出しました

2020年02月17日

遺伝子ネットワーク解析によりアルツハイマー病発症メカニズムの一端を解明

2020年02月04日

分子基盤研究部の篠原充室長、里直行部長らは共同研究にて肥満・糖尿病とアルツハイマー病の両方を持つマウスを作製し原因物質であるβアミロイドが肥満・糖尿病マウスにおいて寿命をさらに短くすることを証明しました

2019年12月25日

統合加齢神経科学研究部の田口明子部長らが、脳インスリンシグナルの変化は、2型糖尿病および老化に伴うアミロイド非依存型の認知機能低下に連動する一方、アルツハイマー病では、認知機能低下以前のアミロイド上昇に関与することを解明しました

2019年08月22日

アルツハイマー病の発症リスクを高める日本人特有の遺伝子変異を発見

2019年6月20日

中枢性老化・睡眠制御研究プロジェクトチームとワシントン大学医学部(ミズーリ州セントルイス)の共同研究成果が、Cell Metabolismに掲載されました

2019年06月18日

次世代アルツハイマー病モデルマウスの行動解析から、認知機能の低下には、アミロイド斑の形成と神経炎症がかかわることを見出しました

2019年04月24日

Ⅱ型糖尿病がアルツハイマー病の主病変蛋白質であるAβの蓄積を加速化させるメカニズムを解明しました

2019年04月12日

血中マイクロRNAを用いた認知症発症リスク予測モデルの構築

2019年02月25日

国立長寿医療研究センターと島津製作所など、アルツハイマー病変検出法を用いて約2,000の血液検体の分析を開始

2019年01月31日

老化機構研究部の丸山光生部長らが、キリン株式会社との共同研究で、乳酸菌の摂取により、加齢による腸の炎症や網膜神経節細胞死が抑制されることを見いだしました

2018年11月27日

組織恒常性研究プロジェクトチームの赤木一考プロジェクトリーダーらが、食餌制限によって腸管バリア機能が維持されるメカニズムの一端を明らかにしました

2018年11月06日

檜垣小百合研究員(データ管理部)らの「アルツハイマーモデルにおけるmiR-200b/cの機能解析」に関する論文が、米国科学雑誌PLoS Oneオンライン版に掲載されました

2018年06月05日

アルツハイマー病の原因タンパク質Aβの重合促進に働く糖脂質ガングリオシドをショウジョウバエの脳に発現させることにはじめて成功しました

2018年05月30日

重水大智ユニット長が共著者の「疾患に関連する変異の割合とその効果サイズを推定する手法」に関する研究論文が、Frontiers in Genetics誌に掲載されました

2018年05月11日

遺伝統計解析ユニットの重水大智ユニット長の「正確な中間サイズのゲノムへのDNA塩基配列挿入・欠失同定手法の開発」に関する研究論文が、英科学雑誌Scientific Reportsオンライン版に掲載されました

2018年04月12日

ショウジョウバエを用いた研究から、アルツハイマー病における神経細胞死への感受性に関与するメカニズムの一端を明らかにしました

2018年03月19日

脳機能画像診断開発部の中村室長を代表とするMULNIAD studyグループの研究成果が、英国専門誌 BRAIN のonline版に掲載されました

2018年03月08日

アルツハイマー病変の早期検出法を血液検査で確立 -アルツハイマー病治療薬、予防薬開発の加速に貢献が期待-

2018年02月01日

国立長寿医療研究センターと国立大学法人東北大学 東北メディカル・メガバンク機構が共同研究契約を締結

2017年10月18日

口腔疾患研究部の松下健二部長らのグループが、歯周病がアルツハイマー病の危険因子となる可能性についての論文を発表しました

2017年09月26日

臨床ゲノム解析推進部 永田有希研究員らの正常圧水頭症マーカーに関する論文がMolecular Medicine Reports オンライン版に掲載されました

2017年07月19日

メディカルゲノムセンターの新飯田俊平センター長が共著者の「脳血管系のペリサイトの由来」に関する論文が 英科学雑誌 Scientific Reports オンライン版に掲載されました

2017年06月21日

アルツハイマー病研究部の関谷倫子研究員と飯島浩一発症機序解析研究室長の論文が米国科学誌「Developmental Cell」誌に掲載されました。

2017年06月21日

中枢性老化・睡眠制御研究プロジェクトチームの佐藤亜希子プロジェクトリーダーが、個体の老化に対する脳の役割についての総説を発表しました

2017年06月09日

数理モデルを使った乳がんの術後の生存・再発の予後予測を可能にするという臨床ゲノム解析推進部の重水大智ユニット長らの研究論文が、米国の専門誌Cancer Medicineに掲載されました

2017年06月08日

臨床ゲノム解析推進部の尾崎浩一部長が共著の心房細動感受性遺伝子群の同定に関する論文がNature Genetics誌 に掲載されました

2017年04月19日

メディカルゲノムセンターと帯広畜産大茅野先生との共同研究成果がBiomarker Research に公表されました

2017年02月17日

ノロウイルスの感染機構解明に大きく前進、ワクチン開発・治療薬開発を加速。

2016年10月03日

老化機構研究部は、順天堂大学、三重大学との共同研究により、肺組織の老化に関する新たな仕組みを発見しました

2016年08月10日

アルツハイマー病に関係した神経細胞内の特異な輸送系を明らかにしました(研究結果は国際神経化学会誌に掲載され、表紙を飾りました)

2016年05月26日

健康長寿支援ロボットセンターは日立製作所との共同研究においてアルツハイマー型認知症に特有の指タッピング運動パターンの抽出に成功しました

2016年05月18日

聴覚細胞の性質を利用して、アルツハイマー病治療薬の開発に有用な新規マウスモデルの作製に成功しました

2016年03月17日

認知症の治療薬開発に道拓く 〜「神経細胞脱落」の抑制実験に成功〜

2015年12月18日

アルツハイマー病の治療薬を探索するための新たな糸口をショウジョウバエを用いて見つけました。

2015年06月05日

老化機構研究部は、加齢により顎下腺機能が低下する仕組みの一端を解明し、その研究成果がAging Cellに掲載されることになりました

2015年04月06日

研究所の老化細胞研究プロジェクトチームは、東京医科歯科大学との共同研究により、糖尿病を発症する新たな仕組みを発見

2015年02月27日

アルツハイマー病変の発症前検出に有用と考えられる血液バイオマーカーを質量分析システムを用いて発見

2014年11月11日