本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

健康長寿支援ロボットセンター

ホーム > 研究所 > センター紹介 > 健康長寿支援ロボットセンター > 研究室紹介 > 健康長寿テクノロジー応用研究室 > 健康長寿テクノロジー応用研究室の紹介

健康長寿テクノロジー応用研究室の紹介

目標と役割

当研究室では、近年さまざまな分野で発展めざましいテクノロジーを、健康増進および健康寿命延伸のために活かす研究活動に取り組んでいます。

研究の概要

  1. 自立支援および介護の質の向上に向けて、介護関連テクノロジーの効果実証および社会実装にかかわる活動を行っています。厚生労働省の関連事業にも参画しています。
  2. 地域在住者の身体能力向上に向けて、身体活動モニタリングを活用したリハビリテーションの有用性に関する実証研究を行っています。
  3. 社会参加の促進に向けて、地域社会資源へのアクセシビリティ向上に有用なシステム構築に関する調査を行っています。

研究スタッフ

室長

大高恵莉

特任研究員

高野映子

関連リンク

国立長寿医療研究センター健康長寿支援ロボットセンター リビングラボ​このリンクは別ウィンドウで開きます