本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

メディカルゲノムセンター

ホーム > 研究所 > センター紹介 > メディカルゲノムセンター > 研究部紹介 > バイオインフォマティクス研究部 > バイオインフォマティクス研究部の紹介

バイオインフォマティクス研究部の紹介

目標と役割

近年、ヒト全ゲノム塩基配列や網羅的な遺伝子発現やその遺伝子発現を制御するマイクロRNA (miRNA) をはじめとした大量のヒトゲノムデータ解析が可能になってきました。
この大規模なヒトゲノムデータから、疾患バイオマーカーの同定、さらには革新的な診断法や治療法の開発を目指します。

研究概要

  1. 次世代シークエンスデータから高精度にバリアント、中間サイズインデル(挿入・欠失)等を同定する解析手法の開発を行っています。
  2. ゲノムを含むオミックス医療分子情報、臨床情報の統合解析から疾患感受性遺伝子の同定を目指しています。
  3. 機械学習・人工知能による早期予防を目的とした疾患発症予測モデルの開発を目指しています。

研究スタッフ

部長 重水大智
研究員 秋山真太郎
浅海裕也
Divya Mishra
研究補助者 花村愛子