本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

認知症先進医療開発センター

ホーム > 研究所 > センター紹介 > 認知症先進医療開発センター > 研究部紹介 > 分子基盤研究部 > 分子基盤研究部の紹介

分子基盤研究部の紹介

目標と役割

アルツハイマー病を中心に認知症の分子基盤を明らかにし、患者さんに「くすり」と「やすらぎ」を届けることを目標に研究を行います。

研究の概要

  1. βアミロイドやタウの蓄積と神経変性に至る分子機序の解明
  2. 糖尿病や加齢などの後天的危険因子やAPOE多型などの遺伝的危険因子が認知症を促進するメカニズムの解明
  3. それら危険因子の関係性の解明
  4. 患者さんに「やすらぎ」を届けることを目標にした研究(マイエブリサイズ&コグニマップ)
  5. 上記知見や新たな着眼点からの次世代認知症治療薬の開発

研究スタッフ

部長 里直行
副部長 篠原充
研究員 吾甫尓江艾尼(ウフルジャン アイニ)
研究補助員 下平明美
田尻友美
山本美帆
佐藤朝巳
岳野章絵
神藤由香
大塚和子
特任研究員 村山繁雄
客員研究員 長野清一
福森亮雄
外来研究員 林真一郎
研究生 松本昇也