本文へ移動

研究所

Menu

老年学・社会科学研究センター

ホーム > 研究所 > センター紹介 > 老年学・社会科学研究センター > 部門紹介 > 老年社会科学研究部 > 研究部紹介

研究部紹介

老年社会科学研究部

老年社会科学研究部は、認知症者・要介護者とその家族の重度化予防・QOL向上など、今日の高齢者の課題解決に資する観察研究や介入研究の実施を通じて、今後の理想的な地域包括ケア実現を目指すことを目的としています。

研究の概要

  1. 要介護者・認知症者や家族において心身機能や要介護度がどのように変化するのかを観察するための調査研究を行い、その関連要因を学際的に検証します。
  2. 認知症者および介護者に対するケアプログラムを開発し、効果を検証するとともに社会実装に向けた方策を検討します。

研究スタッフ

部長  斎藤民
主任研究員 中川威
岡橋さやか
研究員 金雪瑩
進藤由美(併任)

特任研究員

小松亜弥音
川島有沙
客員研究員 村田千代栄
鄭丞媛
外来研究員 安元佐織

野口泰司

(日本学術振興会 特別研究員 PD)

研究生 福定正城
研究補助員 江本愛
渡邊賀世
冨田かおり
中井千紘

中嶋知子

江口幸枝
牧美里
三浦友美