本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

予防老年学研究部

ホーム > 研究所 > センター紹介 > 老年学・社会科学研究センター > 研究部紹介 > 予防老年学研究部 > 予防老年学研究部の紹介

予防老年学研究部の紹介

目標と役割

運動、栄養、知的活動、社会活動などの生活習慣が、認知症やフレイルの予防などに効果を持つか科学的に検証します。さらに、人工知能(AI)やIoT機器を活用して高齢者の健康増進に関するデジタルヘルスケアを推進します。

研究の概要

  1. 大規模コホート研究(National Center for Geriatric and Gerontology-Study of Geriatric Syndromes:NCGG-SGS)を推進して、そのデータ解析により加齢とともに生じる老年症候群のリスク把握や効果的な対処方法を明らかにします。
  2. 高齢者がかかりやすい病気や老年症候群の予防および改善方法の効果をランダム化比較試験等によって明らかにします。

研究スタッフ

部長 島田 裕之
副部長 李 相侖
副部長 土井 剛彦
プロジェクトリーダー 堤本 広大
研究員 裵 成琉
牧野 圭太郎

千葉 一平

片山 脩
原田 健次
冨田 浩輝
森川 将徳

中窪 翔

栗田 智史
研究補助員 長谷川 みち代
川﨑 美香
太田 加那
中根 潤子
藤原 美恵
鈴木 香里
細井 あゆみ
奥田 かなゑ
遠藤 弥稀
柳谷 智子
東 明日香
古田 順子
上山 美穂
村上 亜由子
境田 明子
田村 育子
関 なほ佳
木内 悠人
西本 和平

データシェアリング促進PTの紹介

目標と役割

近年、ICT技術革新により、研究手法や研究成果公開方法、研究データ共有方法(データシェアリング)が大きく変革しつつあります。研究データシェアリングを促進することによって、ビッグデータの収集・蓄積・分析を行い、高齢者の健康寿命延伸に資するエビデンスを創出することを目標としています。

研究の概要

日本人高齢者の生活習慣・生活環境と健康問題との関連について明らかにする大規模アンケート調査研究を実施しています。
大規模アンケート調査研究で得られたデータを提供・共有し、疾患横断的コホート研究基盤の形成、および健康寿命延伸に資するエビデンスの構築を目指しています。