本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

フレイル研究部

ホーム > 研究所 > センター紹介 > 老年学・社会科学研究センター > 研究部紹介 > フレイル研究部 > フレイル研究部の紹介

フレイル研究部の紹介

目標と役割

フレイルとは、加齢に伴う身体的、社会的、精神心理的側面における脆弱な状態であり、些細なストレスにより大きな健康の変化(自立から要介護への変化など)をもたらします。しかし、適切な評価・対策を行うことで、要介護に至る悪循環を防いだり改善したりすることが可能です。当研究部ではフレイルの評価、予防、治療・ケアに関する研究・開発を行い、健康長寿社会の実現に貢献します。

研究の概要

  1. 日本人高齢者のフレイル評価指標の作成
  2. フレイル診療ガイドの作成
  3. 高齢者の健康促進をめざした自治体との連携事業・研究
  4. フレイル高齢者に対する先進的な治療を目指した臨床研究
  5. 関節リウマチ患者を対象としたフレイル疫学研究
  6. 後期高齢者の質問票(フレイル健診)の妥当性評価
  7. フレイルに関する普及と実装研究

研究スタッフ

部長 小嶋雅代
副部長 佐竹昭介
研究員 木下かほり
安岡実佳子
渡邉良太
大釜典子