本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

所長挨拶

ホーム > 研究所 > 研究所について

ご挨拶

新飯田俊平写真

国立研究開発法人国立長寿医療研究センターの研究所ホームページへようこそ。

 当研究所は、2004年に高齢者医療に資する6番目のナショナルセンターとして設立された国立長寿医療センターに設置されました。2010年には他のナショナルセンターとともに独法化され、現在に至っております。当研究所は設立当初より高齢者の健康長寿の延伸を目指し、加齢が最大のリスクとなる疾患の病態解明、診断・治療法の開発、予防法や医療機器の研究開発に取り組んでおります。設立当初は13研究部5研究室でしたが、専門分野ごとにセンター内センターとして独立したり、研究体制は時代とともに変化してきました。2021年4月には独立したセンターを研究所に再統合し、6つの部門(センター)からなる研究所に再編しました。それぞれのセンターの名称は以下の通りです。

 各部門が研究所として一つにまとまることで部門横断的な共同研究開発がスムースになるとともに、データの共有化や一元管理化が進み、研究所が一体となった長寿科学研究のための研究インフラとして機能する体制となりました。さらに大学や企業の研究者がデータ等を二次活用できる、文字どおりのナショナルセンターに発展させて参る所存です。

 国立長寿医療研究センターの理念である「高齢者の心と体の自立促進と健康長寿社会の構築」を改めて確認し、その理念に貢献する研究所として、皆様方のご理解とご支援を賜ることができれば幸いです。

 

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター
研究所長 新飯田俊平