本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

運動器疾患研究部

ホーム > 研究所 > センター紹介 > ジェロサイエンス研究センター > 部門紹介 > 運動器疾患研究部 > 研究部紹介

研究部紹介

目標と役割

高齢者の運動機能を損なう疾患、とくに変形性腰椎症や変形性関節症、サルコペニアの病因を解明することで、個別化医療を念頭においた、新しい診断・治療技術の開発をめざします。

研究の概要

  1. 脊柱管狭窄症について、家族や家系のゲノム解析から、発症に関係する遺伝子やリスクにつながる現象を研究しています。
  2. 変形性関節症を自然発症するマウスの研究から、新たに発症に関係する現象を見つけました。変形性関節症の診断や治療薬開発への応用をめざしています。
  3. 培養細胞、遺伝子組換えマウス、老齢マウスおよびヒト試料を用いて、サルコペニアの本態解明や疾患バイオマーカーの同定を目指した研究を進めています。

研究スタッフ

部長 渡邉研
副部長 細山徹
研究員
 
馬凌云
宮川良博
研究補助員
 
猪飼理奈
加藤記代美
高石美菜子
研究生
 
飯田浩貴
水野隆文