本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

健康長寿支援ロボットセンター

ホーム > 研究所 > センター紹介 > 健康長寿支援ロボットセンター > 研究室紹介 > 生活支援ロボット・人工知能開発研究室 > 生活支援ロボット・人工知能開発研究室の紹介

生活支援ロボット・人工知能開発研究室の紹介

目標と役割

健康長寿社会の実現のために、安全かつ機能的な生活支援ロボットの開発を行うとともに、人工知能を用いた疾患の診断技術を開発します。

研究概要

  1. 生活支援ロボットと人体が接触した際の人体損傷を評価する技術の開発を行っています。
  2. 無人化した測定装置により、より負担の少ない測定環境を提供するとともに、人工知能を用いて時系列や群などの視点による解析を行い、解析結果を連続的に提供する測定システムの構築を行っています。

研究スタッフ

室長

根本哲也

流動研究員

小井手一晴

客員研究員

来栖宏二(アゼリーグループ・理事長)

伊藤安海(山梨大学・教授)

坂井建宣(埼玉大学・准教授)

大村廉(豊橋技術科学大学・准教授)

小島徳子(愛知医科大学・講師)

研究補助員

冨村敦子

他、外来研究員2名