本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

実験動物管理室

ホーム > 研究所 > センター紹介 > 研究推進基盤センター > 部門紹介 > 実験動物管理室 > 研究室紹介

研究室紹介

目標と役割

実験動物管理室は、動物実験を行う研究者が科学的かつ倫理的で、動物愛護・福祉を考慮した動物実験を適正に安全かつ安定して実施できることを目指しています。また、長寿医療研究に関わる実験動物の施設運営・管理の他、動物実験に関わる研究技術支援を行っています。

活動概要

  1. 適正な動物実験を推進するために、エンリッチメント等を導入し動物福祉に配慮した環境整備を推進しています。
  2. 自然老化動物(エージングファーム)を研究者に提供するだけでなく、研究に必要な基礎データを公開・提供しています。
  3. 生殖工学技術を利用した技術支援(遺伝子組換え動物作製、マウスSPF化、凍結精子・受精卵保存)を行っています。
  4. 動物実験に関わる情報の提供提供、実験手技(投与、採血、ハンドリング等)の指導を行っています。

研究スタッフ

室長 小木曽昇
研究員 アルムニアフリオ
客員研究員 澤田浩秀
北川章
青木正博
木村展之
外来研究員 植田亮
大岡史治
研究生 藤岡祐介

小間義朗

倉橋仁美
研究補助者 秋山彩子
河﨑晴香
森川信子
土屋由加子