本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

統合神経科学研究部

ホーム > 研究所 > センター紹介 > ジェロサイエンス研究センター > 部門紹介 > 統合神経科学研究部 > 研究部紹介

研究部紹介

目標と役割

認知症の危険因子として重要視されている中年期の肥満・生活習慣病と高齢期の低栄養・体重減少と言った栄養エネルギー代謝障害が認知症を誘導する分子機構を明らかにし、本疾患の新たな予防・治療法の開発を行います。

研究概要

  1. 病院および外部研究施設と共同で行う臨床研究から、栄養エネルギー代謝異常と認知機能障害の関係を明らかにすることを目指します。

  2. 基礎研究から、栄養環境の変容や運動が認知機能へ与える影響とその分子メカニズムを明らかにし、前認知症段階を反映する有用なバイオマーカー 候補の同定と有効な認知症の予防・治療法の開発を目指します。

研究スタッフ

部長 田口明子
研究員 王蔚
外来研究員 柴山雄大
田之頭大輔
客員研究員 大澤匡弘
研究補助員 丸山めぐみ
黒岩智恵美
新村美希