氏名

森川将徳
モリカワ マサノリ

 
学位 博士(保健学)
専門分野

義肢装具学、スポーツリハビリテーション学、予防老年学

所属学会 日本義肢装具学会、日本義肢装具士協会、日本老年医学会、
International Society of Prosthetics and Orthotics
主な研究業績
  1. Morikawa M, Maeda N, Komiya M, Kobayashi T, Urabe Y. The effect of two types of ankle orthoses on the repetitive rebound jump performance. BMC Sports Sci Med Rehabilitation: 2022. doi: 10.1186/S13102-022-00478-2.
  2. Morikawa M, Lee S, Makino K, Bae S, Chiba I, Harada K, Tomida K, Katayama O, Shimada H. Association of social isolation and smartphone use on cognitive functions. Arch Gerontol Geriatr: 2022. doi: 10.1016/J.ARCHGER.2022.104706
  3. Morikawa M, Maeda N, Komiya1 M, Hirota A, Mizuta R, Kobayashi T, Kazuki K, Nishikawa Y, Urabe Y. Contribution of plantar fascia and intrinsic foot muscles in a single-leg drop landing and repetitive rebound jumps: An ultrasound-based study. Int J Environ Res: 2021. doi: 10.3390/ijerph18094511.
  4. Morikawa M, Urabe Y, Maeda N, Suzuki Y, Sasadai J, Shirakawa T.  Association between falling direction and age in elderly patients with hip fractures. Z Gerontol Geriatr: 2020. doi: 10.1007/s00391-020-01824-0.
  5. 森川将徳、浦辺幸夫、鈴木雄太、前田慶明:11. 大腿骨近位部骨折と転倒. VI. 疾患とロコモ. 特集ロコモティブシンドロームの現況. 臨床雑誌整形外科 72(6) 700-703, 2021.
  6. 森川将徳, 浦辺幸夫, 前田慶明, 笹代純平, 事柴壮武, 加藤茂幸: ドロップジャンプ着地時の先行側ならびに接地時間差の測定再現性. 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会誌. in press.
  7. 森川将徳,浦辺幸夫,小宮 諒,福井一輝,前田慶明,横山宗治:ストレッチソックスを用いた静的ストレッチングが股関節ならびに体幹の伸展可動域に与える即時効果. Journal of Athletic Rehabilitation 17, 2020.
  8. 森川将徳,浦辺幸夫,鈴木雄太,前田慶明,笹代純平,白川泰山:85歳未満と85歳以上の高齢者に生じた大腿骨近位部骨折受傷時の転倒方向の違い.運動器リハビリテーション 31(1). in press.
主な著書
  1. 森川将徳. I.認知症について 認知症をどのように予防することができますか? 島田裕之, 李相侖(編), 国立長寿医療研究センター開発 コグニサイズ入門 楽しく取り組む認知症予防, 医歯薬出版株式会社, 東京都, 2022年3月25日, pp5, ISBN978-4-263-26658-8.
受賞歴
  1. 2021/6/3 第64回日本老年医学会学術集会 会長奨励演題賞
社会活動  
競争的研究資金
  1. 2020/8~2021/3 一般社団法人日本運動器科学会学術プロジェクト研究助成(分担)
  2. 2020/4〜2021/3  JST日台研究交流(臨床評価)