本文へ移動

研究所

Menu

ジェロサイエンス研究センター

ホーム > 研究所 > センター紹介 > ジェロサイエンス研究センター > 部門紹介 > 中枢性老化-骨格筋代謝-運動機能制御研究PT

中枢性老化-骨格筋代謝-運動機能制御研究PT

中枢性老化-骨格筋代謝-運動機能制御研究プロジェクトチームへようこそ

Home

News

  • 2023年6月16日 第33回日本老年学会総会にて伊藤先生が発表を行い、第33回日本老年学会総会合同ポスター(老年医学会部門) 最優秀演題賞を受賞しました。

  • 2023年6月13日 IAGG Asia/Oceania Regional Congress 2023にて伊藤先生が発表を行いました。

  • 2023年5月2日 1st Symposium on ”Skeletal muscle cells in Growth and Disease”にて伊藤先生が発表を行いました。

  • 2023年3月1日 研究員として江口貴大先生が当チームに加わりました。

  • 2023年2月21日 徳島大学糖尿病臨床・研究開発センターにて伊藤先生が発表を行いました。

  • 2022年12月10日 熊本大学健康長寿代謝制御研究センター・ 国立長寿医療研究センター 共同シンポジウムにて伊藤先生が発表を行いました。

  • 2022年12月7日 精神・神経疾患研究開発費「疾患モデル動物を基盤とした筋ジストロフィーの新しい治療法開発」班にて伊藤先生が発表を行いました。

  • 2022年12月3日 The 17th International Symposium on Geriatrics and Gerontology(ISGG)にて伊藤先生が発表を行いました。

  • 2022年11月26日 2022年度生理学研究会「臓器連関による生体恒常性維持機構と生体活動の統合的理解」にて伊藤先生が発表を行いました。

  • 2022年10月30日 第9回日本サルコペニア・フレイル学会大会にて伊藤先生が発表を行い、優秀演題賞を受賞しました。

  • 2022年10月27日 The 8th ASIAN CONFERENCE for FRAILTY AND SARCOPENIAにて伊藤先生が発表を行いました。発表内容へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます

  • 2022年10月13日 国立精神・神経医療研究センター 遺伝子疾患治療研究部 OB/OGセミナーにて伊藤先生が発表を行いました。

  • 2022年9月28日 当チームにおける研究員(常勤)の公募が始まりました。ご興味がある方は気軽にご連絡ください。

  • 2022年9月28日 Cold Spring Harbor Laboratory Mechanisms of Agingにて伊藤先生が発表を行いました。発表内容へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます

  • 2022年9月1日 外来研究員として吉岡潔志先生、研究補助者として壁谷慶子さんと大塚和子さんが当チームに加わりました。

  • 2022年8月6日 第8回日本筋学会学術集会にて伊藤先生が発表を行いました。発表内容へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます

  • 2022年7月26日 フレイル・サルコペニアが発症する新しいメカニズムに関する研究がCell Reports誌に掲載されました。論文へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きますプレスリリースへのリンク

  • 2022年7月1日 中枢性老化-骨格筋代謝-運動機能制御研究プロジェクトチームが新設されました。

先頭へ戻る

研究紹介

超高齢社会の日本において、加齢による骨格筋機能の低下(サルコペニア)は深刻な問題となっています。

中枢性老化-骨格筋代謝-運動機能制御研究プロジェクトチームでは老化の仕組みを解明し、老化を制御する方法の開発を目指しています。特に、中枢(視床下部)におけるNAD+代謝関連分子の異常がサルコペニアや骨格筋機能に与えている影響、老化に伴う骨格筋代謝の低下が運動機能に与える影響に注目した研究を行っています。

“中枢性老化-骨格筋代謝-運動機能制御”という機能連関を解き明かし、なぜサルコペニアが生じるのか?どうやったらサルコペニアに対する治療法を作ることができるのか?といったことを研究しています。

 

近日中により詳細な研究紹介をアップロード予定。

 

先頭へ戻る

研究員

プロジェクトリーダー 伊藤 尚基
研究員 江口 貴大
外来研究員 吉岡 潔志
研究補助者(実験補助員) 壁谷 慶子
研究補助者(実験補助員) 大塚 和子

 

先頭へ戻る

研究業績

*Corresponding author

2022年

  1. Naoki Ito, Ai Takatsu, Hiromi Ito, Yuka Koike, Kiyoshi Yoshioka, Yasutomi Kamei & *Shin-ichiro Imai. Slc12a8 in the lateral hypothalamus maintains energy metabolisms and skeletal muscle functions during aging. Cell Reports. 40(4). 111131. 2022. 論文へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます.

 

2021年

  1. *Haruko Watanabe-Takano, Hiroki Ochi, Ayano Chiba, Ayaka Matsuo, Yugo Kanai, Shigetomo Fukuhara, Naoki Ito, Keisuke Sako, Takahiro Miyazaki, Kazuki Tainaka, Ichiro Harada, Shingo Sato, Yasuhiro Sawada, Naoto Minamino, Shu Takeda, Hiroki R. Ueda, Akihiro Yasoda & *Naoki Mochizuki. Mechanical load regulates bone growth via periosteal Osteocrin. Cell Reports. 36(2). 109380. 2021.
  2. Risa Okada, Shin‑ichiro Fujita, Riku Suzuki, Takuto Hayashi, Hirona Tsubouchi, Chihiro Kato, Shunya Sadaki, Maho Kanai, Sayaka Fuseya, Yuri Inoue, Hyojung Jeon, Michito Hamada, Akihiro Kuno, Akiko Ishii, Akira Tamaoka, Jun Tanihata, Naoki Ito, Dai Shiba, Masaki Shirakawa, Masafumi Muratani, *Takashi Kudo & *Satoru Takahashi. Transcriptome analysis of gravitational effects on mouse skeletal muscles under microgravity and artificial 1 g onboard environment. Scientific reports. 11(1). Article number: 9168. 2021.
  3. Naoki Ito, Yuko Miyagoe-Suzuki, *Shin’ichi Takeda, *Akira Kudo. Periostin Is Required for the Maintenance of Muscle Fibers during Muscle Regeneration. International Journal of Molecular Sciences. 22(7). 3627. 2021. 論文へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます.

 

2018年

  1. *Naoki Ito, Shinobu Seki, Fumitaka Ueda. Effects of Composite Supplement Containing Collagen Peptide and Ornithine on Skin Conditions and Plasma IGF-1 Levels—A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial. Marine Drugs. 16(12). 482. 2018. 論文へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます.
  2. *Naoki Ito, Urs T. Ruegg, *Shin’ichi Takeda. ATP-induced increase in intracellular calcium levels and subsequent activation of mTOR as regulators of skeletal muscle hypertrophy. International Journal of Molecular Sciences. 19(9). 2804. 2018. 論文へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます.
  3. Jun Tanihata, Tetsuya Nagata, Naoki Ito, Takashi Saito, Akinori Nakamura, Susumu Minamisawa, Yoshitsugu Aoki, Urs Ruegg, *Shin’ichi Takeda. Truncated dystrophin ameliorates the dystrophic phenotype of mdx mice by reducing sarcolipin-mediated SERCA inhibition. Biochemical and Biophysical Research Communications. 505(1). 51-59. 2018.
  4. *Naoki Ito, Shinobu Seki, Fumitaka Ueda. The Protective Role of Astaxanthin for UV-Induced Skin Deterioration in Healthy People—A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial. Nutrients. 10(7). 817. 2018. 論文へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます.
  5. *Naoki Ito, Hitomi Saito, Shinobu Seki, Fumitaka Ueda, Takashi Asada. Effects of composite supplement containing astaxanthin and sesamin on cognitive function in people with mild cognitive impairment: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Journal of Alzheimer’s Diseases. 62(4). 1767-1775. 2018. 論文へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます.
  6. *Ayano Imai, Yuriko Oda, Naoki Ito, Shinobu Seki, Kiyotaka Nakagawa, Teruo Miyazawa, Fumitaka Ueda. Effects of Dietary Supplementation of Astaxanthin and Sesamin on Daily Fatigue: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Two-Way Crossover Study. Nutrients. 10(3). 281. 2018.

 

2017年

  1. Naoki Ito, Isao Kii, Noriaki Shimizu, Hirotoshi Tanaka, *Shin’ichi Takeda. Direct reprogramming of fibroblasts into skeletal muscle progenitor cells by transcription factors enriched in undifferentiated subpopulation of satellite cells. Scientific reports. 7(1). Article number: 8097. 2017. 論文へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます.
  2. *Yoshitsugu Aoki, Raquel Manzano, Yi Lee, Ruxandra Dafinca, Misako Aoki, Andrew G. L. Douglas, Miguel A. Varela, Chaitra Sathyaprakash, Jakub Scaber, Paola Barbagallo, Pieter Vader, Imre Mäger, Kariem Ezzat, Martin R. Turner, Naoki Ito, Samanta Gasco, Norihiko Ohbayashi, Samir El Andaloussi, Shin’ichi Takeda, Mitsunori Fukuda, Kevin Talbot, *Matthew J. A. Wood. C9orf72 and RAB7L1 regulate vesicle trafficking in amyotrophic lateral sclerosis and frontotemporal dementia. Brain. 140(4). 887-897. 2017.

 

2016年

  1. Naoki Ito, Shimizu Noriaki, Hirotoshi Tanaka, *Shin’ichi Takeda. Enhancement of satellite cell transplantation efficiency by leukemia inhibitory factor. Journal of Neuromuscular Diseases. 3(2). 201-207. 2016. 論文へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます.
  2. Miki Shimbo, *Takashi Kudo, Michito Hamada, Hyojung Jeon, Yuki Imamura, Keigo Asano, Risa Okada, Yuki Tsunakawa, Seiya Mizuno, Ken-ichi Yagami, Chihiro Ishikawa, Haiyan Li, Takashi Shiga, Junji Ishida, Juri Hamada, Kazuya Murata, Tomohiro Ishimaru, Misuzu Hashimoto, Akiyoshi Fukamizu, Mutsumi Yamane, Masahito Ikawa, Hironobu Morita, Masahiro Shinohara, Hiroshi Asahara, Taishin Akiyama, Nobuko Akiyama, Hiroki Sasanuma, Nobuaki Yoshida, Rui Zhou, Ying-Ying Wang, Taito Ito, Yuko Kokubu, Taka-aki K. Noguchi, Hisako Ishimine, Akira Kurisaki, Dai Shiba, Hiroyasu Mizuno, Masaki Shirakawa, Naoki Ito, Shin’ichi Takeda, *Satoru Takahashi. Ground-based assessment of JAXA mouse habitat cage unit by mouse phenotypic studies. Experimental Animals. 65(2). 175-187. 2016.

 

2015年

  1. Kana Ishii, Nobuharu Suzuki, Yo Mabuchi, Naoki Ito, So-ichiro Fukada, Hideyuki Okano, Shin’ichi Takeda, *Chihiro Akazawa. Muscle Satellite Cell Protein Teneurin-4 Regulates Differentiation during Muscle Regeneration. Stem Cells. 33(10). 3017-3027. 2015.
  2. Nozomi Hayashiji, *Shinsuke Yuasa, Yuko Miyagoe-Suzuki, Mie Hara, Naoki Ito, Hisayuki Hashimoto, Dai Kusumoto, Tomohisa Seki, Shugo Tohyama, Masaki Kodaira, Akira Kunitomi, Shin Kashimura, Makoto Takei, Yuki Saito, Shinichiro Okata, Toru Egashira, Jin Endo, Toshikuni Sasaoka, Shin’ichi Takeda, Keiichi Fukuda. G-CSF supports long-term muscle regeneration in mouse models of muscular dystrophy. Nature Communications. 6. 6745. 2015.
  3. Noriaki Shimizu, Takako Maruyama, Noritada Yoshikawa, Ryo Matsumiya, Yanxia Ma, Naoki Ito, Yuki Tasaka, Akiko Kuribara-Souta, Keishi Miyata, Yuichi Oike, Stefan Berger, Gunther Schutz, Shin’ichi Takeda, *Hirotoshi Tanaka. A muscle-liver-fat signalling axis is essential for central control of adaptive adipose remodelling. Nature Communications. 6. 6693. 2015.
  4. Janek Hyzewicz, Jun Tanihata, Mutsuki Kuraoka, Naoki Ito, Yuko Miyagoe-Suzuki, *Shin’ichi Takeda. Low intensity training of mdx mice reduces carbonylation and increases expression levels of proteins involved in energy metabolism and muscle contraction. Free Radical Biology & Medicine. 82. 122-136. 2015.

 

2013年

  1. Naoki Ito, Urs T. Ruegg, Akira Kudo, Yuko Miyagoe-Suzuki, *Shin’ichi Takeda. Capsaicin mimics mechanical load-induced intracellular signaling events: Involvement of TRPV1-mediated calcium signaling in induction of skeletal muscle hypertrophy. Channels. 7(3). 221-224. 2013. 論文へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます.
  2. Naoki Ito, Urs T. Ruegg, Akira Kudo, Yuko Miyagoe-Suzuki, *Shin’ichi Takeda. Activation of calcium signaling through Trpv1 by nNOS and peroxynitrite as a key trigger of skeletal muscle hypertrophy. Nature Medicine. 19(1). 101-106. 2013. 論文へのリンクこのリンクは別ウィンドウで開きます.

 

2011年

  1. Bo Wang, Yuko Miyagoe-Suzuki, Erica Yada, Naoki Ito, Takashi Nishiyama, Miho Nakamura, Yusuke Ono, Norio Motohashi, Makoto Segawa, Satoru Masuda, *Shin’ichi Takeda. Reprogramming efficiency and quality of induced Pluripotent Stem Cells (iPSCs) generated from muscle-derived fibroblasts of mdx mice at different ages. PLoS Currents. 3. RRN1274. 2011.
  2. Hideya Mizuno, Akinori Nakamura, Yoshitsugu Aoki, Naoki Ito, Soichiro Kishi, Kazuhiro Yamamoto, Masayuki Sekiguchi, Shin’ichi Takeda, *Kazuo Hashido. Identification of Muscle-Specific MicroRNAs in Serum of Muscular Dystrophy Animal Models Promising Novel Blood-Based Markers for Muscular Dystrophy. PLoS One. 6(3). e18388. 2011.
  3. Noriaki Shimizu, Noritada Yoshikawa, Naoki Ito, Takako Maruyama, Yuko Suzuki, Sin-ichi Takeda, Jun Nakae, Yusuke Tagata, Shinobu Nishitani, Kenji Takehana, Motoaki Sano, Keiichi Fukuda, Makoto Suematsu, Chikao Morimoto, *Hirotoshi Tanaka. Crosstalk between glucocorticoid receptor and nutritional sensor mTOR in skeletal muscle. Cell Metabolism. 13(2). 170-182. 2011.
  4. Masahiro Fukaya, Akifumi Kamata, Yoshinobu Hara, Hideaki Tamaki, Osamu Katsumata, Naoki Ito, Shin’ichi Takeda, Yutaka Hata, Tatsuo Suzuki, Masahiko Watanabe, Robert J. Harvey, *Hiroyuki Sakagami. SynArfGEF is a guanine nucleotide exchange factor for Arf6 and localizes preferentially at post-synaptic specializations of inhibitory synapses. Journal of Neurochemistry. 116(6). 1122-1137. 2011.

 

先頭へ戻る

ご案内

作成中です。

 

先頭へ戻る

連絡先

採用情報・共同研究など

中枢性老化-骨格筋代謝-運動機能制御研究プロジェクトチームでは、老化研究・骨格筋研究・NAD+研究・多臓器連関研究などに注目した研究を行っています。これらの研究に興味がある学生、研究員、研究補助員を募集していますので、ご興味のある方は気軽にご連絡ください。

 

またアカデミア・企業を含めた様々な方とのコラボレーションによって、研究を発展させていきたいと思っています。技術的な支援や分野外の方からのざっくばらんなご相談にも乗れますので、ぜひ気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせ先

伊藤尚基

〒474-8511

愛知県大府市森岡町7-430

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 研究所 ジェロサイエンス研究センター 中枢性老化-骨格筋代謝-運動機能制御研究プロジェクトチーム

  • Tel: 0562-44-5651 内線5062 (Office), 6422 (Lab)
  • E-mail:  naoki.ito(at)ncgg.go.jp (atを@に置き換えてください)

 

先頭へ戻る