本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

ジェロサイエンス研究センター

ホーム > 研究所 > センター紹介 > ジェロサイエンス研究センター > 部門紹介 > 統合生理学研究部

統合生理学研究部

お知らせ

2021年11月 辻研究員が第6回NCGGサマーリサーチセミナーで発表します。

2021年11月 佐藤亜希子が第94回日本生化学会シンポジウムで講演しました。

2021年10月 佐藤亜希子の総説が医学のあゆみに掲載されました。

2021年9月 佐藤亜希子が第31回新薬創製談話会で講演しました。

2021年6月 佐藤亜希子が第21回日本抗加齢医学会総会シンポジウム、第32回日本老年学会シンポジウム、OYCバイオシンポジウムで講演しました。

2021年6月 辻研究員が第32回日本老年学会総会合同セッションで最優秀賞を受賞しました。

2021年6月 辻研究員が第44回日本基礎老化学会大会で若手奨励賞を受賞しました。

2021年6月 統合生理学研究部が新設されました。

先頭へ戻る

メンバー

副部長 佐藤亜希子
研究員 辻将吾
研究補助者 後藤三緒
研究補助者 壁谷慶子
事務補助者 和波杏奈
研究生 清塚麻衣
研究生 丸山栞穂

先頭へ戻る

研究内容

準備中

 

先頭へ戻る

業績

原著論文

  • Zhang B, Guo D, Han L, Rensing N, Satoh A, Wong M. Hypothalamic orexin and mechanistic target of rapamycin activation mediate sleep dysfunction in a mouse model of tuberous sclerosis complex. Neurobiol Dis., 134:104615, 2020.
  • Yoshida M, Satoh A, Lin JB, Mills KF, Sasaki Y, Rensing N, Wong M, Apte RS, Imai S. Extracellular Vesicle-Contained eNAMPT Delays Aging and Extends Lifespan in Mice. Cell Metab., 30:329-342, 2019.
  • Snyder-Warwick AK, Satoh A., Santosa KB, Imai SI, Jablonka-Shariff A. Hypothalamic Sirt1 protects terminal Schwann cells and neuromuscular junctions from age-related morphological changes. Aging Cell, e12776., 2018.
  • Satoh A*, Brace CS, Rensing N, Imai S*. Deficiency of Prdm13, a dorsomedial hypothalamus-enriched gene, mimics age-associated changes in sleep quality and adiposity. Aging Cell, 14: 209-218, 2015 (*Co-corresponding authors).
  • Satoh A, Brace CS, Rensing N, Cliften P, Wozniak DF, Herzog ED, Yamada KA, Imai S. Sirt1 extends life span and delays aging in mice through the regulation of Nk2 homeobox 1 in the DMH and LH. Cell Metab., 18: 416-430, 2013. 
  • Satoh A, Brace CS, Ben-Josef G, West T, Wozniak DF, Holtzman DM, Herzog ED, Imai S. SIRT1 promotes the central adaptive response to diet restriction through activation of the dorsomedial and lateral nuclei of the hypothalamus. J. Neurosci., 30: 10220-10232, 2010.

総説

  • 佐藤亜希子. 睡眠と脳内の寿命制御因子. 医学のあゆみ, 279:4-7356-359, 2021.
  • 佐藤亜希子. 哺乳類における中枢性の老化・寿命制御機序 健康寿命の延伸と病のない余生を考える. 生体の科学 71:1-7, 2020.
  • 辻将吾、佐藤亜希子. 哺乳類における睡眠、老化、寿命の中枢性制御機構. 細胞, 52:4-7, 2020.
  • 佐藤亜希子、中村和弘. 睡眠と体温調節能の老化変容における視床下部神経回路の役割. 基礎老化研究誌, 43:23-28, 2019.
  • 佐藤亜希子. 哺乳類サーチュインSIRT1/SIRT6を介した寿命制御機序. Geriatric Medicine (老年医学) 57:781-785, 2019.
  • Satoh A*, Iijima MK*. Roles of tau pathology in the locus coeruleus (LC) in age-associated pathophysiology and Alzheimer’s disease pathogenesis: Potential strategies to protect the LC against aging. Brain Research, 1702: 17-28, 2019 (*Co-corresponding authors).
  • 佐藤亜希子. 哺乳類における老化・寿命を制御する視床下部神経細胞およびその分子機序. 実験医学増刊号, 336: 2081-2086, 2018. 
  • 佐藤亜希子、今井眞一郎. 哺乳動物における脳サーチュインを介した老化・寿命制御機序. 日本臨床, 76, 増刊号5: 142-147, 2018.
  • Satoh A, Imai S, Guarente LP. The brain, ageing, and sirtuins. Nat. Rev. Neurosci., 18: 362-374, 2017. 
  • 佐藤亜希子. 視床下部における睡眠および体温調節のメカニズムと哺乳類の老化・寿命制御の関係. 実験医学増刊号, 35: 3351-3356, 2017. 
  • 先頭へ戻る

掲示板

採用情報

本研究部では、老化研究にご興味がある学生、研究員、研究補助者を募集しています。ご興味のある方は、佐藤までご連絡ください。

お問い合わせ先

Tel: 0562-44-5651  内線7855 (Office), 5555 (Lab) 

E-mail:  asatoh.(ドットをアットマークに置き換えてください)ncgg.go.jp

先頭へ戻る

ここにタブ6の内容

先頭へ戻る