本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

老年学・社会科学研究センター

ホーム > 研究所 > センター紹介 > 老年学・社会科学研究センター > 部門紹介 > 老化疫学研究部 > NILS食品アミノ酸成分表使用について

NILS食品アミノ酸成分表使用について

このNILS食品アミノ酸成分表(日本食品標準成分表2010準拠)は、国立長寿医療研究センター・老化に関する長期縦断疫学研究 National Institute for Longevity Sciences Longitudinal Study of Aging (NILS-LSA)の一環として 予防開発部が独自に作成したものです。この成分表は非営利目的利用であれば許可なくダウンロードし、 使用していただいて構いません。(Excelファイル)
その際には
①利用者氏名
②所属
③利用目的
をメールにてご連絡下さい。 また、お気づきの点がありましたらメールにてご連絡ください。

お問い合わせ先: epwork[at]ncgg.go.jp
※メール送信時、[at]を@に変換してください

この成分表の一部でも利用した研究成果等を刊行する場合は以下の文献を引用していただき、別刷りまたはコピーを送付してください。


文献: 加藤友紀, 大塚礼, 今井具子, 安藤富士子, 下方浩史:
和文表記:地域在住中高年者のアミノ酸摂取量‐食品アミノ酸成分表の新規構築による推定‐
栄養学雑誌,71巻6号,pp. 299-310,2013
英文表記:Yuki Kato, Rei Otsuka, Tomoko Imai, Fujiko Ando, and Hiroshi Shimokata.
Estimation of dietary amino acid intake in community-dwelling middle-aged and elderly individuals using a newly constructed amino acid food composition table.Jpn. J. Nutr. Diet., 71(6), p.299-310 (2013)