本文へ移動

病院

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

外来診療・時間外診療・救急外来 電話:0562-46-2311

ホーム > 病院 > 受診のご案内 > 診療科のご紹介 > 脳神経外科

脳神経外科

長寿医療研究センター脳神経外科では、脳血管障害(クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞)、未破裂脳動脈瘤、頭部外傷、脳腫瘍、水頭症、三叉神経痛などの一般的な脳神経外科疾患に対し、外科的な診療を外来と入院で行なっています。特に、正常圧水頭症、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫は、高齢者に多く、認知症の原因にもなる疾患であり、主な対象疾患として診察・手術をしています。医療機器では、CT 、MRI、PET、SPECT、手術用顕微鏡、手術用ナビゲーションシステム、術中脳機能モニターなどの先端機器を駆使し、正確な診断と安全な手術を心がけています。脳腫瘍については、手術治療だけでなく、薬物療法まで専門的に行います。セカンドオピニオンも受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

診療内容と特徴

  1. 高齢者の「治療可能な認知症」として注目される特発性正常圧水頭症(iNPH)の診療経験が豊富で、髄液シャント術を多く行っています。
  2. 脳腫瘍の専門的診療が可能であり、良性脳腫瘍の手術から悪性脳腫瘍の薬物療法(化学療法)まで、高いレベルで治療を行います。
  3. 専門的な知識を生かし、正常圧水頭症と脳腫瘍に対しては、セカンドオピニオン外来を行っています。詳細は、末尾の「脳神経外科部」ホームページをご覧ください。
  4. 毎週木曜日に、パーキンソン病、本態性振戦、てんかんの外科的治療の専門的な外来を、名古屋大学からの非常勤医師により行っています。

外来担当医表

 
脳神経外科 百田 担当医 武藤 百田

担当医