病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 病院について > 組織 > 老年内科部

老年内科部

主な業務と研究

当科は、国立長寿医療研究センターの理念「私たちは高齢者の心と体の自立を促進し、健康長寿社会の構築に貢献します。」を実現することを使命として診療に当たっています。特に、下記の項目を念頭においた診療と研究を推進しており、成果は、海外・国内の学会や研究会で発表しています。

  1. 高齢者の自立障害につながりやすい虚弱、低栄養、サルコペニアの評価・介入に関する調査を行っており、これらの概念に基づいた診療を進めています
  2. フレイルやサルコペニアの予防対策として、リハビリテーション科が行っている「立ち乗り移動支援ロボット」を用いた介入研究に、当科も共同研究として参加しています。
  3. 高齢者の人生(寿命)を視野に入れて、個々により添える診療を目指します。住み慣れた環境での療養を促すため、かかりつけ医との連携を行います。
  4. 薬物療法のみならず、音楽療法や回想法などの非薬物療法の有効性を検証し、治療やスピリチュアルケアの可能性を追求しています。
  5. 病状やご本人の意向に基づいて、自然の摂理に沿った節度のある診療を心がけます。人生の最終段階の医療(エンドオブライフ)に関するご本人の意向の調査を進めており、事前指示書を用いた診療を推進しています。
  6. 多職種協働による総合的な診療に心がけ、各職種の専門性を生かした創造性あるマネージメントを行います。病棟では毎朝の短時間多職種カンファレンスを行っており、医療介入の限界があっても、多職種による関わりによって、その人らしい療養ができるよう工夫をしています。(写真)

多職種カンファレンス

■30分に限って10例前後の症例を検討します

多職種カンファレンス

■30分に限って10例前後の症例を検討します

 

  1. 認知症を合併する高齢者の慢性疾患マネージメントをはじめ、高齢者特有の問題への対応に関する医療研修プログラムを作成し、研修医や高齢者診療に携わる医療スタッフの養成にも力を入れています。

 

スタッフ紹介(簡単な略歴、あるいは専門技術の記載)

荒井 秀典:副院長、老年学・社会科学研究センター長

  • 1984年 京都大学医学部卒
  • 1991年 京都大学大学院博士課程修了
  • 専門領域:老年医学一般、フレイル、サルコペニア、脂質代謝異常
  • 専門技術・資格:日本動脈硬化学会理事、日本老年医学会理事、日本循環器学会幹事、日本病態栄養学会評議員、日本臨床分子医学会評議員

遠藤 英俊:内科総合診療部長

  • 1982年 滋賀医科大学卒
  • 1987年 名古屋大学大学院医学研究科修了
  • 専門領域:認知症、高齢者虐待問題、介護保険関連
  • 専門技術・資格:日本認知症学会理事、日本ケアマネジメント学会理事、日本高齢者虐待防止学会副理事長、聖路加看護大学臨床教授、名城大学特任教授、日本老年医学会認定老年病専門医

三浦 久幸:在宅連携医療部長

  • 1984年 山口大学医学部卒
  • 1993年 名古屋大学大学院医学研究科修了
  • 専門領域:老年医学一般、認知症、終末期医療、在宅医療、糖尿病
  • 専門技術・資格:日本内科学会総合内科専門医、日本老年医学会認定老年病専門医、日本認知症学会専門医・指導医、日本糖尿病学会専門医、日本臨床栄養学会指導医

佐竹 昭介:高齢者総合診療科医長/フレイル予防医学研究室長

  • 1990年 高知医科大学(現:高知大学医学部)卒
  • 1998年 名古屋大学大学院医学研究科修了
  • 専門領域:老年医学一般、高齢者糖尿病、フレイル、サルコペニア、低栄養
  • 専門技術・資格:日本内科学会内科認定医、日本糖尿病学会専門医

川嶋 修司:高齢者総合診療科医師/内分泌内科医師

  • 1995年 産業医科大学卒
  • 専門領域:老年医学一般、総合内科、内分泌代謝内科、産業医学、認知症、終末期医療、臨床感染症、感染対策
  • 専門技術・資格:日本内科学会総合内科専門医,日本内科学会内科認定医,日本糖尿病協会療養指導医, 日本化学療法学会抗菌化学療法認定医,労働衛生コンサルタント(保健衛生)、第11回日本赤十字社臨床研修指導医養成講習会終了

西原 恵司:高齢者総合診療科医師

  • 2000年 名古屋市立大学医学部卒
  • 専門領域:老年医学一般
  • 専門技術・資格:日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医

山田 洋介:高齢者総合診療科医師(レジデント)

  • 2012年 高知大学医学部卒
  • 専門領域:老年医学一般

高梨 早苗:老人看護専門看護師/高齢者総合診療科外来看護師

  • 2006年 兵庫県立大学大学院看護学研究科修士課程修了
  • 専門領域:老年看護、エンドオブライフケア、認知症
  • 専門技術・資格:日本老年看護学会会員、日本看護協会会員、日本看護科学学会会員、日本専門看護師協議会会員、日本緩和医療学会会員、日本認知症ケア学会会員

平野 優:特定行為に係る看護師の研修制度研修看護師

  • 2013年 大分県立看護科学大学大学院修士課程修了
  • 専門領域:老年看護
  • 専門技術・資格:保健師、養護教諭1種免許、介護支援専門員

先頭へ戻る

業績(原著)

2015年

  • Arai H, Satake S. English translation of the Kihon Checklist. Geriatr Gerontol Int. 2015 Apr;15(4):518-9. doi: 10.1111/ggi.12397. PubMed PMID: 25828791.
  • Malinowska KB1, Okura M, Ogita M, Yamamoto M, Nakai T, Numata T, Tsuboyama T, Arai H. Effect of self-reported quality of sleep on mobility in older adults. Geriatr Gerontol Int. 2015
  • Nishiguchi S, Yamada M, Fukutani N, Adachi D, Tashiro Y, Hotta T, Morino S, Shirooka H, Nozaki Y, Hirata H, Yamaguchi M, Arai H, Tsuboyama T, Aoyama T. Differential association of frailty with cognitive decline and sarcopenia in community-dwelling older adults. J Am Med Dir Assoc.1;16(2):120-4, 2015
  • Satake S, Senda K, Hong Y-J, Miura H, Endo H, Sakurai T,  Kondo I, Toba K. Validity of the Kihon checklist for assessing frailty status. Geriatr Gerontol Int. (In press)

2014年

  • Chen LK, Liu LK, Woo J, Assantachai P, Auyeung TW, Bahyah KS, Chou MY, Chen LY, Hsu PS, Krairit O, Lee JS, Lee WJ, Lee Y, Liang CK, Limpawattana P, Lin CS, Peng LN, Satake S, Suzuki T, Won CW, Wu CH, Wu SN, Zhang T, Zeng P, Akishita M, Arai H. Sarcopenia in Asia: consensus report of the Asian Working Group for Sarcopenia. J Am Med Dir Assoc.15(2):95-101, 2014
  • Sewo Sampaio PY, Sampaio RA, Yamada M, Ogita M, Arai H. Comparison of frailty among Japanese, Brazilian Japanese descendants and Brazilian community-dwelling older women. Geriatr Gerontol Int.26, 2014
  • Cruz-Jentoft AJ, Landi F, Schneider SM, Zúñiga C, Arai H, Boirie Y, Chen LK, Fielding RA, Martin FC, Michel JP, Sieber C, Stout JR, Studenski SA, Vellas B, Woo J, Zamboni M, Cederholm T. Prevalence of and interventions for sarcopenia in ageing adults: a systematic review. Report of the International Sarcopenia Initiative (EWGSOP and IWGS). Age Ageing.43(6):748-59, 2014
  • Sewo Sampaio PY, Sampaio RA, Yamada M, Ogita M, Arai H. Validation and translation of the Kihon Checklist (frailty index) into Brazilian Portuguese. Geriatr Gerontol Int.14(3):561-9, 2014
  • Umegaki H, Yanagawa M, Nonogaki Z, Nakashima H, Kuzuya M, Endo H. Burden reduction of caregivers for users of care services provided by the public long-term care insurance system in Japan  Arch Gerontol Geriatr 58:130–133,2014
  • Tanigawa T, Takechi H, Arai H, Yamada M, Nishiguchi S, Aoyama T. Effect of physical activity on memory function in older adults with mild Alzheimer’s disease and mild cognitive impairment. Geriatr Gerontol Int.14:758-62, 2014

2013年

  • Yamada M, Nishiguchi S, Fukutani N, Tanigawa T, Yukutake T, Kayama H, Aoyama T, Arai H. Prevalence of sarcopenia in community-dwelling Japanese older adults. J Am Med Dir Assoc.14(12):911-5, 2013
  • Yamada M, Arai H, Nishiguchi S, Kajiwara Y, Yoshimura K, Sonoda T, Yukutake T, Kayama H, Tanigawa T, Aoyama T. Chronic kidney disease (CKD) is an independent risk factor for long-term care insurance (LTCI) need certification among older Japanese adults: A two-year prospective cohort study. Arch Gerontol Geriatr 57: 328-32, 2013
  • Akishita M, Ishii S, Kojima T, Kozaki K, Kuzuya M, Arai H, Arai H, Eto M, Takahashi R, Endo H, Horie S, Ezawa K, Kawai S, Takehisa Y, Mikami H, Takegawa S, Morita A, Kamata M, Ouchi Y, Toba K. Priorities of Health Care Outcomes for the Elderly. J Am Med Dir Assoc. 14(7): 479-484, 2013
  • Toba K, Nakamura Y, Endo H, Okochi J, Tanaka Y, Inaniwa C, Takahashi, Tsunoda N, Higashi K, Hirai M, Hirakawa H, Yamada S, Maki,Y Yamaguchi T and Yamaguchi H. Intensive rehabilitation for dementia improved cognitive function and reduced behavioral disturbance in geriatric health service facilities in Japan Geriatr Gerontol Int 2013 May 6.
  • Yamada M, Takechi H, Mori S, Aoyama T, Arai H. Global brain atrophy is associated with physical performance and the risk of falls in older adults with cognitive impairment. Geriatr Gerontol Int.13(2):437-42, 2013

2012年

  • Ogita M, Utsunomiya H, Akishita M, Arai H. Indications and practice for tube feeding in Japanese geriatricians: Implications of multidisciplinary team approach. Geriatr Gerontol Int.12:643-51,2012
  • Yamada M, Aoyama T, Arai H, Nagai K, Tanaka B, Uemura K, Mori S, Ichihashi N. Complex obstacle negotiation exercise can prevent falls in community-dwelling elderly Japanese aged 75 years and older. Complex obstacle negotiation exercise can prevent falls in community-dwelling elderly Japanese aged 75 years and older. Geriatr Gerontol Int. 12:461-7
  • Kato S, Endo H, Suzuki Y. Bayesian-Based Early Detection of Cognitive Impairment in Elderly Using fNIRS Signals during Cognitive Tests.BIOSIGNALS :118-124,2012
  • Shimada H, Kato T, Ito K, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Shimokata H, Washimi,Y Endo H, Suzuki T. Relationship between Atrophy of the Medial Temporal Areas and Cognitive Functions in Elderly Adults with Mild Cognitive Impairment. European Neurology 67:168-177, 2012
  • Umegaki H, Suzuki Y, Yanagawa M, Nonogaki Z, Nakashima H, Endo H. Dysphagia in older adults at high risk of requiring care. Geriatr Gerontol Int.12(2):359-361,2012

先頭へ戻る

業績(学会・研究会発表)<症例報告>

2015年

  • 木下 かほり、朝倉 三恵子、小出 由美子、間瀬 広樹、金子 康彦、渡邊 裕、佐竹 昭介、山岡 朗子:当院の認知症患者における拒食に対する介入例 第30回日本静脈経腸栄養学会 2015年2月12日-13日 神戸

2014年

  • 西原 恵司 川嶋 修司 佐竹 昭介 遠藤 英俊 今泉 良典 国立長寿医療研究センターNST:繰り返す嘔吐と食事の拒否により低栄養状態となった高齢者が、多職種の介入により、経口摂取のみで十分な栄養摂取が可能となった一例 第25回日本老年医学会東海地方会 2014年10月4日 名古屋

2013年

  • 西原 恵司、洪 英在、川嶋 修司、佐竹 昭介、三浦 久幸、遠藤 英俊:高齢者総合診療科の初診外来で経験した、薬物有害作用と診断された15例の検討.第24回日本老年医学会東海地方会 2013年10月26日 名古屋

2012年

  • 川嶋 修司 他:異所性ACTH産生を疑う副腎外褐色細胞腫の一例 第85回日本内分泌学会学術総会 2012年4月 名古屋
  • 洪 英在、磯貝 善蔵、遠藤 英俊、佐竹 昭介、西原 恵司、川嶋 修司、小林 正樹、三浦 久幸:腹壁皮下輸液により、壊死性筋膜炎に至った一例 第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術集会 2012年9月1日 福岡
  • 西原 恵司、洪 英在、小林 正樹、川嶋 修司、佐竹 昭介、三浦 久幸、遠藤 英俊:高齢者総合診療科で経験した、crowned dens syndrome5例の検討 第23回 日本老年医学会東海地方会 2012年10月 名古屋
  • 小林 正樹、西原 恵司、洪 英在、川嶋 修司、佐竹 昭介、三浦 久幸、遠藤 英俊:変形性関節症として経過をみていたRS3PEの一例 第23回 日本老年医学会東海地方会 2012年10月 名古屋
  • 小林 正樹、佐竹 昭介、西原 恵司、洪 英在、川嶋 修司、三浦 久幸、遠藤 英俊 :浮腫を主訴とした側頭動脈炎の一例 第218回 日本内科学会東海地方会 2012年10月 名古屋

先頭へ戻る

業績(学会・研究会発表)<臨床研究>

2015年

  • Arai H. Effectiveness of influenza vaccines on older people with different functional status. IAGG Master Class on Ageing in Asia. Mar 26-28, 2015. Taipei
  • 木下 かほり、金子 康彦、佐竹 昭介、遠藤 英俊:介護保険制度で使用される基本チェックリストにおける栄養項目の栄養状態反映度の検討 第30回日本静脈経腸栄養学会 2015年2月12日-13日 神戸

2014年

  • Okura M, Ogira M, Yamamoto M, Nakai T, Numata T, Arai H. More social participation is associated with less dementia and depression in Japanese older adults irrespective of physical frailty. 10th Congress of the EUGMS 2014. Sept 17-19, 2014. Rotterdam
  • Arai H. Frailty Checklist in Japan; Does it work? ICFSR 2014. Mar 12-14, 2014. Barcelona
  • Arai H. Management of frailty and sarcopenia by multidisciplinary approach in Japan. ICFSR 2014. Mar 12-14, 2014. Barcelona
  • Endo H., Satake S., Hong, Y-J., Toba K., Kato S. Early Detection of Cognitive Impairment in Frail Elderly using FNIRS Signals. International Conference on Frailty & Sarcopenia. ICFSR 2014. Mar 12-14, 2014. Barcelona
  • 遠藤 英俊、遠矢 純一郎、小宮山 恵美、大谷 るみ子 シンポジウム1 これからの認知症ケアと在宅医療.第16回日本在宅医学会大会,2014年3月1日,浜松市.
  • 遠藤 英俊  認知症治療薬に関する最新情報の提供 (座長).第55回日本神経学会学術大会,2014年5月21日,福岡市
  • 遠藤 英俊 学会企画セッション【超高齢化社会における内科医療の役割を再考する】虚弱高齢者診療の現状と課題 米国内科学会日本支部 年次総会, 2014年5月31日, 京都大学
  • Satake S. Frailty Research: Evidence from Japan - Implication of Frailty Screening in Japan-International Conference on Frailty & Sarcopenia ICFSR 2014. Mar 12-14, 2014. Barcelona
  • Sable-Morita, S., Satake S., Kobayashi N., Takamichi K., Shimada S., Kawashima S.,Tokuda H. Frailty and advance age diabetic. International Conference on Frailty & Sarcopenia. ICFSR 2014. Mar 12-14, 2014. Barcelona
  • Senda K., Satake S., Kondo K., Tokuda H., Nishikawa M., Endo H., Toba K. Clinical Application of the Kihon Checklist to Predict Frailty and Sarcopenia in Japanese Elder Outpatients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease. International Conference on Frailty & Sarcopenia. ICFSR 2014. Mar 12-14, 2014. Barcelona
  • 佐竹 昭介:基本チェックリストによるフレイル評価 第25回日本老年医学会東海地方会シンポジウム 2014年10月4日、 名古屋市
  • 平野 優、佐竹 昭介、西原 恵司、川嶋 修司、遠藤 英俊:認知症スクリーニング検査としてのMini-Cogの有用性―MMSEと比較して― 第25回日本老年医学会東海地方会 2014年10月4日、名古屋
  • 佐竹 昭介, 千田 一嘉, 洪 英在, 三浦 久幸, 遠藤 英俊, 櫻井 孝, 近藤 和泉, 鳥羽 研二:基本チェックリスト総合点によるフレイル評価の有用性 第1回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会 2014年10月19日、 東京都
  • 木下 かほり, 小嶋 紀子, 今泉 良典, 金子 康彦, 高梨 早苗, 小林 正樹, 洪 英在, 川嶋 修司, 西原 恵司, 佐竹 昭介, 三浦 久幸, 遠藤 英俊:二次予防事業の視点からみた基本チェックリストとMNA-SFとの関係性の検討 第1回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会 2014年10月19日、 東京都
  • サブレ森田さゆり, 佐竹 昭介, 生野 仁美, 谷川 隆久, 川嶋 修司, 徳田 治彦:高齢者糖尿病患者におけるフレイルとサルコペニア 第1回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会 2014年10月19日、東京都
  • 佐竹 昭介,洪 英在,小林 正樹,西原 恵司,川嶋 修司,三浦 久幸,遠藤 英俊 (高齢者総合診療科,在宅連携医療部):高齢者総合診療科外来受診者の服薬数と基本チェックリストによる虚弱評価 第56回日本老年医学会学術集会、2014年6月13日、 福岡市
  • 高梨 早苗、佐竹 昭介、嶋田 佳代子、榊原 早苗、千田 一嘉、浅野 直也、飯田 圭紀、若松 俊孝、市倉 歩美、 竹迫 洋子、横井 つぐみ:「健康長寿教室」の取り組みの現状と課題 第19回日本老年看護学会学術集会、名古屋市、6月29日
  • サブレ森田さゆり, 佐竹 昭介, 小林 法子, 生野 仁美, 枡田 美由紀, 高梨 早苗, 島田 佳代子, 大釜 典子,川嶋 修司, 櫻井 孝, 徳田 治彦 :高齢糖尿病患者と虚弱の関連-基本チェックリストによる分類- 第57回日本糖尿病学会年次学術集会、2014年5月22日-23日、大阪市

2013年

  • Arai H. Family care for frail plder in Japan. (Symposium) Role of family in care of older people in Asian countries. The 9th Congress of the EUGMS. Oct 2-4, 2013. Venice
  • Arai H. Health promotion and disease prevention for older persons: Cardiometabolic health care in older people in Japan. IAGG 2013. Jun 23-27, Seoul
  • Arai H. Frailty and sarcopenia: Reversibility is the main and common characteristics of frailty and sarcopenia. IAGG 2013. Jun 23-27, Seoul
  • Kato S, Endo H, Nagata R, Sakuma T, Watanabe K.Toward Personalized Cognitive Training for Elderly with Mild Cognitive Impairment Using Cerebral Blood Flow Activation The 27th Annual Conference of Japanese Society for Artificial Intelligence(人工知能学会第27回全国大会)Toyama, June 4-7, 2013 Session: IOS-1 COGNITIVE TRAINING AND ASSISTIVE TECHNOLOGY FOR AGING
  • Satake S., Senda K., Hong Y.J., Miura H., Endo H., Kondo I., Toba K. The usefulness of Kihon Checklist (KCL) to predict adverse outcomes in geriatric outpatients with chronic diseases. 9th International Congress of the European Union Geriatric Medicine Society Venice, 2-4 October, 2013
  • Senda K, Satake S, Kondo I, Nishikawa M, Tokuda H, Miura H, Endo H, Toba K. High Prevalence of Pre-sarcopenia; Reduced Muscle Mass and Preserved Muscle Strength and Function, Diagnosed with the European Working Grope on Sarcopenia in Older People (EWGSOP) Algorithm, in Japanese Elder Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease Undergoing Pulmonary Rehabilitation 7th International Conference of the Society on Sarcopenia, Cachexia and Wasting Disorders (SCWD), Kobe, 9-11 December, 2013
  • Senda K., Satake S., Kondo I., Nishikawa M., Nishimura K., Tokuda H., Miura H., Endo H., Toba K. Sarcopenia in Japanese elder patients with chronic obstructive pulmonary disease undergoing comprehensive pulmonary rehabilitation. 9th International Congress of the European Union Geriatric Medicine Society, Venice, October 2-4, 2013
  • 平野 優、遠藤 英俊、佐竹 昭介、町屋 晴美、伊藤 眞奈美(内科総合診療部, 自立支援開発研究部, 看護部) 当院における「特定行為に係る看護士の研修制度」の認知度調査 第24回日本老年医学会東海地方会 名古屋 10月26日、2013年
  • 洪 英在,西原 恵司,小林 正樹,佐竹 昭介,川嶋 修司,三浦 久幸,遠藤 英俊 総合診療科に期待される外来機能に関する研究 第55回日本老年医学会学術集会、2013年6月4-6日、大阪市
  • 佐竹 昭介,下方 浩史,千田 一嘉,近藤 和泉,鳥羽 研二 基本チェックリストの質問領域と健康障害発生の関連性 第55回日本老年医学会学術集会、2013年6月4-6日、大阪市
  • サブレ森田さゆり, 佐竹 昭介, 古薗 里美, 嶋田 佳代子, 高道 香織, 近藤 和泉, 川嶋 修司, 細井 孝之, 徳田 治彦 虚弱を伴う高齢者糖尿病患者の特徴. 第56回日本糖尿病学会年次学術集会、熊本、2013年 5月16-18日
  • 櫻井 孝, 川嶋 修司, 徳田 治彦, 佐竹 昭介, 細井 孝之 認知症を合併した高齢者糖尿病の療養上の問題点・新たな治療計画の可能性. 第56回日本糖尿病学会年次学術集会、熊本、2013年 5月16-18日
  • 川嶋 修司、櫻井 孝,徳田 治彦,佐竹 昭介,細井 孝之:認知症を合併した高齢者糖尿病の臨床上の問題点 新たな治療計画の可能性 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 2013年5月15-17日 熊本

2012年

  • Arai H. Familial hypercholesterolemia and atherosclerosis. China-Japan International Conference on Atheroscrelosis 2012. July 24-27, Beijing
  • Arai H, Tamura Y, Murayama T, Minami M, Yokode M. Amelioration of diabetic nephropathy by ezatimibe in db/db mice. The 16th International Symposium on Atherosclerosis Mar 25-29, 2012. Sydney
  • 遠藤 英俊 シンポジウム5 司会 高齢者の終末期医療をめぐる諸問題―これからの終末期医療はどうあるべきか?,日本老年医学会2012年6月
  • 遠藤 英俊 高齢者医療研修会(ワークショップ)高齢者総合機能評価の診療計画の作成,日本老年医学会 2012年7月
  • Satake S, Senda K, Hong Y-J, Miura H, Endo H, and Kondo I: The estimation of sarcopenia by Mini Nutritional Assessment (MNA) in over 75 yrs old Japanese men. 34th ESPEN Congress, September 8-11, 2012, Barcelona
  • Satake S, Senda K, Hong Y-J, Miura H, Endo H, and Kondo I: The usefulness of Mini Nutritional Assessment Short Form (MNA-SF) to identify sarcopenia in Japanese old men. 2nd International Conference on Sarcopenia Research (ICSR), December 6-7, 2012, Orlando, FL, USA
  • 佐竹 昭介、千田 一嘉、洪 英在、三浦 久幸、遠藤 英俊、近藤 和泉、鳥羽 研二:基本チェックリストによる虚弱高齢者評価の妥当性 第54回日本老年医学会学術集会 2012年6月 東京

先頭へ戻る

タブ5のタイトル

タブ5の内容

先頭へ戻る

タブ6のタイトル

タブ6の内容

先頭へ戻る