病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 病院について > 組織 > 薬剤部

薬剤部

薬剤部は、「お薬の調剤」だけでなく「患者さんに納得してお薬を服用していただくための服薬指導」や「お薬の飲み合わせ(相互作用)や副作用発現状況のチェックなどの薬学的ケア」までを含めて、お薬全般にわたって担当しています。

平成16年3月の長寿医療センター開設に併せてすべての病棟にサテライト薬局が整備され、平成24年からは病棟薬剤業務実施加算を算定し、薬剤師が病棟において医療従事者の負担軽減および薬物療法の質の向上に貢献しています。

当センターは、長寿医療の中核となる施設として、さまざまな高齢者医療への取り組みを行っています。高齢者に多くみられる褥瘡(床ずれ)治療への参画、もの忘れセンター薬剤師外来における認知症患者へのサポート、がん専門薬剤師による質の高いがん患者への説明など、新しい病院薬剤師業務の展開を試みています。 また、高齢者の適切な薬物療法を推進するための研究を行なっています。

概要

当センター薬剤部では、調剤注射室、薬務室、製剤室、医薬品情報管理室、薬歴管理室、サテライト薬局からなり、薬剤師14名と薬剤助手1名が勤務しています。

先頭へ戻る

認定施設

  • 日本医療薬学会研修認定施設
  • がん専門薬剤師研修認定施設

先頭へ戻る

院外処方について

当センターでは、国の政策医療である院外処方せんの発行を推進しており、全診療科において原則として全面的に院外処方せんを発行しています。
院外処方箋カウンターを設けご希望の調剤薬局を紹介しています。
外来患者の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

先頭へ戻る

薬薬連携(保険調剤薬局の先生方へ)

院外処方箋の疑義照会は様式「処方箋の内容に関する問い合わせ票」を使用し、必ず処方箋の写しを添付しFAX(0562-48-8895)にてお問い合わせください。原則、FAXにて回答させていただきます。医師、薬剤部の業務の状況により、回答に時間がかかる場合がありますのでご了承ください。

また、薬薬連携ツールとして様式「服薬情報提供書」を運用しています。院外処方箋における即時回答を要しない疑義(アドヒアランス・残薬の状況、残薬の調整依頼など)、薬物療法上伝えておくべき重要な情報(副作用や薬の効果に関することなど)など、主治医にフィードバックし情報共有するツールとしてご利用ください。緊急性の高い情報提供は、従来の疑義照会で対応をお願いいたします。

ダウンロード(Wordファイル)

処方箋の内容に関する問い合わせ票(17KB)

服薬情報提供書(22KB)

 

先頭へ戻る

薬剤師研修・学生実習

国立長寿医療研究センターでは、薬剤師実務研修生を募集しています。

当センターで実施している薬剤師研修

  1. 薬科大学(薬学部)の学生実務実習 3か月
  2. 日本薬剤師研修センターによる実務研修

詳しい内容については、
国立長寿医療研究センター薬剤部(電話 0562-46-2311)
または、こちら(pharmacy@ncgg.go.jp)までお問い合わせください。

先頭へ戻る

 

組織