病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 病院について > 組織 > 在宅医療・地域連携診療部

在宅医療・地域連携診療部

高齢の患者さんでは、入院し退院すればそれで医療が終わりということはほとんどありません。退院後も何らかの形で医療・福祉サービスやケアを継続して受けることが必要とされることが多いのです。また核家族化や高齢者世帯の増加により、家庭の介護力は低下しており、自宅へ帰ることが困難なケースも少なくありません。
一方在宅患者さんをささえる社会制度が次々と誕生しており、患者さんもそのご家族もこれらの制度を知らない、どのように利用してよいかわからないという状況があります。
在宅医療・地域連携診療部は、患者さんとそのご家族が、病気になっても医療、福祉等に関する環境を整えることによって、安心して退院を迎えられるようにお手伝いをする部門です。

医療連携推進

病院や診療所の連携を充実させ、患者さんやご家族が困ることのないように調整していきます。地域への連携をとることの多い社会復帰支援と密に連絡をとりながら、地域医療機関に対して病院の窓口としての役割を果たすよう取り組みます。
具体的な業務の内容は以下のとおりです。

  • 診療所や病院からの受診予約
  • 当院に通院中、または入院中の方が、他病院にかかるための手配
  • 開業医にかかって在宅療養しておられる患者さんがスムーズに外来受診や入院が行えるよう調整
  • 受診予約状況のデータ収集および報告
  • 在宅医療支援病棟の連絡受付、他

先頭へ戻る

社会復帰支援

ソーシャルワーカーと看護師が所属します。高齢者の患者様・ご家族は、入院することでいろいろな心配ごとがでてきます。治療が長期にわたると、これからの生活のことも不安になります。そのような場合には、お立ち寄りください。ソーシャルワーカーや看護師が、それぞれの専門的な立場から、ご本人、ご家族の不安が解消されるようお話を聴き、ご相談をお受けします。
具体的な内容は以下のとおりです。

  • 自宅での療養生活や転院・入所の相談
  • 在宅医療への相談(開業医の紹介や訪問看護利用相談)
  • 医療費・生活費に困った
  • 受診や療養について悩んでいる
  • 今後の生活が不安
  • 介護保険と手続きについて知りたい
  • 身体障がい者手帳・精神保健福祉手帳について知りたい
  • ホームヘルプサービス・ショートステイ・デイケアなどについて知りたい
  • 福祉用具・日常生活用具の活用について知りたい
  • その他、自分が利用できる制度やサービスがあるかどうか知りたい
  • 医療器材の手配、看護・処置の方法についてのご相談をお受けします
  • その他

先頭へ戻る

スタッフ紹介

三浦久幸

三浦久幸

職位

在宅医療・地域連携診療部長

在宅連携医療部長
専門領域

在宅医学

老年医学

糖尿病学

認知症学

臨床倫理学

所属学会/資格

日本在宅医療学会評議員

日本老年医学会代議員・専門医

日本臨床倫理学会評議員

日本臨床栄養学会評議員・指導医

日本糖尿病学会専門医

日本認知症学会専門医・指導医

日本内科学会総合内科専門医

メッセージ

在宅医療や地域医療連携の充実を使命としております

 

西川満則

西川満則

職位 地域医療連携室長
専門領域

アドバンス・ケア・プランニング

エンド・オブ・ライフケア

所属学会/資格

アドバンス・ケア・プランニング研究会

エンド・オブ・ライフケア学会

エンド・オブ・ライフケア協会
メッセージ

本人の意思が尊重され、苦痛なく、穏やかに過ごせるよう支援させていただきます

 

銘苅尚子

銘苅尚子

職位

副地域連携室長

専門領域

退院支援・退院調整 在宅医療、地域連携

所属学会/資格

看護師

介護支援専門員

メッセージ

病院の退院支援のシステムを整えながら、多職種連携で質の高い退院支援となるよう取り組んでいます。

開業医(在宅医)の先生や訪問看護、ケアマネジャーをはじめとする関係機関とのよりよい連携が取れる様日々努力しています。

 

髙見雅代

職位

医療社会事業専門職

専門領域 医療ソーシャルワーク全般
所属学会/資格

精神保健福祉士

社会福祉士

介護支援専門員

メッセージ 患者様やご家族の方のご不安が、少しでも少なくなるように、お手伝いをしていきたいと思っております。

 

吉末香保里

吉末香保里

職位

看護師

専門領域  
所属学会/資格

看護師

メッセージ ご本人やご家族の意向を汲み取り、医療者としての意見も伝えながら最大限実現できるよう歩みよれるような退院調整を行っていきたいと思います。また、安心した退院後の生活を送れるようサポートをしていきたいと思います。

 

近藤秀憲

職位

在宅医療・地域連携診療部

医療社会事業専門員(医療福祉相談室専任)

在宅連携医療部在宅連携医療部員
専門領域 医療社会事業
所属学会/資格  
メッセージ 高齢者の方々にもわかりやすい説明、そして医療社会事業に努めています。

 

小島秀樹

職位

在宅医療・地域連携診療部

医療社会事業専門員
専門領域

医療ソーシャルワーク全般

所属学会/資格

愛知県医療ソーシャルワーカー協会

社会福祉士
メッセージ 患者様・家族様の気持ちに寄り添い、介入支援できるように邁進して参ります。

 

今井寿佳

職位

医療社会事業専門員

専門領域

医療福祉全般

所属学会/資格

社会福祉士

精神保健福祉士
メッセージ

ご本人、ご家族、地域の方と一緒に考え、お一人お一人にあった生活が実現できるよう支援させて頂きます。お気軽にご相談ください。

 

伊達啓子

職位

医療社会事業専門員

専門領域

退院支援

退院調整

所属学会/資格

社会福祉士・精神保健福祉士

看護師・主任介護支援専門員
メッセージ

本人や家族の声に耳を傾け、退院後の生活をどうしていくか、ともに考え、多職種と連携を図りながら支援します。また、安心して退院後の生活に移行できるように調整します。

 

庄司吉昭

職位

医療社会事業専門員

専門領域  
所属学会/資格  
メッセージ

その人が 少しでも 社会的健康を取り戻せるように 頑張ります!

よろしく お願いします。

 

住江浩美

住江浩美

職位

南1病棟(地域包括ケア病棟)副看護師長

在宅医療・地域連携診療部看護師
専門領域

退院支援

退院調整

所属学会/資格

看護師

保健師

介護支援専門員
メッセージ

本人や家族に寄り添って、退院後の生活をどうしていくか意思決定できるように、多職種と連携を図りながらサポート

します。また、安心して退院後の生活に移行できるように支援します。

 

 

先頭へ戻る

タブ4のタイトル

タブ4の内容

先頭へ戻る

タブ5のタイトル

タブ5の内容

先頭へ戻る

タブ6のタイトル

タブ6の内容

先頭へ戻る

 

組織