病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

ホーム > 病院 > 病院について > 組織 > 神経内科部

神経内科部

主な業務と研究

2001年4月から精神科と共同で認知症の患者さんに対応するもの忘れ外来を開設し、それは現在のもの忘れセンターに継続されています。 新しく開発中の薬剤の臨床試験(治験)を行っています。現在、レビー小体型認知症に対し1種類、アルツハイマー病に対して4種類の治験が進行中です。

神経疾患の総合的画像診断-認知症先進医療開発センター脳画像診断開発部等との共同事業で、認知症を含む各種神経疾患の形態と 機能をSPECT、PET、MRI、MEGなどにより総合的に評価しています。

本邦で最大規模のアルツハイマー病の早期診断に対する多施設共同研究であるJ-ADNI研究、更に早期診断を目指すことを目的としたJ-ADNI2研究などに参加をするとともに、当研究センターの事業として、脳血管性認知症とアルツハイマー病の鑑別に関する研究、認知症の診療・介護に関するネットワークづくりに関する研究など多数の研究事業を遂行中です。

業績(著書)

欧文

  • Maruyama W, Yamada T, Washimi Y, Kachi T, Yanagisawa N, Shimokata H, Naoi M: Neutral (r)salsolinol N-methyltransferase as a pathogenic factor of Parkinson's disease. Mapping the Progress of Alzheimer's and Parkinson's Disease (ed by Muzuno Y et al), Kluwer Academic Plenum Publishers, New York, USA, 2002, p. 277-280.
  • Kato T, Saito A-N, Arahata Y, Kawatsu S, Nakamura A, Ogawa M, Hatano K, Kawasumi Y, Abe Y, Iwai K, Yamada T, Washimi Y, Kachi T, Ito K: Statistical mapping of the brain stem using [18F]FDOPA PET images: a basic study. Brain Mapping Using PET (ed by Senda M, Kimura Y, Herscovitch P), Academic Press, London, United Kingdom, 2002, p. 311-314.

著書(和文)

  • 鷲見幸彦,加知輝彦:ハンチントン病.看護のための最新医学講座 第1巻 脳・神経系疾患(日野原重明,井村裕夫 監修),中山書店,東京,2002,p.329-331.
  • 鷲見幸彦,加知輝彦:ハンチントン病.看護のための最新医学講座第2版 第1巻 脳・神経系疾患(日野原重明,井村裕夫 監修),中山書店,東京,2005,p.351-353.
  • 伊藤健吾,加藤隆司,新畑 豊,阿部祐士:パーキンソン病および類縁疾患のPET PET研究と臨床の進歩(渡邉一夫,松澤大樹,石井慶造,伊藤正敏 編)財団法人脳疾患研究所,福島2005.P219-230.
  • 新畑豊,伊藤健吾:画像検査-SPECT.PET.看護のための最新医学講座 改訂第2版 第1巻 脳・神経系, (日野原重明,井村裕夫 監修),中山書店,東京,2005,p.118-125.
  • 伊藤健吾,加藤隆司,新畑 豊:アルツハイマー病の症候と診断―脳画像所見―特徴と鑑別診断 老年期痴呆の克服をめざして(柳澤信夫 監修) 医学書院;東京,2005,92-100
  • 伊藤健吾,加藤隆司,新畑 豊,鷲見幸彦 :PET,老年期認知症ナビゲーター(平井俊策 監修) ,メディカルレビュー社,東京,2006,p.246-7
  • 加藤隆司,新畑 豊,鷲見幸彦,伊藤健吾 : 認知症変性疾患.PET-CT画像診断マニュアル (村上康二 編著), 中外医学社, 東京 2008,p.71-76
  • 鷲見幸彦 抗コリン薬,アマンタジンの使い方.パーキンソン病-診断と治療-(柳澤信夫 編),金原出版,東京,2000,p.165-171
  • 遠藤英俊,三浦久幸,加知輝彦,鷲見幸彦,長屋政博:国立療養所中部病院における高齢者包括医療病棟での痴呆患者への対応.知っておきたい痴呆患者の診断・治療・介護と社会の対応(武田雅俊編),真興公易医書出版部,東京,2000,p.118-126
  • 鷲見幸彦:脳卒中.寝たきりの予防と治療.診断と治療社,東京,2000,p.79-84
  • 鷲見幸彦,柳澤信夫:Huntington病.今日の治療と看護.南江堂,東京,2004,p.761-762
  • 鷲見幸彦:痴呆(認知症)のcommunity care.Annual Review 神経2006.p.357-364
  • 鷲見幸彦:認知症患者のケア.今日の治療指針.医学書院,東京,2008,p.1153-1154
  • 鷲見幸彦:めまい・動揺感・ふらつき.実地医家のための高齢者診療ガイド.大内尉義編,同人社,東京,2008,p.41-43
  • 鷲見幸彦:手足のしびれ.実地医家のための高齢者診療ガイド.大内尉義編,同人社,東京,2008,p.48-49
  • 鷲見幸彦:言語障害.実地医家のための高齢者診療ガイド.大内尉義編,同人社,東京,2008,p.50-51
  • 鷲見幸彦:パーキンソン病・症候群.大内尉義監修,高齢者を診療する研修カリキュラム(財)長寿科学振興財団,愛知,2008,p.177-182
  • 鷲見幸彦:脳血管障害.大内尉義監修,高齢者を診療する研修カリキュラム(財)長寿科学振興財団,愛知,2008,p.189-193
  • 鷲見幸彦:内分泌疾患に伴う精神症状.今日の精神疾患治療指針 2012,p.483-485
  • 鷲見幸彦:診断・症候・鑑別診断 Alzheimer病 認知症診療Q&A92(編 中島健二 和田健二).中外医学社,東京,2012,p.35-39
  • 鷲見幸彦: 麻薬・覚醒剤中毒. 今日の神経疾患治療指針 第2版 医学書院,2013,p.894-897
  • 川合圭成:運動失調.メディカルスタッフのための神経内科学(河村満 編著),医歯薬出版,東京,2012.p.36-42
  • 川合圭成:小脳と高次脳機能障害.アクチャル脳・神経疾患の臨床 小脳と運動失調 小脳は何をしているのか(辻省次 総編集 西澤正豊 専門編集),中山書店,東京,2013.p.56-62
  • 武田章敬: 介護施設と専門医療機関の地域連携.BPSD初期対応ガイドライン(服部英幸 編集),ライフ・サイエンス,東京,2012,p.108-109.
  • 武田章敬: 一般病院と認知症治療が可能な医療機関との地域連携.BPSD初期対応ガイドライン(服部英幸 編集),ライフ・サイエンス,東京,2012,p.110-111.

先頭へ戻る

業績(原著)

欧文

  • Nagano AS, Ito K, Kato T, Arahata Y, Kachi T, Hatano K, Kawasumi, Nakamura A, Yamada T, Abe Y, Ishigaki T: Extrastriatal mean regional uptake of flurine-18-FDOPA in the normal aged brain-an approach using MRI-aided spatial normalization. NeuroImage 2000; 11: 760-766.
  • Nakamra A, Yamada T, Abe Y, Nakamura K, Sato N, Horibe K, Kato T, Kachi T, Ito K: Age-related changes in brain neuromagnecit responses to face perception in humans. Neurosci Lett 2001; 312: 13-16.
  • Watanabe H, Saito Y, Terao S, Ando T, Kachi T, Mukai E, Aiba I, Abe Y, Tamakoshi A, Doyu M, Hirayama M, Sobue G: Progression and prognosis in multiple system atrophy; an analysis of 230 Japanese patients. Brain 2002; 125: 1070-1083.
  • Ito K, Nagano-Saito A, Kato T, Arahata Y, Nakamura A, Kawasumi Y, Hatano K, Abe Y, Yamada T, Kachi T, Brooks DJ: Striatal and extrastriatal dysfunction in Parkinson's disease with dementia; a 6-[18F]fluoro-L-dopa study. Brain, 2002; 125: 1358-1365.
  • Yamada T, Nakamura A, Horibe K, Washimi Y, Bundo M, Kato T, Ito K, Kachi T, Sobue G: Asymmetrical enhancement of middle-latency auditory evoked fields with aging. Neurosci Lett 2003; 337: 21-24.
  • Abe Y, Kachi, Kato T, Arahata Y, Yamada T, Washimi Y, Iwai K, Ito K, Yanagisawa N, Sobue G: Occipital hypoperfusion in Parkinson's disease without dementia: correlation to impaired cortical visual processing. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2003; 74: 419-422.
  • Nagaya M, Kachi T, Yamada T, Sumi Y: Videofluorographic observations on swallowing in patients with dysphagia due to neurodegenerative diseases. Nagoya J Med Sci 2004; 67: 17-23.
  • Nagano-Saito A, Kato T, Arahata Y, Washimi Y, Nakamura A, Abe Y, Yamada T, Iwai K, Hatano K, Kawasumi Y, Kachi T, Dagher A, Ito K: Cognitive- and motor-related regions in Parkinson's disease: FDOPA and FDG PET studies. NeuroImage 2004; 22: 553-561.
  • Nagano-Saito A, Washimi Y, Arahata Y, Iwai K, Kawatsu S, Ito K, Nakamura A, Abe Y, Yamada T, Kato T, Kachi T: Visual hallucination in Parkinson's desease with FDG PET. Mov Disord 2004; 19: 801-806.
  • Nagano-Saito A, Washimi Y, Arahata Y, Kachi T, Lerch JP, Evans AC, Dagher A, Ito K:Cerebral atrophy and its relation to cognitive impairment in Parkinson disease.Neurology. 2005 Jan 25;64(2):224-9.
  • Nihashi T, Yatsuya H, Hayasaka K, Kato R, Kawatsu S, Arahata Y, Iwai K, Takeda A, Washimi Y, Yoshimura K, Mizuno K, Kato T, Naganawa S, Ito K:Direct comparison study between FDG-PET and IMP-SPECT for diagnosing Alzheimer's disease using 3D-SSP analysis in the same patients.Radiat Med. Epub2007 Jul;25(6):255-62.
  • Borghammer P, Chakravarty M, Jonsdottir KY, Sato N, Matsuda H, Ito K, Arahata Y, Kato T, Gjedde A: Cortical hypometabolism and hypoperfusion in parkinson's disease is extensive: Probably even at early disease stages. Brain Struct Funct, 2010;214:303-317.
  • Konagaya Y, Washimi Y, Hattori H, Takeda A, Watanabe T, Ohta T:Validation of the Telephone Interview for Cognitive Status (TICS) in Japanese. 2007 Jul;22(7):695-700.
  • Makizako H, Shimada H, Doi T, Yoshida D, Ito K, Kato T, Shimokata H, Washimi Y, Endo H, and Suzuki T: The association between decline in physical functioning and atrophy of medial temporal areas in community-dwelling older adults with amnestic and non-amnestic mild cognitive impairment. Arch Phys Med Rehabil, 2011;92: 1992-1999.
  • Shimada H, Kato T, Ito K, Makizako H, Doi T, Yoshida D, Shimokata H, Washimi Y, Endo H, Suzuki T: Relationship between Atrophy of the Medial Temporal Areas and Cognitive Functions in Elderly Adults with Mild Cognitive Impairment.Eur Neurol. 2012 Jan;26;67(3):168-177. [Epub ahead of print]
  • Takeda A, Tanaka N, Chiba T. Prospects of future measures for persons with dementia in Japan. Psychogeriatrics 2011; 10 :95-101.
  • Kawai Y, Miura R, Tsujimoto M, Sakurai T, Yamaoka A, Takeda A, Arahata Y, Washimi Y, Kachi T, Toba K:Neuropsychological differentiation of Alzheimer's disease and dementia with Lewy bodies in a memory clinic. Psychogeriatrics 2013 in press.

和文

  • 山田孝子,加知輝彦,米山榮,武田章敬,安藤一也:高齢パーキンソン病患者の生活の質(QOL)と社会的要因.Geriat Med 1997; 35: 1413-1415.
  • 山田孝子,加知輝彦,米山榮,武田章敬,安藤一也:高齢パーキンソン病患者における生活の質ー日常生活と心理的要因についてー.綜合臨床 1997; 46: 2824-2826.
  • 堀部賢太郎,中村昭範,山田孝子,加知輝彦,祖父江元:良性家族性ミオクローヌスてんかんの体性感覚誘発磁界.臨床脳波 1999; 41: 256-258.
  • 中村昭範,阿部祐士,中村克己,佐藤暢哉,堀部賢太郎,山田孝子,加藤隆司,加知輝彦,伊藤健吾:顔の視覚刺激に対する誘発脳磁図.臨床脳波 2000; 42: 1-6.
  • 太田壽城,原田敦,鷲見幸彦,奥泉宏康,新畑豊:老年病の医療経済,日本老年医学会雑誌 2005;42(6):645-647.
  • 岡村菊雄,鷲見幸彦,遠藤英俊,徳田治彦,志賀幸夫,三浦久幸,野尻佳克: 「水分を多く摂取することで,脳梗塞や心筋梗塞を予防できるか?」システマティックレビュー 日本老年医学会雑誌 2005;42(5):557-563.
  • 鷲見幸彦:MCIについて―臨床研究におけるMCIの考え方―,認知神経科学 2006;8:30-34.

先頭へ戻る

業績(総説)

  • 中村昭範,加藤隆司,山田孝子,堀部賢太郎,斎藤敦子,加知輝彦,伊藤健吾:脳磁図とPETを併用した高次脳機能解析.脳の科学 2000; 22: 633-638.
  • 中村昭範,加知輝彦,堀部賢太郎,山田孝子,加藤隆司,伊藤健吾:アルツハイマー病の臨床検査と診断への応用ー電気生理学的検査.脳の科学 2000年増刊号 199-203.
  • 鷲見幸彦,太田壽城:痴呆疾患に関する医療経済的検討.日老医誌 2004;41: 451-459.
  • 新畑 豊,伊藤健吾:痴呆の検査と評価--画像診断 からだの科学 2001;218:71-75.
  • 新畑 豊,伊藤健吾,加藤隆司:パーキンソン病の痴呆 Cognition and Dementia 2004;3(1):45-49
  • 鷲見幸彦,新畑 豊:"アルツハイマー病を防ぐ のばそう健康寿命-老化と老年病を防ぎ,介護状態を予防する-" 2005 Advances in Aging and Health Research 2004(財団法人 長寿科学振興財団)2005.3. 95-102
  • 新畑 豊,鷲見幸彦:アルツハイマー病の画像診断 最新医学 2005;60(10):128-133.
  • 新畑 豊,伊藤健吾,加藤隆司:脳画像の新たな展開-パーキンソン病における幻覚と脳のドパミン系および糖代謝変化 最新医学 2005.;60(5):87-92.
  • 伊藤健吾,加藤隆司,新畑 豊,鷲見幸彦:FDG-PETを用いた早期診断 Medical Practce 2006;23(7):1179-1182
  • 新畑 豊,加知輝彦:多系統萎縮症―update PET・SPECT・生理学的検査 CLINICAL NEUROSCIENCE 2006;24(9):1017-1020.
  • 新畑豊, 加藤隆司, 伊藤健吾:分子イメージングーパーキンソン病 日本臨牀 2007;65(2):327-331.
  • 加藤隆司, 伊藤健吾, 新畑豊:高齢者にみられる画像診断-高齢者にみられる画像変化を中心に- 核医学 日独医報 2007;52(4):22-31.
  • 新畑豊, 伊藤健吾:アルツハイマー病診療の現状と画像診断への期待 PET journal 先端医療技術研究所 2008;1:16-19
  • 加藤隆司, 新畑豊, 伊藤健吾:健常脳画像の加齢性変化-認知症との関係を中心に 分子精神医学 2010;10(2):35-41.
  • 新畑豊,加藤隆司:パーキンソン病の核医学診断 Rad Fan, 2011.4;9(5) : 45-47.
  • 新畑豊: 脳血管性認知症 月刊薬事 2012;54(10):58-61.
  • 清水敦哉、新畑豊:高齢者における生活習慣病:高齢者における動脈硬化(1)脳血管障害. Advances in Aging and Health Research 2012; 2013:113-122.
  • 鷲見幸彦,柳澤信夫:神経疾患治療の進歩ー痴呆ー,神経治療 2000;17:303-307.
  • 鷲見幸彦:痴呆の検査と評価ー臨床評価ー,からだの科学 2001;218:66-70.
  • 鷲見幸彦,柳澤信夫:神経疾患治療の進歩ー痴呆ー.神経治療 2001;18:327-331.
  • 鷲見幸彦,加知輝彦:ドパミン受容体アゴニストの選択と切り換え,Geriat.Med 2001;28:1543-1553.
  • 鷲見幸彦,柳澤信夫:神経疾患治療の進歩ー痴呆ー.神経治療 2002;19:353-357.
  • 鷲見幸彦:いかに治療すべきか-アルツハイマー病-,現代医学 2003;50:509-514.
  • 鷲見幸彦:痴呆症学-高齢者社会と脳科学の進歩―副甲状腺疾患.日本臨床増刊号 2004;62:349-352.
  • 鷲見幸彦:痴呆疾患に対する診療体制,医療の広場 2004;44:10-14.
  • 鷲見幸彦:痴呆診療の現在と未来-もの忘れ外来からみえてきたこと-,明日の臨床 2004;16:51-58.
  • 鷲見幸彦:秋の夜長,一般医にお勧めする認知症に関連した一般書,日本醫事新報 2005;4254:39-41.
  • 鷲見幸彦:認知症治療の展望,Home Care Medicine 2005;7:24-26.
  • 鷲見幸彦:脳からみた高齢者の転倒の病態,月刊ナーシング 2005;25:49-50.
  • 武田章敬,鷲見幸彦,川合圭成,祖父江 元:痴呆患者のコミュニケーション指標,最新医学 2005;60: 899-903.
  • 鷲見幸彦,服部英幸,三浦久幸:もの忘れ外来における性差,性差と医療 2006;3:45-48.
  • 鷲見幸彦:Alzheimer病:介護の現状と問題点-認知症診療における医師の役割-, 医学のあゆみ 2007;220:456-462.
  • 鷲見幸彦:認知症のケアと医療の地域連携の必要性-医療の視点から- Geriatric Medicine 2007;45:1077-1081.
  • 鷲見幸彦:プライマリ・ケア医のための認知症の早期診断・治療-プライマリ・ケア医が知っておくべき神経学的検査法とその意味,治療 2007;89:2954-2957.
  • 小長谷陽子,渡邉智之,鷲見幸彦,太田壽城:新しい認知機能検査,TICS-Jの開発,日本医事新報 2008;4408:72-76.
  • 鷲見幸彦:脳から見た高齢者の転倒の病態,転倒予防医学百科,武藤芳照編,日本医事新報社,東京2008;p.84-88.
  • 鷲見幸彦:認知症の診断と薬物療法,Journal of Clinical Rehabilitation. 2009;18:204-211.
  • 鷲見幸彦:日常生活から見た認知症の原因と予防法,Ageng Health 2009;18:7-10.
  • 鷲見幸彦:高齢者の脳疾患と転倒・骨折予防-整形外科医に必要な実践知識-MB Orthop 2009;22:59-66.
  • 鷲見幸彦:実地医家が遭遇する精神疾患の症状,鑑別診断および治療ストラテジー-実地医家の守備範囲と対処の実際-,Medical Practice 2009;26:1515-1519.
  • 鷲見幸彦:認知症の発症因別対応法,日本医事新報 2009;4444: 77.
  • 鷲見幸彦:認知症診療マニュアル,認知症患者ケアの予防的側面,神経内科 2010;72 suppl6:34-39.
  • 鷲見幸彦,加藤隆司:目で見る症例,アルツハイマー型認知症,内科 2010;105(3):496-500.
  • 鷲見幸彦:内科疾患の診断基準病型分類重症度,アルツハイマー型認知症,内科 2010;105(6): 1326-1330.
  • 鷲見幸彦:認知症における地域連携の重要性と問題点,医療の広場 2010;50(12):4-7鷲見幸彦 一般外来で認知症に気が付けるか,Modern Physician 2011;31(7):890.
  • 鷲見幸彦:アルツハイマー病 特徴的症状と診断のポイント,最新医学 2011;(66):44-52.
  • 鷲見幸彦:老年医学・高齢者医療の最先端 早期発見の手がかりは心理検査か画像診断か, 医学のあゆみ 2011;238(5):383-387.
  • 鷲見幸彦:認知症学下 サポート医と介護研修,日本臨床増刊号 2011;69(10):561-564.
  • 鷲見幸彦:認知症-地域で支える 認知症の身体合併症-予防,医療,管理. こころの科学 2011;161:33-37.
  • 鷲見幸彦:アルツハイマー型認知症治療薬,-アルツハイマー型認知症の進行による症状と精神・神経系副作用との鑑別-,薬局 2012;63(2):102-106.
  • 鷲見幸彦:ポータルサイト「認知症サポート医ネットワーク」を創設,Medical Tribune 2012;45(9):19.
  • 鷲見幸彦:かかりつけ医制度の現状と課題,老年精神医学雑誌 2012;23(3):287-293.
  • 鷲見幸彦:アルツハイマー病診療最前線における課題と展望 認知症の身体合併症医療はどうあるべきか,老年精神医学雑誌 2012;23:101-107.
  • 鷲見幸彦:認知症の治療・ケアガイド アルツハイマー病,月刊薬事 2012;54(10):37-42.
  • 鷲見幸彦:認知症の治療・ケアガイド レビー小体型認知症,月刊薬事 2012;54(10):43-47.
  • 辻本昌史,鷲見幸彦:認知症の治療・ケアガイド,前頭側頭型認知症,月刊薬事 2012;54(10):53-57.
  • 鷲見幸彦:認知症ケアー国の5カ年計画 来年度から-在宅中心めざす,日本経済新聞 2012 .10.25.
  • 鷲見幸彦:認知症の「ひと」に寄り添うチームケア,TEAM APPROACH 2012;18:2-5.
  • 鷲見幸彦,道川 誠,片田栄一,松川則之:座談会 認知症の予防と治療をめぐる最近の展開-新薬の登場を踏まえて-,現代医学 2012;60(2):373-412.
  • 川合圭成:マンガでわかる!急性期病棟での高次脳機能障害のケア,記憶障害,Brain Nursing 2013;29(2):132-134.
  • 武田章敬: 認知症治療の最前線-包括的ケアを踏まえた新しい治療戦略-:認知症ケアに向けた地域の取組みについて教えて下さい. Geriat Med 2013; 51巻1号: 1189-1192.
  • 武田章敬: わが国の認知症施策. 月刊薬事 2012; 54(10): 30-34.
  • 武田章敬: 軽度認知障害(MCI). 月刊薬事 2012; 54(10): 63-67.
  • 武田章敬、堀部賢太郎: 認知症地域連携を推進するための方法論:認知症ケアにおける地域連携の政策的展望.老年精神医学雑誌 2012; 23: 280-286.
  • 武田章敬: 認知症が拓く新時代:地域生活支援 専門医療機関とまちづくり支援.クリニシアン 2011; 58: 629-633.
  • 武田章敬: 老年医学・高齢者医療の最先端:認知症を支える地域連携の最前線.医学のあゆみ2011; 239: 425-430.
  • 武田章敬: 認知症リハビリテーションのEBM:診断と薬物治療の進歩.総合リハビリテーション2011; 39: 421-426.
  • 武田章敬: 高齢者在宅医療の新しい展開:在宅医療の制度・システム・教育 認知症地域連携ネットワーク.Geriatric Medicine 2010; 48: 1489-1492.
  • 武田章敬: 認知症のための医療資源整備をどう進めるか:わが国の認知症対策と医療資源整備.老年精神医学雑誌2010; 21: 1230-1234.
  • 武田章敬: 認知症医療Up to Date:認知症の政策医療と制度改革. MEDICO 2010; 41 :255-257.

先頭へ戻る

タブ4のタイトル

タブ4の内容

先頭へ戻る

タブ5のタイトル

タブ5の内容

先頭へ戻る

タブ6のタイトル

タブ6の内容

先頭へ戻る

 

組織