病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

看護部

ホーム > 病院 > 病院について > 組織 > 看護部 > 教育

  • 看護部トップ
  • ご挨拶
  • 看護部概要
  • 教育
  • 専門・認定看護師
  • インターンシップ
  • 職員募集

教育

教育方針

看護部においては CHOJU(長寿)という理念のもと、加齢という自然な営みの中で、疾病や障害があってもその人らしい生活機能を維持し、よりよい生活を営めるための看護を目指しています。私たちはすぐれた専門性に基づいた看護実践能力をもち、相手の力を信じ寄り添うことができる優しい心を備え、時には創造性にあふれたケアに挑戦できるジェネラリストナースを育てることを目標に教育環境を整える努力を続けています。最初は戸惑うことがあっても、同期との絆を深め、先輩看護師の温かい支援を受けながら、ともに一歩ずつ成長しあえる場が長寿医療研究センターの看護師教育です。

教育目的

国立長寿医療研究センターが果たすべき役割および看護部の理念を理解し、専門職業人として主体的に考え行動する質の高い看護を提供できる人材を育成する

教育目標

  1. 国立長寿医療研究センターおよび看護部の理念や役割を理解し、組織に貢献できる人材を育成する
  2. 超高齢社会のニーズに対応できる専門的知識と看護技術・判断力を持ち、問題解決能力に優れた看護師を育成する
  3. 看護の質を向上させるため、看護職としての倫理的態度を養い、管理能力を高め、教育や研究活動に取り組む看護師を育成する
  4. 高齢者看護を発展・推進していくための看護活動、情報発信や提言ができる看護師を育成する
  5. 専門職業人として資質の向上をはかるための主体的な自己研鑽ができる看護師を育成する

先頭へ戻る

教育システム

当センターではクリニカルラダーを導入し、ジェネラリスト看護師とスペシャリスト看護師のキャリア形成を考慮した人材育成のための継続教育を行っています。

現任教育構造図

 

新人教育支援体制

 

先頭へ戻る

クリニカルラダー到達レベル

  1. レベルI(新人レベル):職場の教育や指導を受けながら看護実践を行う、ガイドラインやマニ ュアルが必要なレベル
  2. レベルII(一人前レベル):自分で考え行動できるレベル
  3. レベルIII(中堅レベル):チームメンバーに指導できるレベル
  4. レベルIV(達人レベル):専門性を発揮できるレベル
  5. 専門コース(専門看護師・認定看護師):専門性を発揮できるレベル
  6. 管理コース(看護師長・副看護師長):管理能力を発揮できるレベル

 

クリニカルラダー目標

レベルⅠ
(新人レベル)
  1. 所属部署の高齢者看護実践に必要な基本的知識・技術を習得し、安全に看護を提供できる
  2. センターの一員として言動に責任を持ち、自分の役割を果たすことができる
  3. 自己の教育的課題を指導により見つけ、主体的に学習できる
  4. 所属部署内での人間関係を良好に築くことができる
  5. 看護社の倫綱領の内容を理解し、患者を一個人として尊重できる
レベルⅡ
(一人前レベル)
  1. 所属部署で日常的に必要とされる高齢者看護実践は単独で安全かつ確実に実施できる
  2. リーダーシップの概念を理解し、担当した役割を通してリーダーシップを発揮できる
  3. 1)自己の教育的課題を達成するための自己教育活動に取り組むことができる
    2)看護研究チームの一員として主体的に研究に参加できる
  4. 患者・家族との良好な人間関係を形成することができる
  5. 医療倫理、看護倫理と現実にジレンマを感じた場面について問題提起できる
レベルⅢ
(中堅レベル)
  1. 所属部署の高齢者看護実践者として役割モデルとなり、指導的活動位ができる
  2. リーダーシップを発揮し、チームリーダーとして行動することができる
  3. 1)実習指導者、後輩育成等の指導的な役割を実践することができる
    2)看護研究を計画し、スタッフとともに取り組み、取り組みにおいては中心的役割を果たすことができる
  4. 患者・家族の意見を尊重し、チーム医療に必要なコミュニケーションがはかれる
  5. 倫理原則に基づいて問題解決ができる
レベルⅣ
(達人レベル)
  1. センターの役割モデルとなり、高齢者看護の専門性を追求し、創造的な看護実践ができる
  2. 管理的視点で行動し、チームの目標達成に貢献できる
  3. 1)自己の課題を持ち、単独で専門領域や高度な看護技術等自己教育活動を展開することができる
    2)組織的研究活動を実践できる
  4. センターの一員として他職種および院外関係部署との調整や交渉ができる
  5. 問題提起に対して倫理的視点で後輩の指導や他職種への働きかけができる
専門コース
  1. センターの役割モデルとなり、倫理的かつ実践的知識を活かして、高齢者看護の専門性を追求し創造性豊かな卓越した看護実践ができる
  2. 管理的視点で行動し、チームの目標達成に貢献できる
  3. 1)自己の課題を持ち、単独で専門領域や高度な看護技術等自己教育活動を展開することができる
    2)組織的研究活動を実践できる
  4. センターの一員として他職種および院外関係部署との調整や交渉ができる
  5. 問題提起に対して倫理的視点で後輩の指導や他職種への働きかけができる
管理コース
  1. 自律した看護専門職および役割モデルとして行動できる
  2. 病院経営・看護管理を理解し、マネジメントが実践できる
  3. 自己の課題を持ち、自己教育活動を展開することができる
  4. センターの一員として他職種および院外関係部署との調整や交渉ができる
  5. 倫理的問題に積極的に対処することができる

 

クリニカルラダーとリンクした集合教育計画

レベルⅠ〜Ⅲ

レベルⅠの臨床能力の発達をめざす レベルⅡの臨床能力の発達をめざす レベルⅢの臨床能力の発達をめざす
レベルⅠ(新人) レベルⅠ
看護実践能力
  • 医療安全・感染管理
  • 臨床看護実習
  • 救急時の看護
  • シミュレーション研修
  • 看護過程展開の技術
  • 高齢者の臨床薬理
  • 高齢者看護の基本①②
  • 高齢者ケアのアセスメント①
  • 高齢者ケアのアセスメント②
組織的役割遂行能力
  • 新採用者オリエンテーション
  • 新採用者合同研修
   
  • リーダーシップ
教育・研究能力  
  • 患者対応の振り返り
  • 高齢者のケーススタディ
  • プリセプター研修
  • 実地指導者研修
  • 看護研究Ⅰ
  • 看護研究Ⅱ
  • 教育担当者研修
人間関係能力
  • 新採用者合同研修
    ※コーチング(リーダーシップ)
倫理性
  • 看護倫理Ⅰ
 
  • 看護倫理Ⅱ
※研究における倫理(看護研究Ⅰ)

レベルⅣ、専門コース、管理コース

レベルⅣの臨床能力の発達をめざす 専門コース
専門看護師
認定看護師
管理コース
看護師長
副看護師長
看護実践能力 ※院外研修 ※院外研修 ※院外研修
組織的役割遂行能力 ※院外研修 ※院外研修
※専門知識・技術の普及活動
※院外研究発表
  • 管理研修Ⅰ
  • 管理研修Ⅱ
※院外研修
  • 中間管理者研修Ⅰ Ⅱ
  • 幹部研修Ⅰ
教育・研究能力 ※院外研修
人間関係能力  
倫理性 ※院外研修 ※院外研修 ※院外研修

先頭へ戻る

新人看護師の1年

4月

〇新採用者オリエンテーション

  • 国立長寿医療研究センターの概要
  • 医療安全管理・感染管理・看護過程
  • 新採用者多職種合同研修
  • 院内オリエンテーション スタンプラリー

5月

〇臨床看護技術演習

  • 移動と移送の介助
  • 褥瘡予防・体位変換
  • 採血
  • 点滴管理
  • 酸素吸入
  • 吸引
  • 医療機器の取り扱い(パルスオキシメーター、輸液ポンプ、シリンジポンプ)
  • 経管栄養

6月

〇高齢者の臨床薬理

  • 高齢者の薬物療法の特徴
  • 事故を意識した薬剤の取り扱い

〇シミュレーション研修

  • 優先順位の決定
  • 応援要請の実際

7月

〇救急時の看護(1)

  • 急変時の応援要請、連絡方法
  • 状態把握と対応
  • BLS

9月

〇高齢者の看護の基本1

  • 高齢者看護とは
  • 高齢者の特徴
  • 尊厳のある看護
  • 高齢者のアセスメント
  • 加齢による摂食メカニズムの変化と特徴
  • 口腔ケア

10月

〇新採用者多職種合同研修

  • 6月の振り返り
  • 新採用者としての課題の共有
  • 新採用者としての悩みの表出
  • ヒヤリハットの共有

11月

〇救急時の看護(2)

  • 気管内挿管の準備と介助
  • 医療機器の取り扱い
  • 人工呼吸器装着中の患者の看護

12月

〇患者対応の振り返り

  • 患者対応振り返りの意義
    プロセスレコードによる看護場面の再構成の進め方
  • 看護場面の再構成
  • 自己の振り返りと自己啓発

2月

〇看護過程展開の技術

  • 看護過程の構成要素の理解
  • 看護過程の展開方法
  • 看護過程と看護診断の関係
  • 事例を通した看護過程の理解

3月

〇新採用者多職種合同研修

  • 1年のまとめ
    新採用者としての1年間の想いの表出と課題の共有
    1年間の振り返り、自己の課題の達成度の把握
    次年度に向けた心構えと自己の課題の明確化

 

先頭へ戻る