本文へ移動

病院

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

外来診療・時間外診療・救急外来 電話:0562-46-2311

ホーム > 病院 > 健康長寿ナビ > 逆流性食道炎ってどんな病気?

逆流性食道炎ってどんな病気?

逆流性食道炎とは、胃の内容物(主に胃酸)が食道に逆流することにより、食道に炎症を起こす病気です。健康な人でも胃酸の逆流がみられることはありますが、時間が短いため問題になることはありません。逆流の時間が長くなると、食道の粘膜は胃酸に対し弱いため食道に炎症を起こすようになります。

この病気は成人の10〜20%がかかっていると推定されており、中でも中高年、特に高齢者に多くみられます。適切な治療を受けなかった場合には、症状が持続することにより生活に支障を来すことも知られています。

原因は?

逆流性食道炎の図

食道と胃のつなぎ目に下部食道括約筋という筋肉があり、食物が通過するとき以外は胃の入り口を締めて胃の内容物が食道に逆流しないように働いています。この筋肉が緩むと胃から食道への逆流が起こるようになります。

下部食道括約筋が緩む原因としては、加齢による変化、胃内圧の上昇(食べ過ぎ、早食いなど)、腹圧の上昇(肥満、衣服による締め付けなど)、高脂肪食などがあります。

症状は?

胸が焼ける感じ、酸っぱいものが上がってくる、食後に胸やみぞおちのあたりが痛い、というのが主な症状です。

その他の症状として、のどの違和感、声のかすれ、慢性の咳(肺や心臓に異常がないのに咳が続く)などがあり、これらは主に寝ているときに胃液がのどのあたりまで逆流してくることにより起こる症状です。

 

どんな人がなりやすい?

診断は?

症状から逆流性食道炎が疑われた場合は、内視鏡検査を行い診断します。内視鏡検査は苦しい検査という印象を持たれている方も多いと思いますが、最近では鼻から挿入する細い内視鏡(経鼻内視鏡)があり、口からの内視鏡に比べると楽に検査を受けることができるようになっています。当院でも希望される方には経鼻内視鏡を行っています。

逆流性食道炎の比較画像:食道がしまっている場合炎症はなく正常、食道がゆるんでいる場合えんしょうが炎症が起こっていて逆流性食道炎。

治療は?

内服による治療と生活習慣の改善が必要となります。

内服治療

胃酸を抑える薬(主にプロトンポンプ阻害薬)を投与します。効果が不十分な場合には、胃の運動を改善する薬や、酸を中和する制酸薬(水剤)を併用することがあります。

生活習慣の改善

逆流性食道炎は、高齢者でよく見かける病気です。未治療の場合には、日常生活に制限が生じる狭心症よりも生活の質(QOL)が低下することが報告されています。しかし治療により健康な人と同程度に戻ることも知られています。気になる症状があった場合には、早めに医療機関を受診することをお勧めします。

 

長寿医療研究センター 内視鏡診療科
京兼和宏