長寿医療研修センター

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

 

研修のご案内

ホーム > 長寿医療研修センター > 研修のご案­内 > 認知症予防運動プログラム「コグニサイズ」

認知症予防運動プログラム「コグニサイズ」

認知症予防運動プログラム「コグニサイズ」

 

認知症を患う人数は、今後大きく増えることが予想され、2012年に全国で462万人と推計された人数が、2025年には700万人を超えるとされ、わずか10年間で1.5倍に増加すると予想されています。このような背景の中で、国立長寿医療研究センターでは、これまで自治体等との連携の下で進めてきた研究から、MCI(認知症ではないが正常とも言えない状態)の段階で、運動と認知トレーニングを組み合わせた「コグニサイズ」の実施が、認知機能の低下を抑制することを明らかにしました。
国立長寿医療研究センターは、認知症になる方を少しでも減らすことを目指して「コグニサイズ」の普及をしています。

  • 平成30年度コグニサイズ指導者養成研修の日程は「研修・書籍」のページをご覧ください。
  • コグニサイズの名称あるいはコンテンツを利用して活動をお考えの方は「名称利用」のページをご覧ください。

 

コグニサイズとは

コグニサイズパンプレットのイメージ

コグニサイズとは国立長寿医療研究センターが開発した運動と認知課題(計算、しりとりなど)を組み合わせた、認知症予防を目的とした取り組みの総称を表した造語です。英語のcognition (認知) とexercise (運動) を組み合わせてcognicise(コグニサイズ)と言います。Cognitionは脳に認知的な負荷がかかるような各種の認知課題が該当し、Exerciseは各種の運動課題が該当します。運動の種類によってコグニステップ、コグニダンス、コグニウォーキング、コグニバイクなど、多様な類似語があります。コグニサイズは、これらを含んだ総称としています。
 
1. 運動は全身を使った中強度程度の負荷(軽く息がはずむ程度)がかかるものであり、脈拍数が上昇する(身体負荷のかかる運動)
2. 運動と同時に実施する認知課題によって、運動の方法や認知課題自体をたまに間違えてしまう程度の負荷がかかっている(難易度の高い認知課題)
コグニサイズの目的は、運動で体の健康を促すと同時に、脳の活動を活発にする機会を増やし、認知症の発症を遅延させることです。コグニサイズの課題自体がうまくなることではありません。課題がうまくできるということは、脳への負担が少ないことを意味します。課題に慣れ始めたら、どんどんと創意工夫によって内容を変えてください。「課題を考えること」も大事な課題です。
できれば運動を行う皆で一緒にコグニサイズをすることで、間違えて笑って、試行錯誤しながら楽しんで行っていただくことを期待しています。

 

 

先頭へ戻る

コグニサイズの指導法を学びたい

コグニサイズをより深くご理解いただくために、国立長寿医療研究センターでは以下の指導者養成研修を実施しております。

「コグニサイズ」の商標を使った対外的な指導者養成研修はセンターが関与するもの以外は認めておりませんのでご注意ください。

H30年度コグニサイズ指導者養成研修開催日程はこちら

各研修の違いは以下の通りとなります。

対象者
実践者研修 コグニサイズを広く実践指導(※1)されたい方向け
指導者研修 実践指導に加え、認知機能の評価を行いたい方、また所属施設のコグニサイズ実践指導する他の職員の方に対して管理者的な立場をとられる方向け
主な研修内容
実践者研修 コグニサイズを実践指導するために必要な知識の習得といくつかのコグニサイズを実際に体験します。
指導者研修

「実践者研修」の内容に加えて、下記の内容が含まれています。
(1)専用のiPadアプリよる認知機能の包括的評価
 ・実際の検査方法の実技指導
 ・検査データの活用方法の紹介 など
(2)認定試験(筆記試験)
 ・合格者には認定証が付与され、(1)で紹介する認知機能評価システム(※2)の利用権限が与えられます。
 ・合格者の所属施設が「コグニサイズ促進協力施設」の認定を受けることができます。(※3)

※1:自らコグニサイズを対象者に実施してもらえるよう教えること。
※2:国立長寿医療センター開発の認知機能評価の専用システム。
※3:施設認定を受けるには認知機能評価システムを利用した認知機能検査で一定の実績を報告する必要があります。

コグニサイズについては市販されている書籍等で学ぶとこも可能です。

Q.コグニサイズ指導者研修・実践者研修を受講していなくてもコグニサイズを指導できますか?
A.コグニサイズの実践指導は行うことができます。指導者を養成する目的の研修はできません。詳細につきましては「Q&A」のページをご覧ください

H30年度コグニサイズ指導者養成研修開催日程

平成30年度の開催日程が決まりましたので、お知らせいたします。

研修日時 募集期間 状況
コグニサイズ指導者研修(2日間)
第1回

平成30年5月14日(月)・15日(火)

10時~17時

平成30年4月4日(水)~平成30年4月18日(水) 研修終了
第2回

平成30年11月8日(木)・9日(金)

10時~17時

平成30年9月3日(月)~平成30年9月14日(金) 募集期間外
研修会場

〒474-8511 愛知県大府市森岡町7丁目430番地

国立長寿医療研究センター教育研修棟

申込用紙 募集期間中掲載されます
研修日時 募集期間 状況
コグニサイズ実践者研修(1日間)
第1回

平成30年8月31日(金)

10時~16時30分

平成30年6月18日(月)~平成30年6月29日(金) 募集終了
第2回

平成31年2月15日(金)

10時~16時30分

平成30年12月17日(月)~平成30年12月28日(金) 募集期間外
研修会場

〒474-8511 愛知県大府市森岡町7丁目430番地

国立長寿医療研究センター教育研修棟

申込用紙 募集期間中掲載されます

※研修会受講をご希望の方は、指導者研修は申込書と事業所推薦書(実践者研修は申込書のみ)を募集期間中に下記メール又はFAXでお送りください。なお、応募多数の場合は抽選となりますので、ご了承ください。受講の可否については募集期間終了後にお知らせいたします。


 

コグニサイズ関連書籍

 

 

体を動かしながら、脳を鍛える!認知症予防の簡単エクササイズ

体を動かしながら、脳を鍛える!認知症予防の簡単エクササイズ:NHK出版このリンクは別ウィンドウで開きます

 

新開発国立長寿研の4色あしぶみラダー・認知症予防のための脳活性化運動コグニサイズ入門

新開発国立長寿研の4色あしぶみラダー:認知症予防のための脳活性化運動コグニサイズ入門:小学館このリンクは別ウィンドウで開きます

 

認知症予防運動プログラム コグニサイズ入門

認知症予防運動プログラム コグニサイズ入門:ひかりのくにこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

体と脳の若返り応援ノート(国立長寿医療研究センター開発 認知症予防を目的とした脳活性化運動「コグニサイズ」)

体と脳の若返り応援ノート(国立長寿医療研究センター開発 認知症予防を目的とした脳活性化運動「コグニサイズ」):現代けんこう出版このリンクは別ウィンドウで開きます

 

 

 

先頭へ戻る

コグニサイズの名称利用、コンテンツ使用について

1.名称利用について

コグニサイズの名称については、原則的に自由に使用していただいて構いません(一部制限事項(※1)を除く)。ぜひ、認知症の予防活動に役立ててくださいますと幸いです。

2.コンテンツ使用について

認知症の予防活動で、コグニサイズのコンテンツ(文章、イラスト、図表、ロゴ等)を配布物、ポスター等に使用する場合は下記の点にご注意ください。

  •  国立長寿医療研究センターのホームページに掲載されているパンフレットをそのまま印刷して配布する場合は制限なくご使用いただけます
  •  国立長寿医療研究センターのホームページに掲載されているパンフレットからコンテンツを抜き出して使用する場合は、「国立長寿医療研究センター 〇〇のパンフレットより引用」のように出典を明記していただくことでご利用いただけます。(一部制限事項(※1)を除く)
  • 発行元が国立長寿医療研究センター以外の書籍等のコンテンツ使用やDVDの利用につきましては各出版元にお問合せください。

※1:コグニサイズの名称利用、コンテンツ使用の制限事項

下記の事項に当てはまる場合は、コグニサイズの名称利用を制限しております。
1. 「コグニサイズ」と冠した指導者の養成研修
2. 予防老年学研究部所属の者が監修・編著者等に含まれない商用目的の書籍・DVD・関連商品の製作販売等
※商用目的の利用をお考えの場合は必ず事前にコグニサイズ普及事務局までご相談ください。

国立長寿医療研究センターとして、コグニサイズの普及を把握するために、コグニサイズの名称利用、コンテンツの使用にあたっては必ず利用登録をお願いします。
登録された事業者には、国立長寿医療研究センターの研修等の情報提供の他、認知症予防研究推進のためのご協力をお願いすることがあります。

先頭へ戻る

コグニサイズ促進協力施設

  事業所名 所在地 施設紹介・連絡先
2018年5月現在(登録順)
1 はぎやまリハビリデイサービス 東京都

 

 

 

 

 

 

施設紹介・連絡先一覧(PDF:264KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

2 社会福祉法人幸友会 ひより 福岡県
3 株式会社 たぬきこのリンクは別ウィンドウで開きます 福岡県
4 津島リハビリテーショ病院 愛知県
5 NTT西日本大阪病院このリンクは別ウィンドウで開きます 大阪府
6 国立大学法人 秋田大学このリンクは別ウィンドウで開きます 秋田県
7 有限会社 むらもと治療センター 東京都
8 中部大学 愛知県
9 社会福祉法人羽島市社会福祉協議会 岐阜県
10 老人デイサービスセンター 正徳の里 愛知県
11 医療法人大和会 西毛病院このリンクは別ウィンドウで開きます 群馬県
12 一般財団法人操風会 岡山旭東病院このリンクは別ウィンドウで開きます 岡山県
13 金沢医科大学 高齢医学 石川県
14 デイサービスセンター ロイヤルフィット鈴鹿このリンクは別ウィンドウで開きます 三重県
15 (公財)横浜YMCAこのリンクは別ウィンドウで開きます 神奈川県
16 ブリヂストンスポーツアリーナ(株)このリンクは別ウィンドウで開きます 福岡県
17 医療法人清水会 まこと老人保健施設このリンクは別ウィンドウで開きます 愛知県
18 地域福祉研究所株式会社 福岡県
19 フィットネススペース Rebornこのリンクは別ウィンドウで開きます 大阪府
20 済生会 くれたけ荘このリンクは別ウィンドウで開きます 福岡県
21 ふらむはぁとリハビリねっと 福井県
22 県民健康プラザ健康増進センターこのリンクは別ウィンドウで開きます 鹿児島県
23 株式会社 長谷工シニアホールディングスこのリンクは別ウィンドウで開きます 東京都
24 株式会社 ジェネラス 愛知県
25 社会福祉法人相生会 老人デイサービスセンター暖家このリンクは別ウィンドウで開きます 福岡県
26 医療法人社団哺育会 桜ヶ丘中央病院このリンクは別ウィンドウで開きます 神奈川県
27 医療法人HSR名嘉村クリニックこのリンクは別ウィンドウで開きます 沖縄県
29 株式会社ツクイこのリンクは別ウィンドウで開きます 神奈川県
30 医療法人社団 新和会このリンクは別ウィンドウで開きます 静岡県
31 社会福祉法人 富士白苑このリンクは別ウィンドウで開きます 神奈川県
32 一般社団法人 たかぎスポーツクラブこのリンクは別ウィンドウで開きます 長野県
33 大和市高齢福祉課このリンクは別ウィンドウで開きます 神奈川県
34 医療法人光秀会デイサービスかがやきこのリンクは別ウィンドウで開きます 岐阜県

先頭へ戻る

《お願い》
諸連絡が届かなくなるおそれがありますので、研修受講後に所属先、連絡先(メールアドレス等)に変更のあった方はコグニサイズ普及事務局までご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

コグニサイズ指導者研修修了者の方へ

1.NCGG-FAT利用申請について

NCGG-FATをご利用の方は各申請書をダウンロードの上、記入した書類をメールでコグニサイズ普及事務局宛にお送りください。
※NCGG-FATはコグニサイズ普及事務局からの承認をご確認後、利用を開始してください。承認前のデータは評価できませんのでご注意ください。

 

2.指導者認定の更新について

更新のための研修はありませんが、活動報告書の提出をしていただきます。

現在、平成27年度第1回指導者研修修了者の方に認定更新のご案内をメールにてお送りいたしております。
お手元に届いていない方は、コグニサイズ普及事務局までご連絡ください。
 

 

コグニサイズ実践者研修修了者の方へ

1.実践者認定の更新について

更新のための研修はありませんが、活動報告書の提出をしていただきます。

平成27年度第1回実践者研修修了者の方への更新のご案内は11月頃メールにてお送りする予定です。

先頭へ戻る

コグニザイズQ&A一覧

コグニサイズに関してよく寄せられるQ&A一覧です。

1.コグニサイズ指導者養成研修について    

  • Q1-1.実践者研修と指導者研修の違いは何ですか?
  • Q1-2.コグニサイズ指導者研修修了者が研修会を開催することはできますか?
  • Q1-3.コグニサイズ指導者・実践者研修を受講しなくてもコグニサイズを指導できますか?       

2.コグニサイズの名称利用およびコグニサイズのコンテンツの使用について       

  • Q2-1.コグニサイズの名称を利用して「教室」「体験会」「講演会」等を行う場合、手続きが必要ですか? また、留意すべき点がありますか?
  • Q2-2.コグニサイズのコンテンツ(文章、イラスト、図表、ロゴ等)を教室等の配布物、ポスター等に使用することはできますか?
  • Q2-3.コグニサイズに関する資料等で無料で配布していいものはありますか? 

3.コグニサイズ実践指導に関連して       

  • Q3-1.コグニサイズは継続的に行うことが必要だと思いますが、講習会を開催しその後は自宅で運動していただくような運用方法が可能なものでしょうか?または基本的な運用基準がありますか?
  • Q3-2.実践指導にあたり、対象者の年齢制限または認知症に関する状況調べが事前に必要ですか?
  • Q3-3.コグニサイズの事業に必要な備品等はありますか?またそれらはどこで購入できますか?   

 4.その他       

  • Q4-1.認知症予防、認知機能評価に関する参考文献はありますか?
  • Q4-2.国立長寿医療研究センター以外での研修予定はありますか?
  • Q4-3.コグニサイズ指導者研修・実践者研修の修了者を講師として紹介してもらえますか?
  • Q4-4.国立長寿医療研究センターの研究スタッフにコグニサイズに関する講演等の依頼はできますか?

 

コグニサイズ指導者養成研修について

Q1-1.実践者研修と指導者研修の違いは何ですか?

A. 各研修の違いについては「研修&書籍」のページに対応表がありますのでそちらをご覧ください。

Q&A一覧に戻る

Q1-2.コグニサイズ指導者研修修了者が研修会を開催することはできますか?
Q1-3.コグニサイズ指導者・実践者研修を受講しなくてもコグニサイズを指導できますか?

A.コグニサイズ指導者、コグニサイズ実践者、研修未受講者ができることの違いは以下のとおりになります。

 

指導者研修修了者

実践者研修修了者

研修未受講者

所属施設内でのコグニサイズの実践指導(※1)

※2

所属施設外でのコグニサイズの実践指導

※3

※3

※2,3

コグニサイズ指導者・実践者を養成する目的の対外的な研修

×

※4

×

※4

×

※4

コグニサイズ実践指導できる者を養成する目的の所属施設内での職員に対する研修 - -

※1:自らコグニサイズを対象者に実施してもらえるよう教えること。
※2:常識の範囲内であれば制限されることはありませんが、センターとしては「指導者研修」あるいは「実践者研修」をご受講の上で実践指導されることが望ましいと考えております。
※3:コグニサイズの名称を利用し活動される場合、必ず名称利用の登録をお願いいたします。詳細につきましては「名称利用」のページをご覧ください。
※4:「コグニサイズ™」の商標を使った対外的な指導者養成研修はセンターが関与するもの以外は認めておりません。

Q&A一覧に戻る

 

コグニサイズの名称利用および、コグニサイズのコンテンツ使用について

Q2-1.コグニサイズの名称を利用して「教室」「体験会」「講演会」等を行う場合、手続きが必要ですか?また、留意すべき点がありますか?

Q2-2.コグニサイズのコンテンツ(文章、イラスト、図表、ロゴ等)を教室等の配布物、ポスター等に使用することはできますか?

A. コグニサイズの名称あるいはコンテンツを利用して活動をされる場合は利用登録をお願いしております。詳細につきましては「名称利用」のページをご覧ください。

Q&A一覧に戻る

Q2-3.コグニサイズに関する資料等で無料で配布していいものはありますか?

A.国立長寿医療研究センターがHP上で公開しているパンフレットについては無料で印刷してご利用していただけます。ご利用にあたっては利用登録のご協力をお願いいたします。当センターから印刷したものを送付するなどの対応はしておりませんので、ご了承ください。

Q&A一覧に戻る

 

コグニサイズの実践指導に関連して

Q3-1.「コグニサイズ」は継続的に行うことが必要だと思いますが、講習会を開催しその後は自宅で運動していただくような運用方法が可能なものでしょうか?または基本的な運用基準がありますか?

A.可能です。プログラムの実施については、下記のマニュアルをご参照ください。

Q&A一覧に戻る

Q3-2.コグニサイズの実践指導にあたり、対象者の年齢制限または認知症に関する状況調べが事前に必要ですか?

A.年齢制限はありませんが、運動強度や頻度は個人差がありますので、事前の調査は重要です。詳しくは下記のマニュアルをご参照ください。

Q&A一覧に戻る

Q3-3.コグニサイズの事業に必要な備品等はありますか?またそれらはどこで購入できますか?

A.マニュアルにも、ステップ台や、ラダーなどを使った有酸素運動を紹介していますが、必ずしも必要というわけではありません。足踏みに慣れてきたら、強度を高めるという点で、ステップ台などを使う方法もあります。もし、購入が必要な場合はスポーツ用品専門店やインターネットなどから購入することが可能です。

Q&A一覧に戻る

4.その他


Q4-1.認知症予防、認知機能評価に関する参考文献はありますか?

A.文献については、代表的なものは以下のとおりになります。(外部サイトに移動します)

 

参考書籍については以下のとおりです。

  • コグニサイズに関する書籍は「研修&書籍」のページをご覧ください。

その他、われわれの最新の研究成果については随時センターHPに紹介されておりますので、そちらをご参照ください。

Q&A一覧に戻る

Q4-2.国立長寿医療研究センター以外での研修予定はありますか?

A.現時点ではありません。

Q&A一覧に戻る


Q4-3.コグニサイズ指導者研修・実践者研修の修了者を講師として紹介してもらえますか?

A.国立長寿医療研究センターから研修修了者を個別に紹介することはおこなっておりません。「協力施設」のページにはコグニサイズ促進協力施設(※1)の一覧および連絡先を載せておりますので参考になさってください。

※1:コグニサイズ指導者研修修了者が在籍し、かつ所属機関における実践報告(認知機能検査を30人以上に実施)がある施設

Q&A一覧に戻る

Q4-4.国立長寿医療研究センターの研究スタッフにコグニサイズに関する講演等の依頼はできますか?

A.当センターの予防老年学研究部のホームページから講演依頼に関する書類をダウンロードできますので、そちらを改めてご送付願います。後日可能かどうかのご連絡を差し上げます。

先頭へ戻る

お問い合わせ先

国立長寿医療研究センター「コグニサイズ」普及事務局
cognicise@ ncgg.go.jp
 ※メールの際には@の後のスペースを削除ください
FAX 0562-45-5813(研修申込の受付のみ)