脳とからだの健康チェック
脳とからだの健康チェック“脳から”は
老年症候群(認知機能低下、抑うつ症状、フレイルなど)リスクを発見することを目的としています。
介護が必要となる原因の約半数ほどは、この老年症候群が占めています。
健康長寿の実現で活気ある街づくりを
健康長寿の達成のためには、活動的なライフスタイルを身につけることが必須です。
誰もが健康のために運動したほうがいいことは知っていますが、実際に運動を実践している人は少ないのが現実です。
健康行動を始める第一歩は、「自分自身の状態を客観的に数値として知ること」。
例えば、自分の血圧を知らなければ高血圧の対処をしようとは思いません。
健康長寿に重要な脳とからだの機能を知るための健診が “脳から” です。
介護や看護のために離職する介護離職や家族の介護負担は、家庭だけでなく地域でも深刻な問題となっています。
健康長寿の実現は、必ずや活気のある街づくりにつながります。
国立長寿医療研究センターは、機能健診を多くの自治体と協同で実施してきたノウハウと実績があります。
“脳から”を一緒にあなたの街で始めてみませんか。
Cognitive and physical health check-ups
健康長寿の実現は活気のある街づくりにつながります。

ページの先頭へ