文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > 部門 > 長寿政策科­学研究部

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター

長寿政策科学研究部

本研究部の概要

本研究部では、長寿医療に関する政策判断に資する科学的事項に関する調査研究に携わっています。われわれは、高齢者における医療、保健に関して、その実態を科学的に把握し、問題点を分析することで、医療・保健政策の立案に資するようなエビデンスを提示したいと考えています。

ニュース

  • 荒井由美子部長が、三井住友海上福祉財団より、2017年度三井住友海上福祉財団奨励賞を受賞いたしました。
  • 荒井由美子部長が、第16回国際老年精神医学会(The 16th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA))にて、最優秀発表賞(the Best Presentation Award)を受賞いたしました。くわしくは以下をご覧ください。

マスコミ・報道

  • 2017年5月30日(火)
    日本経済新聞(夕刊9面)において、荒井部長らが作成した、「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル」が紹介されました。
  • 2017年4月27日(木)
    朝日新聞(朝刊5面)において、荒井部長らが作成した、「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル」が紹介されました。
  • 2016年7月3日(日)
    NHK総合テレビ(ニュース)において、荒井部長が介護の負担についてコメントしました。
    →マニュアルに関する「マスコミ・報道」は、「部長業績(マスコミ・報道)」をご覧ください。

本研究部作成の資料

  1. 『認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©』第二版
    以下「支援マニュアル」からダウンロードが可能です。
  2. Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)および短縮版(J-ZBI_8)の使用許諾について
    以下、「介護負担尺度」をご覧下さい。
  3. 『高齢者が気をつけるべき運転行動チェックリスト』
    ​以下「運転行動のチェックリスト」からダウンロードが可能です。

研究テーマ

介護者に関する研究

在宅介護をより充実させるためには、介護者の身体的および精神的健康を良好に保つべきであるという観点から、介護負担に関する研究を行っています。これまでに、北米でもっとも頻繁に用いられているZarit介護負担尺度(Zarit Burden Interview: ZBI)の日本語版(J-ZBI) を作成し、その信頼性・妥当性を検証するとともに(Arai et al., 1997)、短縮版Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI_8)を作成しました(荒井ら, 2003)。その後、介護保険制度下におけるサービス利用と介護負担との関連性等を検討し(Arai & Zarit, 2012; Arai et al., 2014)、また、若年性認知症患者の家族介護者における介護負担についても検討を行いました(Arai et al.,2007)。さらに、本尺度の原著者であるZarit教授との共同研究の成果を発表しました(Arai & Zarit, 2014; Arai & Zarit, 2017)。今後とも、介護負担について、様々な角度から検討を加えていく予定です。

 論文への評価

2007年にわれわれが実施した研究「初老期認知症(EOD)の家族介護者における介護負担に関する検討:老年期認知症(LOD)との比較」について報告した論文(Arai, Matsumoto, Ikeda, Arai, 2007)が、van Vliet, et al.のレビュー(Int J Geriatr Psychiatry, 2010, published online)において、"the highest methodological quality"、"the highest quality with regard to making inferences about EOD compared to LOD "と評価できる論文の一つとして、取り上げられました。

認知症に関する社会医学的研究

高齢者が認知症に罹患した後も、地域で可能な限り自立した生活を継続するための社会支援策のあり方について、多面的かつ包括的な研究に取り組んでいます。現在は、特に移動支援の観点からの研究を行っており、「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」を作成し、認知症高齢者とその家族のために必要な支援と施策について、検討を行っています(Mizuno et al., 2008; Arai et al., 2010; Mizuno et al.,2010 Arai & Arai, 2015; Mizuno & Arai, 2016)。

先頭へ戻る

介護負担尺度

Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)

Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)および短縮版(J-ZBI_8)の使用許諾についてのお問い合わせは、郵送のみにて受け付けます。詳細は以下をご覧ください。

Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)および短縮版(J-ZBI_8)の使用許諾について

  • Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)および短縮版(J-ZBI_8)の使用許諾についてのお問い合わせは、郵送のみにて受け付けます(電話での照会は、ご遠慮ください)。

郵送先
  • 〒474-8511 愛知県大府市森岡町7-430
    国立長寿医療研究センター 長寿政策科学研究部
    部長 荒井由美子
郵送書類
  • カバーレター(連絡先・同封書類一覧を明記のこと。書式は問わない。)
  • 当該尺度の使途を明記した書類(例:研究計画書等。書式は問わない。)
    (その他:申請に際し、必要と思われる資料の同封可)

  • 当方からの返信は、FAXにて実施致します。つきましては、連絡先として、必ずFAX番号を明記してください。なお、申込み多数のため、当方からの返信には、最低でも1ヶ月を要します(先着順で対応しているため、速達等で送付頂いた場合であっても、優先的な扱いは致しかねます)。
留意事項
  • 当該尺度の文言を変更しての使用、他言語への飜訳による使用等、何らかの改変を伴う使用方法には、一切、許諾致しかねます。これらの点を留意の上、申請するようにしてください。

先頭へ戻る

認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル
認知症高齢者の安全と安心のために

本マニュアルの使用についての「お願い」

  • 本マニュアルの営利目的による、無断での複写・転載・データベース等への取り込み、転送および使用は禁じられております。本マニュアルの内容を引用する際には、必ず出典を明記してください。
  • 本マニュアルの掲載ページへの直リンクや、ダウンロードしたファイル(PDF) のアップロードによる公開は、研究の都合上、ご遠慮いただいております。
  • 本マニュアルを、ご紹介下さる際には、以下※を提示する形で、お願い致します。

「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」 
国立長寿医療研究センター 長寿政策科学研究部
http://www.ncgg.go.jp/cgss/department/dgp/

  • 本マニュアルを、ご紹介下さる際には、「印刷物の配布は実施しておらず、ダウンロードでのみ入手可能」との情報を明示して頂けましたら幸いです。
  • 本マニュアルの印刷物の配布は、致しておりません。お問い合せ頂きましても、応じかねますので、ダウンロードにて入手して頂きますよう、お願い致します。

ご利用のブラウザにより、印刷に時間がかかることがあります

 

 

先頭へ戻る

高齢者が気をつけるべき運転行動のチェックリスト

高齢者が気をつけるべき運転行動チェックリスト

高齢者が気をつけるべき運転行動チェックリストこのリンクは別ウィンドウで開きます

本チェックリストの使用についての「お願い」

  • 本チェックリストの営利目的による、無断での複写・転載・データベース等への取り込み、転送および使用は禁じられております。本チェックリストの内容を引用する際には、必ず出典を明記してください。
  • 本チェックリストの掲載ページへの直リンクや、ダウンロードしたファイル(PDF) のアップロードによる公開は、研究の都合上、ご遠慮いただいております。
  • 本チェックリストを、ご紹介下さる際には、以下※を提示する形で、お願い致します。

※「高齢者が気をつけるべき運転行動のチェックリスト」

国立長寿医療研究センター 長寿政策科学研究部
http://www.ncgg.go.jp/cgss/department/dgp/

先頭へ戻る

荒井由美子部長の研究業績

論文 ・ 和文原著(1997~) ・ 和文総説その他(1997~)

英文による原著

  1. Arai Y, Hosokawa T, Fukao A, Izumi Y, Hisamichi S. Smoking behaviour and personality: a population-based study in Japan. Addiction 1997; 92: 1023-1033.
  2. Arai Y, Kudo K, Hosokawa T, Washio M, Miura H, Hisamichi S. Reliability and validity of the Japanese version of the Zarit Caregiver Burden Interview. Psychiatry Clin Neurosci 1997; 51: 281-287.
  3. Arai Y. Insurance for long-term care planned in Japan. Lancet 1997; 350: 1831.
  4. Miura H, Araki Y, Haraguchi K, Arai Y, Umenai T. Socioeconomic factors and dental caries in developing countries: a cross-national study.  Soc Sci Med 1997; 44: 269-272.
  5. Washio M, Kiyohara C, Honjo N, Aoyagi K, Okada K, Arai Y, et al. Methicillin-resistance Staphylococcus aureus (MRSA) isolation from pharyngeal swab cultures of Japanese elderly at admission to a geriatric hospital. J Epidemiology 1997; 7: 167-172.
  6. Washio M, Kiyohara C, Hamada T, Miyake Y, Arai Y, Okayama M. The case fatality rate of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) infection among the elderly in a geriatric hospital and their risk factors. Tohoku J Exp Med 1997; 183: 75-82.
  7. Arai Y, Ikegami N. Health care systems in transition. J Public Health Med 1998; 20: 29-33.
  8. Arai Y, Miura H, Washio M, Kudo K. Depression among caregivers of the elderly in need of care and their service utilization: a pilot study. Psychiatry Clin Neurosci 1998; 52: 463-465.
  9. Arai Y, Hisamichi S. Self-reported exercise frequency and personality: a population-based study in Japan. Percept Mot Skills 1998; 87: 1371-1375.
  10. Arai Y, Washio M, Miura H, Kudo K. Dementia care in Japan: insurance for long term care legislation in Japan. Int J Geriat Psychiatry. 1998; 13: 572-573.
  11. Arai Y, Kudo K, Washio M. Caring for Japan’s elderly. Lancet 1998; 352: 1393.
  12. Miura H, Umenai T, Arai Y, Osaka K, Isogai E, Ueda I. Dental caries and urbanization level in developing countries. J Dent Health 1998; 48: 20-24.
  13. Washio M, Kiyohara C, Arai Y, Aoyagi K, Okada K, Fujishima M, et al. Methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) and  Pseudomonas aeruginosa isolation from pharyngeal swab cultures among the Japanese elderly at admission to a geriatric hospital. Public Health 1998; 112: 415-417.
  14. Miura H, Arai Y, Sakano S, Hamada A, Umenai T, Isogai E. Subjective evaluation of chewing ability and self-rated general health status in elderly residents of Japan. Asia-Pacific J Public Health 1998; 10: 43-45.
  15. Kudo K, Arai Y, Kondo Y. Japanese mass screening for neuroblastoma. Lancet 1998; 352: 1316.
  16. Kudo K, Arai Y. Gloomy boom of anti-dementia campaign in Japanese public health. Lancet 1998; 352: 1477-1478.  
  17. Arai Y, Washio M. Burden felt by family caring for the elderly members needing care in southern Japan. Aging Ment Health 1999; 3: 158-164.
  18. Arai Y, Washio M. Need for evidence-based admission policy for MRSA carriers. J Am Geriat Soc 1999; 47: 1162.
  19. Washio M, Arai Y. Depression among caregivers of the disabled elderly in southern Japan. Psychiatry Clin Neurosci 1999; 53: 407-412. 
  20. Aiga H, Arai Y, Marui E, Umenai T. Impact of improvement of water supply on reduction of diarrheal incidence in a squatter area of Manila. Environ Health Prev Med 1999; 4(3): 111-116.
  21. Arai Y, Washio M, Kudo K. Factors associated with admission to a geriatric hospital in semi-suburban southern Japan. Psychiatry Clin Neurosci 2000; 54: 213-216.
  22. Arai Y, Sugiura M, Miura H, Washio M, Kudo K.Undue concern for others' opinions deters caregivers of impaired elderly from using public services in rural Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2000; 15: 961-968.
  23. Arai Y. Challenges for an ageing society in Japan. Registered Homes & Services 2000; 4(12): 182-184.
  24. Miura H, Miura K, Mizugai Y, Arai Y. Chewing ability and quality of life among the elderly residing in a rural community in Japan. J Oral Rehabili 2000; 27: 731-734.
  25. Washio M, Ishibashi N, Arai Y, Kiyohara C, Tanaka K, Maeda M, Fujishima M, Okayama M. The isolation of Methicillin-resistant Staphylococcus Aureus (MRSA) is a predictor for poor prognosis of elderly patients with bacterial infection. Int Med J 2000; 7: 117-120.
  26. Matsuu K, Washio M, Arai Y, Ide S. Depression among caregivers of the frail elderly in urban Japan. Psychiatry Clin Neurosci 2000; 54(5): 553-557.
  27. Arai Y, Sugiura M, Washio M, Miura H, Kudo K. Caregivers depression predicts early discontinuation of care for disabled elderly at home. Psychiatry Clin Neurosci 2001; 55: 379-382.
  28. Arai Y. Japan’s new long-term care insurance. Lancet 2001; 357(9269): 1713.
  29. Washio M, Arai Y. The new public long-term care insurance system and feeling of burden among caregivers of the frail elderly in rural Japan.Fukuoka Acta Med 2001; 92(8): 292-298.
  30. Matsuu K, Washio M, Arai Y, Higashi H, Saku Y, Tokunaga S, Ide S. Depression among caregivers of elderly patients on chronic hemodialysis. Fukuoka Acta Med 2001; 92(9): 319-324.
  31. Kuwahara Y, Washio M, Arai Y. Burden among caregivers of frail elderly in Japan. Fukuoka Acta Med 2001; 92(9): 326-332.
  32. Mizumura K, Sugiura M, Arai Y. Profiles of Women Scientists in Physiology of Japan - A Review Based on Statistical Analysis - Ann. Rep of SJWS 2001; 2(1): 67-74.
  33. Arai Y, Zarit S, Sugiura M, Washio M. Patterns of outcome of caregiving for the impaired elderly: a longitudinal study in rural Japan. Aging Ment Health 2002; 6(1): 39-46.
  34. Arai Y, Masui K, Sugiura M, Washio M. Fewer hours of care yet undiminished caregiver burden with new Long-Term Care insurance in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2002; 17(5): 489-491.
  35. Minami Y, Sasaki T, Arai Y, Hosokawa T, Hisamichi S and The Miyagi Lupus Study Group. Psychological profiles and health status in Japanese female patients with systemic lupus erythematosus: the Miyagi Lupus collaborative study. J Epidemiology 2002; 12(2): 55-63.
  36. Hozawa A, Ohkubo T, Tsuji I, Kikuya M, Matsubara M, Suzuki T, Nagai K, Kitaoka H, Arai Y, Hosokawa T, Satoh H, Hisamichi S, Imai Y. Relationship between personality and self-measured blood pressure value at home: The Ohasama Study. Clin. And Exper. Hypertension 2002; 24(1&2): 115-123.
  37. Asami T, Washio M, Arai Y, Hotokebuchi T, Furukawa T, Kugisaki H. Burden among Caregivers of Elderly Patients with Osteoarthritis of Hip Joint. Fukuoka Acta Med 2002; 93(6): 96-103.
  38. Washio M, Inoue N, Arai Y, Tokunaga S, Mori M. Depression among caregivers of patients with Parkinson disease. Int Med J 2002; 9(4): 265-269.
  39. Washio M, Wada J, Tokunaga S, Arai Y, Mori M. Long-term Care Insurance for Elderly and Depression among Caregivers of the Frail Elderly in Urban Japan: A follow-up Study. Int Med J 2002; 9(4): 251-255.
  40. Washio M, Arai Y, Kuwahara Y, Yoshimasu K, Kobayashi K, Mori M. Burden among family caregivers of the frail elderly with tumors. Tumor Research 2002; 37: 17-22.
  41. Arai Y, Ueda T. Paradox revisited: still no direct connection between hours of care and caregiver burden. Int J Geriatr Psychiatry 2003; 18(2): 188-189.
  42. Arai Y, Zarit S, Kumamoto K, Takeda A. Are there inequities in the assess ment of dementia under Japan’s LTC insurance system? . Int J Geriatr Psychiatry 2003; 18: 346-352.
  43. Minami Y, Sasaki T, Arai Y, Kurisu Y, Hisamichi S. Dietary factors in relation to clinical manifestations of systemic lupus erythematosus: the Miyagi lupus cohort study. J Rheumatol 2003; 30: 747-754.
  44. Washio M, Inoue H, Kiyohara C, Matsumoto K, Koto H, Nakanishi Y, Arai Y, Mori M. Depression among caregivers of patients with chronic obstructive pulmonary disease. Int Med J 2003; 10(4): 255-259.
  45. Washio M, Oura A, Arai Y, Mori M. Depression among caregivers of the frail elderly: Three years after the introduction of the Public Long-Term Care insurance for the elderly. Int Med J 2003; 10(3): 179-183.
  46. Arai Y, Kumamoto K, Washio M, Ueda T, Miura H, Kudo K. Factors related to feelings of burden among caregivers looking after impaired elderly in Japan under the Long-Term Care Insurance system. Psychiatry Clin Neurosci 2004;58(4): 396-402.
  47. Kumamoto K, Arai Y. Validation of “Personal Strain” and “Role Strain”: Subscales of the short version of the Japanese version of the Zarit Burden Interview (J-ZBI_8) Psychiatry Clin Neurosci 2004; 58(6): 606-610.
  48. Arai Y, Kumamoto K. Caregiver burden not “worse” after new public Long-Term Care (LTC) insurance scheme took over in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2004; 19: 1205-1206.
  49. Kumamoto K, Arai Y, Hashimoto N, Ikeda M, Mizuno Y, Washio M. Problems family caregivers encounter in home care of patients with Frontotemporal Lobar Degeneration. Psychogeriatrics 2004; 4(2): 33-39.
  50. Washio M, Nakayama Y, Izumi H, Oura A, Kobayashi K, Arai Y, Mori M. Factors related to hospitalization among the frail elderly with home-visiting nursing service in the winter months. Int Med J 2004; 11(4): 259-262.
  51. Arai Y, Kumamoto K, Zarit SH, Dennoh H, Kitamoto M. Angst in Shangri-la: Japanese fear of growing old. J Am Geriatr Soc 2005; 53(9): 1641-1642.
  52. Washio M, Arai Y, Yamasaki R, Ide S, Kuwahara Y, Tokunaga S, Wada J, Mori M. Long-term care insurance, caregivers' depression and risk of institutionalization / hospitalization of the frail elderly. Int Med J 2005; 12(2): 99-103.
  53. Miura H, Arai Y, Yamasaki K. Feelings of burden and health-related quality of life among family caregivers looking after the impaired elderly. Psychiatry Clin Neurosci 2005; 59(5): 551-555.
  54. Miura H, Kariyasu M, Yamasaki K, Arai Y, Sumi Y. Relationship between general health status and the change in chewing ability: A longitudinal study of the frail elderly in Japan over a 3-year period. Gerodontology 2005; 22: 200-205.
  55. Arai Y. Implementation and implications of the 2002 Road Traffic Act of Japan from the perspective of dementia and driving: A qualitative study. Jpn Bull Soc Psychiat 2006; 14: 158-161.
  56. Schreiner AS, Morimoto T, Arai Y, Zarit SH. Assessing family caregiver’s mental health using a statistically derived cutoff score for the Zarit Burden Interview. Aging Ment Health 2006; 10(2): 107-111.
  57. Oura A, Washio M, Wada J, Arai Y, Mori M: Factors related to institutionalization among the frail elderly with home-visiting nursing service in Japan. Gerontology 2006; 52(1): 66-68.
  58. Kumamoto K, Arai Y, Zarit SH. Use of home care services effectively reduces feelings of burden among family caregivers of disabled elderly in Japan: Preliminary results. Int J Geriatr Psychiatry 2006; 21(2): 163-170.
  59. Hozawa A, Ohkubo T, Obara T, Metoki H, Kikuya M, Asayama K, Totsune K, Hashimoto J, Hoshi H, Arai Y, Satoh H, Hosokawa T, Imai Y. Introversion associated with large differences between screening blood pressure and home blood pressure measurement: the Ohasama study. J Hypertens 2006; 24(11): 2183-2189.
  60. Sasaki M, Arai Y, Kumamoto K, Abe K, Arai A, Mizuno Y. Factors related to potentially harmful behaviors towards disabled older people by family caregivers in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2007; 22(3): 250-257.
  61. Oura A, Washio M, Arai Y, Ide S, Yamasaki R, Wada J, Kuwahara Y, Mori M. Depression among caregivers of the frail elderly in Japan before and after the introduction of the Public Long-Term Care Insurance System. Z Gerontol Geriatr 2007; 40: 112-118.
  62. Miura H, Arai Y, Kariyasu M, Yamasaki K. Oral health care needs and provision for the impaired community-dwelling elderly. Journal of Kyushu University of Health & Welfare 2007; 8: 139-145.
  63. Miura H, Kariyasu M, Yamasaki K, Arai Y. Evaluation of chewing and swallowing disorders among frail community-dwelling elderly individuals. J Oral Rehabil 2007; 34: 422-427.
  64. Arai A, Matsumoto T, Ikeda M, Arai Y. Do family caregivers perceive more difficulty when they look after patients with early onset dementia compared to those with late onset dementia? Int J Geriatr Psychiatry 2007; 22(12): 1255-1261.
  65. Sasaki M, Arai A, Arai Y. Factors related to institutionalization among disabled older people; a two-year longitudinal study. Int J Geriatr Psychiatry 2008; 23(1): 113-115.
  66. Arai Y, Arai A, Zarit SH. What do we know about dementia?: A survey on knowledge about dementia in the general public of Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2008; 23(4): 433-438.
  67. Takata S, Washio M, Moriwaki A, Tsuda T, Nakayama H, Iwanaga T, Aizawa H, Arai Y, Nakanishi Y, Inoue H. Burden among caregivers of patients with chronic obstructive pulmonary disease with long-term oxygen therapy. Int Med J 2008; 15(1): 53-57.
  68. Mizuno Y, Arai A, Arai Y. Determination of driving cessation for older adults with dementia in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2008; 23(9): 987-989.
  69. Tokunaga S, Washio M, Miyabayashi I, Shin Y, Arai Y. Burden among Caregivers of Parkinson’s Disease Patients. Int Med J 2009; 16(2): 83-86.
  70. Arai A, Mizuno Y, Arai Y. Differences in perceptions regarding driving between young and old drivers and non-drivers in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2010; 25(12): 1239-1245.
  71. Mizuno Y, Arai A, Arai Y. Measures for enhancing the mobility of older people with dementia in Japan: Should it be a matter of self-help? J Am Geriatr Soc 2010; 58(10): 2048-2049.
  72. Mizuno Y, Kumamoto K, Arai A, Arai Y. Mobility support for older people with dementia in Japan: financial resources are an issue but not the deciding factor for municipalities. J Am Geriatr Soc 2011; 59(12): 2388-2390.
  73. Arai A, Mizuno Y, Arai Y. Implementation of municipal mobility support services for older people who have stopped driving in Japan. Public Health 2011; 125: 799-805.
  74. Toyoshima Y, Washio M, Ishibashi Y, Onizuka J, Miyabayashi I, Arai Y. Burden among family caregivers of the psychiatric patients with visiting nursing services in Japan. IMJ 2012: 19(2): 127-129.
  75. Washio M, Yoshida H, Ura N, Ohnishi H, Sakauchi F, Arai Y, Mori M, Shimamoto K. Burden among family caregivers of patients on chronic hemodialysis in Northern Japan. IMJ 2012; 19(3): 221-223.
  76. Arai Y, Kumamoto K, Mizuno Y, Arai A. The general public’s concern about developing dementia and related factors in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2012; 27(11): 1203-1204.
  77. Kurasawa S, Yoshimasu K, Washio M, Fukumoto J, Takemura S, Yokoi K, Arai Y, Miyashita K. Factors influencing caregivers’ burden among family caregivers and institutionalization of in-home elderly people cared for by family caregivers. Environmental Health and Preventive Medicine 2012; 17: 474-483.
  78. Mizuno Y, Arai Y. Measures to support voluntary retirement from driving in Japanese older people: driving is not just a means of transportation. J Am Geriatr Soc 2012; 60(11): 2170-2172.
  79. Hashimoto E, Washio M, Arai Y, Sasaki R, Mori M. Depression among family caregivers of patients with dementia attending to psychiatric dispensary in northern Japan. IMJ 2013: 20(1): 9-12.
  80. Arai Y, Kumamoto K, Mizuno Y, Washio M. Depression among family caregivers of community-dwelling older people who used services under the Long Term Care Insurance program: a large-scale population-based study in Japan. Aging Ment Health 2014; 18(1): 81-91.
  81. Mizuno Y, Arai Y. Support measures to enhance motivation for older people with dementia: a nationwide survey of Japanese municipal governments. IMJ 2014; 21(2): 175-176.
  82. Arai Y. Challenges in disseminating the findings of psychosocial research conducted in a non-English speaking country. International Psychogeriatrics 2014; 26(9): 1575–1576.
  83. Washio M, Arai Y, Mori M. Factors related to the depression among family caregivers of older people with disabilities who used home health care services in the metropolitan city of Hokkaido, Northern Japan. IMJ 2014; 21(3): 263-267.
  84. Arai Y, Zarit SH. Determining a cutoff score of caregiver burden for predicting depression among family caregivers in a large population-based sample. Int J Geriatr Psychiatry 2014; 29(12): 1313-1315.
  85. Toyoshima Y, Washio M, Miyabayashi I, Haruna S, Arai Y. Depression among family caregivers of the psychiatric patients with visiting nursing services in Japan. IMJ 2014; 21(5): 463-465.
  86. Arai A, Arai Y. Self-assessed driving behaviors associated with age among middle-aged and older adults in Japan. Arch Gerontol Geriatr 2015; 60(1): 39-44.
  87. Mizuno Y, Arai Y. Drivers with dementia in Japan: required public support under strict legal restrictions. J Am Geriatr Soc 2015; 63(3): 611-612.
  88. Washio M, Takeida K, Arai Y, Shang E, Oura A, Mori M. Depression among family caregivers of the frail elderly with visiting nursing services in the northernmost city of Japan IMJ 2015; 22(2): 250-253.
  89. Toyoshima Y, Washio M, Horiguchi I, Yamasaki R, Onimaru, M, Nakamura K, Miyabayashi I, Arai Y. Undue concern for others’ opinions is related to depression among family caregivers of disabled elderly in southern Japan. IMJ 2016; 23(1): 30-33.
  90. Mizuno Y, Arai Y. Is society tolerant enough to give the necessary priority to vulnerable adults when they need mobility support? J Am Geriatr Soc 2016; 64(8): 1741-1743.
  91. Arai Y, Kamimura N. Reliability and validity of the Japanese version of the caregiver self-efficacy scale around driving cessation of family members suffering from dementia. Psychogeriatrics 2017; 17: 210-211.
  92. Arai Y, Arai A, Mizuno Y, Kamimura N, Ikeda M. The creation and dissemination of downloadable information on dementia and driving from a social health perspective. Psychogeriatrics 2017; 17: 262-266.
  93. Arai Y, Noguchi C, Zarit SH. Potentially harmful behavior by caregivers may be predicted by a caregiver burden scale. Int J Geriatr Psychiatry 2017; 32: 582-583.
  94. Miyabayashi I, Washio M, Toyoshima Y, Ogino H, Hata T, Horiguchi I, Arai Y. Factors related to heavy burden among Japanese family caregivers of disabled elderly with home-visiting nursing services under the public long-term care insurance system. IMJ 2018; 25(2) (in press).

英文による総説

  1. Arai Y, Washio M. Book review (Parkes CM, Markus A, editors. Coping with loss. London: BMJ Publishing Group, 1998). Fam Pract 1999; 16: 450-451.
  2. Arai Y. Aged care developments in Japan: from family care to long-term care insurance. Natl Healthcare J 1999; (Nov): 28.
  3. Arai Y. Cultural differences. Int J Geriat psychiatry 2000; 15: 376.
  4. Arai Y. family caregiver burden in the context of the Long-term Care (LTC) insurance system. J Epidemiology 2004; 1485): 139-142.
  5. Arai Y, Kumamoto K, Washio M. Assessment of family caregiver burden in the context of the LTC insurance system: J-ZBI. Geriatrics & Gerontology International 2004; 4: S53-55.
  6. Arai Y, Kumamoto K. Network for improving the dementia care system. Psychogeriatrics 2004; 4(4): 139-143.
  7. Arai Y. Family caregiver burden and quality of home care in the context of the Long-Term Care insurance scheme: An overview. Psychogeriatrics 2006; 6(3): 134-138.
  8. Arai Y, Arai A, Mizuno Y. The National Dementia Strategy in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2010; 25(9): 896–899.
  9. Arai Y, Zarit SH. Exploring strategies to Alleviate Caregiver Burden: The Effects of the National Long-term Care Insurance Scheme in Japan. Psychogeriatrics 2011; 11(3): 183-189.
  10. Washio M, Arai Y, Oura A, Miyabayashi I, Onimaru M, Mori M. Family Caregiver Burden and Public Long-Term Care Insurance System in Japan. IMJ 2012; 19(3): 229-233.

英文による著書

  1. Arai Y, Ikegami N. How will Japan cope with the impending surge of dementia? In: Wimo A, Jönsson B, Karlson G, Winblad A, editors. Health economics of dementia. Chichester: John Wiley & Sons, 1998: 275-284.
  2. Arai Y. Japan Breaks with Long Family Caregiving Tradition: New Long-Term Care (LTC) Insurance Scheme. In: Duvvuru J, Kalavar JM, Khan AM, Liebig PS, editors. Global ageing care concerns and special perspectives. New delhi: Kanishka Publishers & Distributors, 2014: 38-45.
  3. Arai Y. Long-term-care systems. In: World Health Organization. World report on Ageing and Health. Geneva, 2015: 127-155 (as an additional contributor as well as a peer reviewer).

和文による原著

  1. 三浦宏子,荒井由美子. 地域高齢者における主観的健康度と咀爵能力自己評価に関する調査研究.老年歯科学会雑誌 1997; 12: 50-54.
  2. 工 藤啓,荒井由美子, 北田雅子.市町村保健センターが地域住民医療費に与える効果について: データ リンケージ手法を用いて. 宮城大学看護学部紀要 1998; 1: 55-60.
  3. 荒井由美子,鷲尾昌 一,三浦宏子,工藤 啓,佐直信彦.障害高齢者を介護する者 の負担感:脳卒中患者介護者の負担感を中心として.精神保健研究 1999; 45: 31-35.
  4. 三浦宏子,荒井由美子, 三浦邦久.地域高齢者の咀嚼機能評価値とQOLスコアに関する解析.厚生の指標 1999; 46(11): 19-23, (第2回 川井記念賞受賞論文).
  5. 工藤 啓,荒井由美子, 斎藤トシ子.保健福祉医療環境が地域住民医療費に与える効果について.宮城大学看護学部紀要 1999; 2: 122-128.
  6. 鷲尾昌一,荒井由美子, 玉腰暁子.インフォームド・コンセントおよび疫学研究への参加についての非医学系学生の意識:疫学研究における倫理ガ イドライン策定のための基礎データ.臨床と研究 1999; 76: 1570-1575.
  7. 鷲尾昌一,石橋直明, 荒井由美子.高齢者の終 末医療とインフォームド・コンセント: 非 医学 系短大生に対するアンケート調査より. 臨 床と研究 2000; 77(4): 95-98.
  8. 杉浦ミドリ,荒井由美子, 梅宮新偉,杉浦康夫.医学部・医科大学における女性医師の教授について.医学教育 2000; 31(2): 87-91.
  9. 杉浦ミドリ,荒井由美子, 梅宮新偉,杉浦康夫.女性医師への育児・保育支援:医学部女性教授へのアンケート調査から.日本医事新報 2000; 3964: 76-78.
  10. 工藤 啓, 高橋香子, 荒 井由美子, 斎藤トシ子. 市町村保健センターの併設施設状況が及ぼす影響について. 宮城大 学看護学部紀要 2000; 3(1): 56-64.
  11. 松鵜甲枝, 鷲尾昌一, 荒井由美子, 三浦宏子, 廣畑一代, 井手三郎. 看護短大生の介護保険制度に対す る認識. 看護教育 2000; 41(12): 1066-1069.
  12. 松鵜甲枝, 緒方セイ子, 橋口ちどり, 荒井由美子, 鷲尾昌一, 井手三郎. 在宅要介護高齢者およびその主介 護者の特性とサービスの利用状況. 保健婦雑誌 2000; 56(11): 964-969.
  13. 荒井由美子,杉浦ミ ドリ.介護保険制度は痴呆性高齢者を介護する家族の介護負 担を軽減したか.老年精神医学雑誌 2001; 12(5): 465-470.
  14. 鷲尾昌一, 高杉紳一郎, 荒井由美子. 腰痛・下肢痛に対する鍼治療の効果:老人病院の鍼灸・理学療法室の患者を対象として.日本老年医学会雑 誌 2001; 38(4): 523-527.
  15. 三浦宏子, 三浦邦久, 角 保徳, 荒井由美子. 地 域高齢者の咀嚼機能と健康習慣との関連性. 老年歯科医学 2001;15(3):248-253.
  16. 高橋龍太郎, 山口 昇, 河合秀治, 峰廻攻守, 大塚宣夫, 荒井由美子, 鳥羽研二, 井口昭久.介護の質を計る物差しの提言と実用化への展望.日本老年医学会雑誌 2002; 39(1): 28-34.
  17. 松鵜甲枝, 鷲 尾昌一, 荒 井由美子, 森  満, 井手三郎.訪問看護ステーションを利用している在宅要介護高齢者の入院・入所に関わる要 因.日本公衆衛生学雑誌 2002; 49(10): 1107-1116.
  18. 桑原裕一, 鷲 尾昌一, 荒 井由美子, 和 泉比佐子, 森 満.要介護高齢者を介護する家族の負担感とその関連要因:福岡県京築地区におけ る介護保険制度発足前後の比較.保健医療科学 2002;51(3): 154-167.
  19. 鷲尾昌一, 荒 井由美子, 和泉比佐子, 森  満. 介護保険制度導入1年後における福岡県遠賀地区の要介護高齢者を介護する家族の介護負担 感:Zarit介護負担尺度日本語版に よる検討.日本老年医学会雑 誌 2003;40(2): 147-155.
  20. 増井香織, 荒井由美子, 鷲尾昌一, 工藤 啓.介護保険制度導入直後の介護負担の変化-要介護度, サービス利用との関連-.保健婦雑誌 2003;59(11):2-7.
  21. 荒井由美子, 田宮菜奈子, 矢野栄二. Zarit介護負担尺度日本語版の短縮版(J-ZBI_8)の 作成:その信頼性と妥当性に関する検討. 日 本老年医学会誌 2003;40(5):497-503.
  22. 松鵜甲枝,鷲尾昌一,荒井由美子,朔義亮,井手三郎. 訪問看護サービスを利用している在宅要介護高齢者の主介護者の介護負担-福岡県南部の都市部の調査より -. 臨床と研究 2003;80(9):1687-1690.
  23. 山崎律子, 鷲 尾昌一, 荒井由美子, 井手三郎. 大都市における訪問看護サービス利用者の公的サービスの利用状況と介護者の負担感-福岡市の一訪問看護ステーションの調査より-. 臨床と研究 2004; 81(1): 115-119.
  24. 熊本圭吾, 荒 井由美子, 上田照子, 鷲尾 昌一. 日本語版Zarit介護負担尺度 短縮版
  25. (J-ZBI_8)の交差妥当性の検討. 日本老年医学会誌 2004;41(2):204-210.
  26. 三浦宏子,苅安誠,山崎きよ子,荒 井由美子.虚弱老人 における接触・嚥下障害に関するケアアセスメント.日本老年医学会誌 2004;41(2):217-222.
  27. 工藤 啓,吉田俊子,青木匡子,吉岡悦 子,猪股みち子,後藤久美子,工藤拡子,岡田彩子,荒井由美子.住民健診におけるソルトペーパーを利用した減塩教育の長期効果について.公 衆衛生情報みやぎ 2004;327:21-25.
  28. 鷲尾昌一,斎藤重幸,荒井由美子,高木 覚,大西浩文, 磯部 健,竹内 宏,大畑純一,森 満,島本和明.北海道農村部の高齢者を介護する家族の介護負担に影響を与える要因の検討:日本語版Zarit介護負担尺度(J-ZBI)を用いて.日本 老年医学会雑誌 2005;42(2):221-228.
  29. 新田順子,熊本圭吾,荒井由美子.訪問看護師から見た介護者の介護負担の実態.日本老年医学会雑誌 2005;42(2):181-185.
  30. 工藤 啓,吉田俊子,岡田彩子,荒井由美子,板宮 栄.宮城県区市町村に対しての食塩摂取アンケート調査について-お茶漬け状況および区市町村の減塩目標設定に焦点を当てて-.公衆衛生情報みやぎ 2005; 338: 13-16.
  31. 工藤 啓,荒井由美子.汎用性のある市町村健康増進計画策定法の試みについて-住民参加型策定方法への対応に向けて-.宮城大学看護学部紀要 2005; 8(1): 143-148.
  32. 荒井由美子,熊本圭吾,傳農 寿,北本正和.わが国の一般生活者の高齢社会に対する意識.日本医事新報 2005;4229:23-27.
  33. 工藤 啓,荒井由美子.市町村の健康日本21の進捗状況と策定推進.公衆衛生 2005;69(5):398-400.
  34. 大浦麻絵,鷲尾昌一,森 満,輪田順一,荒井由美子.訪問看護サービスを利用する要介護高齢者の性差に関する特徴.保健師ジャーナル 2005;61(5):420-424.
  35. 三浦宏子,荒井由美子,山崎きよ子.在宅要介護高齢者ならびにその家族介護者における主観的言語コミュニケーション満足度の関連要因.日本老年医学会雑誌 2005;42(3):328-334.
  36. 大浦麻絵,鷲尾昌一,桑原裕一,橋本恵理,荒井由美子,森 満.介護保険導入前後における福岡県K地区においての要介護高齢者を介護する家族の抑うつ.札幌医学雑誌 2005;74(1-2):5-8.
  37. 荒井由美子,熊本圭吾,杉浦ミドリ,鷲尾昌一,三浦宏子,工藤 啓.在宅ケアの質評価法 (Home Care Quality Assessment Index: HCQAI) の開発.日本老年医学会雑誌 2005;42(4):432-443.
  38. 鷲尾昌一,荒井由美子,大浦麻絵,山崎律子,井手三郎,和泉比佐子,森 満.介護保険導入後の介護負担と介護者の抑うつー導入前から5年後までの訪問看護サービス利用者を対象とした調査からー.臨牀と研究 2005;82(8):100(1366)-104(1370).
  39. 工藤 啓,吉田俊子,荒井由美子.主病名と第2病名による簡易国保医療費分析の試み―大和町での国保医療費分析(中間報告)から―.公衆衛生情報みやぎ 2005;343(7):15-18.
  40. 工藤 啓,荒井由美子.ヘルスケア情報のIT化について-特に携帯用端末(PDA:Personal Digital assistants)の活用について-.公衆衛生情報みやぎ 2006;350:10-12.
  41. 新井明日奈,荒井由美子,松本光央,池田 学.認知症高齢者の運転行動の実態-家族介護者からの評価-.日本医事新報 2006;4272:44-48.
  42. 熊本圭吾,荒井由美子.在宅ケアの質評価法 Home Care Quality Assessment Index: HCQAIの妥当性の検証.日本老年医学会雑誌 2006; 43(4): 518-524.
  43. 荒井由美子,佐々木恵,熊本圭吾.国立長寿医療センター方式訪問看護データベース入力支援システムの開発.日本医事新報 2006; 4285: 69-73.
  44. 安部幸志,荒井由美子,池田 学.家族が認知症となった場合の対処行動:一般生活者に対する調査から.日本医事新報 2006; 4292: 63-67.
  45. 工藤 啓,荒井由美子.住民検診を基にした地区診断について-宮城県大和町の年齢層にも留意した地区診断-.公衆衛生情報みやぎ 2006; 351: 21-25.
  46. 工藤 啓,瀬川香子,荒井由美子.中高年筋力トレーニング自主グループの活動支援とその医学的な効果について-宮城県大和町における自主グループ育成支援の試み-.公衆衛生情報みやぎ 2006; 353: 13-16.
  47. 工藤 啓,高橋和子,吉田俊子,荒井由美子.訪問看護ステーションにおけるデータベース電子カルテの可能性について-電子カルテ導入における課題とその展望-.公衆衛生情報みやぎ 2007; 363: 21-24.
  48. 上田照子,荒井由美子,西山利政.在宅要介護高齢者を介護する息子による虐待に関する研究.老年社会科学 2007; 29(1): 37-47.
  49. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮井信行,宮下和久,荒井由美子.訪問看護を利用する要介護高齢者における家族の介護負担感の地域差.老年精神医学雑誌 2007;18(7):771-780.
  50. 安部幸志,荒井由美子.認知症の病名告知に対する希望に関する探索的検討:わが国の一般生活者における調査から.日本医事新報 2007;4339:64-68.
  51. 水野洋子,荒井由美子.英国における高齢者虐待の防止に係る施策:Protection of Vulnerable Adultsスキームの概要及び課題.老年社会科学 2007;29(3):422-427.
  52. 安部幸志,荒井由美子,吉川羊子,後藤百万.看護・介護スタッフにおける排泄ケアに関する自己効力感尺度作成の試み.日本排尿機能学会誌 2007;18(2):275-279.
  53. 佐々木恵,新井明日奈,荒井由美子.家族の介護に対する意識:平成18年一般生活者調査から.日本医事新報 2008;4382:70-73.
  54. 安部幸志,荒井由美子.一般生活者を対象とした認知症の症状に対する援助希求行動尺度の作成とその信頼性及び妥当性の検討.老年精神医学雑誌 2008;19:451-460.
  55. 佐々木恵,荒井由美子.国立長寿医療センター方式訪問看護データベース入力支援システムの導入効果.日本医事新報 2008;4404:73-75.
  56. 佐々木恵,新井明日奈,荒井由美子.要介護高齢者における死亡場所の希望と実際-訪問看護師による把握-.日本老年医学会雑誌 2008;45(6):622-626.
  57. 新井明日奈,荒井由美子.介護に関する事前の意思決定及び意思表示-わが国の一般生活者2,161名における実態-.日本老年医学会雑誌 2008;45(6):640-646.
  58. 鷲尾昌一,今村桃子,豊島泰子,中柳美恵子,荒井由美子.高齢者入所施設における入所者と看護・介護職員に対するインフルエンザワクチンと入所者に対する肺炎球菌ワクチンの接種状況-福岡県での調査より-.臨牀と研究 2008;85(10):97(1467)-101(1471).
  59. 西川浩平,増原宏明,荒井由美子.人工透析患者における外来受診行動についての分析.季刊社会保障研究 2009;44(4):460-472.
  60. 上田照子,三宅真理,西山利正,田近亜蘭,荒井由美子.要介護高齢者の息子による虐待の要因と多発の背景.厚生の指標 2009;56(6):19-26.
  61. 水野洋子、新井明日奈、荒井由美子.経済連携協定下での外国人介護福祉士候補者の受け入れに関する都道府県の問題意識.社会保険旬報 2009;2403:14-19.
  62. 鷲尾昌一,豊島泰子,今村桃子,東 治道,荒井由美子,井手三郎.九州地区における透析患者のインフルエンザ羅患,施設内流行と職員のワクチン接種.臨牀と研究 2010;87(3):94(384)-99(389).
  63. 柴田由己,安部幸志,新井明日奈,荒井由美子.一般生活者を対象とした認知症家族の介護に対する感情尺度の作成.日本老年医学会雑誌 2010;47(4):315-322.
  64. 豊島泰子,鷲尾昌一,高橋裕明,大熊和行,井手三郎,荒井由美子.三重県の高齢者入所施設における季節性・新型インフルエンザワクチンの接種状況.厚生の指標 2011;58(13):25-30.
  65. 上田照子,三宅眞里,荒井由美子.介護保険サービスの必要量利用の可否が家族介護者に及ぼす影響.厚生の指標 2012;59(3):8-13.
  66. 山崎律子,鷲尾昌一,荒井由美子.在宅要介護高齢者を介護する家族の介護負担感-都市部の訪問看護サービス利用者の調査より-.臨床と研究 2012;89(2):228-234.
  67. 水野洋子,荒井由美子.英国における認知症の早期診断における「かかりつけ医」の役割に関する検討:National Dementia Strategyの策定の背景に着目して.社会保険旬報 2012;2498:14-18.
  68. 水野洋子,荒井由美子.英国における認知症の早期診断における「かかりつけ医」の役割に関する検討:National Dementia Strategyの概要及び課題に着目して.社会保険旬報 2012;2499:24-29.
  69. 豊島泰子,鷲尾昌一,高橋裕明,井出三郎,荒井由美子.新型インフルエンザ(A/H1N1)流行シーズンにおける小中学生のインフルエンザワクチンの接種状況-ある学校法人の調査より-.日本公衆衛生雑誌 2012;59(6):390-398.
  70. 豊島泰子,鷲尾昌一,今村桃子,荒井由美子.訪問看護ステーションの管理者のインフルエンザワクチン接種に対する意識.厚生の指標 2012;59(12):7-11.
  71. 豊島泰子,福田清香,鷲尾昌一,荒井由美子.在宅で要介護高齢者を介護する家族介護者の介護負担.臨牀と研究 2015:92(3):87-91.

和文による総説

  1. 荒井由美子.英国に学ぶ「施設内高齢者の人権保護」.月刊ばんぶう 1997; 4: 122-125.
  2. 工藤 啓,伊藤智華,清野富久江,荒井由美子.生涯スポーツの動機づけ:健康増進施設の利用者の分析から.臨床スポーツ医学 1997; 14: 107-112.
  3. 工藤 啓,荒井由美子, 久道 茂.地域保健法における政令市保健所の機能強化について:機能分担と事業評価の視点から.公衆衛生 1997; 61: 284-287.
  4. 工藤 啓,斎藤トシ子,伊藤智華,筒井秀裕,笠井 豊,荒井由美子.公設健康増進センターの立場からみた医師の役割.臨床スポーツ医学 1997; 14: 625-631.
  5. 荒井由美子.在宅介護者の半数が抑うつ状態に-介護者の意識調査からわかった こと Nursing Today 1998; 13: 70-73.
  6. 荒井由美子.施設内高齢者の人権を守る: 英国・ナースが担う地区保健局監査官の仕事. Nursing Today 1998; 13: 72-74.
  7. 荒井由美子,鷲尾昌一,遠藤英俊.ケアマネジメント.からだの科学 1998; 203: 2-7.
  8. 荒井由美子.Zarit介護負担スケール日本語版の応用.医学のあゆみ 1998; 186: 930-931.
  9. 鷲尾昌一,荒井由美子. 高齢化社会における生活習慣病対策.公衆衛生 1998; 62: 888-889.
  10. 鷲尾昌一,荒井由美子. ケアマネージャー, 期待されるその役割.医事新報 1998; 3891:73-76.
  11. 遠藤英俊,田島稔久,荒井由美子.長寿医療におけるデータベースの作成に向けて.Geriatric Medicine 1998; 36: 1747-1749.
  12. 荒井由美子.心と体の相談室:高齢者総合診療・老年性うつ病.毎日ライフ1999; 30(3): 116.
  13. 荒井由美子.施設ケアの質.Gerontology 1999; 11: 335-340.
  14. 鷲尾昌一,荒井由美子.介護保険におけるケアマネージャーの役割.大塚薬報 1999; 540:42-45.
  15. 荒井由美子,三浦宏子.ケアの質.臨床医 2000; 26: 174-178.
  16. 荒井由美子.要介護高齢者を抱えた家族の介護負担軽減策. 日本医事新報 2000; 3961:72-75.
  17. 荒井由美子,杉浦ミドリ.家族介護者のストレスとその評価法. 老年精神医学雑誌 2000; 11(12): 1360-1364.
  18. 工藤 啓,高橋香子,大室鮎美,荒井由美子.指定市保健所の今後のあり方.公衆衛生 2000; 64(1): 37-40.
  19. 荒井由美子,杉浦ミドリ,工藤 啓.要介護高齢者の介護負担評価法の紹介. 公衆衛生 2001; 65(2): 134-135.
  20. 荒井由美子,水野洋子.介護への提言:英国の政策にみる高齢者施設ケア質向上への新しい取り組み.日本醫事新報 2001; 4024: 73-77.
  21. 荒井由美子, 杉浦ミドリ, 増井香織.介護負担.J Clin Rehabilitation 2001;10(8):744-745.
  22. 荒井由美子, 杉浦ミドリ.家族の介護負担を適切に評価するZarit介護 負担尺度.痴呆介護 2001; 2(2): 102-107.
  23. 水野洋子,荒井由美子. 高齢者施設ケアの質向上:英国における最近の政策.社会保険旬報 No.2101(2001.6.21) 29-35.
  24. 三浦宏子, 荒井由美子.高齢者診療実践マニュアル:高齢者の咀嚼機能と全身への影響.治療 2001; 83(9):39-42.
  25. 工藤 啓, 佐々木裕子, 右田周平, 荒井由美子. 健康日本21市町村地方計画策定の展望と課題. 公衆衛生 2001; 65(8): 596-600.
  26. 荒井由美子.公的介護保険の導入と介護者の介護負担に関する研究.Aging & Health 2002; 2: 32-33.
  27. 荒井由美子.高齢者ケアの質の向上.老年精神医学雑誌(巻頭言)2002; 13(7): 782-783.
  28. 荒井由美子.家族介護者の介護負担.医療.2002; 56(10): 601-605.
  29. 荒井由美子.介護負担度の評価.総合リハビリテーション 2002; 30(11): 1005-1009.
  30. 荒井由美子.在宅介護における介護負担と介護負担がおよぼす影響.Gp net 2002; 49(8): 24-31.
  31. 荒井由美子. 介護保険制度と長寿科学. Aging & Health 2002; 24: 27.
  32. 水野洋子, 荒井由美子.高齢者施設 ケアサービスの評価-英国での最近の試み.  老年社会科学 2002; 24(1): 39-50.
  33. 工藤 啓, 菅沼 靖, 右田周平, 荒井由美子, 佐々木裕子. 「健康日本21」市町村計画策定支援について. 公衆衛生 2002;66(10):749-753.
  34. 荒井由美子, 熊本圭吾. 高齢者リハビリテーションと介護. 老年精神医学雑誌 2003;14(3)::367-375.
  35. 荒井由美子. 介護負担についての調査研究の現状. 医事新報 2003;4117: 112-113.
  36. 工藤 啓, 右田周平, 菅沼 靖, 荒井由美子. 地域ケアシステム構築の手法について―企画書と計画書の重要性―. 公衆衛生 2003;67(6):449-451.
  37. 荒井由美子.Zarit 介護負担尺度日本語版(J-ZBI)および短縮版(J-ZBI_8).日本臨床 2004;62(4):45-50.
  38. 荒井由美子.高齢者に対する機能評価―Geriatric Assessment―.ジェロントロジー ニューホライズン 2003;16(2):141-143.
  39. 荒井由美子.Zarit 介護負担尺度日本語版の短縮版(J-ZBI_8)の開発につい て.Gp net 2004;50(11):22-23.
  40. 荒井由美子,工藤 啓.Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)および短縮版(J-ZBI_8).公 衆衛生 2004;68(2):125-127.
  41. 荒井由美子.家族介護者の介護負担.最新医学 別冊 アルツハイマー病 2004;22(3):173-197.
  42. 荒井由美子.家族の介護負担を介護負担尺度を用いて測定する.自立支援とリハビリテーション 2004;2(2):4-10.
  43. 三浦宏子,荒井由美子. 嚥下障害のスクリーニングと評価.作業療法ジャーナル 2004;38(13):1201-1207.
  44. 池田 学,石川智久,野村美千江,荒井由美子.地域か ら見た精神科医療と介護保険.精神医学 2004;46(10):1063-1069.
  45. 荒井由美子.家族介護者の介護負担―その評価および今後の課題―.老年精神医学雑誌 2004;15(増刊号):111-116.
  46. 荒井由美子.日本における要介護高齢者の長期ケア.Psychiatry Today 2004;SupplementⅡ:4.
  47. 荒井由美子.要介護高齢者を介護する者の介護負担とその軽減に向けて.日本老年医学会雑誌 2005;42(2):195-198.
  48. 荒井由美子.家族介護者の介護負担.日本内科学会雑誌 2005;94(8):1548-1554.
  49. 荒井由美子.家族介護者の介護負担の評価および在宅ケアの質について.日本医師会雑誌 2005;134(6):1030-1031.
  50. 荒井由美子.家族の介護負担および在宅ケアの質の評価.モダンフィジシャン 2005;25(9):1150-1153.
  51. 安部幸志,荒井由美子.認知症における社会的資源の活用:一般生活者の高齢社会に対する意識調査から.精神科 2005;7(3):219-225.
  52. 荒井由美子.家族の介護負担と在宅ケアの質の評価.精神科 2005;7(4):339-344.
  53. 荒井由美子,新井明日奈.高齢者への交通安全対策-認知症高齢者の運転を中心として-.精神神経学雑誌 2005;107(12):1335-1343.
  54. 荒井由美子,熊本圭吾,佐々木恵,工藤 啓.在宅ケアの質を測る新しい評価法:HCQAI.公衆衛生 2006;70(7):535-538.
  55. 上村直人,池田 学,荒井由美子,野村美千江,博野信次.認知症と社会的側面~わが国における認知症ドライバー研究の動向~.脳と神経2006;58(6):463-470.
  56. 荒井由美子.介護保険制度下における家族介護.日本社会精神医学会雑誌 2006;15(1):79-85.
  57. 新井明日奈,荒井由美子,Zarit SH.BPSDによる家族介護者の負担およびその軽減策:介護者への介入を中心として.精神科 2006;9(1): 48-56.
  58. 池田 学,上村直人,荒井由美子,野村美千江,博野信次.認知症高齢者の自動車運転と権利擁護に関する研究.公衆衛生 2006; 70(9): 692-694.
  59. 荒井由美子.高齢者・高齢社会に対する意識と自分自身や家族が認知症になった場合の意識・行動:2004年一般生活者調査.Dementia Care Support 2006;臨時増刊号:18-22.
  60. 鷲尾昌一,荒井由美子,稲葉佳江.高齢化社会における公衆衛生看護・地域看護と疫学教育の役割.臨牀と研究 2006;83(10):112(1538)-114(1540).
  61. 新井明日奈,佐々木恵,荒井由美子.医療制度・介護保険制度に対する認識と不安:2006年一般生活者調査から.Geriatric Medicine 2007;45(2):139-144.
  62. 水野洋子,荒井由美子.介護者支援のあり方:英国のCarers Actに着目して.日本医事新報 2007;4329:81-84.
  63. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.認知症患者の交通安全対策について.精神科 2007;11(1):50-55.
  64. 荒井由美子,新井明日奈.認知症患者の自動車運転:社会支援の観点から.日本臨牀 2008; 66(増刊号1 アルツハイマー病): 467-471.
  65. 荒井由美子,新井明日奈.認知症患者の自動車運転に対する家族介護者の意識と困難.老年精神医学雑誌 2008; 19(増刊号1): 149—153.
  66. 荒井由美子.家族介護に関する諸問題.Psychiatry Today 2008;18:19-21.
  67. 荒井由美子.認知症患者の生存期間:14年間追跡データに基づく一般人口コホート研究の解析結果.The Mainichi Medical Journal 2008;4(7):572-573.
  68. 工藤 啓,荒井由美子.中間評価を経た市町村健康日本21計画について.公衆衛生情報みやぎ 2008;381:17-20.
  69. 荒井由美子,新井明日奈,水野洋子.認知症と社会支援.診断と治療 2008;96(11):2371-2375.
  70. 荒井由美子,新井明日奈,水野洋子.認知症患者の運転:社会支援の必要性.精神神経学雑誌 2009;111(1):101-107.
  71. 荒井由美子,新井明日奈,水野洋子.認知症高齢者と運転:社会支援のあり方.老年期認知症研究会誌 2010;17:76‐81.
  72. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転に対する社会支援のあり方.月刊福祉 2011;2:44‐45.
  73. 荒井由美子,水野洋子.認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル.公衆衛生 2011;75(4):310-312.
  74. 工藤啓,佐々木裕子,荒井由美子.加美町第二期健康日本21地方計画策定について.公衆衛生情報みやぎ 2011;412:4-7.
  75. 工藤啓,佐々木裕子,荒井由美子.管理職としての保健師の組織運営・管理論とは.保健師ジャーナル 2011;67(6):476-480.
  76. 荒井由美子.Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI).日本臨床 2011;69(8):459-463.
  77. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための「介護者支援マニュアル」の概要及び社会支援の現況.Geriatric Medicine 2012;50(2):159-163.
  78. 荒井由美子,水野洋子.認知症高齢者の自動車運転を考える:家族介護者への支援.交通安全教育 2012; 47(11): 6-15.
  79. 鷲尾昌一,豊島泰子,山崎律子,宇佐いづみ,荒井由美子.家族介護者の介護負担に関連する要因-要介護高齢者の介護者の介護負担を中心に-.臨床と研究 2012;89(12):75(1687)-79(1691).
  80. 工藤啓,荒井由美子.健康日本21(第二次)地方計画について-加美町第Ⅱ期健康増進計画「げんき加美町21」を支援の立場から-.公衆衛生情報みやぎ 2013;417:7-9.
  81. 熊本圭吾,荒井由美子.高齢社会における希望の醸成.老年精神医学雑誌 2013;24(1):18-25.
  82. 荒井由美子.アジア・太平洋地域における高齢者のメンタルヘルス向上のための心理社会的研究コンソーシアム(PROMOTE):日本における高齢者のメンタルヘルスに関する心理社会的研究:知見普及に係る課題.Psychiatry Today 2014;34:22.
  83. 荒井由美子.国際的評価法の日本語版作成から応用までの道のり:Zarit介護負担尺度日本語版および短縮版.CNS today 2014;4(3):22-23.
  84. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の外出・移動支援の現況および家族介護者から求められる支援の在り方.老年精神医学雑誌 2015;26(12):1388-1393.
  85. 水野洋子,荒井由美子.認知症罹患運転者:現行法の射程及び求められる支援の方向性.Modern Physician 2017;37(2):133-137.
  86. 荒井由美子.Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)と短縮版(J-ZBI_8)の概説およびJ-ZBI_8の新たな利用法.臨床精神医学 2016;45(5):591-596.
  87. 荒井由美子,水野洋子.認知症に罹患した高齢運転者及び、その家族介護者への支援:「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」の概要及び作成の背景となった調査の結果.老年精神医学雑誌 (印刷中)
  88. 荒井由美子.認知症高齢者およびその家族介護者への支援:Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)、短縮版(J-ZBI_8)および「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」の作成.日本社会精神医学会雑誌(印刷中)

和文による著書

  1. 荒井由美子.イギリス における NHS改革の現状.医療経済研究機構,編.医療白書1997年版.東京:日本医療企画,1997: 45-51.
  2. 工藤啓,荒 井由美子,鈴木 和子,伊藤智華,筒井秀裕.スポーツと血圧管理.阿部圭志,伊藤貞嘉,編.高血圧の個別治療.大阪:医薬ジャーナル社,1997: 160-170.
  3. 荒井由美子.精神保健.鈴木庄亮・久道茂,編.シンプル公衆衛生学第7版.東京:南江堂,1998, 272-282.
  4. 荒井由美子.遠藤英俊,山崎いち子,編.ケアマネジメント用語集.名古屋:日 総研,1998.
  5. 荒井由美子.BCJA,編. 留学経験者が語る英国の学問と生活.東京:風人社,1998, 273-274.
  6. 荒井由美子.パーソナリティ診断,久道 茂,編.“人間ドック”の新知識.からだの科学増刊号.東京:日本評論社,1998:176-181.
  7. 荒井由美子.精神保健.鈴木庄亮・久道 茂,編.シンプル公衆衛生学第8版.東京:南江堂,1998: 272-282.
  8. 荒井由美子.高齢者施設ケア の質を評価するための制度,人間福祉の発展をめざして.西三郎,編.長寿社会研究学術叢書2.東 京:勁草書房,1999: 73-83.
  9. 荒井由美子.精神保健.鈴木庄亮・久道 茂,編.シンプル 公衆衛生学第9版.東京:南江堂, 2000: 280-291.
  10. 荒井由美子.オース トラリアにおける保健福祉サービスの質の保障:監査,苦情 処理.小林良二・小松隆二,編.オーストラリア・ニュージランドの社会福祉.東京:旬報社.2000: 151-164.
  11. 荒井由美子.在宅介 護者の負担を軽減するには? 介護・医療・予防研究会, 編.高齢者を知る事典.東京:厚生科学 研究所.2000: 246-247.
  12. 荒井由美子,武田明夫. 家族のQOL ,医療者のQOL. 石原陽子, 編. 新QOL調査と評価の手引き:調査と解析の実際とベッドサイドの生かし方.東京: メディカルレビュー社. 2001:411-418.
  13. 荒井由美子,武田明夫. 測定結果のフィー ドバック. 石原陽子, 編. 新QOL調査と評価の手引き:調査と解析の実際 とベッドサイドの生かし方. 東京: メ ディカルレビュー社. 2001:421-426.
  14. 荒井由美子,武田明夫. より豊かな高齢社会を めざす, 家族介護負担の 軽減.田中正敏編.高齢社会へのステップ-健康福祉・労働の視点から-.東京: 杏林書院.2001:71-84.
  15. 荒井由美子, 久道 茂.高齢化社会における精神医学-公衆衛生学の観点から.長谷川和夫, 編. エイジレスの時代-高齢者のこころ.東 京: 星和書店.2001: 103-112.
  16. 荒井由美子,武田明夫.家族・介護者への援助.青葉安里,編.老年期痴呆の治療と看護.東京: 南江堂. 2002: 116-126.
  17. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,編.シンプル衛生 公衆衛生学 2002.東京:南江堂, 2002: 280-290.
  18. 荒井由美子.在宅医療・在宅ケア.高野健人, 他, 編. 社会医学事典.東京:南江堂, 2002: 278-279.
  19. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,編.シンプル衛生 公衆衛生学 2003.東京:南江堂, 2003: 295-305.
  20. 荒井由美子.介護負担―現状と対策―.柳澤信夫,編.老年期痴呆の克服をめざして. 東京:長寿科学振興財団, 2003: 293-299.
  21. 荒井由美子. 介護保険がはじまって介護負担はどう変わったか. 柳澤信夫,編.健やかに老いるために2002. 東京:長寿科学振興財団, 2003: 50-51.
  22. 荒井由美子.高齢者リハビリテーションと介護.武田雅俊,編.老年精神医学講座;総論.東京:ワールドプランニング, 2004: 173-188.
  23. 荒井由美子.在宅家族介護者の介護負担.上島国利,他,編.精神障害の臨床.東京:日本医師会, 2004: 251-252.
  24. 荒井由美子.家族介護者の介護負担―Zarit介護負担度 日本語版(J-ZBI) 及びその短縮版(J-ZAI_8) についてー.福地 義之助,編.エキスパートナーMOOK・高齢者ケアマニュアル.東京:照林社, 2004: 318-319.
  25. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂, 編.シンプル衛生公衆衛生学 2004.東京:南江堂, 2004: 293-303.
  26. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂, 編.シンプル衛生公衆衛生学 2005.東京:南江堂, 2005:293-303.
  27. 荒井由美子.家族介護者の介護負担.武田雅俊, 編.現代老年精神医療.東京:永井書店, 2005:263-267.
  28. 熊本圭吾, 荒井由美子.高齢者の心理的支援.武田雅俊, 編.現代老年精神医療.東京:永井書店, 2005:294-298.
  29. 荒井由美子.介護負担-現状と対策-.柳澤信夫,監修.長寿科学振興財団,編.老年期痴呆の克服をめざして. 東京:医学書院,2005:227-232.
  30. 荒井由美子.介護負担の評価.鳥羽研二,編.日常診療に活かす老年病ガイドブック第7巻 高齢者への包括的アプローチとリハビリテーション.東京:メジカルビュー社,2006: 128-133.
  31. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,編.シンプル衛生公衆衛生学 2006.東京:南江堂, 2006: 295-305.
  32. 荒井由美子,佐々木恵,熊本圭吾.在宅ケアの質の評価::HCQAI.大内尉義,編.日常診療に活かす老年病ガイドブック第8巻 高齢者の退院支援と在宅医療.東京:メジカルビュー社,2006:182-187.
  33. 荒井由美子 .精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.小山洋・辻 一郎,編.シンプル衛生公衆衛生学 2007.東京:南江堂, 2007: 299-309.
  34. 荒井由美子,熊本圭吾.高齢者を介護する家族の負担.中村利孝,編.整形外科学体系25巻 高齢者の運動器疾患.東京:中山書店,2007:284-287.
  35. 荒井由美子.家族介護者の介護負担.柳澤信夫,編.認知症の予防と治療. 東京:長寿科学振興財団, 2007:225-231.
  36. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.小山 洋・辻 一郎,編.シンプル衛生公衆衛生学 2008.東京:南江堂, 2008: 307-318.
  37. 荒井由美子,熊本圭吾.高齢者リハビリテーションと介護.武田雅俊,編.改訂・老年精神医学講座;総論.東京:ワールドプランニング, 2009:197-212.
  38. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.小山 洋・辻 一郎,編.シンプル衛生公衆衛生学 2009.東京:南江堂, 2009:307-318.
  39. 荒井由美子,花岡智恵.世帯構成の推移と将来予測.井藤英喜・大島伸一・鳥羽研二,編.統計データでみる高齢者医療.東京:文光堂, 2009:46.
  40. 荒井由美子,花岡智恵.都道府県別の高齢者独居・夫婦のみ世帯数.井藤英喜・大島伸一・鳥羽研二,編.統計データでみる高齢者医療.東京:文光堂, 2009:47.
  41. 荒井由美子,花岡智恵.高齢者の経済力-収入・年金・預貯金など-.井藤英喜・大島伸一・鳥羽研二,編.統計データでみる高齢者医療.東京:文光堂, 2009:48.
  42. 荒井由美子,花岡智恵.高齢者の就業状態.井藤英喜・大島伸一・鳥羽研二,編.統計データでみる高齢者医療.東京:文光堂, 2009:49.
  43. 荒井由美子,新井明日奈.高齢者の社会参加.井藤英喜・大島伸一・鳥羽研二,編.統計データでみる高齢者医療.東京:文光堂, 2009:50.
  44. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.辻 一郎・小山 洋,編.シンプル衛生公衆衛生学 2010.東京:南江堂, 2010:315-326.
  45. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.辻 一郎・小山 洋,編.シンプル衛生公衆衛生学 2011.東京:南江堂, 2011:311-322.
  46. 荒井由美子.精神障害の現状と分類.鈴木庄亮・久道 茂,監修.辻 一郎・小山 洋,編.シンプル衛生公衆衛生学 2012.東京:南江堂,2012:307-318.
  47. 荒井由美子.精神障害の現状と分類.鈴木庄亮・久道 茂,監修.辻 一郎・小山 洋,編.シンプル衛生公衆衛生学 2013.東京:南江堂,2013:313-325.
  48. 荒井由美子,新井明日奈,水野洋子.認知症高齢者と自動車運転-社会支援の観点から.池田 学,編.脳とこころのプライマリケア 2 知能の衰え.東京:シナジー,2013:150-159.
  49. 荒井由美子,水野洋子.介護負担と介護者支援:介護者への情報提供を中心に.中島健二・天野直二・下濱 俊・冨本秀和・三村 將,編.認知症ハンドブック.東京:医学書院,2013:427-433.
  50. 荒井由美子.Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)および、その短縮版(J-ZBI_8).山内俊雄・鹿島晴雄,編.精神・心理機能評価ハンドブック.東京:中山書店,2015:465-468.

その他

  1. 本間 昭,朝日隆,今井幸充,荒井由美子.座談会 地域における痴呆早期発見の取り組み.Gerontology 2003;15(1):8-18.
  2. 武田雅俊,新井平伊,荒井由美子,新福尚武,目黒謙一.座談会 世界の老年精神医学の動向.老年精神医学雑誌 2006; 17: 87-102.
  3. 荒井由美子.日本衛生学会75周年記念によせて.日本衛生学雑誌2006;61(特別号):29.
  4. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転に対する社会支援のあり方に関する検討:研究成果の国民への還元.厚生科学WEEKLY,2011年1月7日(473号).
  5. 新井平伊,荒井由美子,粟田主一,池田学,上村直人.座談会 認知症の最新動向と社会精神医学の貢献.日本社会精神医学会雑誌 2016;25(1):19-32.

先頭へ戻る

国際学会での発表(1998-)

シンポジウム・特別講演・受賞対象講演など

  1. Arai Y, Sugiura M. New Japanese insurance for elderly: A welcome but difficult break with tradition. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001 July 1-6, Vancouver, Canada (Symposium).
  2. Arai Y. Recent departure from traditional caregiving in Japan with the New Long-Term Care Insurance system. The 8th International Conference on Alzheimer's Disease and Related Disorders, 2002 July 20-25, Stockholm, Sweden (Symposium).
  3. Arai Y. Assessment of family caregiver burden in the context of the LTC insurance system: J-ZBI. Geriatric Assessment (Symposium). The 7th Asia/Oceania regional congress of gerontology. 2003 November 25, Tokyo, Japan.
  4. Arai Y, Long-term care for the impaired elderly in Japan. Pre IPA Symposium: Hong Kong-Japan-Korea Joint Meeting, 2004 September 8, Seoul, Korea.
  5. Arai Y, Kumamoto K. Problems of family caregiver with the demented elderly behind the wheel: The 2002 Road Traffic Law of Japan revisited (Symposium). 18th World Congress of World Association for Social Psychiatry. 2004 October 24-27, Kobe, Japan.
  6. Arai Y. Caregiver issues: a Japanese perspective (Symposium). The 13th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2007 October 14-18 (Presentation: October 15), Osaka, Japan.
  7. Arai Y. Paradigm shift away from family caregiving for the aging Japanese population (Symposium). 8th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics, 2007 October 22-25 (Presentation: October 23), Beijing, China.
  8. Arai Y. Exploring Measures to Prevent Caregiver Burden: The Effects of the National Long-term Care Insurance Scheme in Japan (plenary lecture). The 14th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2009 September 1-5 (Presentation: September 3), Montreal, Canada.
  9. Arai Y. Support systems for family caregivers of older people with dementia in Japan(Symposium). The 3rd Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD 2009), 2009 October 11-13 (Presentation: October 13), Seoul, Korea.
  10. Arai Y. A population-based approach could reduce caregiver burden: a community education intervention in Japan (Symposium). Alzheimer’s Association International Conference on Alzheimer’s Disease 2010 (ICAD), 2010 July 10-15 (Presentation: July 12), Honolulu, Hawaii.
  11. Arai Y. Knowledge and attitude towards dementia among the general public in Japan(Symposium). The 3rd World Congress of Asian Psychiatry (WCAP 2011), 2011 July 31-August 4 (Presentation: August 1), Melbourne, Australia.
  12. Arai Y. The impact of downloadable information on dementia and driving, which targets family caregivers and professionals in municipalities (Symposium). The 15th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2011 September 6-9 (Presentation: September 9), The Hague, Netherlands.
  13. Arai Y. Psychosocial Research about mental health of older people in Japan: Challenges in disseminating findings (Symposium). The 16th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2013 October 1-4 (Presentation: October 2), Seoul, Korea.
  14. Arai Y. Depression among family caregivers of community-dwelling older people who used services under the Long Term Care Insurance program: a large-scale population-based study in Japan (Free Communication). The 16th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2013 October 1-4 (Presentation: October 4), Seoul, Korea (Received the Award for the Best Presentation).
  15. Arai Y. When driving capacity is lost: a support manual for carers (plenary lecture). 1st Annual International Capacity Conference, 2014 September 20, Wanchai, Hong Kong.
  16. Arai Y. The Long-Term Care insurance in Japan: the past and the present (Symposium). The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD), 2015 September 14-16 (Presentation: September 15), Kumamoto, Japan.
  17. Arai Y. Caregiver burden scales and public health: using the original and short versions of the Zarit Burden Interview (J-ZBI and J-ZBI_8) (Symposium). The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD), 2015 September 14-16 (Presentation: September 15), Kumamoto, Japan.
  18. Arai Y. Driving capacity and dementia: a support manual for caregivers in Japan (Invited lecture). Hong Kong Psychogeriatric Association (HKPGA) Capacity Conference cum Annual General Meeting 2015, 2015 December 5, Kowloon, Hong Kong.
  19. Arai Y. The Long-Term Care insurance in Japan: the past and the present (plenary lecture). The annual conference of Korean Dementia Association (KDA), 2017 November 4-5 (Presentation: November 4), Seoul, Korea.

一般演題

  1. Washio M, Kiyohara C, Arai Y. Methicillin-Resistant Staphylococcus Aureus (MRSA) isolation from pharyngeal swab cultures on admission to a Japanese geriatric hospital. The 2nd Asian-Pacific Congress of Epidemiology jointly with the 8th Scientific Meeting of Japan Epidemiological Association, 1998 January 28-30, Tokyo, Japan.
  2. Miura H, Arai Y, Umenai T. The chewing activity and QOL of the elderly residing in a rural community in Japan. 77th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, 1999 March 10-13, Vancouver, Canada.
  3. Miura H, Arai Y, Hamada A, Sakano S, Umenai T. Relationship between chewing ability and the QOL among the elderly residing in a rural community of Japan. General Session of 32nd Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health, 1999 May 11, Tokyo,Japan.
  4. Arai Y, Washio M. Factors associated with admission to a geriatric hospital: a pilot study. The 6th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1999 June 7-11, Seoul, Korea.
  5. Arai Y, Washio M, Miura H. Feelings of burden of family members caring for the elderly in need of care in southern Japan. Ninth Congress of the International Psychogeriatric Association (IPA), 1999 August 15-20, Vancouver, Canada.
  6. Washio M, Kiyohara C, Arai Y, Aoyagi K, Okuda K, Fujishima M, et al. Methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) and Pseudomonas aeruginosa isolation from pharyngeal swab cultures among the Japanese elderly at admission to a geriatric hospital with long stay wards. The XV International Scientific Meeting of the International Epidemiological Association, 1999 Aug 31- September 4, Florence, Italy.
  7. Hozawa A, Arai Y, Ohkubo T, Nagai K, Tsuji I, Ito S, et al. Personality affects the white coat effect defined as screening home blood pressure difference: the Ohasama study. Tenth European Meeting on Hypertension, 2000 May 29 June 3, Goeborg, Sweden.
  8. Arai Y, Zarit S, Sugiura M, Washio M, Miura H, Kudo K. Factors related to the outcome of caregiving of the impaired elderly:  A longitudinal study in rural Japan. The 17th Congress of the International Association of Gerontology, 2001 July 1-6, Vancouver,Canada.
  9. Washio M, Arai Y. The new public long-term care insurance system and the feeling of care burden among caregivers of the frail elderly in rural Japan. The 3rd Asian-Pacific Congress of Epidemiology: IEA Regional Scientific Meeting in Japan, 2001 September 3-6, Kitakyushu, Japan.
  10. Miura H, Arai Y. Oral Health Care Needs and Provision for the impaired elderly. 84th General Session & Exhibition of IADR (Internation Association for Dental Research). 2006 June 28-July 1 (Presentation: June 29), Brisbane, Australia.
  11. Abe K, Arai Y. Dementia-Related Help-Seeking Behavior among the general population in Japan. The 59th Annual Scientific Meeting of the Gerontological Society of America, 2006 November 16-20 (Presentation: November 18), Dallas, USA.
  12. Masuhara H, Arai Y. Medical expenditure of patients with Alzheimer's disease: do the rich spend more? The 13th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2007, October 14-18 (Presentation: October 17-18), Osaka, Japan.
  13. Sasaki M, Arai A, Arai Y. Factors related to institutionalization among disabled older people; a two-year longitudinal study. The 13th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2007 October 14-18 (Presentation: October 15-16), Osaka, Japan.
  14. Arai A, Matsumoto T, Ikeda M, Arai Y. Comparative study of the perceived difficulties of caring for relatives with early and late onset dementia. The 13th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2007 October 14-18 (Presentation: October 15-16), Osaka, Japan.
  15. Mizuno Y, Arai A, Arai Y. Status quo for determining driving cessation of older adults with dementia in Japan. The 13th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2007 October 14-18 (Presentation: October 17-18), Osaka, Japan.
  16. Arai A, Mizuno Y, Arai Y. Perceptions about driving among the general public in Japan: Implications for possible barriers to driving cessation of dementia patients. The 3rd Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD 2009), 2009 October 11-13 (Presentation: October 12), Seoul, Korea.
  17. Mizuno Y, Arai A, Arai Y. Measures aimed at enhancing the mobility of older people in Japan: exploring possible implications for older drivers with dementia. The 3rd Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD 2009), 2009 October 11-13 (Presentation: October 12), Seoul, Korea.
  18. Washio M, Toyoshima Y, Takahashi H, Ohkuma K, Arai Y. How novel influenza influences the attitudes on influenza vaccination among elementary and junior high school students.14th East Asian Forum of Nursing Scholars, 2011 February 11-12 (Presentation: February 11), Seoul Korea.
  19. Izumi H, Oura A, Mori M, Washio M, Arai Y. The use of social services and factors related to the care burden felt by family caregivers of the at-home frail elderly - Comparison between 2002 and 2008 in Hokkaido, Japan - . The 5th International Conference on Community Health Nursing Research, 2013 March 13-14 (Presentation: March 14), Edinburgh, UK.
  20. Toyoshima Y, Washio M, Arai Y. Factors related to depression among family caregivers of psychiatric patients who used home-visiting nursing services in Japan. The 5th International Conference on Community Health Nursing Research, 2013 March 13-14 (Presentation: March 14), Edinburgh, UK.
  21. Mizuno Y, Arai Y. Measures for enhancing the mobility of older people and people with dementia in Japan. The 16th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2013 October 1-4 (Presentation: October 2), Seoul, Korea.
  22. Arai Y, Noguchi C, Ueda T. Concurrent validity of a family caregivers self-reported potentially harmful behavior (PHB) towards their care recipients. 1st Annual International Capacity Conference, 2014 September 20, Wanchai, Hong Kong.
  23. Arai Y. Potentially harmful behaviors may be predicted by a caregiver burden scale. The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD), 2015 September 14-16 (Presentation: September 14) Kumamoto, Japan (Received the Poster Presentation Award).
  24. Mizuno Y, Arai Y. Needed public support for adult “persons requiring support” who continue to drive. The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD), 2015 September 14-16 (Presentation: September 14) Kumamoto, Japan.

先頭へ戻る

国内学会での発表(1997-)

シンポジウム・特別講演など

  1. 荒井由美子.要介護高齢者を介護している家族の介護負担評価(シンポジウム).第43回日本生理人類学会シンポジウム.2000年6月11日, 福島県.
  2. 荒井由美子.高齢者に対する家族介護者の介護負担に関する疫学的研究.第14回日本疫学会学術総会 日本疫学会奨励賞受賞講演,2004年1月22-23日,山形県山形市.
  3. 荒井由美子.要介護高齢者を介護する者の介護負担とその軽減に向けて(シンポジウム).2004年度第46回日本老 年医学会学術集会シンポジウムⅡ(要介護高齢者の在宅ケア:介護負担軽減に向けて),2004年6月16-18日(発表17日),千葉県千葉市.
  4. 熊本圭吾,荒井由美子.高齢者を在宅で介護する家族の介護負担の評価(シンポジウム).第32回日本行動計量学会,2004年9月16-18日(発表18日),神奈川県相模原市.
  5. 荒井由美子.認知症患者と運転免許:道路交通法とその適用.(シンポジウム)第101回日本精神神経学会シンポジウム6(痴呆高齢者の自動車運転と権利擁護),2005年5月18-20日(発表18日),埼玉県さいたま市.
  6. 荒井由美子.介護保険制度下における家族介護者.(シンポジウム)第20回日本老年精神医学会シンポジウムⅢ(老年精神医療における介護保険),2005年6月16-17日(発表17日),東京都.
  7. 荒井由美子.介護保険制度と家族介護.(シンポジウム)第25回日本社会精神医学会シンポジウムⅡ(高齢社会における地域と家族),2006年2月23-24日(発表24日),東京都.
  8. 荒井由美子,新井明日奈.認知症高齢者の自動車運転に対する家族介護者の意識.(シンポジウム).アルツハイマー病研究会第八回学術シンポジウム,2007年4月14日,東京都.
  9. 荒井由美子,池田学.認知症患者の運転:日常臨床の問題点と社会支援の必要性.(教育講演).第104回日本精神神経学会総会 2008年5月29-31日(発表30日),東京都.
  10. 荒井由美子.認知症患者および家族への社会支援.(シンポジウム).第24回日本老年精神医学会シンポジウム,2009年6月18-20日(発表20日),神奈川県横浜市.
  11. 荒井由美子.認知症と自動車運転:患者・家族支援の観点から.(教育講演).第52回大会日本老年社会科学会,2010年6月17-18日(発表17日),愛知県東浦町.
  12. 荒井由美子.認知症と自動車運転:社会支援に着目して.認知症医療にかかわる専門職のための公開講座(共催 日本老年精神医学会,熊本県認知症疾患医療センター),2010年6月26日,熊本市.
  13. 荒井由美子.高齢運転者と認知症について:高齢者の交通事故防止の観点から.高齢者交通事故防止パネルディスカッション.警視庁 平成22年秋の全国交通安全運動高齢者交通安全のつどい,2010年9月3日,東京都.
  14. 荒井由美子.認知症と自動車運転:患者・家族支援および多職種連携の観点から.第2回認知症高齢者自動車運転を考える研修会,2010年10月9日,山口県山口市.
  15. 荒井由美子.認知症患者の自動車運転:家族の介護負担と社会支援.(特別講演).第11回介護保険に関する懇話会, 2011年3月5日, 愛知県豊田市.
  16. 荒井由美子.介護負担および介護者支援マニュアル作成:認知症と自動車運転.(特別講演).第19回山陰認知症ケア研究会,2011年6月4日,鳥取県米子市.
  17. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転を考える:家族介護者への支援.警視庁 高齢者交通指導員研修会,2012年6月15日,東京都.
  18. 荒井由美子.認知症患者の家族介護者の介護負担と情報提供による介護者支援.第32回日本社会精神医学会 イブニングセミナー(招待講演),2013年3月7日-8日(発表7日),熊本市.
  19. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転を考える:社会支援の視点から(シンポジウム).第16回日本病院脳神経外科学会(招待講演),2013年7月21日,広島県福山市.
  20. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転を考える.日本認知症ケア学会第49回教育講演,2015年9月5日,大阪市.
  21. 荒井由美子.家族介護者の介護負担把握と情報提供による介護者支援の実践例:介護者支援マニュアルの作成.心理教育・家族教室ネットワーク第19回研究集会(特別講演),2016年3月21日,東京都.
  22. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転:認知症高齢者の安全と安心のために.毎日新聞社主催シンポジウム第2回認知症800万人時代 認知症の人とその家族をどう守るか?(基調講演).2016年7月10日,大阪市.
  23. 荒井由美子.認知症と自動車運転:当事者および家族支援の観点から.第1回自動車運転に関する合同研究会(特別講演),2017年1月21日,北九州市.
  24. 荒井由美子.家族介護者の介護負担把握と介護者支援マニュアルの作成(シンポジウム).第36回日本社会精神医学会,2017年3月3日,東京.
  25. 荒井由美子.認知症と自動車運転:ご本人と家族介護者への支援(プレナリー).アルツハイマー病研究会 プレナリーセッション2,2017年4月22日,東京

一般演題

  1. 三浦宏子,荒井由美子.地域高齢者の咀爵機能と食生活満足度との関連性.第8回老年歯科学会,1997年6月18-20日,東京.
  2. 三浦宏子,荒井由美子,水谷博幸, 磯貝恵美子,広瀬公治,上田五男.韓国高齢者の咀爵機能と食生活満足度との関連性.第46回日本口腔衛生学会総会,1997年10月30-31日, 鹿児島.
  3. 荒井由美子,久道茂,工藤啓,細川徹,三浦宏子,鷲尾昌一.Zarit介護負担感スケールの得点と諸要因との関連.第56回日本公衆衛生学会,1997年10月16-18日, 横浜.
  4. 工藤啓,荒井由美子,安齋由貴子, 高橋香子.住民調査による市町村保健センターの評価.第56回日本公衆衛生学会,1997年10月16-18日, 横浜.
  5. 三浦宏子,水谷博幸,上田五男,荒井由美子. 高齢者の咀爵能力と全身の健康度との関連性.第56回日本公衆衛生学会.1997年10月16-18日, 横浜.
  6. 荒井由美子,三浦宏子,鷲尾昌一.在宅要介護老人の抑うつ症状とその関連要因.第40回日本老年医学会学術集会.1998年6月17-19日, 福岡.
  7. 荒井由美子,鷲尾昌一,佐直信彦,三浦宏子,工藤啓,細川徹.脳卒中外来通院患者介護者の負担感:Zarit介護負担感尺度を用いて.第57回日本公衆衛生学会,1998年10月28-30日,岐阜.
  8. 工藤啓,荒井由美子, 北田雅子, 斎藤トシ子.市町村保健活動と医療費の関連について.第57回日本公衆衛生学会,1998年10月28-30日, 岐阜.
  9. 三浦宏子,荒井由美子,坂野晶司, 濱田彰,梅内拓生.地域高齢者の咀嚼機能評価値とQOLスコアに関する解析.第57回日本公衆衛生学会,1998年10月28-30日,岐阜.
  10. 三浦宏子,荒井由美子,梅内拓生,水谷博幸,上田五男.咀爵能力とモラールスケールとの関連性.第47回日本口腔衛生学会総会,1998年10月15-16日,仙台.
  11. 松鵜甲枝,鷲尾昌一,荒井由美子,井手三郎.在宅要介護老人介護者の抑鬱症状とその関連要因.第9回日本疫学会学術総会,1999年1月21-22日,名古屋.
  12. 南優子,佐々木毅,荒井由美子,栗栖陽子,細川徹,久道茂.女性SLE患者の生活習慣調査.第9回日本疫学会学術総会,1999年1月21-22日,名古屋.
  13. 工藤啓,斎藤トシ子,仲田勲生,荒井由美子. 市町村医療費と保健サービスの関連について.第58回日本公衆衛生学会,1999年10月20-22日, 大分.
  14. 松鵜甲枝,荒井由美子,井手三郎, 廣畑一代,三浦宏子,鷲尾昌一.女子短大生の介護保険制度に対する認識.第58回日本公衆衛生学会,1999年10月20-22日, 大分.
  15. 寶澤篤,大久保孝義,辻一郎,久道茂,今 井潤,佐藤洋,荒井由美子,ら.パーソナリティと白衣効果との関連.第58回日本公衆衛生学会,1999年10月20-22日, 大分.
  16. 松鵜甲枝,鷲尾昌一,荒井由美子,井手三郎.Zaritの介護負担感とその関連要因.第10回日本疫学会学術総会,2000年1月27-28日,鳥取.
  17. 鷲尾昌一,荒井由美子,廣田良典.はり治療の効果に関する臨床疫学的研究:老人病院のはり灸室の患者を対象として.第10回日本疫学会学術総会,2000年1月27-28日, 鳥取.
  18. 鷲尾昌一,井上尚英,荒井由美子.本邦における解熱鎮痛剤によるアセトアミノフェン中毒.第70回日本衛生学会総会,2000年3月28-30日, 大阪.
  19. 荒井由美子,杉浦ミドリ, 三浦宏子,鷲尾昌一,工藤啓.在宅介護者の公的サービス利用とその関連要因.第43回日本老年医学会学術集会,2000年6月15-17日, 仙台.
  20. 荒井由美子,鷲尾昌一,杉浦ミドリ,工藤啓,三浦宏子.Zarit介護負担尺度日本語版の信頼性・妥当性及び交差妥当性.第15回日本老年精神医学会.2000年7月5-6日, 横浜.
  21. 三浦宏子, 荒井由美子. 虚弱老人と健康老人における最大咬合力と現在歯数に関する比較検討. 第49回日本口腔衛生学会. 2000年10月5-6日, 札幌.
  22. 松鵜甲枝,鷲尾昌一, 荒井由美子,井手三郎.要介護高齢者の在宅介護破綻に関わる要因-サービスの利用中心に.第59回日本公衆衛生学会.2000年10月18-20日, 群馬.
  23. 佐々木裕子,工藤 啓,高橋香子,下山田鮎美,荒井由美子.医療費効率利用策としてのオレゴン・ヘルス・プラン優先順位診療行為リストに関する研究.第59回日本公衆衛生学会.2000年10月18-20日,群馬.
  24. 鷲尾昌一,荒井由美子,清原千香子,田中恵太郎.高齢者の細菌感染におけるMRSAの分離は予後不良因子.第11回日本疫学会学術総会.2000年1月25-26日,筑波.
  25. 杉浦ミドリ,荒井由美子.介護負担の縦断的研究: Zarit介護負担尺度日本語版を利用して.第43回日本老年医学会学術集会.2001年6月13-15日(発表13日),大阪.
  26. 鷲尾昌一,荒井由美子.要介護高齢 者の主介護者の介護負担に関する研究: Zarit介護負担尺度日本語版を用いて.第43回日本老年医学会学術集会.2001年6月13-15日(発表15日),大阪.
  27. 荒井由美子,水野洋子.英国の政策にみる高齢者施設ケア質向上への新しい取り組み.日本老年社会科学会第43回大会.2001年6月13-15日(発表15日),大阪.
  28. 上田照子, 荒井由美子. 在宅要介護高齢者における要介護度と介護状況との関連について. 日本老年社会科学会第43回大会.2001年6月13-15日(発表15日), 大阪.
  29. 荒井由美子, 杉浦ミ ドリ, 鷲尾昌一, 三浦宏子, 工藤啓.介護負担の経年的変化とその関連要因:ZBIを利用して.第16回日本老年精神医学会.2001年6月13-15日(発表15日), 大阪.
  30. 三浦宏子,山崎きよ子,苅安誠,荒井由美子. 高齢者の知的機能と咀嚼機能との関連性.第12回日本老年歯科医学会学術大会.2001年6月13-15日(発表13日),大阪.
  31. 増井香織, 杉浦ミドリ, 荒井由美子.介護保険制度導入直後のサービス利用と介護者の介護負担の変化. 第12回日本老年医学会東海地方会.2001年9月22日, 名古屋.
  32. 荒井由美子, 杉浦ミドリ,増井 香織,上田照子, 三浦宏子, 工藤 啓, 鷲尾昌一.在宅介護破綻と介護者の抑うつ 症状・介護負担:縦断的研究. 第60回日本公衆衛生学会総会.2001年10月31日-11月2日(発表2日), 香川.
  33. 上田照子, 荒井由美子.要介護度と家族の介護負担との関連について. 第60回日本公衆衛生学会総会.2001年10月31日-11月2日(発表2日), 香川.
  34. 三浦宏子, 山崎きよ子, 荒井由美子.高齢者の咀嚼機能と認知機能に関する検討. 第60回日本公衆衛生学会総会.2001年10月31日-11月2日(発表2日), 香川.
  35. 工藤 啓, 佐々木裕子, 右田周平, 荒井由美子.健康日本21地方計画市町村における策定手法について.第60回日本公衆衛生学会総会.2001年10月31-11月2日(発表1日), 香川.
  36. 和泉比佐子, 森満, 鷲尾昌一, 荒井由美子. 介護保険施行後における在宅療養者の家族の介護負担感とその関連要因. 第53回北海道公衆衛生学会.2001年11月29-30日(発表29日),北海道岩見沢市.
  37. 鷲尾昌一, 徳永章二, 荒井由美子. パーキンソン疾患者の主介護者における抑鬱(介護負担)の関連要因. 第12回日本疫学会学術総会,2002年1月24-25日(発表25日),東京.
  38. 和泉比佐子, 森満, 鷲尾昌一, 荒井由美子. 介護保険施行後の在宅療養者のサー ビス利用と家族の介護負担感との関連. 第12回日本疫学会学術総会,2002年1月24-25日(発表25日),東京.
  39. 南 優子, 佐々木毅, 荒井由美子, 栗栖陽子, 久道茂.全身性エリテマトーデス活動期発現と食事要因との関連.第12回日本疫学会学術総会,2002年1月24-25日(発表24日),東京.
  40. 上田照子、荒井由美子.介護保険制度下における家族介護の状況の変化-縦断研究より-.第44回日本老 年社会科学会,2002年7月4-5日(発表5日),福岡市.
  41. 荒井由美子,上田照子,増井香織,杉浦ミドリ,鷲尾昌一.介護負担増悪のリスクファクター:ZBIを利用 して.第44回日本老年医学会,2002年6月12-14日(発表14日),東京都.
  42. 鷲尾昌一, 荒井由美子. 要介護高齢者の主介護者の介護負担(Zaritの介護負担尺度を用いて)第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日(発表24日), 埼玉.
  43. 三浦宏子、山崎きよ子、荒井由美子. 高齢者における咬合力の変化が全身の健康状態に及ぼす影響, 第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日(発表24日), 埼玉.
  44. 上田照子,荒井由美子,西山利正. 介護保険制度下における家族介護の状況の変化-縦断研究より-.第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日(発表24日), 埼玉.
  45. 工藤 啓,右田周平,荒井由美子. 保健所機能を生かした健康日本21市町村地方計画策定手法について.第61回日本公衆衛生学会総会, 2002年10月23-25日(発表24日), 埼玉.
  46. 荒井由美子,田宮菜奈子,矢野栄二.Zarit介護負担尺度日本語版の短縮版(J-ZBI_8)の作成:その信頼性と妥当性に関する検討. 第45回日本老 年医学会, 2003年6月18-20日(発表18日), 名古屋.
  47. 熊本圭吾,荒井由美子,上田照子, 鷲尾昌一,三浦宏子,工藤 啓.日本語版Zarit介護負担尺度短縮版(J-ZBI_8)の交差妥当性の検討. 第45回日本老年医学会, 2003年6月18-20日(発表18日), 名古屋.
  48. 熊本圭吾,荒井由美子,橋本直季, 水野裕. 前頭側頭葉変性症患者の在宅介護における問題点-家族介護者の視点から-. 第18回日本老 年精神医学会, 2003年6月18-20日(発表19日),名古屋.
  49. 上田照子, 荒井由美子.要介護高齢者を介護する家族の介護意識とサービス利用との関連 -縦断研究より-.第45回日本老年社会科学会,2003年6月18-20日(発表20日),名古屋.
  50. 三浦宏子, 山崎きよ子, 苅安誠, 荒井由美子, 角保徳. 高齢者の咬合力変化と全身の健康状態との関連性-縦断調査による疫学的解析-. 第14回日本老年歯科医学会学術大会, 2003年6月18-20日(発表20日), 名古屋.
  51. 工藤 啓, 右田周平, 荒井由美子. 住民参加型健康日本21市町村計画策定方法の新しい試み. 第62回日本公衆衛生学会総会, 2003年10月22-24日(発表22日), 京都.
  52. 熊本圭吾, 荒井由美子, 工藤 啓, 三浦宏子, 上田照子, 鷲尾昌一. 日本語版Zarit介護負担尺度短縮版(J-ZBI_8)下位尺度の検討. 第62回日本公衆衛生学会総会, 2003年10月22-24日(発表23日), 京都.
  53. 上田照子, 荒井由美子, 西山利政. 在宅要介護高齢者の施設入所と家族の介護意識について-縦断調査か ら-.第62回日本公衆衛生学会総会, 2003年10月22-24日(発表23日), 京都.
  54. 和泉比佐子,鷲尾昌一,森 満,荒井由美子. 介護保険利用者の家族の介護負担感とその関連要因.第62回日本公衆衛生学会総会, 2003年10月22-24日(発表23日), 京都.
  55. 三浦宏子,山崎きよ子,荒井由美子.虚弱老人における摂食・嚥下障害のリスク評価.第62回日本公衆衛生学会総会, 2003年10月22-24日(発表23日), 京都.
  56. 熊本圭吾,荒井由美子.在宅要介護 高齢者を介護する者の介護負担に対する介護保険サービス利用の緩衝効果.第46回日本老年医学会学術集会,2004年6月16-18日(発表16日),東京.
  57. 鷲尾昌一,齋藤重幸,荒井由美子, 高木覚,大西浩文,磯部健,竹内宏,大畑純一,森 満,島本和明.高齢者を介護する家族の負担感に影響を与える要因の検討:日本語版Zarit介護負担尺度(J-ZBI)を用いて.第46回日本老年医学会学術集会,2004年6月16-18日(発表16日),千葉県千葉市.
  58. 大浦麻絵,鷲尾昌一,輪田順一,荒井由美子, 森満.訪問看護ステーション利用者の入院・入所のリスク要因.第46回日本老年医学会学術集会,2004年6月16-18日(発表17日),千葉県千葉市.
  59. 上田照子,荒井由美子.在宅要介護高齢者を介護する家族における不適切処遇について.第46回老年社会科学会,2004年7月1-2日,宮城県仙台市.
  60. 三浦宏子,荒井由美子,山崎きよ子.要介護高齢者-介護者間の言語コミュニケーション状態と介護者の介護負担感.第63回日本公衆衛生学会総会,2004年10月27-29日, 島根県松江市.
  61. 上田照子,荒井由美子,西山利正. 介護家族による要介護高齢者に対する不適切処遇-縦断調査から- 第63回日本公衆衛生学会総会,2004年10月27-29日, 島根県松江市.
  62. 工藤 啓,荒井由美子.市町村における健康日本21地方計画策定状況と策定推進に関連する要因について.第63回日本公衆衛生学会総会,2004年10月27-29日, 島根県松江市.
  63. 鷲尾昌一,大浦麻絵,荒井由美子,山崎律子,井手三郎,和泉比佐子,森 満.介護者の抑うつの割合と介護負担の経年的変化:介護保険制度導入前~5年目間で.第15回日本疫学会学術総会,2005年1月21日,滋賀県大津市.
  64. 大浦麻絵,鷲尾昌一,荒井由美子,井手三郎,山崎律子,輪田順一,桑原裕一,森 満.介護者の抑うつに関連する要因:介護保険制度導入前後での検討.第15回日本疫学会学術総会,2005年1月21日,滋賀県大津市.
  65. 山崎律子,堤 千代,鷲尾昌一,荒井由美子,井手三郎.訪問看護サービスを利用している主介護者の介護負担の要因.第15回日本疫学会学術総会,2005年1月21日,滋賀県大津市.
  66. 三浦宏子,荒井由美子,山崎きよ子.在宅要介護高齢者における摂食・嚥下障害リスクと口腔ケア実施状況.第47回日本老年医学会,2005年6月15-17日(発表16日),東京.
  67. 松本光央,池田 学,豊田泰孝,上村直人,荒井由美子,田辺敬貴.ドライビングシミュレーターを用いたアルツハイマー病患者の運転能力評価の試み.第20回日本老年精神医学会,2005年6月16-17日(発表17日),東京都.
  68. 三浦宏子,荒井由美子,山崎きよ子.在宅要介護高齢者における口腔ケア実施に関する要因分析.第64回日本公衆衛生学会総会,2005年9月14-16日(発表16日),北海道札幌市.
  69. 大浦麻絵,鷲尾昌一,輪田順一,荒井由美子,森満.在宅要介護高齢者の入院・入所のリスク要因.第64回日本公衆衛生学会総会,2005年9月14-16日(発表16日),北海道札幌市.
  70. 鷲尾昌一,竹居田和之,荒井由美子,大浦麻絵,鈴木拓,園田智子,坂内文男,森満.寒冷地で要介護高齢者を介護する家族介護者の抑うつ-北海道稚内市の訪問看護ステーション利用者調査より-.第16回日本疫学会学術総会,2006年1月23-24日(発表23日),名古屋市.
  71. 佐々木恵,熊本圭吾,荒井由美子.要介護高齢者介護者の介護負担を規定する要因の検討.第16回日本疫学会学術総会,2006年1月23-24日(発表23日),名古屋市.
  72. 吉益光一,鷲尾昌一,倉澤茂樹,宮井信行,宮下和久,荒井由美子.要介護高齢者を介護する家族の介護負担の地域差について.第76回日本衛生学会総会,2006年3月25-28日(発表26日),山口県宇部市.
  73. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮井信行,宮下和久,荒井由美子.要介護高齢者を介護する家族介護者の抑うつ状態に関連する要因.第76回日本衛生学会総会,2006年3月25-28日(発表26日),山口県宇部市.
  74. 佐々木恵,熊本圭吾,荒井由美子.「国立長寿医療センター方式訪問看護データベース入力支援システム」の開発.第48回日本老年医学会学術集会,2006年6月7-9日(発表8日),石川県金沢市.
  75. 安部幸志,荒井由美子.一般生活者を対象とした認知症における援助希求行動尺度の作成と妥当性に関する検討.第48回日本老年社会科学会大会,2006年6月24-25日(発表25日),兵庫県西宮市.
  76. 水野洋子,荒井由美子.高齢者虐待の防止に係る施策-英国におけるProtection of Vulnerable Adults(POVA)スキームの概要と課題-.第48回日本老年社会科学会大会,2006年6月24-25日(発表25日),兵庫県西宮市.
  77. 増原宏明,田近栄治,荒井由美子.高齢期までの累積医療費格差の分析-セミパラメトリックモデルによるシミュレーション例-.第48回日本老年社会科学会大会,2006年6月24-25日(発表25日),兵庫県西宮市.
  78. 上田照子,荒井由美子.高齢者を介護する息子の実態と虐待の背景要因.第48回日本老年社会科学会大会,2006年6月24-25日(発表25日), 兵庫県西宮市.
  79. 佐々木恵,新田順子,安部幸志,荒井由美子.家族介護者による要介護高齢者に対する虐待の関連要因.第21回日本老年精神医学会大会,2006年6月30日-7月1日(発表30日),東京都.
  80. 安部幸志,荒井由美子.わが国の一般生活者における認知症の病名告知に対する希望に関する探索的検討.第21回日本老年精神医学会大会,2006年6月30日-7月1日(発表30日),東京都.
  81. 新井明日奈,荒井由美子,松本光央,池田 学.認知症高齢者における自動車運転の実態―家族介護者からの評価―.第21回日本老年精神医学会大会,2006年6月30日-7月1日(発表1日),東京都.
  82. 上田照子,荒井由美子 ,西山利正.在宅要介護高齢者における家族による虐待-息子を中心として-.第65回日本公衆衛生学会総会,2006年10月25-27日(発表27日),富山市.
  83. 三浦宏子,山崎きよ子,荒井由美子.地域高齢者の摂食・嚥下障害評価指標の開発とその応用性に関する検討.第65回日本公衆衛生学会総会,2006年10月25-27日(発表27日),富山市.
  84. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮井信行,宮下和久,荒井由美子.要介護高齢者を介護する家族の介護負担感の地域差について:要因とその背景の検討.第65回日本公衆衛生学会総会,2006年10月25-27日(発表27日),富山市.
  85. 新井明日奈,荒井由美子 .認知症患者の自動車運転に関する課題の検討.第65回日本公衆衛生学会総会,2006年10月25-27日(発表27日),富山市.
  86. 佐々木恵,荒井由美子.「国立長寿医療センター方式訪問看護データベース入力支援システム」の導入効果の検討.第17回日本疫学会学術総会,2007年1月26-27日(発表26日),広島市.
  87. 荒井由美子,増原宏明.終末期医療費と所得格差;国民健康保険診療報酬明細書による一例(その1).第49回日本老年社会科学会大会,2007年6月20日-22日(発表20日),北海道札幌市(第25回日本老年学会総会合同ポスターに選出).
  88. 増原宏明,荒井由美子.終末期医療費と所得格差;国民健康保険診療報酬明細書による一例(その2).第49回日本老年社会科学会大会,2007年6月20日-22日(発表20日),北海道札幌市(第25回日本老年学会総会合同ポスターに選出).
  89. 水野洋子,荒井由美子.介護者支援施策の方向性に関する検討-英国のCarers Actに着目して-.第49回日本老年社会科学会大会,2007年6月20日-22日(発表21日),北海道札幌市.
  90. 新井明日奈,佐々木恵,荒井由美子.わが国の一般生活者における介護に関する要望と意思表示の実態.第49回日本老年社会科学会大会,2007年6月20日-22日(発表22日),北海道札幌市.
  91. 新井明日奈,佐々木恵,荒井由美子.一般生活者における高齢者に対するイメージ:サクセスフルエイジングに向けた一考察.第66回日本公衆衛生学会総会,2007年10月24日-26日(発表26日),愛媛県松山市.
  92. 佐々木恵,新井明日奈,荒井由美子.要介護高齢者における在宅死希望の有無に関する実態について.第66回日本公衆衛生学会総会,2007年10月24日-26日(発表26日),愛媛県松山市.
  93. 上田照子,荒井由美子,西山利正.在宅要介護高齢者における息子による虐待に関する研究.第66回日本公衆衛生学会総会,2007年10月24日-26日(発表26日),愛媛県松山市.
  94. 増原宏明,荒井由美子.死亡前医療費のセミ・ノンパラメトリック分析;国民健康保険診療報酬明細書による一例.日本経済学会2007年秋季大会,2007年9月23日-24日(発表23日),東京都.
  95. 佐々木恵,新井明日奈,荒井由美子.一般生活者における家族介護に対する意識.第18回日本疫学会学術総会,2008年1月25-26日(発表25日),東京都.
  96. 今村桃子,鷲尾昌一,豊島泰子,中柳美恵子,荒井由美子.高齢者入所施設におけるインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの接種状況.第18回日本疫学会学術総会,2008年1月25-26日(発表25日),東京都.
  97. 豊島泰子,鷲尾昌一,今村桃子,中柳美恵子,荒井由美子.高齢者入所施設におけるインフルエンザの流行とその関連要因.第18回日本疫学会学術総会,2008年1月25-26日(発表25日),東京都.
  98. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転の中止に対する一般生活者の認識:有用な社会支援策の構築に関する一考察.第23回日本老年精神医学会,2008年6月27-28日(発表28日),神戸市.
  99. 安部幸志,増原宏明,荒井由美子.平成18年における都道府県別在宅死亡割合と医療・社会的指標との関連.第50回日本老年社会科学会大会,2008年6月27-29日(発表29日),大阪府堺市.
  100. 増原宏明,西川浩平,荒井由美子.高齢者医療における自己負担率低下が外来医療費に与える影響.第50回日本老年社会科学会大会,2008年6月27-29日(発表28日),大阪府堺市.
  101. 水野洋子,新井明日奈,荒井由美子.わが国における外国人介護福祉士の受け入れに関する問題意識及び支援体制の方向性.第50回日本老年社会科学会大会,2008年6月27-29日(発表28日),大阪府堺市.
  102. 西川浩平,増原宏明,荒井由美子.高齢者医療における自己負担率低下が外来受診日数に与える影響.第50回日本老年社会科学会大会,2008年6月27-29日(発表28日),大阪府堺市.
  103. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.自動車運転中止後の高齢者に対する社会支援のあり方:運転の代替手段に関する検討.第67回日本公衆衛生学会総会,2008年11月5-7日(発表6日),福岡市.
  104. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮下和久,福元 仁,竹村重輝,横井賀津志,荒井由美子.要介護高齢者を介護する者の介護負担感と問題行動及び関連要因の検討.第67回日本公衆衛生学会総会,2008年11月5-7日(発表6日),福岡市.
  105. 上田照子,荒井由美子,西山利正.在宅要介高齢者における息子による虐待の実態とその要因.第67回日本公衆衛生学会総会,2008年11月5-7日(発表6日),福岡市.
  106. 荒井由美子,新井明日奈.介護に関する事前の意思決定と意思表示:認知症に対する意識との関連.第67回日本公衆衛生学会総会,2008年11月5-7日(発表7日),福岡市.
  107. 豊島泰子,鷲尾昌一,今村桃子,荒井由美子.精神科病院におけるインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの接種状況-九州7県の調査より-.第19回日本疫学会学術総会,2009年1月23-24日(発表23日),金沢市.
  108. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.認知症患者の運転行動特性の検討に資するための研究:一般運転者における自己評価による運転行動と年齢との関連性に着目して.第24回日本老年精神医学会,2009年6月19-20日(発表19日),横浜市.
  109. 水野洋子,新井明日奈,荒井由美子.全国市区町村における一般高齢者の移動に関する支援事業の実施状況及び課題.第51回日本老年社会科学会大会,2009年6月18-20日(発表20日),横浜市.
  110. 花岡智恵,増原宏明,荒井由美子.医療費自己負担割合の上昇が高齢者の外来受診に与えた影響.第51回日本老年社会科学会大会,2009年6月18-20日(発表20日), 横浜市.
  111. 増原宏明,荒井由美子.高齢者医療費のセミパラメトリックシミュレーション.第51回日本老年社会科学会大会,2009年6月18-20日(発表20日),横浜市.
  112. 上田照子,三宅真理,荒井由美子.在宅要介高齢者を介護する息子による虐待の実態と背景.第51回日本老年社会科学会大会,2009年6月18-20日(発表20日),横浜市.
  113. 柴田由己,安部幸志,新井明日奈,荒井由美子.一般生活者を対象とした認知症介護に対する感情尺度の作成.第20回日本老年医学会東海地方会,2009年10月17日(発表17日),名古屋市.
  114. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.地域高齢者に対する移動・外出支援策に関する検討:全国市区町村調査より(第一報).第68回日本公衆衛生学会総会,2009年10月21-23日(発表21日),奈良市.
  115. 水野洋子,新井明日奈,荒井由美子.地域高齢者に対する移動・外出支援策に関する検討:全国市区町村調査より(第二報).第68回日本公衆衛生学会総会,2009年10月21-23日(発表21日),奈良市.
  116. 倉澤茂樹, 吉益光一, 鷲尾昌一, 宮下和久, 福元仁, 竹村重輝, 横井賀津志, 荒井由美子. 在宅高齢者介護のリタイアに関連する要因. 第68回日本公衆衛生学会総会, 2009年10月21-23日(発表21日), 奈良市
  117. 三浦宏子, 山崎きよ子, 安藤雄一, 江藤亜紀子, 荒井由美子. 地域要介護高齢者における口腔関連QOLに影響を及ぼす要因分析. 第68回日本公衆衛生学会総会,2009年10月21-23日(発表21日),奈良市.
  118. 豊島泰子, 鷲尾昌一, 今村桃子, 荒井由美子. 訪問看護ステーションの管理者のインフルエンザワクチンの意識調査. 第68回日本公衆衛生学会総会,2009年10月21-23日(発表23日),奈良市.
  119. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮下和久,福元仁,竹村重輝,横井賀津志,荒井由美子.在宅高齢者介護の施設入所に関連する要因 2年間の縦断研究.第80回日本衛生学会,2010年5月9日,仙台市.
  120. 柴田由己,新井明日奈,荒井由美子.一般生活者における高齢期の生活実現期待.第52回日本老年社会科学会大会,2010年6月17-18日(発表17日), 愛知県東浦町.
  121. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.高齢運転者における運転行動の特性に関する検討.第52回日本老年社会科学会大会,2010年6月17-18日(発表17日),愛知県東浦町.
  122. 水野洋子,新井明日奈,荒井由美子.地方自治体における認知症高齢者の移動に関する支援事業の実施状況及び課題.第52回日本老年社会科学会大会,2010年6月17-18日(発表17日),愛知県東浦町.
  123. 上田照子,三宅眞理,荒井由美子.介護保険サービス利用の状況とそれが家族介護者に及ぼす影響.第52回日本老年社会科学会大会,2010年6月17-18日(発表18日),愛知県東浦町.
  124. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者に対する自動車運転中止後の社会支援のあり方に関する検討.第25回日本老年精神医学会,2010年6月24-25日(発表25日),熊本市.
  125. 鷲尾昌一,豊島泰子,高橋裕明,荒井由美子.高齢者入所施設における季節性・新型インフルエンザワクチンの接種状況.第69回日本公衆衛生学会総会,2010年10月27-29日(発表29日),東京都.
  126. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮下和久,福元仁,竹村重輝,荒井由美子.在宅高齢者介護を継続する介護者の抑うつに関連する要因.第69回日本公衆衛生学会総会,2010年10月27-29日(発表28日),東京都.
  127. 水野洋子,新井明日奈,荒井由美子.認知症高齢者に対する自治体による移動・外出支援事業の実施可能性に関する予備的検討.第69回日本公衆衛生学会総会,2010年10月27-29日(発表28日),東京都.
  128. 豊島泰子,鷲尾昌一,高橋裕明,大熊和行,荒井由美子.中学生のインフルエンザワクチン接種行動に影響を与える要因の検討.第21回日本疫学会学術総会,2011年1月21-22日(発表21日),札幌市.
  129. 鷲尾昌一,豊島豊子,高橋裕明,大熊和行,荒井由美子.小学生のインフルエンザワクチン接種行動に影響を与える要因の検討.第21回日本疫学会学術総会,2011年1月21-22日(発表21日),札幌市.
  130. 水野洋子,荒井由美子.地方自治体における運転免許証の自主返納支援事業に係る実施状況及び今後の方向性.第53回日本老年社会科学会大会,2011年6月15-17日(発表15日),東京都 (第27回日本老年学会総会合同ポスターに選出).
  131. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者に対する地方自治体の移動・外出支援に係る検討:支援マニュアルに対する意見及び要望(自由記述回答)に着目して.第26回日本老年精神医学会,2011年6月15-17日(発表16日),東京都.
  132. 熊本圭吾,荒井由美子.一般生活者における認知症罹患に対する不安とその関連要因.第26回日本老年精神医学会,2011年6月15-17日(発表16日),東京都.
  133. 水野洋子,熊本圭吾,新井明日奈,荒井由美子.地方自治体が必要とする認知症高齢者の自動車運転の中止に関する情報.第70回日本公衆衛生学会総会,2011年10月19-21日(発表19日),秋田市.
  134. 熊本圭吾,水野洋子,荒井由美子.要介護認定・障害認定を利用要件とする外出・移動支援事業を実施する市区町村の特徴.第70回日本公衆衛生学会総会,2011年10月19-21日(発表21日),秋田市.
  135. 鷲尾昌一,橋本恵理,荒井由美子,森 満,斎藤利和.認知症患者を介護している介護者の抑うつとその関連要因.第22回日本疫学会学術総会,2012年1月26-28日(発表27日),東京都.
  136. 豊島泰子,鷲尾昌一,荒井由美子.在宅要介護高齢者を介護している介護者の介護負担、抑うつとの関連要因.第22回日本疫学会学術総会,2012年1月26-28日(発表27日),東京都.
  137. 加藤剛平,新井智之,荒井由美子,藤田博暁.地域在住高齢者の買い物活動に関連する環境因子.第47回日本理学療法学術大会,2012年5月25-27日(発表26日),神戸市.
  138. 水野洋子,荒井由美子.地方自治体における認知症高齢者の運転免許返納後の生きがい・社会参加に係る支援事業.第54回日本老年社会科学会大会,2012年6月9-10日(発表9日),佐久市.
  139. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の外出・移動支援事業に係る聞き取り調査:支援事業を実施している地方自治体の見解に着目して.第27回日本老年精神医学会,2012年6月21-22日(発表21日),さいたま市.
  140. 熊本圭吾,荒井由美子,上村直人,福島章恵,今城由里子.認知症患者の自動車運転問題に関する介護者の自己効力感尺度日本語版の信頼性の検討.第27回日本老年精神医学会,2012年6月21-22日(発表21日),さいたま市.
  141. 水野洋子,荒井由美子.地方自治体による一般高齢者に対する外出・移動支援:相乗り・乗り合い交通に着目して.第71回日本公衆衛生学会総会,2012年10月24-26日(発表26日),山口市.
  142. 和泉比佐子,大浦麻絵,森 満,鷲尾昌一,荒井由美子.在宅療養高齢者の在宅サービス利用状況-2002年と2008年の比較-.第71回日本公衆衛生学会総会,2012年10月24-26日(発表26日),山口市.
  143. 豊島泰子,鷲尾昌一,荒井由美子.精神疾患を有する要介護者を介護している家族の介護負担と抑うつ.第71回日本公衆衛生学会総会,2012年10月24-26日(発表26日),山口市.
  144. 水野洋子,荒井由美子.軽度認知症高齢者による相乗り・乗り合い交通の利用可能性に係る地方自治体の見解.第28回日本老年精神医学会,2013年6月4-6日(発表6日),大阪市.
  145. 水野洋子,荒井由美子.高齢者に対する外出・移動支援事業の概要及び事業評価:支援事業を実施している地方自治体に対する面接調査の結果.第55回日本老年社会科学会大会,2013年6月4-6日(発表6日),大阪市.
  146. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者を含む高齢者の外出・移動支援事業:自治体が直面した課題及び対処方法.第72回日本公衆衛生学会総会,2013年10月23-25日(発表24日),津市.
  147. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の運転を考える家族介護者支援マニュアルを通じた支援の方向性に係る検討:全国市区町村による意見及び活用状況に着目して.第56回日本老年社会科学会大会,2014年6月7-8日(発表7日),下呂市.
  148. 水野洋子,荒井由美子.認知症要支援者の自動車運転に係る現況及び外出に関する自治体への要望.第29回日本老年精神医学会,2014年6月12-13日(発表13日),東京都.
  149. 野口知里,荒井由美子,上村直人,今城由里子.認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者に対する支援マニュアルの効果の検討.第73回日本公衆衛生学会,2014年11月5-7日(発表5日),宇都宮市.
  150. 水野洋子,荒井由美子.一人暮らしの認知症要支援者に対する外出・移動支援:非同居家族の見解に着目して.第73回日本公衆衛生学会,2014年11月5-7日(発表6日),宇都宮市.
  151. 鷲尾昌一,豊島泰子,荒井由美子.訪問看護サービス利用高齢者の家族介護者の介護負担.第73回日本公衆衛生学会総会,2014年11月5日-7日(発表6日),栃木県宇都宮市.
  152. 水野洋子,荒井由美子.認知症要支援者と同居する家族の介護に対する見解の検討.第30回日本老年精神医学会,2015年6月12-14日(発表13日),横浜市.
  153. 水野洋子,荒井由美子.要支援者の自立した生活に資する外出・移動支援の検討において留意すべき課題:自動車の運転を継続している要支援者の家族の見解に着目して.第57回日本老年社会科学会大会, 2015年6月12-14日(発表13日),横浜市.
  154. 水野洋子,荒井由美子.運転免許を返納した独居要支援者の外出・移動支援:市区町村に対する非同居家族の要望.第74回日本公衆衛生学会,2015年11月4-6日(発表6日),長崎市.
  155. 野口知里,荒井由美子.栄養状態の異なる家族介護者の介護負担・抑うつ症状の比較.第74回日本公衆衛生学会,2015年11月4-6日(発表6日),長崎市.
  156. 鷲尾昌一,豊島泰子,荒井由美子.要介護高齢者の家族介護者の主観的健康度に影響を与える要因.第17回日本健康支援学会年次学術大会,2016年2月27-28日,名古屋市.
  157. 水野洋子,荒井由美子.介護サービスを利用していない要支援者の非同居家族が有する介護に関する見解の検討.第58回日本老年社会科学会大会, 2016年6月11-12日(発表11日),松山市.
  158. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転についての家族の対応に係る検討.第31回日本老年精神医学会,2016年6月23-24日(発表23日),金沢市.
  159. 水野洋子,荒井由美子.要支援者の家族が有する介護等に係る消極的見解及び求める支援の検討.第75回日本公衆衛生学会,2016年10月26-28日(発表27日),大阪市.
  160. 荒井由美子,Zarit SH.家族介護者の不適切処遇に関する短縮版Zarit介護負担尺度日本語版得点からの予測:大規模データを用いて.第32回日本老年精神医学会,2017年6月14日-16日(発表16日),名古屋市.
  161. 水野洋子,荒井由美子.認知症(の疑いのある)者の自動車運転に係る介護支援専門員への相談内容及び中止経緯.第32回日本老年精神医学会,2017年6月14-16日(発表15日),名古屋市.
  162. 水野洋子,荒井由美子.自動車運転の中止に向き合う認知症高齢者への支援の検討:介護支援専門員が必要と考える支援の内容に着目して.第59回日本老年社会科学会大会,2017年6月14-16日(発表15日),名古屋市.
  163. 中部貴央,上松弘典,佐々木典子,國澤進,荒井由美子,今中雄一.認知症介護における小規模多機能型居宅介護の利用と介護負担.第55回日本医療・病院管理学会学術総会,2017年9月17-18日(発表18日),東京都.
  164. 中部貴央,佐々木典子,荒井由美子,今中雄一.認知症介護におけるインフォーマルケアと介護負担感との関係.第76回日本公衆衛生学会総会,2017年10月31日-11月2日(発表10月31日),鹿児島市.

先頭へ戻る

マスコミ・報道

国外

  1. Arai Y. Neuroscientists gather in Sweden for world’s largest Alzheimer research conference : caregiving challenges. Advances 2002; 22(3): 1. 

国内

  1. 荒井由美子.英国の老人ホーム監査,平成患者学.朝日新聞全国版 1997年1月27日;26面.
  2. 荒井由美子. 助け求めても大丈夫. 朝日新聞全国版 1997年5月28日;17面.
  3. 荒井由美子. 介護 時に息抜いて. 朝日新聞全国版 夕刊 2000年6月19日;5面.
  4. 荒井由美子.監査で高める高齢者ケアの質.朝日新聞全国版 2000年6月23日;15 面(論壇).
  5. 荒井由美子.平成13年度 若手研究者の表彰の受賞者決定に際して.長寿科学振興財団(ニュースレター)理事長賞受賞の感想文.2001;29:4-7(12月1日号).
  6. 荒井由美子.第14回 国際長寿科学シンポジウム.長寿科学振興財団 理事長賞受賞について.Aging & Health. 2002;2:18-19.
  7. 荒井由美子.第15回国際長寿科学フォーラムの開催について.長寿科学振興財団(ニュースレター).2002;35:12-13(12月1日号).
  8. 荒井由美子.アルツハイマー型痴呆研究会 第五回学術シンポジウム.メディカル朝日7月号別冊 2004;33(7):14.
  9. 荒井由美子.第46回日本老年医学会学術集会 シンポジウム.「要介護高齢者の在宅ケア:介護負担軽減に向けて」.Home Care MEDICINE 2004;5(10):32-33.
  10. 荒井由美子.認知症ハンドル握って大丈夫?.朝日新聞全国版 2005年2月8日;12面.
  11. 荒井由美子.「長生き望まない」4割.朝日新聞名古屋版 夕刊 2005年6月4日;3面.
  12. 荒井由美子.「高齢に不安」8割超.産経新聞 2005年6月4日
  13. 荒井由美子.老後が心配8割.北海道新聞 2005年6月4日.
  14. 荒井由美子.8割が長生きに「不安」.伊勢新聞 2005年6月4日.
  15. 荒井由美子.高齢に「不安」80%.岩手日報 2005年6月4日.
  16. 荒井由美子.年とるのが「不安」8割.秋田魁新報 2005年6月4日.
  17. 荒井由美子.老いに「不安」8割.山陽新聞 2005年6月4日.
  18. 荒井由美子.「年とることに不安」8割.山形新聞 2005年6月4日.
  19. 荒井由美子.8割が「高齢」に不安.シルバー新報 2005年6月10日;4面.
  20. 荒井由美子.高齢社会に対する意識調査.Japan Medicine 2005年6月13日.
  21. 荒井由美子.アルツハイマー病100年.毎日新聞 2005年6月14日.
  22. 荒井由美子.第101回日本精神神経学会 推定35万人、痴呆ドライバー.Medical Tribune 2005年6月23, 30日;38(25, 26):17.
  23. 荒井由美子.アルツハイマー病発見100年記念第7回アルツハイマー型認知症に関するプレスセミナー開催.シニアビジネスマーケット 2005年7月号.
  24. 荒井由美子.安心して過ごせる地域作りに向け アルツハイマー型認知症セミナー.週間医学界新聞 2005年7月11日 2641号.
  25. 荒井由美子.プレスセミナー アルツハイマー型認知症.教育家庭新聞 2005年7月16日 5面.
  26. 荒井由美子.わが国の一般生活者の高齢社会に対する意識.ILC・アドボガシー 2005年8月号 1面.
  27. 荒井由美子.アルツハイマー病発見100年記念第7回アルツハイマー型認知症に関するプレスセミナー わが国における一般生活者の高齢社会に対する意識に関する研究.JMS 2005;9:73.
  28. 荒井由美子.認知症80%が告知希望 国立長寿医療センター調査 不安は「家族の負担」.中日新聞 夕刊 2006年7月1日;1面.
  29. 荒井由美子.認知症、8割超「告知して」 2000人に調査家族の負担「不安」.日本経済新聞 夕刊 社会 2006年7月1日;3面.
  30. 荒井由美子.認知症告知、8割希望 不安は「家族の負担」.産経新聞 2006年7月1日.
  31. 荒井由美子.認知症告知、81%が希望 不安は「家族の負担」市民意識調査.東京新聞 夕刊 2006年7月1日;1面.
  32. 荒井由美子.認知症告知8割が希望 全国市民2千人意識調査 不安は「家族の負担」.室蘭民報 夕刊 2006年7月1日;1面.
  33. 荒井由美子.認知症告知、81%が希望 不安は「家族の負担」国立長寿医療センター調査.東奥日報 夕刊 2006年7月1日;1面.
  34. 荒井由美子.認知症告知8割が希望 国立長寿医療センター調べ 家族の負担不安も.静岡新聞 夕刊 2006年7月1日;1面.
  35. 荒井由美子.認知症告知、8割が希望 不安は「家族の負担」全国2000人意識調査.岐阜新聞 夕刊 2006年7月1日;1面.
  36. 荒井由美子.認知症告知8割が希望 不安は「家族の負担」市民2000人調査.中国新聞 夕刊 2006年7月1日;1面.
  37. 荒井由美子.認知症告知8割超が希望 全国2000人意識調査「家族の負担が不安」多数.信濃毎日新聞 夕刊 2006年7月1日;6面.
  38. 荒井由美子.認知症80%が告知希望 全国調査 不安は「家族の負担」.山形新聞 夕刊 2006年7月1日;1面.
  39. 荒井由美子.認知症告知80%超希望況 国立長寿センター調査「医師から」83%「家族の負担」が不安.北日本新聞 夕刊 2006年7月1日;2面.
  40. 荒井由美子.認知症80%超が告知希望 市民2000人意識調査「家族の負担」不安.茨城新聞 2006年7月2日;21面.
  41. 荒井由美子.認知症告知8割が希望 長寿医療センターが市民調査 不安は「家族の負担」.愛媛新聞 2006年7月2日;4面.
  42. 荒井由美子.認知症の告知8割超が希望 2000人全国調査 不安は「家族の負担」.福井新聞 2006年7月2日;28面.
  43. 荒井由美子.揺れる高齢者の運転 車なし、自立阻む恐れ「本人交え可否見極め」.日本経済新聞 夕刊 2006年7月6日;17面.
  44. 荒井由美子,新井明日奈.第21回日本老年精神医学会~認知症高齢者の自動車運転の実態~運転継続患者の1割が中等症.Medical Tribune 2006年7月20日;8面.
  45. 荒井由美子.認知症患者:免許取り消し257件 進まぬ危険防止.毎日新聞2007年5月15日;1面.
  46. 荒井由美子.認知症ドライブ:運転中止マニュアル、厚労省研究班が検討 家族の負担軽減.毎日新聞2007年5月23日;28面.
  47. 荒井由美子.認知症患者の自動車運転に対する家族介護者の意識:アルツハイマー病研究会 第8回学術シンポジウム.メディカル朝日7月号別冊 2007;36(7):19-20.
  48. 荒井由美子.市民の8割、告知希望.日本経済新聞 2007年9月16日;11面.
  49. 荒井由美子.わが国の一般生活者の高齢社会に対する意識調査2004:運動器疾患に対する低い認識.日本整形外科学会広報室ニュース 2008年7月15日(第74号);3面.
  50. 荒井由美子.第26回日本老年学会/第24回日本老年精神医学会~認知症患者への社会支援-BPSDの現状など踏まえた在り方示す~BPSDは家族介護者における負担増の危険因子.Medical Tribune 2009年8月13日;21面.
  51. 荒井由美子.増える認知症ドライバー「精神的フォロー必要」.宮崎日日新聞 朝刊 2010年2月6日;12面.
  52. 荒井由美子.認知症ドライバー「難しい認定判断」.福島民報 朝刊 2010年2月6日;10面.
  53. 荒井由美子.認知症ドライバー「運転の意味 家族で考えて」.京都新聞 朝刊 2010年2月7日;14面.
  54. 荒井由美子.認知症高齢運転者の「介護者支援マニュアル」.交通毎日新聞 朝刊 2010年2月8日;3面.
  55. 荒井由美子.認知症ドライバー「精神的フォローが必要」.佐賀新聞 朝刊 2010年2月9日;8面.
  56. 荒井由美子.認知症ドライバー「運転する意味や目的考えて」.四国新聞 朝刊 2010年2月9日;13面.
  57. 荒井由美子.認知症ドライバー どう対処?「運転以外の生きがいを」.東奥新聞 朝刊 2010年2月10日;10面.
  58. 荒井由美子.認知症と運転免許「家族が支援を」.福井新聞 朝刊 2010年2月10日;10面.
  59. 荒井由美子.認知症と運転免許「代替手段見つけて」.静岡新聞 夕刊 2010年2月10日;5面.
  60. 荒井由美子.認知症ドライバー「運転以外に生きがい」.高知新聞 朝刊 2010年2月11日;18面.
  61. 荒井由美子.認知症ドライバーと向き合う家族「代替手段提示が大切」.秋田魁新報 朝刊 2010年2月12日;6面.
  62. 荒井由美子.認知症と運転免許「意味や目的を考えて」.伊勢新聞 朝刊 2010年2月13日;4面.
  63. 荒井由美子.認知症ドライバーと向き合う「運転の意味、目的考えて」.岐阜新聞 朝刊 2010年2月13日;11面.
  64. 荒井由美子.「認知症ドライバーへの対処法」.岐阜新聞 朝刊 2010年2月14日;7面.
  65. 荒井由美子.認知症ドライバーと運転免許証「ほかの生きがい大事」.沖縄タイムス 朝刊 2010年2月15日;18面.
  66. 荒井由美子.認知症ドライバー「意味や目的を考え更新を」.埼玉新聞 朝刊 2010年2月15日;15面.
  67. 荒井由美子.認知症ドライバーにどう向き合う?「運転の意味と目的考えて」.琉球新聞 朝刊 2010年2月16日;17面.
  68. 荒井由美子.認知症と運転免許「考えたい所持の意味」.下野新聞 朝刊 2010年2月16日;16面.
  69. 荒井由美子.認知症ドライバー「家族のための支援マニュアル」.新潟日報 夕刊 2010年2月18日;3面.
  70. 荒井由美子.「認知症運転者にどう対応」.中国新聞 朝刊 2010年2月18日;15面.
  71. 荒井由美子.認知症ドライバー「介護者支援マニュアル」.シルバー新報 2010年2月19日;5面.
  72. 荒井由美子.認知症と運転免許「必要な精神的フォロー」.紀伊民報 朝刊 2010年2月19日;8面.
  73. 荒井由美子.認知症ドライバー「精神的フォロー必要」.徳島新聞 朝刊 2010年2月20日;14面.
  74. 荒井由美子.認知症と運転免許「意味や目的考えて」.日本海新聞 朝刊 2010年2月22日;11面.
  75. 荒井由美子.認知症と運転免許「精神的フォロー、代替手段を」.千葉日報 朝刊 2010年2月23日;10面.
  76. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転「介護者支援マニュアルが参考に」.読売新聞 夕刊 2010年2月23日;6面.
  77. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転「介護者支援マニュアルが参考に」.読売新聞(地方版) 朝刊 2010年2月24日;15面.
  78. 荒井由美子.認知症ドライバー「家族にアドバイス:マニュアル作成」.釧路新聞 朝刊 2010年2月24日;9面.
  79. 荒井由美子.認知症高齢者の運転「介護者支援マニュアル作成:無料配布」.日本医療衛生新聞 2010年2月25日;8面.
  80. 荒井由美子.認知症と運転免許「意味や目的を考えて」.福島民友 朝刊 2010年2月26日;12面.
  81. 荒井由美子.増える高齢ドライバー「移動手段、どう折り合い」.熊本日日新聞 朝刊 2010年2月27日;13面.
  82. 荒井由美子.認知症:運転“卒業”促すには「代わる生きがい一緒に探して」.中日新聞 朝刊 2010年3月4日;21面.
  83. 荒井由美子.認知症:運転“卒業”促すには「代わる生きがい一緒に探して」.東京新聞 朝刊 2010年3月4日;11面.
  84. 荒井由美子.認知症:運転“卒業”促すには「代わる生きがい一緒に探して」.日刊県民福井 朝刊 2010年3月4日;15面.
  85. 荒井由美子.「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」.福祉広報 2010年3月号;9頁.
  86. 荒井由美子.「家族向けマニュアル作成」運転に代わる楽しみを. 産経新聞 朝刊 2010年3月18日;23面.
  87. 荒井由美子.認知症ドライバー「精神的フォロー必要」. 長崎新聞 朝刊 2010年3月22日;8面.
  88. 荒井由美子.認知症ドライバー「新たな生きがい・移動法を」.山陰中央新報 朝刊 2010年3月22日;8面.
  89. 荒井由美子.認知症:運転「高齢者の家族向けアドバイス」.読売新聞 朝刊 2010年3月31日;17面.
  90. 荒井由美子.認知症の人の車「運転どう卒業」. 北海道新聞 朝刊 2010年4月1日;23面.
  91. 荒井由美子.「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」ダウンロード配布開始.月刊福祉 2010年4月号;103頁.
  92. 荒井由美子.「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」ダウンロード配布開始.Medical ASAHI 2010年4月号;84頁.
  93. 荒井由美子.認知症ドライバー「家族介護者のための支援マニュアルの作成」.交通安全教育 2010年5月号;53頁.
  94. 荒井由美子.認知症ドライバー「強制せず代わりの趣味を」.山梨日日新聞 朝刊 2010年5月7日;23面.
  95. 荒井由美子.認知症ドライバー「実態調査及び支援のあり方に係る研究報告」.シルバー新報 2010年5月28日;4面.
  96. 荒井由美子.認知症のドライバー「現状と支援」.NHK総合テレビ:おはよう日本 2010年6月6日.
  97. 荒井由美子.認知症ドライバー「家族・地域で支援」.北日本新聞 朝刊 2010年6月16日;25面.
  98. 荒井由美子.認知症医療実践学ぶ.熊本日日新聞 朝刊 2010年6月29日;13面.
  99. 荒井由美子.高齢者交通安全つどい(警視庁主催).読売新聞 朝刊 2010年9月4日;31面.
  100. 荒井由美子.交通事故の防止:高齢者と考える(警視庁など).東京新聞 朝刊 2010年9月4日;20面.
  101. 荒井由美子.交通ルール守ってほしい:高齢者対象の安全イベント(警視庁).産経新聞 朝刊 2010年9月4日;19面.
  102. 荒井由美子.高齢者の交通事故防止:警視庁「高齢者交通安全のつどい」パネルディスカッション.交通安全ジャーナル 2010年10月号;2-3頁.
  103. 荒井由美子.高齢者交通事故防止パネルディスカッション:警視庁.警察通信 2010年9月25日;10面
  104. 荒井由美子.認知症と自動車運転:支援マニュアルを公開.月刊介護保険2010年12月号;21頁.
  105. 荒井由美子.認知症と自動車運転.NHK静岡放送局 総合テレビ:たっぷり静岡 2011年1月20日.
  106. 荒井由美子.認知症のドライバー:事故防止策の現状と課題.NHK名古屋放送局 総合テレビ:ほっとイブニング 2011年2月7日.
  107. 荒井由美子.認知症のドライバー:事故防止策の現状と課題.NHK岐阜放送局 総合テレビ:ほっとイブニングぎふ 2011年2月7日.
  108. 荒井由美子.認知症のドライバー:事故防止策の現状と課題.NHK津放送局 総合テレビ:ほっとイブニングみえ 2011年2月7日.
  109. 荒井由美子.「車を運転することはどのような意味があったのでしょうか?」.運転免許を返納された方へ(パンフレット).警視庁交通部 2011年3月.
  110. 荒井由美子.認知症の外出支援:全国調査.NHK名古屋放送局 総合テレビ:おはよう日本(各地のニュース) 2011年5月19日.
  111. 荒井由美子.認知症の外出支援:全国調査.NHK名古屋放送局 総合テレビ:おはよう東海 2011年5月19日.
  112. 荒井由美子.認知症の外出支援:全国調査.NHK名古屋放送局 ラジオ第一:ニュース東海,2011年5月19日 午前7時15分.
  113. 荒井由美子.認知症の外出支援:全国調査.NHK名古屋放送局 ラジオ第一:ニュース東海,2011年5月19日 午前8時55分.
  114. 荒井由美子.認知症の外出支援:全国調査.NHK名古屋放送局 ラジオ第一:ニュース東海,2011年5月19日 午前10時55分.
  115. 荒井由美子.認知症の外出支援:全国調査.NHK ONLINE: 各地のニュース(東海のニュース) 2011年5月19日.
  116. 荒井由美子.認知症高齢者の家族介護者のための支援マニュアル作成.ケアマネドットコム:ニュース 2011年6月13日.
  117. 荒井由美子.高齢ドライバー:車を運転する理由.日本経済新聞 夕刊 2011年8月24日;9面.
  118. 荒井由美子.認知症の人の運転どうする.西日本新聞 朝刊 2011年11月2日;21面.
  119. 荒井由美子.認知症患者の自動車運転:免許制度と足確保の議論を.京都新聞 朝刊 2011年12月7日;7面.
  120. 荒井由美子.認知症患者の自動車運転:免許制度と足確保の議論を.京都新聞 電子版: 取材ノートから 2011年12月7日.
  121. 荒井由美子.高齢者の運転を考える.静岡新聞 朝刊 2012年3月23日;22面.
  122. 荒井由美子.警視庁:高齢者交通指導員研修 「認知症高齢者の自動車運転を考える」.交通安全ジャーナル 2012年7月号;48頁.
  123. 荒井由美子.認知症「告知」:「見通し」詳しく伝えて.読売新聞 夕刊 2012年7月17日:7面.
  124. 荒井由美子.認知症「告知」:「見通し」詳しく伝えて.読売新聞 朝刊 2012年7月18日:14面.
  125. 荒井由美子.認知症 明日へ:〔告知〕「見通し」詳しく伝えて.YOMIURI ONLINE  2012年7月24日.
  126. 荒井由美子.認知症「告知」:知らせるべきか 悩む医師.読売新聞 夕刊 2012年7月24日:13面.
  127. 荒井由美子.認知症「告知」:知らせるべきか 悩む医師.読売新聞 朝刊 2012年7月25日:6面.
  128. 荒井由美子.認知症 明日へ:〔告知〕知らせるべきか 悩む医師.YOMIURI ONLINE  2012年7月31日.
  129. 荒井由美子.警視庁:高齢者交通指導員研修「認知症高齢者の自動車運転を考える」.交通安全教育 2012年8月号;52頁.
  130. 荒井由美子.説得より納得が大事:認知症ドライバー.YOMIURI ONLINE  2012年8月5日.
  131. 荒井由美子.説得より納得が大事:認知症ドライバー.読売新聞 朝刊 2012年8月5日:34面.
  132. 荒井由美子.認知症の運転.日本経済新聞 朝刊 2012年10月22日:35面.
  133. 荒井由美子.認知症の運転.日本経済新聞 電子版 2012年10月22日.
  134. 荒井由美子.高齢者の運転: 運転経歴証明書.中日新聞 朝刊 2012年11月21日:24面.
  135. 荒井由美子.高齢者の運転: 運転経歴証明書.中日新聞 電子版 2012年11月21日.
  136. 荒井由美子.高齢者の運転: 運転経歴証明書.北陸中日新聞 朝刊 2012年11月21日:22面.
  137. 荒井由美子.高齢者の運転: 運転経歴証明書.日刊県民福井 朝刊 2012年11月21日:14面.
  138. 荒井由美子.「運転免許:返納のサインは?」認知症高齢者の運転.公明新聞 2012年11月30日:4面.
  139. 荒井由美子.在宅介護の実態:家族介護者調査.NHK 総合テレビ:おはよう日本 2012年12月27日.
  140. 荒井由美子.在宅介護の実態:家族介護者調査.NHK 総合テレビ:お昼のニュース(富山) 2012年12月27日.
  141. 荒井由美子.在宅介護の実態:家族介護者調査.NHK 総合テレビ:ニュース富山人 2012年12月27日.
  142. 荒井由美子.在宅介護の実態:家族介護者調査.NHK ONLINE:各地のニュース(富山のニュース) 2012年12月27日.
  143. 荒井由美子.在宅介護の実態:家族介護者調査.NHK ラジオ第一:朝のニュース 2012年12月27日.
  144. 荒井由美子.家族介護者:抑うつ予防.NHK 総合テレビ:朝のニュース(富山) 2013年1月4日.
  145. 荒井由美子.家族介護者:抑うつ予防.NHK 総合テレビ:ニュース富山人 2013年1月4日.
  146. 荒井由美子.家族介護者:抑うつ予防.NHK 総合テレビ:夜のニュース(富山) 2013年1月4日.
  147. 荒井由美子.家族介護者:抑うつ予防.NHK ラジオ第一:朝のニュース(富山) 2013年1月4日.
  148. 荒井由美子.認知症とわたしたち:運転早めに「卒業」しよう.朝日新聞 朝刊 2013年1月26日:28面.
  149. 荒井由美子.認知症とわたしたち:運転早めに「卒業」しよう.朝日新聞デジタル 2013年1月26日.
  150. 荒井由美子.高齢ドライバー:親の運転やめさせたい.AERA(朝日新聞出版) 2013年2月11日号;53-55頁.
  151. 荒井由美子.在宅介護者:3人に1人「抑うつ状態」.NHK富山:発信!富山Web 2013年1月24日.
  152. 荒井由美子.在宅介護者の3割は抑うつ状態:介護うつの実態.NHK 総合テレビ: おはよう日本(リポート) 2013年2月19日.
  153. 荒井由美子.医療ルネサンス 「車の運転:認知症」.読売新聞 朝刊 2013年3月6日:17面.
  154. 荒井由美子.医療ルネサンス 「車の運転:認知症」.YOMIURI ONLINE 2013年3月6日.
  155. 荒井由美子.高齢ドライバー 事故から守る:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.福島民友 朝刊 2013年10月4日:14面.
  156. 荒井由美子.高齢ドライバーどう守る?<上>認知症発見 教習所で早く:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.高知新聞 朝刊 2013年10月5日:10面.
  157. 荒井由美子.高齢ドライバーどう守る?<下>細やかな外出支援課題.高知新聞 朝刊 2013年10月6日:12面.
  158. 荒井由美子.守ろう高齢ドライバー<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.京都新聞 朝刊 2013年10月6日:12面.
  159. 荒井由美子.高齢者の運転<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.福島民報 朝刊 2013年10月7日:7面
  160. 荒井由美子.高齢運転手どう守る?:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.佐賀新聞 朝刊 2013年10月7日:5面.
  161. 荒井由美子.高齢ドライバーの課題<上>認知症が原因で失敗することの多い運転行動.静岡新聞 夕刊 2013年10月9日:5面.
  162. 荒井由美子.高齢者運転者 認知症:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.宮崎日日新聞 朝刊 2013年10月11日:13面.
  163. 荒井由美子.守ろう高齢者ドライバー<下>:外出時の支援など課題も.京都新聞 朝刊 2013年10月13日:9面.
  164. 荒井由美子.高齢者と運転免許<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.山陰中央新報 朝刊 2013年10月14日:9面.
  165. 荒井由美子.高齢ドライバーどう守る<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.四国新聞 朝刊 2013年10月14日:11面.
  166. 荒井由美子.高齢者の運転<下>:欠かせない外出時の支援.福島民報 朝刊 2013年10月14日:7面.
  167. 荒井由美子.高齢ドライバーの課題<下>欠かせない外出支援.静岡新聞 夕刊 2013年10月16日:5面.
  168. 荒井由美子.欠かせぬ外出支援:デマンド交通や割引券.東奥日報 朝刊 2013年10月16日:11面.
  169. 荒井由美子.高齢者免許変更増える:代替交通確保が鍵.宮崎日日新聞 朝刊 2013年10月18日:13面.
  170. 荒井由美子.高齢者と運転免許<下>:欠かせぬ外出時のきめ細かな支援.山陰中央新報 朝刊 2013年10月21日:9面.
  171. 荒井由美子.高齢ドライバーどう守る<下>:欠かせぬ外出時の支援.四国新聞 朝刊 2013年10月21日:7面
  172. 荒井由美子.増える高齢者の免許返納:欠かせない外出時支援.中部経済新聞 朝刊 2013年11月1日:20面.
  173. 荒井由美子.高齢ドライバーを守ろう<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.大阪日日新聞 朝刊 2013年11月3日:11面
  174. 荒井由美子.高齢ドライバーを守ろう<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.日本海新聞 朝刊 2013年11月3日:9面.
  175. 荒井由美子.認知症難しい対処:家族はどうしたら 分かれる意見.朝日新聞長野版 朝刊 2013年11月8日:28面.
  176. 荒井由美子.どうする高齢ドライバー<上>認知症が原因で失敗することの多い運転行動.長崎新聞 朝刊 2013年11月12日:11面.
  177. 荒井由美子.どうする高齢ドライバー<下>欠かせぬ外出時の支援.長崎新聞 朝刊 2013年11月13日:13面.
  178. 荒井由美子.高齢者と運転<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.愛媛新聞 朝刊 2013年11月25日:16面.
  179. 荒井由美子.高齢ドライバー守れ<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.信濃毎日新聞 朝刊 2013年11月26日:13面.
  180. 荒井由美子.高齢ドライバー:代替交通の充実必要.河北新報 朝刊 2013年11月29日:19面.
  181. 荒井由美子.高齢者と運転<下>:欠かせぬ代替交通支援.愛媛新聞 朝刊 2013年12月2日:16面.
  182. 荒井由美子.高齢ドライバーを守る<上>:認知症が原因で失敗することの多い運転行動.埼玉新聞 朝刊 2013年12月2日:15面.
  183. 荒井由美子.高齢ドライバー守れ<下>:生活の「足」確保が課題.信濃毎日新聞 朝刊 2013年12月3日:11面.
  184. 荒井由美子.高齢ドライバーを守る<下>:欠かせぬ外出時の支援.埼玉新聞 朝刊 2013年12月16日:15面.
  185. 荒井由美子.認知症とわたしたち 車の運転<上>.朝日新聞 朝刊 2013年12月19日:19面.
  186. 荒井由美子.認知症とわたしたち 車の運転<上>.朝日新聞デジタル 2013年12月19日.
  187. 荒井由美子.認知症とわたしたち 車の運転<下>.朝日新聞 朝刊 2013年12月20日:19面.
  188. 荒井由美子.認知症とわたしたち 車の運転<下>.朝日新聞デジタル 2013年12月20日.
  189. 荒井由美子.老いるクルマ社会<下>:すべきこと山積.日本経済新聞 朝刊 2013年12月26日:39面.
  190. 荒井由美子.認知症とわたしたち 車の運転<上>:行き先忘れ.朝日新聞 朝刊 2014年1月8日:31面.
  191. 荒井由美子.認知症とわたしたち 車の運転<下>:生活に必要 危なくても言えない家族.朝日新聞 朝刊 2014年1月9日:25面.
  192. 荒井由美子.認知症明日へ:運転:「卒業」欠かせぬ家族の力.読売新聞 朝刊 2014年1月15日:16面.
  193. 荒井由美子.車の運転<上>:家族、医師 説得に苦労.新潟日報 朝刊 2014年5月15日:19面.
  194. 荒井由美子.高速逆走 認知症疑い7割.産経新聞 朝刊 2014年5月21日:29面.
  195. 荒井由美子.高速逆走 認知症疑い7割.産経新聞デジタル 2014年5月21日.
  196. 荒井由美子.認知症 早期診断生かすには:「心の準備」で自信.毎日新聞 朝刊 2014年6月6日:12面.
  197. 荒井由美子.家族介護者のうつ判定簡便に:国立長寿医療研究センターの荒井氏、J-ZBI8を活用.m3.com 臨床ダイジェスト 2014年9月8日.
  198. 荒井由美子.高齢運転者事故減らせ:自分の状態知って.日本経済新聞 夕刊 2014年10月9日:15面.
  199. 荒井由美子.介護うつ早期に発見.中日新聞 朝刊 2014年10月15日:1面.
  200. 荒井由美子.うつ抱える介護者.中日新聞 朝刊 2014年10月15日:23面.
  201. 荒井由美子.快護目指して:介護うつ、早期に発見.中日新聞 電子版 2014年10月15日.
  202. 荒井由美子.もしかして介護うつ.北陸中日新聞 朝刊 2014年10月15日:1面.
  203. 荒井由美子.うつ抱える介護者.北陸中日新聞 朝刊 2014年10月15日:13面.
  204. 荒井由美子.「介護うつ」共倒れ防げ:早期発見に簡易判定法.東京新聞 朝刊 2014年10月15日:1面.
  205. 荒井由美子.うつ抱える介護者.東京新聞 朝刊 2014年10月15日:25面.
  206. 荒井由美子.「介護うつ」共倒れ防げ:早期発見に簡易判定法.東京新聞 電子版 2014年10月15日.
  207. 荒井由美子.認知症:検査に限界 免許返納促す.朝日新聞 朝刊 2014年10月29日:39面.
  208. 荒井由美子.認知症と車の運転:免許返納のタイミングは.週間朝日2014年12月26日号:118-121頁.
  209. 荒井由美子.車社会認知症に危機感:増える免許返納自治体が後押し.朝日新聞朝刊 2015年1月16日:35面.
  210. 荒井由美子.認知症疑い高齢運転者に受診義務案:事故が心配でも不便.朝日新聞 名古屋版 朝刊 2015年1月16日:29面.
  211. 荒井由美子.クローズアップ:運転免許制度見直し認知症見逃さず:生活の足代替必要.毎日新聞 朝刊 2015年1月16日:3面.
  212. 荒井由美子.クローズアップ:運転免許制度見直し認知症見逃さず:生活の足代替必要.毎日新聞電子版 2015年1月16日.
  213. 荒井由美子.くらし解説「どうなる?高齢者の運転免許」.NHK 総合テレビ:くらし解説 2015年1月21日.
  214. 荒井由美子.くらし解説「どうなる?高齢者の運転免許」.NHK ONLINE:NHK解説委員室 2015年1月21日.
  215. 荒井由美子.核心:認知症ドライバー事故防げ:環境づくり社会一丸で.中日新聞 朝刊 2015年2月8日:3面.
  216. 荒井由美子.核心:認知症ドライバー事故防げ:環境づくり社会一丸で.中日メディカルサイト 2015年2月8日.
  217. 荒井由美子.核心:認知症事故社会で防止:同乗・送迎・趣味・交流の場づくり支援.東京新聞 朝刊 2015年2月8日:3面.
  218. 荒井由美子.「認知症の恐れ」判定で免許更新時に医師診断が義務化へ.ベストカー 2015年3月10日号(2月10日発売):100-101.
  219. 荒井由美子.体とこころの通信簿:高齢運転者と認知症:異変がないか周囲も気を配って.朝日新聞 夕刊 2015年2月16日:5面.
  220. 荒井由美子.どう防ぐ?高齢ドライバー事故.NHK 総合テレビ:ゆうどき 2015年2月24日.
  221. 荒井由美子.どう防ぐ?高齢ドライバー事故.NHK ONLINE:ゆうどき 2015年2月24日.
  222. 荒井由美子.ニュースQ3:認知症ドライバーの免許制限、しょうがない?朝日新聞 朝刊 2015年2月27日:37面.
  223. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転を考える.NHK 総合テレビ:視点・論点 2015年3月2日.
  224. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転を考える.NHK Eテレ:視点・論点 2015年3月2日.
  225. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転を考える.NHK ONLINE:視点・論点 2015年3月2日.
  226. 荒井由美子.認知症診断次第で免許取り消し:生活の足確保に課題.京都新聞 朝刊 2015年3月11日:3面.
  227. 荒井由美子.高齢者ドライバーの認知症検査強化へ:「運転断念」難しさも.河北新報 朝刊 2015年3月11日:35面.
  228. 荒井由美子.運転断念の負担大きく:「生活の足」確保が課題.北日本新聞 朝刊 2015年3月11日:6面.
  229. 荒井由美子.高齢者の事故防止へ道交法改正:「生活の足」奪う恐れ.佐賀新聞 朝刊 2015年3月11日:2面.
  230. 荒井由美子.認知症疑い免許取り消しも:「生活の足」確保が課題.東奥日報 朝刊 2015年3月11日:7面.
  231. 荒井由美子.免許失い「生活の足」は:買い物や通院支援必要に.北海道新聞 朝刊 2015年3月11日:2面.
  232. 荒井由美子.認知症検査強化:生活の足奪う恐れ.デーリー東北 朝刊 2015年3月11日:27面.
  233. 荒井由美子.認知症 運転断念も大変:「生活の足」支援必要.高知新聞 夕刊 2015年3月12日:7面.
  234. 荒井由美子.高齢者の自動車運転.中京テレビ:キャッチ! 2015年5月20日.
  235. 荒井由美子.認知症自覚なき事故防げ.日本経済新聞 朝刊 2015年6月8日:35面.
  236. 荒井由美子.日経新聞:認知症 高齢者 免許更新で検査.TBS放送:ひるおび 2015年6月8日.
  237. 荒井由美子.認知症 改正道交法成立.読売新聞 朝刊 2015年6月12日:36面.
  238. 荒井由美子.高齢者の自動車運転.東海テレビ:みんなのニュース One 東桜1丁目テレビ 2015年6月12日.
  239. 荒井由美子.認知症?運転どうする.北海道新聞 朝刊 2015年6月18日:19面.
  240. 荒井由美子.認知症?運転どうする:外出手段一緒に考えて:同乗してチェック.北海道新聞電子版 2015年6月18日.
  241. 荒井由美子.高齢者の事後を防げ.TBSテレビ:報道LIVEあさチャン!サタデー 2015年7月4日.
  242. 荒井由美子.車の運転はできるの?NHK 総合テレビ:認知症キャンペーン 2015年7月8日.
  243. 荒井由美子.高齢者の親の運転、どうすればいい?毎日放送:ちちんぷいぷい 2015年7月9日.
  244. 荒井由美子.車の運転はできるの? NHK 総合テレビ:認知症キャンペーン 2015年10月13日.
  245. 荒井由美子.認知症高齢者の運転事故.NHK 総合テレビ:ニュースウォッチ9 2015年10月29日.
  246. 荒井由美子.認知症の事故防止 家族もともに考える.NHK 総合テレビ:ほっとイブニング 2015年11月9日.
  247. 荒井由美子.認知症の事故防止 家族もともに考える.NHK 総合テレビ:ニュース845 2015年11月9日.
  248. 荒井由美子.認知症の運転考える講演会.NHK ONLINE:NHK東海 NEWS WEB 2015年11月9日.
  249. 荒井由美子.頻発する高齢ドライバーの事故 運転から「卒業」させるには.Yahoo! JAPAN ニュース 2015年11月9日.
  250. 荒井由美子.高齢ドライバーによる事故多発.AERA(朝日新聞WEEKLY) 2015年11月16日号:60-61頁.
  251. 荒井由美子.認知症者の運転事故防止:代替交通手段の拡充必要.西日本新聞 朝刊 2015年11月21日:20面.
  252. 荒井由美子.認知症者の運転事故防止策は 医師が警察に患者届け出 代替交通手段の拡充必要.西日本新聞電子版 2015年11月21日.
  253. 荒井由美子.高齢者の運転ミス目配り:家族がサポート、納得いく「卒業」を.日本経済新聞夕刊 2016年1月7日:9面.
  254. 荒井由美子.高齢者の運転ミス目配り:家族がサポート、納得いく「卒業」を.日本経済新聞電子版 2016年1月7日.
  255. 荒井由美子.高齢者が気をつけるべき運転行動のチェックリスト.関西テレビ:ゆうがたLIVEワンダー 2016年1月14日.
  256. 荒井由美子.車の逆走、暴走後絶たぬ高齢者:免許返納重い決断.岐阜新聞 夕方 2016年2月13日:7面.
  257. 荒井由美子.逆走や暴走事故後絶たず:免許返納、大きな決断.山陽新聞 夕刊 2016年2月13日:2面.
  258. 荒井由美子.高齢ドライバーの事故後絶たず:免許返納重い決断.徳島新聞 夕刊 2016年2月13日:1面.
  259. 荒井由美子.認知症で逆走、暴走後絶たず:免許返納決断難しく.福井新聞 朝刊 2016年2月14日:26面.
  260. 荒井由美子.逆走、暴走事故後絶たず:免許返納、重い決断.福島民報 朝刊 2016年2月14日:29面.
  261. 荒井由美子.相次ぐ高齢者の逆走、誤操作事故:免許返納決断難しく.東奥日報 朝刊 2016年2月16日:21面.
  262. 荒井由美子.高齢ドライバー事故多発:免許返納見極め難しく.河北新報 夕刊 2016年2月16日:3面.
  263. 荒井由美子.「現役続行」か「引退」か?悩む高齢ドライバー.YOMIURI ONLINE:深読みチャンネル 2016年2月19日.
  264. 荒井由美子.免許返納高齢者のジレンマ:決断支える環境を.中國新聞 夕刊 2016年2月19日:6面.
  265. 荒井由美子.免許返納、重い決断.大阪日日新聞 朝刊 2016年2月20日:12面.
  266. 荒井由美子.認知症、高速道逆走、駐車場暴走:高齢者免許返納どう促す.高知新聞 朝刊 2016年2月20日:10面.
  267. 荒井由美子.認知症社会:警察・専門医と連携相談を.朝日新聞 朝刊 2016年2月21日:33面.
  268. 荒井由美子.認知症で逆走、暴走も:免許返納に重い決断.伊勢新聞 朝刊 2016年2月20日:12面.
  269. 荒井由美子.認知症で逆走、暴走も:免許返納、重い決断.日本海新聞 朝刊 2016年2月20日:12面.
  270. 荒井由美子.認知機能低下、後絶たぬ事故:免許返納重い決断に.神戸新聞 朝刊 2016年2月22日:7面.
  271. 荒井由美子.免許返納の決断:認知症で逆走、暴走も.琉球新報 朝刊 2016年2月23日:16面.
  272. 荒井由美子.認知症で逆走、暴走も:免許返納決断支えて.上毛新聞 朝刊 2016年2月25日:11面.
  273. 荒井由美子.決断迫られる高齢者.奈良新聞 朝刊 2016年2月25日:10面.
  274. 荒井由美子.免許返納、いつ決断?:高齢ドライバー事故後絶たず.秋田魁新報 朝刊 2016年2月26日:9面.
  275. 荒井由美子.高齢者いつまで運転?:免許返納、重い決断.埼玉新聞 朝刊 2016年2月27日:17面.
  276. 荒井由美子.免許返納難しい決断.北國新聞 夕刊 2016年3月2日:5面.
  277. 荒井由美子.免許返納に重い決断.中部経済新聞 朝刊 2016年3月3日:15面.
  278. 荒井由美子.高齢者、いつまで運転?:免許返納難しい決断.富山新聞 朝刊 2016年3月9日:19面.
  279. 荒井由美子.運転免許センターに看護師.読売新聞 朝刊 2016年3月13日:17面.
  280. 荒井由美子.いつまで運転?:認知症で逆走、暴走も.千葉日報 朝刊 2016年3月13日:19面.
  281. 荒井由美子.高齢者いつまで運転?免許返納、重い決断.室蘭民報 朝刊 2016年3月17日:13面.
  282. 荒井由美子.高齢者、いつまで運転?免許返納、重い決断.山口新聞 朝刊 2016年3月17日:15面.
  283. 荒井由美子.高齢者、いつまで運転?認知症で逆走、暴走も:免許返納は重い決断.産経新聞 朝刊 2016年3月18日:19面.
  284. 荒井由美子. 高齢者の運転.愛知県老人クラブ連合会機関紙「いきいきライフ」132号 2016年4月号:4面.
  285. 荒井由美子.認知症患者の運転どう対応:マニュアル改訂.読売新聞 朝刊 2016年4月14日:29面.
  286. 荒井由美子.認知症患者の運転、どう対応・・・マニュアル改訂.YOMIURI ONLINE:ヨミドクター 2016年4月15日.
  287. 荒井由美子.介護殺人 半数以上3年以内に.NHK 総合テレビ:ニュース7 2016年7月1日.
  288. 荒井由美子.介護殺人 半数以上3年以内に.NHK BS1:BSニュース 2016年7月1日.
  289. 荒井由美子.「介護殺人」半数以上が介護始めて3年以内に発生.NHK ONLINE:NHK NEWS WEB 2016年7月1日.
  290. 荒井由美子.「介護殺人」6年で138件も.NHK 総合テレビ:ニュースウォッチ9 2016年7月1日.
  291. 荒井由美子.介護殺人 半数以上3年以内に.NHK BS1:BSニュース 2016年7月2日.
  292. 荒井由美子.“介護殺人”当事者たちの告白.NHK 総合テレビ:ニュース7 2016年7月3日.
  293. 荒井由美子.「介護殺人」考えた介護経験者4人に1人アンケート調査. NHK ONLINE:NHK NEWS WEB 2016年7月3日.
  294. 荒井由美子.“介護殺人”当事者たちの告白.NHK BS1:BSニュース 2016年7月3日.
  295. 荒井由美子.私は家族を殺した “介護殺人”当事者たちの告白.NHK 総合テレビ:NHKスペシャル 2016年7月3日(取材協力).
  296. 荒井由美子.“介護殺人”当事者たちの告白.NHK BS1:BSニュース 2016年7月4日.
  297. 荒井由美子.大阪で認知症シンポ:認知症の人とその家族をどう守るか?毎日新聞 朝刊 2016年7月12日:29面.
  298. 荒井由美子.フォーラム:認知症と運転:受診早く症状知って.朝日新聞 朝刊 2016年7月25日:11面.
  299. 荒井由美子.(フォーラム)認知症と運転:受診早く症状知って.朝日新聞デジタル 2016年7月25日.
  300. 荒井由美子.電動自転車の免許証、認知症の父へ手作り 家族の体験談:早期受診で症状知って.朝日新聞デジタル 2016年7月25日.
  301. 荒井由美子.シンポジウム:認知症800万人時代 認知症の人とその家族をどう守るか?「認知症高齢者の自動車運転 認知症高齢者の安全と安心のために」:本人の安全確保、受診を.毎日新聞 朝刊 20016年7月31日:15面.
  302. 荒井由美子.特集「認知症800万人時代 認知症の人とその家族をどう守るか?」支え合える社会に.毎日新聞ニュースサイト 2016年7月31日.
  303. 荒井由美子.私は家族を殺した “介護殺人”当事者たちの告白.NHK 総合テレビ:NHKスペシャル 2016年10月8日(取材協力).
  304. 荒井由美子.どうする我が家の高齢ドライバー.NHK 総合テレビ:ニュースシブ5時 2016年10月31日.
  305. 荒井由美子.相次ぐ認知症ドライバーによる事故 どうする高齢者の免許返納.NKHラジオ第1:先読み!夕方ニュース 2016年11月11日.
  306. 荒井由美子.相次ぐ認知症ドライバーによる事故 どうする高齢者の免許返納.NHKネットラジオ ラジオ第1:先読み!夕方ニュース 2016年11月11日.
  307. 荒井由美子.高齢ドライバーの事故どう防ぐ:「生活に車は必要」地方では不安の声.朝日新聞デジタル 2016年11月12日.
  308. 荒井由美子.社説:認知症と運転 周囲の目配りも大切だ.京都新聞朝刊 2016年11月5日:2面.
  309. 荒井由美子.認知症と診断:運転中止の難しさ.NHK 総合テレビ:ニュースチェック11 2016年11月15日.
  310. 荒井由美子.高齢ドライバー事故を防ぐ方策は.NHK 総合テレビ:週刊ニュース深読み 2016年11月19日.
  311. 荒井由美子.高齢ドライバーと社会:運転卒業へ家族を支援.読売新聞朝刊 2016年11月22日:11面.
  312. 荒井由美子.時論公論「高齢ドライバー 相次ぐ事故を防ぐには」.NHK 総合テレビ:時論公論 2016年11月24日.
  313. 荒井由美子.時論公論「高齢ドライバー 相次ぐ事故を防ぐには」.NHK ONLINE:NHK説委員室 2016年11月24日.
  314. 荒井由美子.日曜討論「どう防ぐ?高齢ドライバー事故」.NHK 総合テレビ:日曜討論 2016年12月11日.
  315. 荒井由美子.日曜討論「どう防ぐ?高齢ドライバー事故」.NHKラジオ第1:日曜討論 2016年12月11日.
  316. 荒井由美子.日曜討論「どう防ぐ?高齢ドライバー事故」.NHK ONLINE:日曜討論 2016年12月11日.
  317. 荒井由美子.納得できる免許証の自主返納を.NHK 総合テレビ:おはよう日本 2016年12月27日.
  318. 荒井由美子.納得できる免許証の自主返納を.NHK ONLINE:おはよう日本 特集ダイジェスト 2016年12月27日.
  319. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許返納では解決困難.高知新聞 朝刊 2017年1月17日:23面.
  320. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許返納だけでは解決困難.静岡新聞 朝刊 2017年1月17日:25面.
  321. 荒井由美子.生活の足 地方で切実.中日新聞 朝刊 2017年1月17日:3面.
  322. 荒井由美子.「生活の足」どう確保.北海道新聞 朝刊 2017年1月17日:30面.
  323. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許取り上げでは解決困難.デーリー東北 朝刊 2017年1月17日:19面.
  324. 荒井由美子.免許なき後の代替手段課題.愛媛新聞 朝刊 2017年1月17日:4面.
  325. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許取り上げでは解決困難.伊勢新聞 朝刊 2017年1月17日:2面.
  326. 荒井由美子.生活の足確保が鍵.岐阜新聞 朝刊 2017年1月17日:3面.
  327. 荒井由美子.「生活の足」確保課題に.熊本日日新聞 朝刊 2017年1月17日:19面.
  328. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許取り上げでは解決困難.山口新聞 朝刊 2017年1月17日:4面.
  329. 荒井由美子.「生活の足」地方に課題.山梨日日新聞 朝刊 2017年1月17日:21面.
  330. 荒井由美子.「生活の足」代替確保課題に.秋田魁新報 朝刊 2017年1月17日:22面.
  331. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許取り上げでは解決困難.大阪日日新聞 朝刊 2017年1月17日:22面.
  332. 荒井由美子.「生活の足」どう確保.大分合同新聞 朝刊 2017年1月17日:22面.
  333. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許返納後の支援課題に.南日本新聞 朝刊 2017年1月17日:4面.
  334. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許取り上げでは解決困難.日本海新聞 朝刊 2017年1月17日:26面.
  335. 荒井由美子.生活の足 確保課題.福井新聞 朝刊 2017年1月17日:8面.
  336. 荒井由美子.生活の足 地方で切実.北陸中日新聞 朝刊 2017年1月17日:3面.
  337. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許返納では解決困難.埼玉新聞 朝刊 2017年1月17日:3面.
  338. 荒井由美子.生活の足どう確保.宮崎日日新聞 朝刊 2017年1月17日:5面.
  339. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許取り上げ地方は困難.佐賀新聞 朝刊 2017年1月17日:2面.
  340. 荒井由美子.マイカーは「生活の足」山陰中央新報 朝刊 2017年1月17日:27面.
  341. 荒井由美子.「生活の足」どう確保.山陽新聞 朝刊 2017年1月17日:4面.
  342. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許返納では解決困難.四国新聞 朝刊 2017年1月17日:3面.
  343. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:免許返納では解決困難.北國新聞 朝刊 2017年1月17日:33面.
  344. 荒井由美子.「生活の足」どう確保:気持ち理解を.下野新聞 朝刊 2017年1月17日:4面.
  345. 荒井由美子.免許返納への課題山積:「生活の足」確保必須.河北新報 夕刊 2017年1月19日:3面.
  346. 荒井由美子.免許返納容易な環境に:認知症の対応で手引.琉球新報 朝刊 2017年2月13日:18面.
  347. 荒井由美子.家族向け手引きウェブ公開:返納促す具体策紹介.高知新聞 朝刊 2017年2月14日:10面.
  348. 荒井由美子.免許の自主返納環境づくり大切:認知症の運転 家族向けに手引も.福島民報 朝刊 2017年2月14日:16面.
  349. 荒井由美子.免許返納環境づくり:認知症 家族向けに手引.河北新報 朝刊 2017年2月16日:19面.
  350. 荒井由美子.過疎地“足”確保ひと工夫:認知症対応で手引書.宮崎日日新聞 朝刊 2017年2月16日:13面.
  351. 荒井由美子.免許返納しやすい環境に:認知症と運転 悩む家族に対応法.山陽新聞 朝刊 2017年2月17日:17面.
  352. 荒井由美子.免許返納しやすい環境へ:家族向け手引公開.山梨日日新聞 朝刊 2017年2月17日:12面.
  353. 荒井由美子.免許の返納推進へ模索:認知症の免許返納手引.秋田魁新報 朝刊 2017年2月17日:9面.
  354. 荒井由美子.家族に向けて接し方を紹介.大分合同新聞 朝刊 2017年2月17日:19面.
  355. 荒井由美子.免許返納しやすい環境を:“認知症と運転”実践的手引.大阪日日新聞 朝刊 2017年2月18日:11面.
  356. 荒井由美子.免許返納しやすい環境を:“認知症と運転”実践的手引.日本海新聞 朝刊 2017年2月18日:11面.
  357. 荒井由美子.免許返納促す環境へ:認知症家族向け支援ガイド公開.愛媛新聞 朝刊 2017年2月19日:19面.
  358. 荒井由美子.高齢ドライバーと家族 歩み寄るには.毎日新聞 朝刊 2017年2月20日:16面.
  359. 荒井由美子.返納しやすい環境へ:認知症の免許返納で手引.佐賀新聞 朝刊 2017年2月20日:7面.
  360. 荒井由美子.運転免許を返納しやすく:家族向け手引 専門家が公開.信濃毎日新聞 朝刊 2017年2月21日:13面.
  361. 荒井由美子.運転免許返納 対応法を解説.福井新聞 朝刊 2017年2月21日:12面.
  362. 荒井由美子.免許返納促す環境づくり:認知症高齢者の返納で手引.岐阜新聞 朝刊 2017年2月22日:12面.
  363. 荒井由美子.免許返納へ環境づくり:認知症対象に手引.下野新聞 朝刊 2017年2月23日:20面.
  364. 荒井由美子.「自主」促し環境整備:認知症の対応例紹介.上毛新聞 朝刊 2017年2月23日:9面.
  365. 荒井由美子.コラム滴一滴:家族介護者のための支援マニュアルをウェブ公開.山陽新聞 朝刊 2017年2月23日:1面.
  366. 荒井由美子.認知機能チェック厳しく:スムーズに自主返納へ.徳島新聞 朝刊 2017年2月26日:23面.
  367. 荒井由美子.家族の対応も鍵 ウェブ上に手引.東奥日報 朝刊 2017年2月27日:5面.
  368. 荒井由美子.免許自主返納へ環境づくり工夫:家族向け、手引を無料公開.京都新聞 朝刊 2017年3月6日:13面.
  369. 荒井由美子.認知症と運転、易しく解説:高齢者の家族向けマニュアルウェブ公開.新潟新聞 朝刊 2017年3月10日:27面.
  370. 荒井由美子.老いと運転:認知症納得の免許返納.読売新聞 朝刊 2017年3月24日:12面.
  371. 荒井由美子.認知症と運転、対応手引.茨城新聞 朝刊 2017年4月17日:4面.
  372. 荒井由美子.教えて!高齢ドライバー:「運転がおかしい」家族はどうすれば?朝日新聞 朝刊 2017年4月27日:5面.
  373. 荒井由美子.高齢家族、認知症かも 運転卒業どう後押し:別の生きがい探す 早めに受診を.日本経済新聞 夕刊 2017年5月30日:9面.
  374. 荒井由美子.高齢者の交通安全 24日に講演や教室.読売新聞 朝刊 2017年6月21日:14面.
  375. 荒井由美子.「両国交通安全塾」開催.よみうり大江戸あんしんぶん 2017年7月21日:2面.

先頭へ戻る

研究部の研究業績

論文・和文原著(2005~)・和文総説その他(2005~)

英文による原著

  1. Arai Y, Kumamoto K, Zarit SH, Dennoh H, Kitamoto M. Angst in Shangri-la: Japanese fear of growing old. J Am Geriatr Soc 2005; 53(9): 1641-1642.
  2. Washio M, Arai Y, Yamasaki R, Ide S, Kuwahara Y, Tokunaga S, Wada J, Mori M. Long-term care insurance, caregivers' depression and risk of institutionalization / hospitalization of the frail elderly. Int Med J 2005; 12(2): 99-103.
  3. Miura H, Arai Y, Yamasaki K. Feelings of burden and health-related quality of life among family caregivers looking after the impaired elderly. Psychiatry Clin Neurosci 2005; 59(5): 551-555.
  4. Miura H, Kariyasu M, Yamasaki K, Arai Y, Sumi Y. Relationship between general health status and the change in chewing ability: A longitudinal study of the frail elderly in Japan over a 3-year period. Gerodontology 2005; 22, 200-205.
  5. Sasaki M and Yamasaki K. Dispositional and situational coping and mental health status of university students. Psychological Reports 2005; 97: 797-809.
  6. Katsumata Y, Arai A, Ishida K, Tomimori M, Denda K, Tamashiro H. Gender differences in the contributions of risk factors to depressive symptoms among the elderly persons dwelling in a community, Japan. Int J GeriatrPsychiatry 2005; 20(11): 1084-1089.
  7. Arai Y. Implementation and implications of the 2002 Road Traffic Act of Japan from the perspective of dementia and driving: A qualitative study. Jpn Bull Soc Psychiat 2006; 14: 158-161.
  8. Schreiner AS, Morimoto T, Arai Y, Zarit SH. Assessing family caregiver’s mental health using a statistically derived cutoff score for the Zarit Burden Interview. Aging Ment Health 2006; 10(2): 107-111.
  9. Oura A, Washio M, Wada J, Arai Y, Mori M: Factors related to institutionalization among the frail elderly with home-visiting nursing service in Japan. Gerontology 2006; 52(1): 66-68.
  10. Kumamoto K, Arai Y, Zarit SH. Use of home care services effectively reduces feelings of burden among family caregivers of disabled elderly in Japan: Preliminary results. Int J Geriatr Psychiatry 2006; 21(2): 163-170.
  11. Sasaki M and Yamasaki K. Stress coping and the adjustment process among university freshmen. Couns Psychol Q 2007; 20(1): 51-67.
  12. Abe K. Reconsidering the caregiving stress appraisal scale: Validation and examination of its association with items used for assessing long-term care insurance in Japan. Arch Gerontol Geriatr 2007; 44(3): 287-297.
  13. Katsumata Y, Arai A, Tamashiro H. Nonlinear association of higher-level functional capacity with the incidence of falls in Japan. Am J Phys Med Rehabil 2006; 85(8): 688-693.
  14. Hozawa A, Ohkubo T, Obara T, Metoki H, Kikuya M, Asayama K, Totsune K, Hashimoto J, Hoshi H, Arai Y, Satoh H, Hosokawa T, Imai Y. Introversion associated with large differences between screening blood pressure and home blood pressure measurement: the Ohasama study. J Hypertens 2006; 24(11): 2183-2189.
  15. Sasaki M, Arai Y, Kumamoto K, Abe K, Arai A, Mizuno Y. Factors related to potentially harmful behaviors towards disabled older people by family caregivers in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2007; 22(3): 250-257.
  16. Arai A, Ishida K, Tomimori M, Katsumata Y, Grove JS, Tamashiro H. Association between lifestyle activity and depressed mood among home-dwelling older people: A community-based study in Japan. Aging Ment Health 2007; 11(5): 547-555.
  17. Oura A, Washio M, Arai Y, Ide S, Yamasaki R, Wada J, Kuwahara Y, Mori M. Depression among caregivers of the frail elderly in Japan before and after the introduction of the Public Long-Term Care Insurance System. Z Gerontol Geriatr 2007; 40: 112-118.
  18. Sasaki M. Barriers to use of mental health services by Japanese university students. Psychological Reports 2007; 100: 400-406.
  19. Miura H, Arai Y, Kariyasu M, Yamasaki K. Oral health care needs and provision for the impaired community-dwelling elderly. Journal of Kyushu University of Health & Welfare 2007; 8: 139-145.
  20. Miura H, Kariyasu M, Yamasaki K, Arai Y. Evaluation of chewing and swallowing disorders among frail community-dwelling elderly individuals. J Oral Rehabil 2007; 34: 422-427.
  21. Arai A, Matsumoto T, Ikeda M, Arai Y. Do family caregivers perceive more difficulty when they look after patients with early onset dementia compared to those with late onset dementia? Int J Geriatr Psychiatry 2007; 22(12): 1255-1261.
  22. Masuhara H. Semi-nonparametric estimation of regression-based survival models. Econ Bull 2007; 3(61): 1-12.
  23. Sasaki M, Arai A, Arai Y. Factors related to institutionalization among disabled older people; a two-year longitudinal study. Int J Geriatr Psychiatry 2008; 23(1): 113-115.
  24. Arai Y, Arai A, Zarit SH. What do we know about dementia?: A survey on knowledge about dementia in the general public of Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2008; 23(4): 433-438.
  25. Takata S, Washio M, Moriwaki A, Tsuda T, Nakayama H, Iwanaga T, Aizawa H, Arai Y, Nakanishi Y, Inoue H. Burden among caregivers of patients with chronic obstructive pulmonary disease with long-term oxygen therapy. Int Med J 2008; 15(1): 53-57.
  26. Mizuno Y, Arai A, Arai Y. Determination of driving cessation for older adults with dementia in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2008; 23(9): 987-989.
  27. Masuhara H. Semi-nonparametric count data estimation with an endogenous binary variable. Econ Bull 2008; 3(42): 1-13.
  28. Miyashita M, Misawa T, Abe M, Nakayama Y, Abe K, Kawa M. Quality of life, day hospice needs, and satisfaction of community-dwelling advanced cancer patients and their caregivers in Japan. J Palliat Med 2008; 11: 1203-1207.
  29. Abe K, Ohashi A. Development and testing of a staff questionnaire for evaluating the quality of services at nursing homes in Japan. J Am Med Dir Assoc 2009; 10: 189-195.
  30. Tokunaga S, Washio M, Miyabayashi I, Shin Y, Arai Y. Burden among Caregivers of Parkinson’s Disease Patients. Int Med J 2009; 16(2): 83-86.
  31. Arai A, Mizuno Y, Arai Y. Differences in perceptions regarding driving between young and old drivers and non-drivers in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2010; 25(12): 1239-1245.
  32. Mizuno Y, Arai A, Arai Y. Measures for enhancing the mobility of older people with dementia in Japan: Should it be a matter of self-help? J Am Geriatr Soc 2010; 58(10): 2048-2049.
  33. Abe K, Ohashi A. Positive effects of experience in terminal care on nursing home staff in Japan. Am J Hosp Palliat Med 2011; 28: 389-392.
  34. Mizuno Y, Kumamoto K, Arai A, Arai Y. Mobility support for older people with dementia in Japan: financial resources are an issue but not the deciding factor for municipalities. J Am Geriatr Soc 2011; 59(12): 2388-2390.
  35. Arai A, Mizuno Y, Arai Y. Implementation of municipal mobility support services for older people who have stopped driving in Japan. Public Health 2011; 125: 799-805.
  36. Toyoshima Y, Washio M, Ishibashi Y, Onizuka J, Miyabayashi I, Arai Y. Burden among family caregivers of the psychiatric patients with visiting nursing services in Japan. IMJ 2012; 19(2): 127-129.
  37. Washio M, Yoshida H, Ura N, Ohnishi H, Sakauchi F, Arai Y, Mori M, Shimamoto K. Burden among family caregivers of patients on chronic hemodialysis in Northern Japan. IMJ 2012; 19(3): 221-223.
  38. Arai Y, Kumamoto K, Mizuno Y, Arai A. The general public’s concern about developing dementia and related factors in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2012; 27(11): 1203-1204.
  39. Kurasawa S, Yoshimasu K, Washio M, Fukumoto J, Takemura S, Yokoi K, Arai Y, Miyashita K. Factors influencing caregivers’ burden among family caregivers and institutionalization of in-home elderly people cared for by family caregivers. Environmental Health and Preventive Medicine 2012; 17: 474-483.
  40. Mizuno Y, Arai Y. Measures to support voluntary retirement from driving in Japanese older people: driving is not just a means of transportation. J Am Geriatr Soc 2012; 60(11): 2170-2172.
  41. Hashimoto E, Washio M, Arai Y, Sasaki R, Mori M. Depression among family caregivers of patients with dementia attending to psychiatric dispensary in northern Japan. IMJ 2013; 20(1): 9-12.
  42. Arai Y, Kumamoto K, Mizuno Y, Washio M. Depression among family caregivers of community-dwelling older people who used services under the Long Term Care Insurance program: a large-scale population-based study in Japan. Aging Ment Health 2014; 18(1): 81-91.
  43. Mizuno Y, Arai Y. Support measures to enhance motivation for older people with dementia: a nationwide survey of Japanese municipal governments. IMJ 2014; 21(2): 175-176.
  44. Arai Y. Challenges in disseminating the findings of psychosocial research conducted in a non-English speaking country. International Psychogeriatrics 2014; 26(9): 1575–1576.
  45. Washio M, Arai Y, Mori M. Factors related to the depression among family caregivers of older people with disabilities who used home health care services in the metropolitan city of Hokkaido, Northern Japan. IMJ 2014; 21(3): 263-267.
  46. Arai Y, Zarit SH. Determining a cutoff score of caregiver burden for predicting depression among family caregivers in a large population-based sample. Int J Geriatr Psychiatry 2014; 29(12): 1313-1315.
  47. Toyoshima Y, Washio M, Miyabayashi I, Haruna S, Arai Y. Depression among family caregivers of the psychiatric patients with visiting nursing services in Japan. IMJ 2014; 21(5): 463-465.
  48. Arai A, Arai Y. Self-assessed driving behaviors associated with age among middle-aged and older adults in Japan. Arch Gerontol Geriatr 2015; 60(1): 39-44.
  49. Mizuno Y, Arai Y. Drivers with dementia in Japan: required public support under strict legal restrictions. J Am Geriatr Soc 2015; 63(3): 611-612.
  50. Washio M, Takeida K, Arai Y, Shang E, Oura A, Mori M. Depression among family caregivers of the frail elderly with visiting nursing services in the northernmost city of Japan IMJ 2015; 22(2): 250-253.
  51. Toyoshima Y, Washio M, Horiguchi I, Yamasaki R, Onimaru, M, Nakamura K, Miyabayashi I, Arai Y. Undue concern for others’ opinions is related to depression among family caregivers of disabled elderly in southern Japan. IMJ 2016; 23(1): 30-33.
  52. Mizuno Y, Arai Y. Is society tolerant enough to give the necessary priority to vulnerable adults when they need mobility support? J Am Geriatr Soc 2016; 64(8): 1741-1743.
  53. Arai Y, Kamimura N. Reliability and validity of the Japanese version of the caregiver self-efficacy scale around driving cessation of family members suffering from dementia. Psychogeriatrics 2017; 17: 210-211.
  54. Arai Y, Arai A, Mizuno Y, Kamimura N, Ikeda M. The creation and dissemination of downloadable information on dementia and driving from a social health perspective. Psychogeriatrics 2017; 17: 262-266.
  55. Arai Y, Noguchi C, Zarit SH. Potentially harmful behavior by caregivers may be predicted by a caregiver burden scale. Int J Geriatr Psychiatry 2017; 32: 582-583.
  56. Miyabayashi I, Washio M, Toyoshima Y, Ogino H, Hata T, Horiguchi I, Arai Y. Factors related to heavy burden among Japanese family caregivers of disabled elderly with home-visiting nursing services under the public long-term care insurance system. IMJ 2018; 25(2) (in press).

英文による総説

  1. Arai Y. Family caregiver burden and quality of home care in the context of the Long-Term Care insurance scheme: An overview. Psychogeriatrics 2006; 6(3): 134-138.
  2. Arai Y, Arai A, Mizuno Y. The National Dementia Strategy in Japan. Int J Geriatr Psychiatry 2010; 25(9): 896–899.
  3. Arai Y, Zarit SH. Exploring strategies to Alleviate Caregiver Burden: The Effects of the National Long-term Care Insurance Scheme in Japan. Psychogeriatrics 2011; 11(3): 183-189.
  4. Washio M, Arai Y, Oura A, Miyabayashi I, Onimaru M, Mori M. Family Caregiver Burden and Public Long-Term Care Insurance System in Japan. IMJ 2012; 19(3): 229-233.

英文による著書

  1. Arai Y. Japan Breaks with Long Family Caregiving Tradition: New Long-Term Care (LTC) Insurance Scheme. In: Duvvuru J, Kalavar JM, Khan AM, Liebig PS, editors. Global ageing care concerns and special perspectives. New delhi: Kanishka Publishers & Distributors, 2014: 38-45.
  2. Arai Y. Long-term-care systems. In: World Health Organization. World report on Ageing and Health. Geneva, 2015: 127-155 (as an additional contributor as well as a peer reviewer).

和文による原著

  1. 鷲尾昌一,斎藤重幸,荒井由美子,高木 覚,大西浩文, 磯部 健,竹内 宏,大畑純一,森 満,島本和明.北海道農村部の高齢者を介護する家族の介護負担に影響を与える要因の検討:日本語版Zarit介護負担尺度(J-ZBI)を用いて.日本老年医学会雑誌 2005;42(2):221-228.
  2. 新田順子,熊本圭吾,荒井由美子.訪問看護師から見た介護者の介護負担の実態.日本老年医学会雑誌 2005;42(2):181-185.
  3. 工藤 啓,吉田俊子,岡田彩子,荒井由美子,板宮 栄.宮城県区市町村に対しての食塩摂取アンケート調査について-お茶漬け状況および区市町村の減塩目標設定に焦点を当てて-.公衆衛生情報みやぎ 2005; 338: 13-16.
  4. 工藤 啓,荒井由美子.汎用性のある市町村健康増進計画策定法の試みについて-住民参加型策定方法への対応に向けて-.宮城大学看護学部紀要 2005; 8(1): 143-148.
  5. 荒井由美子,熊本圭吾,傳農 寿,北本正和.わが国の一般生活者の高齢社会に対する意識.日本医事新報 2005;4229:23-27.
  6. 工藤 啓,荒井由美子.市町村の健康日本21の進捗状況と策定推進.公衆衛生 2005;69(5):398-400.
  7. 大浦麻絵,鷲尾昌一,森 満,輪田順一,荒井由美子.訪問看護サービスを利用する要介護高齢者の性差に関する特徴.保健師ジャーナル 2005;61(5):420-424.
  8. 三浦宏子,荒井由美子,山崎きよ子.在宅要介護高齢者ならびにその家族介護者における主観的言語コミュニケーション満足度の関連要因.日本老年医学会雑誌 2005;42(3):328-334.
  9. 増原宏明,村瀬邦彦.1999年7月老人保健適用者外来薬剤費一部負担無料化の効果.季刊社会保障研究 2005;40(4):362-372.
  10. 大浦麻絵,鷲尾昌一,桑原裕一,橋本恵理,荒井由美子,森 満.介護保険導入前後における福岡県K地区においての要介護高齢者を介護する家族の抑うつ.札幌医学雑誌 2005;74(1-2):5-8.
  11. 荒井由美子,熊本圭吾,杉浦ミドリ,鷲尾昌一,三浦宏子,工藤 啓.在宅ケアの質評価法 (Home Care Quality Assessment Index: HCQAI) の開発.日本老年医学会雑誌 2005; 42(4) 432-443.
  12. 鷲尾昌一,荒井由美子,大浦麻絵,山崎律子,井手三郎,和泉比佐子,森 満.介護保険導入後の介護負担と介護者の抑うつー導入前から5年後までの訪問看護サービス利用者を対象とした調査からー.臨牀と研究 2005;82(8):100(1366)-104(1370).
  13. 工藤 啓,吉田俊子,荒井由美子.主病名と第2病名による簡易国保医療費分析の試み―大和町での国保医療費分析(中間報告)から―.公衆衛生情報みやぎ 2005;343(7):15-18.
  14. 工藤 啓,荒井由美子.ヘルスケア情報のIT化について-特に携帯用端末(PDA:Personal Digital assistants)の活用について-.公衆衛生情報みやぎ 2006;350: 10-12.
  15. 新井明日奈,荒井由美子,松本光央,池田 学.認知症高齢者の運転行動の実態-家族介護者からの評価-.日本医事新報 2006;4272: 44-48.
  16. 熊本圭吾,荒井由美子.在宅ケアの質評価法 Home Care Quality Assessment Index: HCQAIの妥当性の検証.日本老年医学会雑誌 2006; 43(4): 518-524.
  17. 増原宏明.就業期累積医療費と医療貯蓄勘定~レセプトデータを用いたシミュレーション例~.フィナンシャルレビュー 2006; 80: 94-116.
  18. 荒井由美子,佐々木恵,熊本圭吾.国立長寿医療センター方式訪問看護データベース入力支援システムの開発.日本医事新報 2006; 4285: 69-73.
  19. 安部幸志,荒井由美子,池田 学.家族が認知症となった場合の対処行動:一般生活者に対する調査から.日本医事新報 2006; 4292: 63-67.
  20. 工藤 啓,荒井由美子.住民検診を基にした地区診断について-宮城県大和町の年齢層にも留意した地区診断-.公衆衛生情報みやぎ 2006; 351: 21-25.
  21. 工藤 啓,瀬川香子,荒井由美子.中高年筋力トレーニング自主グループの活動支援とその医学的な効果について-宮城県大和町における自主グループ育成支援の試み-.公衆衛生情報みやぎ 2006; 353: 13-16.
  22. 工藤 啓,高橋和子,吉田俊子,荒井由美子.訪問看護ステーションにおけるデータベース電子カルテの可能性について-電子カルテ導入における課題とその展望-.公衆衛生情報みやぎ 2007; 363: 21-24.
  23. 上田照子,荒井由美子,西山利政.在宅要介護高齢者を介護する息子による虐待に関する研究.老年社会科学 2007; 29(1): 37-47.
  24. 北岡(東口)和代,佐々木恵,森河裕子,中川秀昭.General Coping Questionnaire (GCQ)特性版の看護者への適用と短縮版利用の可能性について.北陸公衆衛生学会誌 2007; 32(2): 56-59.
  25. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮井信行,宮下和久,荒井由美子.訪問看護を利用する要介護高齢者における家族の介護負担感の地域差.老年精神医学雑誌 2007;18(7):771-780.
  26. 安部幸志,荒井由美子.認知症の病名告知に対する希望に関する探索的検討:わが国の一般生活者における調査から.日本医事新報 2007; 4339: 64-68.
  27. 水野洋子,荒井由美子.英国における高齢者虐待の防止に係る施策:Protection of Vulnerable Adultsスキームの概要及び課題.老年社会科学 2007;29(3): 422-427.
  28. 安部幸志,荒井由美子,吉川羊子,後藤百万.看護・介護スタッフにおける排泄ケアに関する自己効力感尺度作成の試み.日本排尿機能学会誌 2007;18(2):275-279.
  29. 佐々木恵,新井明日奈,荒井由美子.家族の介護に対する意識:平成18年一般生活者調査から.日本医事新報 2008; 4382:70-73.
  30. 安部幸志,荒井由美子.一般生活者を対象とした認知症の症状に対する援助希求行動尺度の作成とその信頼性及び妥当性の検討.老年精神医学雑誌 2008;19:451-460.
  31. 佐々木恵,荒井由美子.国立長寿医療センター方式訪問看護データベース入力支援システムの導入効果.日本医事新報 2008;4404:73-75.
  32. 佐々木恵,新井明日奈,荒井由美子.要介護高齢者における死亡場所の希望と実際-訪問看護師による把握-.日本老年医学会雑誌 2008;45(6):622-626.
  33. 新井明日奈,荒井由美子.介護に関する事前の意思決定及び意思表示-わが国の一般生活者2,161名における実態-.日本老年医学会雑誌 2008;45(6):640-646.
  34. 鷲尾昌一,今村桃子,豊島泰子,中柳美恵子,荒井由美子.高齢者入所施設における入所者と看護・介護職員に対するインフルエンザワクチンと入所者に対する肺炎球菌ワクチンの接種状況-福岡県での調査より-.臨牀と研究 2008;85(10):97(1467)-101(1471).
  35. 西川浩平,増原宏明,荒井由美子.人工透析患者における外来受診行動についての分析.季刊社会保障研究 2009;44(4):460-472.
  36. 上田照子,三宅真理,西山利正,田近亜蘭,荒井由美子.要介護高齢者の息子による虐待の要因と多発の背景.厚生の指標 2009;56(6):19-26.
  37. 水野洋子,新井明日奈,荒井由美子.経済連携協定下での外国人介護福祉士候補者の受け入れに関する都道府県の問題意識.社会保険旬報 2009;2403:14-19.
  38. 鷲尾昌一,豊島泰子,今村桃子,東 治道,荒井由美子,井手三郎.九州地区における透析患者のインフルエンザ羅患,施設内流行と職員のワクチン接種.臨牀と研究 2010;87(3):94(384)-99(389).
  39. 柴田由己,安部幸志,新井明日奈,荒井由美子.一般生活者を対象とした認知症家族の介護に対する感情尺度の作成.日本老年医学会雑誌 2010;47(4):315-322.
  40. 豊島泰子,鷲尾昌一,高橋裕明,大熊和行,井手三郎,荒井由美子.三重県の高齢者入所施設における季節性・新型インフルエンザワクチンの接種状況.厚生の指標 2011;58(13):25-30.
  41. 上田照子,三宅眞里,荒井由美子.介護保険サービスの必要量利用の可否が家族介護者に及ぼす影響.厚生の指標 2012;59(3):8-13.
  42. 山崎律子,鷲尾昌一,荒井由美子.在宅要介護高齢者を介護する家族の介護負担感-都市部の訪問看護サービス利用者の調査より-.臨床と研究 2012;89(2):228-234.
  43. 水野洋子,荒井由美子.英国における認知症の早期診断における「かかりつけ医」の役割に関する検討:National Dementia Strategyの策定の背景に着目して.社会保険旬報 2012;2498:14-18.
  44. 水野洋子,荒井由美子.英国における認知症の早期診断における「かかりつけ医」の役割に関する検討:National Dementia Strategyの概要及び課題に着目して.社会保険旬報 2012;2499:24-29.
  45. 豊島泰子,鷲尾昌一,高橋裕明,井出三郎,荒井由美子.新型インフルエンザ(A/H1N1)流行シーズンにおける小中学生のインフルエンザワクチンの接種状況-ある学校法人の調査より-.日本公衆衛生雑誌 2012;59(6):390-398.
  46. 豊島泰子,鷲尾昌一,今村桃子,荒井由美子.訪問看護ステーションの管理者のインフルエンザワクチン接種に対する意識.厚生の指標 2012;59(12):7-11.
  47. 豊島泰子,福田清香,鷲尾昌一,荒井由美子.在宅で要介護高齢者を介護する家族介護者の介護負担.臨牀と研究 2015:92(3):87-91.

和文による総説

  1. 荒井由美子.要介護高齢者を介護する者の介護負担とその軽減に向けて.日本老年医学会雑誌 2005;42(2):195-198.
  2. 荒井由美子.家族介護者の介護負担.日本内科学会雑誌 2005;94(8):1548-1554.
  3. 荒井由美子.家族介護者の介護負担の評価および在宅ケアの質について.日本医師会雑誌 2005;134(6):1030-1031.
  4. 荒井由美子.家族の介護負担および在宅ケアの質の評価.モダンフィジシャン 2005;25(9):1150-1153.
  5. 安部幸志,荒井由美子.認知症における社会的資源の活用:一般生活者の高齢社会に対する意識調査から.精神科 2005;7(3):219-225.
  6. 荒井由美子.家族の介護負担と在宅ケアの質の評価.精神科 2005;7(4):339-344.
  7. 荒井由美子,新井明日奈.高齢者への交通安全対策-認知症高齢者の運転を中心として-.精神神経学雑誌 2005;107(12):1335-1343.
  8. 荒井由美子,熊本圭吾,佐々木恵,工藤 啓.在宅ケアの質を測る新しい評価法:HCQAI.公衆衛生 2006;70(7):535-538.
  9. 上村直人,池田 学,荒井由美子,野村美千江,博野信次.認知症と社会的側面~わが国における認知症ドライバー研究の動向~.脳と神経2006; 58(6): 463-470.
  10. 荒井由美子.介護保険制度下における家族介護.日本社会精神医学会雑誌 2006;15(1):79-85.
  11. 新井明日奈,荒井由美子,Zarit SH.BPSDによる家族介護者の負担およびその軽減策:介護者への介入を中心として.精神科 2006;9(1): 48-56.
  12. 池田 学,上村直人,荒井由美子,野村美千江,博野信次.認知症高齢者の自動車運転と権利擁護に関する研究.公衆衛生 2006; 70(9): 692-694.
  13. 荒井由美子.高齢者・高齢社会に対する意識と自分自身や家族が認知症になった場合の意識・行動:2004年一般生活者調査.Dementia Care Support 2006;臨時増刊号:18-22.
  14. 鷲尾昌一,荒井由美子,稲葉佳江.高齢化社会における公衆衛生看護・地域看護と疫学教育の役割.臨牀と研究 2006;83(10):112(1538)-114(1540).
  15. 新井明日奈,佐々木恵,荒井由美子.医療制度・介護保険制度に対する認識と不安:2006年一般生活者調査から.Geriatric Medicine 2007;45(2):139-144.
  16. 水野洋子,荒井由美子.介護者支援のあり方:英国のCarers Actに着目して.日本医事新報 2007;4329:81-84.
  17. 佐々木恵.ストレス・コーピング尺度とは? 肥満と糖尿病 2007; 6(5): 786-787.
  18. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.認知症患者の交通安全対策について.精神科 2007;11(1):50-55.
  19. 荒井由美子,新井明日奈.認知症患者の自動車運転:社会支援の観点から.日本臨牀 2008; 66(増刊号1 アルツハイマー病): 467-471.
  20. 荒井由美子,新井明日奈.認知症患者の自動車運転に対する家族介護者の意識と困難.老年精神医学雑誌 2008; 19(増刊号1): 149-153.
  21. 荒井由美子.家族介護に関する諸問題.Psychiatry Today 2008;18:19-21.
  22. 荒井由美子.認知症患者の生存期間:14年間追跡データに基づく一般人口コホート研究の解析結果.The Mainichi Medical Journal 2008;4(7):572-573.
  23. 工藤 啓,荒井由美子.中間評価を経た市町村健康日本21計画について.公衆衛生情報みやぎ 2008;381:17-20.
  24. 荒井由美子,新井明日奈,水野洋子.認知症と社会支援.診断と治療 2008;96(11):2371-2375.
  25. 荒井由美子,新井明日奈,水野洋子.認知症患者の運転:社会支援の必要性.精神神経学雑誌 2009;111(1):101-107.
  26. 荒井由美子,新井明日奈,水野洋子.認知症高齢者と運転:社会支援のあり方.老年期認知症研究会誌 2010;17:76‐81.
  27. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転に対する社会支援のあり方.月刊福祉 2011;2:44‐45.
  28. 荒井由美子,水野洋子.認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル.公衆衛生 2011;75(4): 310-312.
  29. 工藤啓,佐々木裕子,荒井由美子.加美町第二期健康日本21地方計画策定について.公衆衛生情報みやぎ 2011;412:4-7.
  30. 工藤啓,佐々木裕子,荒井由美子.管理職としての保健師の組織運営・管理論とは.保健師ジャーナル 2011;67(6):476-480.
  31. 荒井由美子.Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI).日本臨床 2011;69(8):459-463.
  32. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための「介護者支援マニュアル」の概要及び社会支援の現況.Geriatric Medicine 2012;50(2):159-163.
  33. 荒井由美子,水野洋子.認知症高齢者の自動車運転を考える:家族介護者への支援.交通安全教育2012;47(11):6-15.
  34. 鷲尾昌一,豊島泰子,山崎律子,宇佐いづみ,荒井由美子.家族介護者の介護負担に関連する要因-要介護高齢者の介護者の介護負担を中心に-.臨床と研究 2012;89(12):75(1687)-79(1691).
  35. 工藤啓,荒井由美子.健康日本21(第二次)地方計画について-加美町第Ⅱ期健康増進計画「げんき加美町21」を支援の立場から-.公衆衛生情報みやぎ 2013;417:7-9.
  36. 熊本圭吾,荒井由美子.高齢社会における希望の醸成.老年精神医学雑誌 2013;24(1):18-25.
  37. 荒井由美子.アジア・太平洋地域における高齢者のメンタルヘルス向上のための心理社会的研究コンソーシアム(PROMOTE):日本における高齢者のメンタルヘルスに関する心理社会的研究:知見普及に係る課題.Psychiatry Today 2014;34:22.
  38. 荒井由美子.国際的評価法の日本語版作成から応用までの道のり:Zarit介護負担尺度日本語版および短縮版.CNS today 2014;4(3):22-23.
  39. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の外出・移動支援の現況および家族介護者から求められる支援の在り方.老年精神医学雑誌 2015;26(12):1388-1393.
  40. 水野洋子,荒井由美子.認知症罹患運転者:現行法の射程及び求められる支援の方向性.Modern Physician 2017;37(2):133-137.
  41. 荒井由美子.Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)と短縮版(J-ZBI_8)の概説およびJ-ZBI_8の新たな利用法.臨床精神医学 2016;45(5):591-596.
  42. 荒井由美子,水野洋子.認知症に罹患した高齢運転者及び、その家族介護者への支援:「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」の概要及び作成の背景となった調査の結果.老年精神医学雑誌 (印刷中)
  43. 荒井由美子.認知症高齢者およびその家族介護者への支援:Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)、短縮版(J-ZBI_8)および「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル©」の作成.日本社会精神医学会雑誌(印刷中)

和文による著書

  1. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂, 編.シンプル衛生公衆衛生学 2005.東京:南江堂, 2005:293-303.
  2. 荒井由美子.家族介護者の介護負担.武田雅俊, 編.現代老年精神医療.東京:永井書店, 2005: 263-267.
  3. 熊本圭吾, 荒井由美子.高齢者の心理的支援.武田雅俊, 編.現代老年精神医療.東京:永井書店, 2005:294-298.
  4. 荒井由美子.介護負担-現状と対策-.柳澤信夫,監修.長寿科学振興財団,編.老年期痴呆の克服をめざして. 東京:医学書院,2005:227-232.
  5. 増原宏明, 熊本尚雄, 細谷圭.自己負担率の変化と患者の受診行動.田近栄治, 佐藤主光, 編.医療と介護の世代間格差:現状と改革.東京:東洋経済新報社, 2005:11-31.
  6. 荒井由美子.介護負担の評価.鳥羽研二,編.日常診療に活かす老年病ガイドブック第7巻 高齢者への包括的アプローチとリハビリテーション.東京:メジカルビュー社,2006:128-133.
  7. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道茂,編.シンプル衛生公衆衛生学 2006.東京:南江堂,2006:295-305.
  8. 荒井由美子,佐々木恵,熊本圭吾.在宅ケアの質の評価::HCQAI.大内尉義,編.日常診療に活かす老年病ガイドブック第8巻 高齢者の退院支援と在宅医療.東京:メジカルビュー社,2006:182-187.
  9. 佐々木恵.特性的・状況的コーピングと適応 谷口弘一・福岡欣治,編著. 対人関係と適応の心理学 -ストレス対処の理論と実践-.京都:北大路書房,2006: 39-52.
  10. 安部幸志.老年期の健康心理.小林芳郎,編著.健康のための心理学.大阪:保育出版社,2006:93-97.
  11. 荒井由美子 .精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.小山洋・辻 一郎,編.シンプル衛生公衆衛生学 2007.東京:南江堂, 2007: 299-309.
  12. 荒井由美子,熊本圭吾.高齢者を介護する家族の負担.中村利孝,編.整形外科学体系25巻 高齢者の運動器疾患.東京:中山書店,2007:284-287.
  13. 荒井由美子.家族介護者の介護負担.柳澤信夫,編.認知症の予防と治療. 東京:長寿科学振興財団, 2007:225-231.
  14. 増原宏明.限界効果(分担執筆・翻訳).Kreps,著.MBAのためのミクロ経済学入門I 価格と市場.東京:東洋経済新報社,2008:61-100.
  15. 増原宏明.需要関数(分担執筆・翻訳).Kreps,著.MBAのためのミクロ経済学入門I 価格と市場.東京:東洋経済新報社,2008:101-136.
  16. 増原宏明.消費者行動のモデリング(分担執筆・翻訳).Kreps,著.MBAのためのミクロ経済学入門I 価格と市場.東京:東洋経済新報社,2008:137-174.
  17. 増原宏明.リスク回避と期待効用(分担執筆・翻訳).Kreps,著.MBAのためのミクロ経済学入門II ゲームと経営戦略.東京:東洋経済新報社,2009:3-34.
  18. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.小山 洋・辻 一郎,編.シンプル衛生公衆衛生学 2008.東京:南江堂,2008: 307-318.
  19. 安部幸志.エイジングに関する縦断研究のデザインと分析(分担執筆・翻訳).Birren & Schaie, 著.エイジング心理学ハンドブック.京都:北大路書房,2008: 13-27.
  20. 荒井由美子,熊本圭吾.高齢者リハビリテーションと介護.武田雅俊,編.改訂・老年精神医学講座;総論.東京:ワールドプランニング, 2009:197-212.
  21. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.小山 洋・辻 一郎,編.シンプル衛生公衆衛生学 2009.東京:南江堂, 2009:307-318.
  22. 荒井由美子,花岡智恵.世帯構成の推移と将来予測.井藤英喜・大島伸一・鳥羽研二,編.統計データでみる高齢者医療.東京:文光堂, 2009:46.
  23. 荒井由美子,花岡智恵.都道府県別の高齢者独居・夫婦のみ世帯数.井藤英喜・大島伸一・鳥羽研二,編.統計データでみる高齢者医療.東京:文光堂, 2009:47.
  24. 荒井由美子,花岡智恵.高齢者の経済力-収入・年金・預貯金など-.井藤英喜・大島伸一・鳥羽研二,編.統計データでみる高齢者医療.東京:文光堂, 2009:48.
  25. 荒井由美子,花岡智恵.高齢者の就業状態.井藤英喜・大島伸一・鳥羽研二,編.統計データでみる高齢者医療.東京:文光堂, 2009:49.
  26. 荒井由美子,新井明日奈.高齢者の社会参加.井藤英喜・大島伸一・鳥羽研二,編.統計データでみる高齢者医療.東京:文光堂, 2009:50.
  27. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.辻 一郎・小山 洋,編.シンプル衛生公衆衛生学 2010.東京:南江堂, 2010:315-326.
  28. 荒井由美子.精神障害の現状と動向.鈴木庄亮・久道 茂,監修.辻 一郎・小山 洋,編.シンプル衛生公衆衛生学 2011.東京:南江堂, 2011:311-322.
  29. 荒井由美子.精神障害の現状と分類.鈴木庄亮・久道 茂,監修.辻 一郎・小山 洋,編.シンプル衛生公衆衛生学 2012.東京:南江堂,2012:307-318.
  30. 荒井由美子.精神障害の現状と分類.鈴木庄亮・久道 茂,監修.辻 一郎・小山 洋,編.シンプル衛生公衆衛生学 2013.東京:南江堂,2013:313-325.
  31. 荒井由美子,新井明日奈,水野洋子.認知症高齢者と自動車運転-社会支援の観点から.池田 学,編.脳とこころのプライマリケア 2 知能の衰え.東京:シナジー,2013:150-159.
  32. 荒井由美子,水野洋子.介護負担と介護者支援:介護者への情報提供を中心に.中島健二・天野直二・下濱 俊・冨本秀和・三村 將,編.認知症ハンドブック.東京:医学書院,2013:427-433.
  33. 荒井由美子.Zarit介護負担尺度日本語版(J-ZBI)および、その短縮版(J-ZBI_8).山内俊雄・鹿島晴雄,編.精神・心理機能評価ハンドブック.東京:中山書店,2015:465-468.

その他

  1. 武田雅俊,新井平伊,荒井由美子,新福尚武,目黒謙一.座談会 世界の老年精神医学の動向.老年精神医学雑誌 2006; 17; 87-102.
  2. 荒井由美子.日本衛生学会75周年記念によせて.日本衛生学雑誌2006;61(特別号):29.
  3. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転に対する社会支援のあり方に関する検討:研究成果の国民への還元.厚生科学WEEKLY,2011年1月7日(473号).
  4. 新井平伊,荒井由美子,粟田主一,池田学,上村直人.座談会 認知症の最新動向と社会精神医学の貢献.日本社会精神医学会雑誌 2016;25(1):19-32.

先頭へ戻る

シンポジウム・特別講演・受賞対象講演など

  1. 荒井由美子.認知症患者と運転免許:道路交通法とその適用.(シンポジウム)第101回日本精神神経学会シンポジウム6(痴呆高齢者の自動車運転と権利擁護),2005年5月18-20日(発表18日),埼玉県さいたま市.
  2. 荒井由美子.介護保険制度下における家族介護者.(シンポジウム)第20回日本老年精神医学会シンポジウムⅢ(老年精神医療における介護保険),2005年6月16-17日(発表17日),東京都.
  3. 荒井由美子.介護保険制度と家族介護.(シンポジウム)第25回日本社会精神医学会シンポジウムⅡ(高齢社会における地域と家族),2006年2月23-24日(発表24日),東京都.
  4. 佐々木恵.特性的コーピング,状況的コーピングの測定と臨床応用.(シンポジウム)日本健康心理学会第19回大会会員企画シンポジウム(コーピングの測定法に関する諸問題),2006年9月8-9日(発表9日),京都市.
  5. 佐々木恵.インベントリーによるストレスの測定.(シンポジウム)日本心理臨床学会第25回大会自主シンポジウム(ストレスについて考える –認知・行動療法からのアプローチ-),2006年9月16日,大阪府吹田市.
  6. 荒井由美子,新井明日奈.認知症高齢者の自動車運転に対する家族介護者の意識.(シンポジウム).アルツハイマー病研究会第八回学術シンポジウム,2007年4月14日,東京都.
  7. Arai Y. Caregiver issues: a Japanese perspective (Symposium). The 13th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2007 October 14-18 (Presentation: October 15), Osaka, Japan.
  8. Arai Y. Paradigm shift away from family caregiving for the aging Japanese population (Symposium). 8th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics, 2007 October 22-25 (Presentation: October 23), Beijing, China.
  9. 荒井由美子,池田学.認知症患者の運転:日常臨床の問題点と社会支援の必要性.(教育講演).第104回日本精神神経学会総会, 2008年5月29-31日(発表30日),東京都.
  10. 安部幸志.高齢者心理研究の研究方法について.(話題提供者)日本心理学会第72回大会ワークショップ(高齢者心理研究の現状と課題~エイジング・ハンドブック翻訳から見えてきたこと~),2008年9月19-21日(発表20日),北海道札幌市.
  11. 荒井由美子.認知症患者および家族への社会支援.(シンポジウム).第24回日本老年精神医学会シンポジウム,2009年6月18-20日(発表20日),神奈川県横浜市.
  12. Arai Y. Exploring Measures to Prevent Caregiver Burden: The Effects of the National Long-term Care Insurance Scheme in Japan (plenary lecture). The 14th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2009 September 1-5 (Presentation: September 3), Montreal, Canada.
  13. Arai Y. Support systems for family caregivers of older people with dementia in Japan (Symposium). The 3rd Congress of the Asian Society Against Dementia(ASAD 2009), 2009 October 11-13 (Presentation: October 13), Seoul, Korea.
  14. 荒井由美子.認知症と自動車運転:患者・家族支援の観点から.(教育講演).第52回日本老年社会科学会大会,2010年6月17-18日(発表17日),愛知県東浦町.
  15. 荒井由美子.認知症と自動車運転:社会支援に着目して.認知症医療にかかわる専門職のための公開講座(共催 日本老年精神医学会,熊本県認知症疾患医療センター),2010年6月26日,熊本市.
  16. Arai Y. A population-based approach could reduce caregiver burden: a community education intervention in Japan (Symposium). Alzheimer’s Association International Conference on Alzheimer’s Disease 2010 (ICAD), 2010 July 10-15 (Presentation: July 12), Honolulu, Hawaii.
  17. 荒井由美子.高齢運転者と認知症について:高齢者の交通事故防止の観点から.高齢者交通事故防止パネルディスカッション.警視庁 平成22年秋の全国交通安全運動高齢者交通安全のつどい,2010年9月3日,東京都.
  18. 荒井由美子.認知症と自動車運転:患者・家族支援および多職種連携の観点から.第2回認知症高齢者自動車運転を考える研修会,2010年10月9日,山口県山口市.
  19. 荒井由美子.認知症患者の自動車運転:家族の介護負担と社会支援.(特別講演).第11回介護保険に関する懇話会, 2011年3月5日, 愛知県豊田市.
  20. 荒井由美子.介護負担および介護者支援マニュアル作成:認知症と自動車運転.(特別講演).第19回山陰認知症ケア研究会,2011年6月4日,鳥取県米子市.
  21. Arai Y. Knowledge and attitude towards dementia among the general public in Japan (Symposium). The 3rd World Congress of Asian Psychiatry (WCAP 2011), 2011 July 31-August 4 (Presentation: August 1), Melbourne, Australia.
  22. Arai Y. The impact of downloadable information on dementia and driving, which targets family caregivers and professionals in municipalities (Symposium). The 15th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2011 September 6-9 (Presentation: September 9), The Hague, Netherlands.
  23. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転を考える:家族介護者への支援.警視庁 高齢者交通指導員研修会,2012年6月15日,東京都.
  24. 熊本圭吾.JOQOL:評価尺度作成と短縮版の作成.(教育研修講演).第14回日本骨粗鬆症学会,2012年9月27-29日(発表27日),新潟市.
  25. 荒井由美子.認知症患者の家族介護者の介護負担と情報提供による介護者支援.第32回日本社会精神医学会 イブニングセミナー(招待講演),2013年3月7日-8日(発表7日),熊本市.
  26. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転を考える:社会支援の視点から(シンポジウム).第16回日本病院脳神経外科学会(招待講演),2013年7月21日,広島県福山市.
  27. Arai Y. Psychosocial Research about mental health of older people in Japan: Challenges in disseminating findings (Symposium). The 16th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2013 October 1-4 (Presentation: October 2), Seoul, Korea.
  28. Arai Y. Depression among family caregivers of community-dwelling older people who used services under the Long Term Care Insurance program: a large-scale population-based study in Japan (Free Communication). The 16th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2013 October 1-4 (Presentation: October 4), Seoul, Korea (Received the Award for the Best Presentation).
  29. Arai Y. When driving capacity is lost: a support manual for carers (plenary lecture). 1st Annual International Capacity Conference, 2014 September 20, Wanchai, Hong Kong.
  30. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転を考える.日本認知症ケア学会第49回教育講演,2015年9月5日,大阪市.
  31. Arai Y. The Long-Term Care insurance in Japan: the past and the present (Symposium). The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD), 2015 September 14-16 (Presentation: September 15), Kumamoto, Japan.
  32. Arai Y. Caregiver burden scales and public health: using the original and short versions of the Zarit Burden Interview (J-ZBI and J-ZBI_8) (Symposium). The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD), 2015 September 14-16 (Presentation: September 15), Kumamoto, Japan.
  33. Arai Y. Driving capacity and dementia: a support manual for caregivers in Japan (Invited lecture). Hong Kong Psychogeriatric Association (HKPGA) Capacity Conference cum Annual General Meeting 2015, 2015 December 5, Kowloon, Hong Kong.
  34. 荒井由美子.家族介護者の介護負担把握と情報提供による介護者支援の実践例:介護者支援マニュアルの作成.心理教育・家族教室ネットワーク第19回研究集会(特別講演),2016年3月21日,東京都.
  35. 荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転:認知症高齢者の安全と安心のために.毎日新聞社主催シンポジウム第2回認知症800万人時代 認知症の人とその家族をどう守るか?(基調講演).2016年7月10日,大阪市.
  36. 荒井由美子.認知症と自動車運転:当事者および家族支援の観点から.第1回自動車運転に関する合同研究会(特別講演),2017年1月21日,北九州市.
  37. 荒井由美子.家族介護者の介護負担把握と介護者支援マニュアルの作成(シンポジウム).第36回日本社会精神医学会,2017年3月3日,東京都.
  38. 荒井由美子.認知症と自動車運転:ご本人と家族介護者への支援(プレナリー).アルツハイマー病研究会 プレナリーセッション2,2017年4月22日,東京

先頭へ戻る

学会発表

  1. 鷲尾昌一,大浦麻絵,荒井由美子,山崎律子,井手三郎,和泉比佐子,森 満.介護者の抑うつの割合と介護負担の経年的変化:介護保険制度導入前~5年目間で.第15回日本疫学会学術総会,2005年1月21日,滋賀県大津市.
  2. 大浦麻絵,鷲尾昌一,荒井由美子,井手三郎,山崎律子,輪田順一,桑原裕一,森 満.介護者の抑うつに関連する要因:介護保険制度導入前後での検討.第15回日本疫学会学術総会,2005年1月21日,滋賀県大津市.
  3. 山崎律子,堤 千代,鷲尾昌一,荒井由美子,井手三郎.訪問看護サービスを利用している主介護者の介護負担の要因.第15回日本疫学会学術総会,2005年1月21日,滋賀県大津市.
  4. 三浦宏子,荒井由美子,山崎きよ子.在宅要介護高齢者における摂食・嚥下障害リスクと口腔ケア実施状況.第47回日本老年医学会,2005年6月15-17日(発表16日),東京.
  5. 松本光央,池田 学,豊田泰孝,上村直人,荒井由美子,田辺敬貴.ドライビングシミュレーターを用いたアルツハイマー病患者の運転能力評価の試み.第20回日本老年精神医学会,2005年6月16-17日(発表17日),東京都.
  6. 安部幸志 介護福祉サービスに対する満足感とサービスへの評価が介護ストレスに与える影響. 第47回日本老年社会科学会大会, 2005年6月16-17日(発表17日),東京都.
  7. 森田敬史, 王健, 大橋陽, 舩原徹雄, 安部幸志, 恒藤暁, 藤田綾子 高齢者のlocus of controlに関する日中比較研究. 第47回日本老年社会科学会大会, 2005年6月16-17日(発表17日),東京都.
  8. 安部幸志 社会的支援が介護ストレスに与える影響に関する縦断的検討.日本心理学会第69回大会,2005年9月10-12日(発表12日),東京都
  9. 三浦宏子,荒井由美子,山崎きよ子.在宅要介護高齢者における口腔ケア実施に関する要因分析.日本公衆衛生学会,2005年9月14-16日(発表16日),北海道札幌市.
  10. 大浦麻絵,鷲尾昌一,輪田順一,荒井由美子,森 満.在宅要介護高齢者の入院・入所のリスク要因.日本公衆衛生学会,2005年9月14-16日(発表16日),北海道札幌市.
  11. 新井明日奈,勝亦百合子,石田晃造,富盛 雅,沖 真理子,玉城英彦.北海道M町における高齢者の日常的活動と抑うつ症状との関連性に関する研究.日本公衆衛生学会,2005年9月14-16日(発表16日),北海道札幌市.
  12. 佐々木恵. ストレス・コーピングと精神健康度が知覚された心理援助サービスの必要性に与える影響.日本行動療法学会,2005年10月8-10日(発表10日),広島県広島市.
  13. Abe K, Tsuneto S, Fujita A. Reductive effects of social support and caregiving mastery on caregiver’s stress. The 58th Annual Scientific Meeting of the Gerontological Society of America, 2005 November 18-23 (Presentation: November 21), Orlando, USA.
  14. 鷲尾昌一,竹居田和之,荒井由美子,大浦麻絵,鈴木 拓,園田智子,坂内文男,森 満.寒冷地で要介護高齢者を介護する家族介護者の抑うつ―北海道稚内市の訪問看護ステーション利用者調査より―.第16回日本疫学会学術総会,2006年1月23-24日(発表23日),名古屋市.
  15. 佐々木恵,熊本圭吾,荒井由美子.要介護高齢者介護者の介護負担を規定する要因の検討.第16回日本疫学会学術総会,2006年1月23-24日(発表23日),名古屋市.
  16. 前田健次.メタ回帰分析による、HMG-CoA還元酵素阻害薬の動脈硬化性疾患の予防効果に影響する要因の検討.第16回日本疫学会学術総会,2006年1月23-24日(発表23日),名古屋市.
  17. 吉益光一,鷲尾昌一,倉澤茂樹,宮井信行,宮下和久,荒井由美子.要介護高齢者を介護する家族の介護負担の地域差について.第76回日本衛生学会総会,2006年3月25-28日(発表26日),山口県宇部市.
  18. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮井信行,宮下和久,荒井由美子.要介護高齢者を介護する家族介護者の抑うつ状態に関連する要因.第76回日本衛生学会総会,2006年3月25-28日(発表26日),山口県宇部市.
  19. 増原宏明.有限混合タイプ2 Tobitモデルの比較と医療費の推定.2006年度日本経済学会春期大会,2006年6月3-4日(発表3日),福島県福島市.
  20. Kubota K, Masuhara H, Hosoya K, Yoh K, Niho S, Goto K, Ohmatsu H, NishiwakiY, Saijo N. Trends in demographics and survival for patients (pts) with advanced non-small cell lung cancer (NSCLC). The 42nd American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting, 2006 June 2-6 (Presentation: June 4), Atlanta, USA.
  21. 佐々木恵,熊本圭吾,荒井由美子.「国立長寿医療センター方式訪問看護データベース入力支援システム」の開発.第48回日本老年医学会学術集会,2006年6月7-9日(発表8日),石川県金沢市.
  22. 安部幸志,荒井由美子.一般生活者を対象とした認知症における援助希求行動尺度の作成と妥当性に関する検討.第48回日本老年社会科学会大会,2006年6月24日-25日(発表25日),兵庫県西宮市.
  23. 水野 洋子,荒井由美子.高齢者虐待の防止に係る施策―英国におけるProtection of Vulnerable Adults(POVA)スキームの概要と課題―.第48回日本老年社会科学会大会,2006年6月24日-25日(発表25日),兵庫県西宮市.
  24. 増原宏明,田近栄治,荒井由美子.高齢期までの累積医療費格差の分析―セミパラメトリックモデルによるシミュレーション例―.第48回日本老年社会科学会大会,2006年6月24日-25日(発表25日),兵庫県西宮市.
  25. 上田照子,荒井由美子.高齢者を介護する息子の実態と虐待の背景要因.第48回日本老年社会科学会大会,2006年6月24-25日(発表25日), 兵庫県西宮市.
  26. Miura H, Arai Y. Oral Health Care Needs and Provision for the impaired elderly. 84th General Session & Exhibition of IADR (Internation Association for Dental Research). 2006 June 28-July 1 (Presentation: June 29), Brisbane, Australia.
  27. 佐々木恵,新田順子,安部幸志,荒井由美子.家族介護者による要介護高齢者に対する虐待の関連要因.第21回日本老年精神医学会大会,2006年6月30日-7月1日(発表30日),東京都.
  28. 安部幸志,荒井由美子.わが国の一般生活者における認知症の病名告知に対する希望に関する探索的検討.第21回日本老年精神医学会大会,2006年6月30日-7月1日(発表30日),東京都.
  29. 新井明日奈,荒井由美子,松本光央,池田 学.認知症高齢者における自動車運転の実態―家族介護者からの評価―.第21回日本老年精神医学会大会,2006年6月30日-7月1日(発表1日),東京都.
  30. 佐々木恵,北岡(東口)和代,森河裕子,中川秀昭.看護師におけるストレス・コーピングとバーンアウトの因果関係.日本健康心理学会第19回大会,2006年9月8-9日(発表8日),京都市.
  31. 安部幸志.在宅要介護高齢者の家族介護者における身体的ストレス反応.日本健康心理学会第19回大会,2006年9月8-9日(発表9日),京都市.
  32. 上田照子,荒井由美子,西山利正.在宅要介護高齢者における家族による虐待-息子を中心として-.第65回日本公衆衛生学会総会,2006年10月25-27日(発表27日),富山市.
  33. 三浦宏子,山崎きよ子,荒井由美子.地域高齢者の摂食・嚥下障害評価指標の開発とその応用性に関する検討.第65回日本公衆衛生学会総会,2006年10月25-27日(発表27日),富山市.
  34. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮井信行,宮下和久,荒井由美子.要介護高齢者を介護する家族の介護負担感の地域差について:要因とその背景の検討.第65回日本公衆衛生学会総会,2006年10月25-27日(発表27日),富山市.
  35. 新井明日奈,荒井由美子 .認知症患者の自動車運転に関する課題の検討.第65回日本公衆衛生学会総会,2006年10月25-27日(発表27日),富山市.
  36. 佐々木恵,北岡(東口)和代,森河裕子,中川秀昭.General Coping Questionnaire (GCQ) 特性版の看護師への適用.第65回日本公衆衛生学会総会,2006年10月25-27日(発表26日),富山市.
  37. 安部幸志.在宅要介護高齢者の家族介護者における身体的健康に関する予備的検討.日本心理学会第70回大会,2006年11月3-5日(発表3日),福岡市.
  38. Abe K, Arai Y. Dementia-Related Help-Seeking Behavior among the general population in Japan. The 59th Annual Scientific Meeting of the GerontologicalSociety of America, 2006 November 16-20 (Presentation: November 18),Dallas, USA.
  39. 佐々木恵,荒井由美子.「国立長寿医療センター方式訪問看護データベース入力支援システム」の導入効果の検討.第17回日本疫学会学術総会,2007年1月26-27日(発表26日),広島市.
  40. 荒井由美子,増原宏明.終末期医療費と所得格差;国民健康保険診療報酬明細書による一例(その1).第49回日本老年社会科学会大会,2007年6月20日-22日(発表20日),北海道札幌市(第25回日本老年学会総会合同ポスターに選出).
  41. 増原宏明,荒井由美子.終末期医療費と所得格差;国民健康保険診療報酬明細書による一例(その2).第49回日本老年社会科学会大会,2007年6月20日-22日(発表20日),北海道札幌市(第25回日本老年学会総会合同ポスターに選出).
  42. 水野 洋子,荒井由美子.介護者支援施策の方向性に関する検討-英国のCarers Actに着目して-.第49回日本老年社会科学会大会,2007年6月20日-22日(発表21日),北海道札幌市.
  43. 安部幸志, 大橋明.特別養護老人ホームにおける介護福祉サービスに対する自己評価指標の開発の試み.第49回日本老年社会科学会大会,2007年6月20日-22日(発表22日),北海道札幌市.
  44. 新井明日奈,佐々木恵,荒井由美子.わが国の一般生活者における介護に関する要望と意思表示の実態.第49回日本老年社会科学会大会,2007年6月20日-22日(発表22日),北海道札幌市.
  45. 新井明日奈,佐々木恵,荒井由美子.一般生活者における高齢者に対するイメージ:サクセスフルエイジングに向けた一考察.第66回日本公衆衛生学会総会,2007年10月24日-26日(発表26日),愛媛県松山市.
  46. 佐々木恵,新井明日奈,荒井由美子.要介護高齢者における在宅死希望の有無に関する実態について.第66回日本公衆衛生学会総会,2007年10月24日-26日(発表26日),愛媛県松山市.
  47. 上田照子,荒井由美子,西山利正.在宅要介護高齢者における息子による虐待に関する研究.第66回日本公衆衛生学会総会,2007年10月24日-26日(発表26日),愛媛県松山市.
  48. Masuhara H, Arai Y. Medical expenditure of patients with Alzheimer's disease: do the rich spend more? The 13th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2007 October 14-18 (Presentation: October 17-18), Osaka, Japan.
  49. Sasaki M, Arai A, Arai Y. Factors related to institutionalization among disabled older people; a two-year longitudinal study. The 13th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2007 October 14-18 (Presentation: October 15-16), Osaka, Japan.
  50. Arai A, Matsumoto T, Ikeda M, Arai Y. Comparative study of the perceived difficulties of caring for relatives with early and late onset dementia.The 13th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2007 October 14-18 (Presentation: October 15-16), Osaka, Japan.
  51. Mizuno Y, Arai A, Arai Y. Status quo for determining driving cessation of older adults with dementia in Japan. The 13th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2007 October 14-18 (Presentation: October 17-18), Osaka, Japan.
  52. 増原宏明,荒井由美子.死亡前医療費のセミ・ノンパラメトリック分析;国民健康保険診療報酬明細書による一例.日本経済学会2007年秋季大会,2007年9月23日-24日(発表23日),東京都.
  53. 安部幸志, 大橋明. 高齢者施設における介護職員のバーンアウトと離職意志. 日本心理学会第71回大会,2007年9月18-20日(発表20日),東京都.
  54. Abe K, Ohashi A. Quality indicators and burnout syndrome among nursing home staff in Japan. The 60th Annual Scientific Meeting of the GerontologicalSociety of America, 2007 November 16-20 (Presentation: November 17), San Francisco, USA.
  55. 佐々木恵,新井明日奈,荒井由美子.一般生活者における家族介護に対する意識.第18回日本疫学会学術総会,2008年1月25-26日(発表25日),東京都.
  56. 今村桃子,鷲尾昌一,豊島泰子,中柳美恵子,荒井由美子.高齢者入所施設におけるインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの接種状況.第18回日本疫学会学術総会,2008年1月25-26日(発表25日),東京都.
  57. 豊島泰子,鷲尾昌一,今村桃子,中柳美恵子,荒井由美子.高齢者入所施設におけるインフルエンザの流行とその関連要因.第18回日本疫学会学術総会,2008年1月25-26日(発表25日),東京都.
  58. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転の中止に対する一般生活者の認識:有用な社会支援策の構築に関する一考察.第23回日本老年精神医学会,2008年6月27-28日(発表28日),神戸市.
  59. 安部幸志,増原宏明,荒井由美子.平成18年における都道府県別在宅死亡割合と医療・社会的指標との関連.第50回日本老年社会科学会大会,2008年6月27-29日(発表29日),大阪府堺市.
  60. 増原宏明,西川浩平,荒井由美子.高齢者医療における自己負担率低下が外来医療費に与える影響.第50回日本老年社会科学会大会,2008年6月27-29日(発表28日),大阪府堺市.
  61. 水野洋子,新井明日奈,荒井由美子.わが国における外国人介護福祉士の受け入れに関する問題意識及び支援体制の方向性.第50回日本老年社会科学会大会,2008年6月27-29日(発表28日),大阪府堺市.
  62. 西川浩平,増原宏明,荒井由美子.高齢者医療における自己負担率低下が外来受診日数に与える影響.第50回日本老年社会科学会大会,2008年6月27-29日(発表28日),大阪府堺市.
  63. 安部幸志,大橋明.施設における職員の介護ストレッサーの構造と燃え尽き症候群との関連.日本心理学会第72回大会,2008年9月19-21日(発表21日),北海道札幌市.
  64. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.自動車運転中止後の高齢者に対する社会支援のあり方:運転の代替手段に関する検討.第67回日本公衆衛生学会総会,2008年11月5-7日(発表6日),福岡市.
  65. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮下和久,福元 仁,竹村重輝,横井賀津志,荒井由美子.要介護高齢者を介護する者の介護負担感と問題行動及び関連要因の検討.第67回日本公衆衛生学会総会,2008年11月5-7日(発表6日),福岡市.
  66. 上田照子,荒井由美子,西山利正.在宅要介高齢者における息子による虐待の実態とその要因.第67回日本公衆衛生学会総会,2008年11月5-7日(発表6日),福岡市.
  67. 荒井由美子,新井明日奈.介護に関する事前の意思決定と意思表示:認知症に対する意識との関連.第67回日本公衆衛生学会総会,2008年11月5-7日(発表7日),福岡市.
  68. Abe K, Ohashi A. Effects of Experience in Terminal Care on Nursing Home Staff in Japan. The 61st Annual Scientific Meeting of the Gerontological Society of America, 2008 November 21-25 (Presentation: November 24), National Harbor, USA.
  69. 豊島泰子,鷲尾昌一,今村桃子,荒井由美子.精神科病院におけるインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの接種状況-九州7県の調査より-.第19回日本疫学会学術総会,2009年1月23-24日(発表23日),金沢市.
  70. 柴田由己.高齢者の刺激希求傾向と外出傾向についての予備的研究.人間・環境学会第16回大会,2009年5月23日(発表23日),東京都.
  71. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.認知症患者の運転行動特性の検討に資するための研究:一般運転者における自己評価による運転行動と年齢との関連性に着目して.第24回日本老年精神医学会,2009年6月19-20日(発表19日),横浜市.
  72. 水野洋子,新井明日奈,荒井由美子.全国市区町村における一般高齢者の移動に関する支援事業の実施状況及び課題.第51回日本老年社会科学会大会,2009年6月18-20日(発表20日), 横浜市.
  73. 安部幸志,大橋明.介護職従事者の離職要因に関する質的データ分析の試み.第51回日本老年社会科学会大会,2009年6月18-20日(発表20日),横浜市.
  74. 花岡智恵,増原宏明,荒井由美子.医療費自己負担割合の上昇が高齢者の外来受診に与えた影響.第51回日本老年社会科学会大会,2009年6月18-20日(発表20日), 横浜市.
  75. 増原宏明,荒井由美子.高齢者医療費のセミパラメトリックシミュレーション.第51回日本老年社会科学会大会,2009年6月18-20日(発表20日),横浜市.
  76. 上田照子,三宅真理,荒井由美子.在宅要介高齢者を介護する息子による虐待の実態と背景.第51回日本老年社会科学会大会,2009年6月18-20日(発表20日),横浜市.
  77. 安部幸志, 大橋明.介護施設における職場の雰囲気改善に関する探索的研究.日本心理学会第73回大会,2009年8月26-28日(発表27日), 京都市.
  78. 柴田由己.高齢者の刺激希求尺度作成のための予備的研究.日本心理学会第73回大会,2009年8月26-28日(発表28日),京都市.
  79. 柴田由己,安部幸志,新井明日奈,荒井由美子.一般生活者を対象とした認知症介護に対する感情尺度の作成.第20回日本老年医学会東海地方会,2009年10月17日(発表17日),名古屋市.
  80. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.地域高齢者に対する移動・外出支援策に関する検討:全国市区町村調査より(第一報).第68回日本公衆衛生学会総会,2009年10月21-23日(発表21日),奈良市.
  81. 水野洋子,新井明日奈,荒井由美子.地域高齢者に対する移動・外出支援策に関する検討:全国市区町村調査より(第二報).第68回日本公衆衛生学会総会,2009年10月21-23日(発表21日),奈良市.
  82. 倉澤茂樹, 吉益光一, 鷲尾昌一, 宮下和久, 福元仁, 竹村重輝, 横井賀津志, 荒井由美子. 在宅高齢者介護のリタイアに関連する要因. 第68回日本公衆衛生学会総会, 2009年10月21-23日(発表21日), 奈良市.
  83. 三浦宏子, 山崎きよ子, 安藤雄一, 江藤亜紀子, 荒井由美子. 地域要介護高齢者における口腔関連QOLに影響を及ぼす要因分析. 第68回日本公衆衛生学会総会,2009年10月21-23日(発表21日),奈良市.
  84. 豊島泰子, 鷲尾昌一, 今村桃子, 荒井由美子. 訪問看護ステーションの管理者のインフルエンザワクチンの意識調査. 第68回日本公衆衛生学会総会,2009年10月21-23日(発表23日),奈良市.
  85. Abe K. Medical and Social Factors affecting home death rates by prefecture in Japan. The 62nd Annual Scientific Meeting of the Gerontological Society of America, 2009 November 18-22 (Presentation: November 21), Atlanta, USA.
  86. Arai A, Mizuno Y, Arai Y. Perceptions about driving among the general public in Japan: Implications for possible barriers to driving cessation of dementia patients. The 3rd Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD 2009), 2009 October 11-13 (Presentation: October 12), Seoul, Korea.
  87. Mizuno Y, Arai A, Arai Y. Measures aimed at enhancing the mobility of older people in Japan: exploring possible implications for older drivers with dementia. The 3rd Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD 2009), 2009 October 11-13 (Presentation: October 12), Seoul, Korea.
  88. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮下和久,福元仁,竹村重輝,横井賀津志,荒井由美子.在宅高齢者介護の施設入所に関連する要因 2年間の縦断研究.第80回日本衛生学会,2010年5月9日,仙台市.
  89. 柴田由己.高齢者の行動内容と主観的覚醒度の関連.第17回人間・環境学会大会,2010年5月29日(発表29日),横浜市.
  90. 柴田由己,新井明日奈,荒井由美子.一般生活者における高齢期の生活実現期待.第52回日本老年社会科学会大会,2010年6月17-18日(発表17日), 愛知県東浦町.
  91. 安部幸志.介護施設における雇用管理要因が職員のストレスに及ぼす影響.第52回日本老年社会科学会大会,2010年6月17-18日(発表18日),愛知県東浦町.
  92. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.高齢運転者における運転行動の特性に関する検討.第52回日本老年社会科学会大会,2010年6月17-18日(発表17日),愛知県東浦町.
  93. 水野洋子,新井明日奈,荒井由美子.地方自治体における認知症高齢者の移動に関する支援事業の実施状況及び課題.第52回日本老年社会科学会大会,2010年6月17-18日(発表17日),愛知県東浦町.
  94. 上田照子,三宅眞理,荒井由美子.介護保険サービス利用の状況とそれが家族介護者に及ぼす影響.第52回日本老年社会科学会大会,2010年6月17-18日(発表18日),愛知県東浦町.
  95. 新井明日奈,水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者に対する自動車運転中止後の社会支援のあり方に関する検討.第25回日本老年精神医学会,2010年6月24-25日(発表25日),熊本市.
  96. 安部幸志.介護施設におけるターミナルケア実施が職務ストレスに与える影響.日本心理学会第74回大会,2010年9月20-22日(発表22日), 豊中市.
  97. 柴田由己.高齢者の刺激希求傾向についての予備的研究.日本心理学会第74回大会,2010年9月20-22日(発表22日), 豊中市.
  98. 鷲尾昌一,豊島泰子,高橋裕明,荒井由美子.高齢者入所施設における季節性・新型インフルエンザワクチンの接種状況.第69回日本公衆衛生学会総会,2010年10月27-29日(発表29日),東京都.
  99. 倉澤茂樹,吉益光一,鷲尾昌一,宮下和久,福元仁,竹村重輝,荒井由美子.在宅高齢者介護を継続する介護者の抑うつに関連する要因.第69回日本公衆衛生学会総会,2010年10月27-29日(発表28日),東京都.
  100. 水野洋子,新井明日奈,荒井由美子.認知症高齢者に対する自治体による移動・外出支援事業の実施可能性に関する予備的検討.第69回日本公衆衛生学会総会,2010年10月27-29日(発表28日),東京都.
  101. Abe K. Positive experiences from care-work and their effects on burnout syndromes: Results from a national cross-sectional survey in Japan. The 63rd Annual Scientific Meeting of the Gerontological Society of America, 2010 November 19-23 (Presentation: November 22), New Orleans, USA
  102. 豊島泰子,鷲尾昌一,高橋裕明,大熊和行,荒井由美子.中学生のインフルエンザワクチン接種行動に影響を与える要因の検討.第21回日本疫学会学術総会,2011年1月21-22日(発表21日),札幌市.
  103. 鷲尾昌一,豊島豊子,高橋裕明,大熊和行,荒井由美子.小学生のインフルエンザワクチン接種行動に影響を与える要因の検討.第21回日本疫学会学術総会,2011年1月21-22日(発表21日),札幌市.
  104. Washio M, Toyoshima Y, Takahashi H, Ohkuma K, Arai Y. How novel influenza influences the attitudes on influenza vaccination among elementary and junior high school students.14th East Asian Forum of Nursing Scholars, 2011 February 11-12 (Presentation: February 11), Seoul Korea.
  105. 水野洋子,荒井由美子.地方自治体における運転免許証の自主返納支援事業に係る実施状況及び今後の方向性.第53回日本老年社会科学会大会,2011年6月15-17日(発表15日),東京都 (第27回日本老年学会総会合同ポスターに選出).
  106. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者に対する地方自治体の移動・外出支援に係る検討:支援マニュアルに対する意見及び要望(自由記述回答)に着目して.第26回日本老年精神医学会,2011年6月15-17日(発表16日),東京都.
  107. 熊本圭吾,荒井由美子.一般生活者における認知症罹患に対する不安とその関連要因.第26回日本老年精神医学会,2011年6月15-17日(発表16日),東京都.
  108. 水野洋子,熊本圭吾,新井明日奈,荒井由美子.地方自治体が必要とする認知症高齢者の自動車運転の中止に関する情報.第70回日本公衆衛生学会総会,2011年10月19-21日(発表19日),秋田市.
  109. 熊本圭吾,水野洋子,荒井由美子.要介護認定・障害認定を利用要件とする外出・移動支援事業を実施する市区町村の特徴.第70回日本公衆衛生学会総会,2011年10月19-21日(発表21日),秋田市.
  110. 加藤剛平,田宮菜奈子,柏木聖代,柏木公一,高橋秀人.地域在住中~重度要介護度変化に関連する居宅サービスの利用:某市全レセプトデータから.第70回日本公衆衛生学会総会,2011年10月19-21日(発表21日),秋田市.
  111. 鷲尾昌一,橋本恵理,荒井由美子,森 満,斎藤利和.認知症患者を介護している介護者の抑うつとその関連要因.第22回日本疫学会学術総会,2012年1月26-28日(発表27日),東京都.
  112. 豊島泰子,鷲尾昌一,荒井由美子.在宅要介護高齢者を介護している介護者の介護負担、抑うつとの関連要因.第22回日本疫学会学術総会,2012年1月26-28日(発表27日),東京都.
  113. 加藤剛平,新井智之,荒井由美子,藤田博暁.地域在住高齢者の買い物活動に関連する環境因子.第47回日本理学療法学術大会,2012年5月25-27日(発表26日),神戸市.
  114. 森田泰裕,新井智之,藤田博曉,加藤剛平,田中直樹.地域在住高齢者の足趾把持力と前方リーチ動作能力との関係. 第47回日本理学療法学術大会,2012年5月25-27日(発表26日),神戸市.
  115. 松田智行,田宮菜奈子,柏木聖代,加藤剛平,野口晴子.機能訓練事業利用者と介護保険サービスとの関係. 第47回日本理学療法学術大会,2012年5月25-27日(発表27日),神戸市.
  116. 水野洋子,荒井由美子.地方自治体における認知症高齢者の運転免許返納後の生きがい・社会参加に係る支援事業.第54回日本老年社会科学会大会,2012年6月9-10日(発表9日),佐久市.
  117. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の外出・移動支援事業に係る聞き取り調査:支援事業を実施している地方自治体の見解に着目して.第27回日本老年精神医学会,2012年6月21-22日(発表21日),さいたま市.
  118. 熊本圭吾,荒井由美子,上村直人,福島章恵,今城由里子.認知症患者の自動車運転問題に関する介護者の自己効力感尺度日本語版の信頼性の検討.第27回日本老年精神医学会,2012年6月21-22日(発表21日),さいたま市.
  119. 水野洋子,荒井由美子.地方自治体による一般高齢者に対する外出・移動支援:相乗り・乗り合い交通に着目して.第71回日本公衆衛生学会総会,2012年10月24-26日(発表26日),山口市.
  120. 和泉比佐子,大浦麻絵,森 満,鷲尾昌一,荒井由美子.在宅療養高齢者の在宅サービス利用状況-2002年と2008年の比較-.第71回日本公衆衛生学会総会,2012年10月24-26日(発表26日),山口市.
  121. 豊島泰子,鷲尾昌一,荒井由美子.精神疾患を有する要介護者を介護している家族の介護負担と抑うつ.第71回日本公衆衛生学会総会,2012年10月24-26日(発表26日),山口市.
  122. Izumi H, Oura A, Mori M, Washio M, Arai Y. The use of social services and factors related to the care burden felt by family caregivers of the at-home frail elderly - Comparison between 2002 and 2008 in Hokkaido, Japan - . The 5th International Conference on Community Health Nursing Research, 2013 March 13-14 (Presentation: March 14), Edinburgh, UK.
  123. Toyoshima Y, Washio M, Arai Y. Factors related to depression among family caregivers of psychiatric patients who used home-visiting nursing services in Japan. The 5th International Conference on Community Health Nursing Research, 2013 March 13-14 (Presentation: March 14), Edinburgh, UK.
  124. 水野洋子,荒井由美子.軽度認知症高齢者による相乗り・乗り合い交通の利用可能性に係る地方自治体の見解.第28回日本老年精神医学会,2013年6月4-6日(発表6日),大阪市.
  125. 水野洋子,荒井由美子.高齢者に対する外出・移動支援事業の概要及び事業評価:支援事業を実施している地方自治体に対する面接調査の結果.第55回日本老年社会科学会大会,2013年6月4-6日(発表6日),大阪市.
  126. Mizuno Y, Arai Y. Measures for enhancing the mobility of older people and people with dementia in Japan. The 16th Congress of International Psychogeriatric Association (IPA), 2013 October 1-4 (Presentation: October 2), Seoul, Korea.
  127. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者を含む高齢者の外出・移動支援事業:自治体が直面した課題及び対処方法.第72回日本公衆衛生学会総会,2013年10月23-25日(発表24日),津市.
  128. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の運転を考える家族介護者支援マニュアルを通じた支援の方向性に係る検討:全国市区町村による意見及び活用状況に着目して.第56回日本老年社会科学会大会,2014年6月7-8日(発表7日),下呂市.
  129. 水野洋子,荒井由美子.認知症要支援者の自動車運転に係る現況及び外出に関する自治体への要望.第29回日本老年精神医学会,2014年6月12-13日(発表13日),東京都.
  130. 細川 彩,邑本俊亮.高齢者の震災体験の語りに関する研究:意味付け方略からの東日本大震災体験の語りの分析.日本心理学会第78回大会,2014年9月10-12日(発表10日),京都市.
  131. Arai Y, Noguchi C, Ueda T. Concurrent validity of a family caregivers self-reported potentially harmful behavior (PHB) towards their care recipients. 1st Annual International Capacity Conference, 2014 September 20, Wanchai, Hong Kong.
  132. 野口知里,荒井由美子,上村直人,今城由里子.認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者に対する支援マニュアルの効果の検討.第73回日本公衆衛生学会,2014年11月5-7日(発表5日),宇都宮市
  133. 水野洋子,荒井由美子.一人暮らしの認知症要支援者に対する外出・移動支援:非同居家族の見解に着目して.第73回日本公衆衛生学会,2014年11月5-7日(発表6日),宇都宮市.
  134. 鷲尾昌一,豊島泰子,荒井由美子.訪問看護サービス利用高齢者の家族介護者の介護負担.第73回日本公衆衛生学会,2014年11月5日-7日(発表6日),宇都宮市.
  135. 水野洋子,荒井由美子.認知症要支援者と同居する家族の介護に対する見解の検討.第30回日本老年精神医学会,2015年6月12-14日(発表13日),横浜市.
  136. 水野洋子,荒井由美子.要支援者の自立した生活に資する外出・移動支援の検討において留意すべき課題:自動車の運転を継続している要支援者の家族の見解に着目して.第57回日本老年社会科学会大会, 2015年6月12-14日(発表13日),横浜市.
  137. Arai Y. Potentially harmful behaviors may be predicted by a caregiver burden scale. The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD), 2015 September 14-16 (Presentation: September 14) Kumamoto, Japan (Received the Poster Presentation Award).
  138. Mizuno Y, Arai Y. Needed public support for adult “persons requiring support”who continue to drive. The 9th International Congress of the Asian Society Against Dementia (ASAD), 2015 September 14-16 (Presentation: September 14) Kumamoto, Japan.
  139. 水野洋子,荒井由美子.運転免許を返納した独居要支援者の外出・移動支援:市区町村に対する非同居家族の要望.第74回日本公衆衛生学会,2015年11月4-6日(発表6日),長崎市.
  140. 野口知里,荒井由美子.栄養状態の異なる家族介護者の介護負担・抑うつ症状の比較.第74回日本公衆衛生学会,2015年11月4-6日(発表6日),長崎市.
  141. 鷲尾昌一,豊島泰子,荒井由美子.要介護高齢者の家族介護者の主観的健康度に影響を与える要因.第17回日本健康支援学会年次学術大会,2016年2月27-28日,名古屋市.
  142. 水野洋子,荒井由美子.介護サービスを利用していない要支援者の非同居家族が有する介護に関する見解の検討.第58回日本老年社会科学会大会, 2016年6月11-12日(発表11日),松山市.
  143. 水野洋子,荒井由美子.認知症高齢者の自動車運転についての家族の対応に係る検討.第31回日本老年精神医学会,2016年6月23-24日(発表23日),金沢市.
  144. 水野洋子,荒井由美子.要支援者の家族が有する介護等に係る消極的見解及び求める支援の検討.第75回日本公衆衛生学会,2016年10月26-28日(発表27日),大阪市.
  145. 荒井由美子,Zarit SH.家族介護者の不適切処遇に関する短縮版Zarit介護負担尺度日本語版得点からの予測:大規模データを用いて.第32回日本老年精神医学会,2017年6月14日-16日(発表16日),名古屋市.
  146. 水野洋子,荒井由美子.認知症(の疑いのある)者の自動車運転に係る介護支援専門員への相談内容及び中止経緯.第32回日本老年精神医学会,2017年6月14-16日(発表15日),名古屋市.
  147. 水野洋子,荒井由美子.自動車運転の中止に向き合う認知症高齢者への支援の検討:介護支援専門員が必要と考える支援の内容に着目して.第59回日本老年社会科学会大会,2017年6月14-16日(発表15日),名古屋市.
  148. 中部貴央,上松弘典,佐々木典子,國澤進,荒井由美子,今中雄一.認知症介護における小規模多機能型居宅介護の利用と介護負担.第55回日本医療・病院管理学会学術総会,2017年9月17-18日(発表18日),東京都.
  149. 中部貴央,佐々木典子,荒井由美子,今中雄一.認知症介護におけるインフォーマルケアと介護負担感との関係.第76回日本公衆衛生学会総会,2017年10月31日-11月2日(発表10月31日),鹿児島市.

先頭へ戻る