本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

老年学・社会科学研究センター

ホーム > 研究所 > センター紹介 > 老年学・社会科学研究センター > 部門紹介 > 老化疫学研究部 > すこやかな高齢期をめざして > No.8 ウォーキングの新たな効果 ~がん死亡との関連~

No.8 ウォーキングの新たな効果 ~がん死亡との関連~

がんは日本人の死亡原因の第1位です。2013年にがんで亡くなった方は364,872人(男性216,975人、女性147,897人)、新たにがんと診断された方は851,537人(男性496,304人、女性355,233人)とされています。日本では2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなるといわれるなど、国民病ともいえるかもしれません。有効ながんの治療法の確立はもとより、がんの予防は現代の日本人にとって重要な課題です。


がんの予防法として、「禁煙」や「禁酒」に加え、近年では「運動」や家事、仕事などの「身体活動」が注目されています。余暇の時間に積極的にスポーツ活動を行う、あるいは余暇の時間は少ないけれども家事や仕事などで身体をよく動かす生活を日常的に行っていると、がんにかかりにくく、また死亡しにくいということが明らかとなってきています。

では実際に、どの程度の身体活動が、がん予防と関連するのでしょうか。比較的手軽に取り組むことのできるウォーキングを例にとってみてみましょう。

 

NILS-LSAでは一日の平均歩数を指標として、もともとがんでなかった40~79歳の男女1,709名の方を10年間追跡し、全てのがんによる死亡との関係を検証しました。

 

その結果、男性では歩数が最も多いグループ(8,500歩以上)のがん死亡のリスクは最も歩数が少ないグループ(6,000歩未満)の約3分の1でした()。また歩数が多いほどがん死亡のリスクは小さくなっていました。これは男性ではたくさん歩くことが、がんによりお亡くなりになる可能性を小さくすることを意味しています。

図:一日平均歩数とがん死亡率との関係

運動や身体活動が肥満などの解消や予防に有効であることはよく知られていますが、がんの予防にも有効であることはあまり知られていません。ウォーキングは、野球のように特別な用具や多くの仲間は必要としないことから、誰もが簡単に行うことができる運動です。「最近歩いていないかもしれない」と心当たりがある方は、気候のいい時期に、お散歩や買い物などに出かけてみてはいかがでしょうか。

 



気候のいい時期には少しずつでも歩くことを心がけてみましょう

 


<コラム担当:AY>

*このコラムの一部は、以下の研究成果として発表しています*
 

幸 篤武,安藤富士子,大塚 礼,下方浩史:
中高齢者における日常歩行量と全がん死亡との関連.
第69回日本体力医学会大会,9月20日,長崎,2014.

[すこやかな高齢期をめざして]目次に戻る