本文へ移動

病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

外来診療・時間外診療・救急外来 電話:0562-46-2311

ホーム > 病院 > 病院について > 組織 > 在宅医療・地域医療連携推進部 > 人生の最終段階の支援を支える > あいちACPプロジェクト > 令和元年度 > 令和元年度 愛知県人生の最終段階における医療体制整備事業概要

令和元年度 愛知県人生の最終段階における医療体制整備事業概要

トップ画像

令和元年度 愛知県人生の最終段階における医療体制整備事業

botton

相談対応力向上研修会

ロゴ

1. 相談対応力向上研修会概要

事業目的 人生の最期までその人らしく暮らし続けられるために、研修など教育を通じて、高い意思決定支援能力を有する医療介護福祉従事者を養成、支援することにより、愛知県民が葛藤少なく、納得した人生最終段階の医療やケアが選択できる医療提供体制を構築する。
研修の目的
  1. アドバンス・ケア・プランニングで用いられるコミュニケーション技術等で、質の高い意思決定支援ができる人材を育成する。
  2. 他の医療・介護専門職の意思決定支援活動を支援できる能力を育成する。
  3. 厚生労働省「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスガイドライン」(平成30年3月改訂)を理解し、他の医療・介護専門職に説明できる人材を育成する。
  4. 意思決定支援活動を介して、地域包括ケアや在宅医療の推進に貢献できる人材を育成する。
  5. 意思決定支援について、支援提供者の評価方法とともに、対象者(患者、利用者、住民)視点の意思決定の評価方法を習得する。
研修対象者
  1. 研修開催拠点の属する医療圏で活動する、現場で医療やケアを提供する医療介護福祉従事者
  2. 研修開催拠点が採択した受講者
講師 あいちACPプロジェクト講師人材養成研修を修了した、あいちACPプロジェクト講師このリンクは別ウィンドウで開きます/国立長寿医療研究センター 等

2.研修会開催拠点

地域拠点についてはこちら

開催日時
※すべて10時~16時
拠点名(医療圏名) 講師名
(敬称略)
研修会開催場所(予定)
令和元年7月28日(日)
※終了しました
公立西知多総合病院
(知多半島医療圏)
會津恵司/加納美代子/柴原弘明/竹内里夏 公立西知多総合病院 講堂
令和元年8月11日(日)
※終了しました
常滑市民病院
(知多半島医療圏)
水野聡己/會津恵司/加藤真二/本多明美 常滑市民病院 とこなめホール
令和元年8月18日(日)
※終了しました
西尾市民病院
(西三河南部西医療圏)
野田智子/櫛田あおい/杉浦真/加納美代子 西尾市民病院 講堂

令和元年8月25日(日)

※終了しました

名古屋掖済会病院
(名古屋・尾張中部医療圏)
加納美代子/竹内里夏/野田智子/三浦真弓 名古屋掖済会病院 救命救急センター 4階講堂

令和元年9月1日(日)

※終了しました

半田市立半田病院
(知多半島医療圏)
會津恵司/柴原弘明/杉浦真/野田正治 半田市医師会健康管理センター

令和元年9月8日(日)

※終了しました

NTT西日本東海病院
(名古屋・尾張中部医療圏)
會津恵司/小林哲朗/都築晃/本多明美 NTT西日本東海病院 本館5階 会議室
令和元年9月16日(月祝)
※終了しました
JA愛知厚生連 江南厚生病院
(尾張北部医療圏)
大藏真弓/櫛田あおい/杉浦真/牧ケ野裕子 江南厚生病院 講堂

令和元年10月14日(月祝)

※終了しました

豊橋市
(東三河南部医療圏)
會津恵司/櫛田あおい/丹波ちひろ/野田正治 保健所・保健センター 講堂

令和元年10月20日(日)

※終了しました

海部医療圏在宅医療・
介護連携支援センター
(あまさぽ)
(海部医療圏)
小笠原誠/櫛田あおい/杉浦真/野田正治 津島市生涯学習センター 小ホール

令和元年10月22日(火祝)

※終了しました

独立行政法人
地域医療機能推進機構
中京病院
(名古屋・尾張中部医療圏)
加納美代子/佐々木郁江/森亮太/吉田俊一 中央診療棟4階 講堂

3.研修会プログラム

※天候等によりプログラムが変更になる可能性があります

開始 終了 時間(分) プログラム 主旨、構成内容 講師
10時00分 10時05分 5 挨拶   愛知県地域拠点
10時05分 10時10分 5 事業の説明 本事業の目的・枠組み・目標 国立長寿医療研究センター
10時10分 10時40分 30 講義1 アドバンス・ケア・プランニング
Advance Care Planning(ACP)
あいちACPプロジェクト講師
/国立長寿医療研究センター
10時40分 11時10分 30 ロールプレイ1 対話の導入 あいちACPプロジェクト講師
/国立長寿医療研究センター
11時10分 12時10分 60 ロールプレイ2 日常の関わりから始める
共有意思決定支援(SDM)を用いたACP実践
あいちACPプロジェクト講師
/国立長寿医療研究センター
12時10分 12時20分 10 質疑応答
12時20分 13時20分 60 休憩
13時20分 13時50分 30 講義2 人生の最終段階における意思決定支援
End-of-Life Discussion (EOLD)
あいちACPプロジェクト講師
/国立長寿医療研究センター
13時50分 15時00分 70 グループディスカッション1 チームアプローチ あいちACPプロジェクト講師
/国立長寿医療研究センター
15時00分 15時40分 40 グループディスカッション2 チーム形成
(1)GD2ワークシート
あいちACPプロジェクト講師
/国立長寿医療研究センター
15時40分 15時50分 10 質疑応答
15時50分 15時53分 3 修了証授与
15時53分 16時00分 7 事務連絡(フォローアップ研修会に向けたアナウンス)

※あいちACPプロジェクト講師とは、平成30年度あいちACPプロジェクト講師人材養成研修を終了し、
講師受託意思が確認できた方を指します。

4.相談対応力向上研修会受講のためのE-learning(事前学習、復習)

E-learningを事前に学習してください。

【受講の手順】(PDF:556KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

※E-learningはアクセス権の取得と受講アカウント登録が必要です。
※相談対応力向上研修会の際はE-learning修了証を持参してください。

【E-learningにはこちらからアクセスしてください】

時間(分) プログラム 主旨、構成内容 小テスト
20 講義1 社会的背景 Social Background  
40 講義2 意思決定支援に関連する倫理的な知識 10問
40 講義3 意思決定支援に関連する法律の知識 10問
30 講義4 アドバンス・ケア・プランニング
Advance Care Planning(ACP)
10問
30 講義5 人生の最終段階における意思決定支援
End-of-Life Discussion (EOLD)/
平成30年改定版人生の最終段階における
医療の決定プロセスに関するガイドライン解説
10問

※相談対応力向上研修会に参加される方は、
 上記の「相談対応力向上研修会受講のためのE-learning」を受講してください。
 類似するACPに関するe-ラーニングとお間違えのないように受講してください。

 上記の「相談対応力向上研修会受講のためのE-learning」と、
 対面での「相談対応力向上研修会」はふたつで一つの研修プログラムです。
 何卒ご理解補の程、よろしくお願いいたします。

※ 重要なお知らせ

eラーニングの新規受講者登録の際に、当方からのメールが届かないというお問い合わせがございます。
原因としては以下が考えられます。

【当方からのメールが受信できない原因】

【対策】