本文へ移動

病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

外来診療・時間外診療・救急外来 電話:0562-46-2311

ホーム > 病院 > 病院について > 組織 > 在宅医療・地域医療連携推進部 > 人生の最終段階の支援を支える > あいちACPプロジェクト > 愛知県 人生の最終段階における医療体制整備事業 事業概要

愛知県 人生の最終段階における医療体制整備事業 事業概要

top画像

あいちACPプロジェクト ~共有意思決定支援を学ぶ研修会~

愛知県 人生の最終段階における医療体制整備事業 事業概要

rogo

1.事業実施背景

地域での看取り体制を構築するためにも、疾病を抱えた方が人生の最期をどのように迎えるかについて、個人の尊厳が重んぜられ、患者それぞれの意思がより尊重される形で選択がなされ、必要な医療等の提供が行われる状況を確保する必要がある。

2.事業目的

  1. 人生の最終段階に受ける医療・ケアに対する本人の希望についての意思決定支援を行う相談員を育成するための研修事業を、入院医療機関および在宅関連施設等を対象に実施し、患者が心穏やかに人生の最期を迎えられる体制を愛知県内全域で整備する。
  2. 人生の最期までその人らしく暮らし続けられるために、研修など教育機会を通じて、高い意思決定支援能力を有する医療介護福祉従事者を養成、支援することにより、愛知県民が葛藤少なく、納得した人生最終段階の医療やケアが選択できる医療提供体制を構築する。

3.実施主体

国立研究開発法人国立長寿医療研究センター(愛知県委託事業)