本文へ移動

病院

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

 

外来診療・時間外診療・救急外来 電話:0562-46-2311

ホーム > 病院 > 病院について > 組織 > 在宅医療・地域医療連携推進部 > 在宅連携医療部とは > ソーシャルメディアガイドライン

ソーシャルメディアガイドライン

ソーシャルメディアガイドライン

ソーシャルメディアガイドライン

国立長寿医療研究センター 在宅医療・地域医療連携推進部SNSについて

国立長寿医療研究センター 在宅医療・地域医療連携推進部ではtwitter,facebookによる情報発信を行っています。
twitterこのリンクは別ウィンドウで開きます

@z_renkei (国立長寿医療研究センター 在宅医療・地域医療連携推進部 )
facebookこのリンクは別ウィンドウで開きます

http://www.facebook.com/zaitaku.renkei (国立長寿医療研究センター 在宅医療・地域医療連携推進部 )

ソーシャルメディアガイドライン策定について

近年、インターネット上のさまざまなソーシャルメディアサービスの普及に伴い、国、地方公共団体等の公共機関において、情報受発信の強化のために、こうしたサービスを利用する事例が増えてきています。Webサイトへの情報掲載とともに、ソーシャルメディアも積極的に併用していくことが求められています。

一方で、ソーシャルメディアの利用にあたっては、成りすましの防止等を図る必要があります。平成23年4月に「国、地方公共団体等公共機関における民間ソーシャルメディアを活用した情報発信についての指針」(内閣官房・総務省・経済産業省)が提示されました。

そこで、国立長寿医療研究センター 在宅医療・地域医療連携推進部において、ソーシャルメディアを利用する際の基本的な考え方や留意点をまとめたソーシャルメディアガイドラインを策定しました。

ソーシャルメディアの利用に関する行動指針・行動マナー

当方のソーシャルメディアにおけるコミュニケーションは、以下に掲げる行動原則や基本マナーに則り行うことを基本姿勢とします。

また、本指針に記載されている「国立研究開発法人国立長寿医療研究センター在宅医療・地域医療連携推進部アカウント」以外でのソーシャルメディア内での部内関係者による発言は、必ずしも当部の見解を表明しているものではありませんので、あらかじめご了承ください。

平成25年4月25日
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 在宅医療・地域医療連携推進部