文字サイズ

ホーム > お知らせ > 認知症サミット日本後継イベント > 後継イベントについて

後継イベントについて

Global action against dementia

 

1.G8認知症サミットの概要

平成25年(2013年)12月11日、ロンドン(英国)で「G8認知症サミット」が開催された。
日本からは土屋品子厚生労働副大臣が出席し、英国のデイビット・キャメロン首相、ジェレミー・ハント保健大臣等G8各国の政府代表のほか、欧州委員会、WHO、OECDの代表が出席した。また、各国の認知症専門家や製薬会社代表等も参集し、世界的な共通課題である認知症について、各国の施策や認知症研究、社会的な取組み等幅広い観点からその現状や取組みを紹介するとともに、熱心な意見交換が行われた。

土屋厚生労働副大臣は、日本の高齢化と認知症の現状、認知症施策推進5カ年計画(オレンジプラン)等について説明を行った。会議の成果として、G8各国代表者の間で、認知症問題に共に取り組むための努力事項を定めた「宣言(Declaration)」及び「共同声明(Communique)」に合意した。

 

2.G8認知症サミット宣言の主な内容

社会的影響への投資(Social impact investment)―英国主導
新しいケアと予防のモデル(New care and prevention models)―日本主導
学術界と産業界のパートナーシップ(Academia−industry partnership)―カナダとフランスの共同主導

 

3.日本イベントについて

(1)テーマ

新しいケアと予防のモデル New care and prevention models

(2)目的

(3)日程

平成26年(2014年)11月5日から7日の3日間

主催・運営

(4)会議への参加者

イベントには200名を超えるG7各国の専門家等が討議への参加のために招待される。
また、会議の模様は、一般に向けてインターネットにより動画配信する予定である。

 

認知症サミット
日本後継イベント

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター