文字サイズ

ホーム > お知らせ > 研究活動不正行為取扱規程に基づく調査結果の公表について

研究活動不正行為取扱規程に基づく調査結果の公表について

この度、本センターに所属する研究職員の研究活動上の不正疑義について、調査結果がまとまりましたので公表します。

科学や科学研究は、社会の発展の原動力であり、社会からの信頼と負託を受けてはじめて社会に役立つことができます。それゆえ、研究者は、科学研究の成果の正確さや正当性を科学的に示す最善の努力を払わなければなりません。にもかかわらず、このような不正行為が起こり、社会からの信頼を損なったことは、誠に遺憾です。

今後、当センターでは、研究費の適正な使用も含めた研究倫理に関する研修をさらに充実させるなど、公正な研究を一層推進し、社会の信頼を得て、高齢者の心と体の自立を促進し、健康長寿社会の構築に貢献するという法人の目的を果たしてまいります。

国立長寿医療研究センター

資料

 

被告発者の意見

 

処分

お問い合わせ先

国立長寿医療研究センター総務部総務課広報担当

電話0562(46)2311(代表)  E-mail: terada-h@ncgg.go.jp

おしらせ

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター