文字サイズ

ホーム > お知らせ > 富士通株式会社と共同研究を行う協定を締結

富士通株式会社と共同研究を行う協定を締結

2014年12月24日

(独)国立長寿医療研究センター(NCGG)は、このたび、健康長寿社会の実現に向け、ICT技術を活用した医療モデルの構築と普及を目的とし、富士通株式会社(本社:東京都港区)と共同研究を行う協定を締結しました。

国立長寿医療研究センターは、富士通の持つスーパーコンピュータやビッグデータ解析、セキュリティ技術などを活用し、対象者の医学的情報と日常生活情報を蓄積するとともに、ビッグデータの解析を行うことで、認知症の予兆などを予測し、早期診断、治療に役立てることを目標とし、2018年度までに開発を目指します。

(写真)合同記者会見で、認知症の早期発見システムの開発について発表する
鳥羽研二国立長寿医療研究センター総長

 

お知らせ

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター