本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

News & Topics

ホーム > 健康長寿支援ロボットセンター > ニュース&トピックス > 「ロボット介護機器開発・標準化事業(効果測定・評価事業)」成果報告会参加への御礼

「ロボット介護機器開発・標準化事業(効果測定・評価事業)」成果報告会参加への御礼

 健康長寿支援ロボットセンター ロボット臨床評価研究室、およびリハビリテーション科部では、2021年3月27日(土)に、「AMEDロボット介護機器開発・標準化事業(効果測定・評価事業)」成果報告会を開催いたしました。当日は、280名を超える参加登録者数を確認し、多数のご参加をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

 

 当日頂戴したご質問につきましては、下記のPDFファイルにて回答いたしました。ご参照ください。

2021年3月27日開催成果報告会Q&APDFファイル(PDF:405KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

 当センターでは、ロボット介護機器開発重点分野における「移乗介助(装着・非装着)」・「排泄支援」の2分野5項目の機器を対象として、適切な機器選定を図るための「機器選定マニュアル」と、効率的な導入および持続的活用を図るための「導入運用マニュアル」の試案について紹介いたしました。当日の発表動画ならびに本マニュアル(案)は、下記のURLを通じて公開しました。

URL:http://robotcare.jp/jp/partnership/report16_mov.phpこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

 今後とも、ロボット介護機器の導入を検討される介護サービス事業者様、ケアチームを構成される専門職の皆様、自治体の方々をはじめ、多くの立場の方々に、本マニュアルをご使用いただき、多数のご意見をいただければ幸いに存じます。

 

成果報告会に関わったスタッフらとともに

1. 移乗支援機器選定マニュアル案の紹介(健康長寿支援ロボットセンター センター長 近藤 和泉)

2. 前面支持型移乗支援機器導入運用マニュアル案の紹介(健康長寿支援ロボットセンター ロボット臨床評価研究室 特任研究員 吉見 立也)

3. 離床アシストロボット導入運用マニュアル案の紹介(健康長寿支援ロボットセンター ロボット臨床評価研究室 室長 加藤 健治)

4. 装着型介護支援機器導入運用マニュアル(1)案の紹介(リハビリテーション科部 理学療法主任 佐藤 健二)

5. 装着型介護支援機器導入運用マニュアル(2)案の紹介(リハビリテーション科部 理学療法主任 相本 啓太)