本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

News & Topics

ホーム > 健康長寿支援ロボットセンター > ニュース&トピックス > 厚生労働省「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム構築事業」に参画しました

厚生労働省「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム構築事業」に参画しました

事業概要

 介護ロボットの開発から普及までの一連の流れを一層加速化するため、相談窓口(全国11箇所)とネットワーク化されたリビングラボ(全国6箇所)が相談や実証支援等を行う取組を8月3日から開始しました。

platform2020

 

当センターでは相談窓口、リビングラボ 両方の役割を担います

相談窓口について

 相談窓口は、介護ロボットに関する介護現場(ニーズ)と開発企業(シーズ)双方からの相談の受付などを行う一元的な窓口です。介護現場・開発企業からの各種相談対応、介護ロボットの試用貸出・体験展示、研修会の開催、介護ロボットのニーズ・シーズ連携協調協議会の設置・運営を行います。

リビングラボネットワークについて

 リビングラボは、実際の生活空間を再現し、新しい技術やサービスの開発を行うなど、介護現場のニーズを踏まえた介護ロボットの開発を促進するための機関です。介護ロボットの製品評価・効果検証やこれに係る助言といった開発企業への支援などを行います。

※相談窓口・リビングラボ双方のご相談について、webでの相談(ZOOM等)でも承っております。

 

事業の詳細(外部リンク)

(株)NTTデータ経営研究所、「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォー ム」PRのためのホームページ

詳細はこちら https://www.kaigo-pf.comこのリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター(橋本・杉山)

Tel:0562-46-2311(内線:4605)Fax:0562-87-0476

E-mail:platform2020@ncgg.go.jp

研究関連

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター