モノグラフ
第9次調査

NILS-LSA第1次~第8次調査継続参加者に対する施設型追跡調査
“脳とこころの健康調査Ⅱ”

 

2018年10月~2022年2月


国立長寿医療研究センター・
老化に関する長期縦断疫学研究

National Institute for Longevity Sciences
Longitudinal Study of Aging

NILS-LSA

 

[調査の目的と概要]

NILS-LSA第1次調査から第8次調査の参加者を対象に、加齢に伴う身体やこころ、あるいは生活の変化について追跡することを目的として、2018年10月から2022年2月に国立長寿医療研究センター長期縦断疫学調査センターで「脳とこころの健康調査II(第9次調査)」を実施した。2018年10月から2020年1月までは当初の計画通り、週に2日、1日に6-7名のペースで調査を実施した。2020年2月以降は新型コロナウイルスの感染症拡大の影響を受け、参加者の感染予防に配慮して調査を中断あるいは参加可能人数を減らしたが、参加者の皆様の理解と協力を得て、調査期間を延長し2022年2月に1,689名の追跡調査を完了した(参加者の性・年齢階級別の記述統計量を以下に示す)。
なお、本調査は国立研究開発法人国立長寿医療研究センターの倫理・利益相反委員会にて研究実施の承認を得た上で、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」、「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」を遵守して実施した。
表.「脳とこころの健康調査II(第9次調査)」参加者の性・年齢階級別人数
 
  50~59歳 60歳~69歳 70歳~79歳 80歳以上 合計
男性 221 256 240 129 846
女性 260 254 200 129 843
合計 481 510 440 258 1,689
※女性50~59歳の人数には49歳の1名を含む

 

Ⅰ.背景因子調査(PDF:224KB)

Ⅱ.食物・栄養調査(PDF:148KB)

Ⅲ.心理調査(PDF:249KB)

Ⅳ.運動機能検査(PDF:111KB)

Ⅴ.身体計測および生理機能検査(PDF:114KB)

Ⅵ.頭部MRI計測(PDF:2210KB)