本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

認知症先進医療開発センター

ホーム > 研究所 > センター紹介 > 認知症先進医療開発センター > 研究室紹介 > 創薬モデル動物開発室 > 創薬モデル動物開発室の紹介

創薬モデル動物開発室の紹介

目標と役割

アルツハイマー病に伴う神経機能低下および神経変性を再現できる動物モデルを作製して、発症メカニズムを明らかにすると同時に低分子化合物による治療薬の開発を目指します。

研究の概要

  1. アルツハイマー病の発症を短時間で、経時的かつ定量的に観察できる動物モデルを作製しています。
  2. これらの動物モデルを用いて、発症メカニズム解析および治療薬の探索を行っています。
  3. 特に、低分子化合物によるアルツハイマー病治療薬の創出を目指しています。

研究スタッフ

室長 津田玲生
研究員 林永美