本文へ移動

研究所

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

知っておきたい新型コロナウイルス感染症(Covid-19)と高齢者の免疫機能

ホーム > 研究所 > 知っておきたい新型コロナウイルス感染症(Covid-19)と高齢者の免疫機能

知っておきたい新型コロナウイルス感染症(Covid-19)と高齢者の免疫機能

これまでに経験したことのない新型コロナウイルス感染症(Covid-19)には私たちや身の回りの人々、いや今や世界中の人々の健康が脅かされているだけでなく、暮らしや経済までもが深刻なダメージを受けています。

密集回避、密閉回避、密接回避(3密)

「3つの『密』を避けること、いったい、いつまで続くのだろう?」、「どうすれば、今までの生活に戻ることができるのだろう?」など、特に健康に不安を抱えておられる高齢者のみなさんはこの目に見えないウイルスに心配やストレスが増える毎日ではないでしょうか?

これから、しばらくはこの新型コロナウイルスをいつも意識する「新しい生活様式」が始まります。そこで新たな感染の拡大を防止し、重症化を防ぐために必要なことは相手のことをよく知ること、そして私たちの身体を守ってくれる免疫のしくみもしっかりと理解しておくことです。

まず、ウイルスのことです。ウイルスと細菌(バクテリア)の多くは私たちにとって病原体とよばれる「悪者、くせ者」です。そもそもウイルスはカビや細菌と違って、自分自身で増殖することのできない「遺伝情報(DNA、RNA)」がたんぱく質や脂質と包まれた粒子です。細胞に寄生しないと自分自身では増殖することができないという点では「生き物」ではありません。ですので、生きた細胞無しで付着しているウイルスはせいぜい半日から一日で感染能力は失います。この点は自ら増えることのできる細菌とは大きく違います。これまで知られていたコロナウイルスはいずれもライノウイルスなどと同じふつうの風邪の原因ウイルスです。このCovid-19ウイルスはこれまでにも世界の人々を苦しめてきたSARS(重症急性呼吸器症候群 2003年)やMERS(中東呼吸器症候群 2012 年)ウイルスと同じコロナウイルスに属することから、重篤な感染症を引き起こす厄介なウイルスというわけです。

 

手洗い、換気、咳エチケット、外出控え

このようなウイルスの特性を知ることで、感染予防にもっとも大事なことは「3つの密」を避けて、ウイルスの居そうな場所、ウイルスを拡散しそうな集団に近づかないということだとお判り頂けたでしょう。

一方で私たちの身体を色々な病気から守ってくれる「免疫」の力は、手足の筋力や目や耳といった生体機能と同じように、歳を重ねるごとに衰えていきます。高齢者の免疫力は20歳前後の若者に比べて2〜3割程度になるという研究結果も知られています。しかしこの免疫力を日々のちょっとした工夫で維持することも可能ですので、みなさんもこれらの「4つのポイント」に心がけて、Covid-19ウイルス感染や重症化を防ぐためにも日ごろから免疫力、抵抗力を維持しておきましょう。 (文責:丸山光生)

 

 

免疫力を維持する4つのポイント