本文へ移動

 

文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2020年 [令和2年] 5月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­20年­­­[令和2­­年­]5月

新聞・雑誌等

前島伸一郎, 荒井秀典, 大沢愛子  (理事長、リハビリテーション科部)
北陸中日新聞
令和2年5月28日(木)朝刊, 「巣ごもり高齢者 健康に」

大沢愛子, 前島伸一郎  (リハビリテーション科部)
北國新聞
令和2年5月28日(木)朝刊, 「高齢者に運動ガイド」

大沢愛子  (リハビリテーション科部)
朝日新聞デジタル
令和2年5月28日(木)12:00, 「巣ごもり高齢者 自分に合う運動でフレイル予防 長寿研」

島田裕之.   (老年学・社会科学研究センター)
しんぶん赤旗,
  2020年5月9日, 脳も体も元気に コグニサイズ2.

木下かほり (老化疫学研究部、フレイル研究部)
第1回フレイルってなに?-栄養不足や偏りに気を付けて-フレイル予防のための食事スライド
Care Net (Web掲載)・2020年5月26日

論文発表等

原著論文

錦見昭彦 丸山光生 (バイオセーフティ管理・研究室、老化機構研究部)
老化が免疫系に及ぼす影響
医学のあゆみ vol.273 No.6 2020 5/9

Yoshida Y, Hiratsuka Y, Kawachi I, Murakami A, Kondo K, Aida J  (老年学評価研究部)
Association between visual status and social participation in older Japanese: The JAGES cross-sectional study
Social Science & Medicine,253:112959, 2020 May

Takatoshi Sato, Michiru Adachi, Aya Matsuo, Masaya Zushi, Keisuke Goto, Megumi Hirose, Kumiko Ishiguro, Minobu Shichiji, Terumi Murakami, Tetsuo Ikai, Makiko Osawa, Izumi Kondo, Satoru Nagata, Keiko Ishigaki  (リハビリテーション科部)
A short form of gross motor function measure for Fukuyama congenital muscular dystrophy
Brain & Development 42, 383-388, May 2020

Makino K, Lee S, Bae S, Shinkai Y, Chiba I, Shimada H.   (予防老年学研究部、老年学・社会科学研究センター)
Relationship between instrumental activities of daily living performance and incidence of mild cognitive impairment among older adults: A 48-month follow-up study.
  Arch Gerontol Geriatr, 88: 104034, 2020.

Huang CH , Martins BA, Okada K,  Matsushita E,  Uno C,  Satake S, Kuzuya M (フレイル研究部、老年内科部)
A 3-year Prospective Cohort Study of Dietary Patterns and Frailty Risk Among Community-Dwelling Older Adults
Clinical Nutrition・2020年5月

総説, その他

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
食物と認知症予防,認知予備力と認知症予防
臨床精神医学,49:657-663,2020

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
食事ガイドライン第13回:認知機能低下および認知症のリスク抑制-WHOガイドライン
食と医療,13:105-109,2020

幸篤武,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
サルコペニアの疫学,サルコペニア-診断と治療Update-
Medical Practice,37:683-688,2020

細川陸也,近藤克則,伊藤美智予,宮國康弘,水谷聖子,後藤文枝,阿部吉晋,伊豫田しのぶ,半田裕子,尾島俊之  (老年学評価研究部)
高齢者の「通いの場」づくりの取り組みとその効果 第1回『健康交流の家の機能と利用による健康増進効果』
地域保健 51(3):52-59,2020年5月

島田裕之.   (老年学・社会科学研究センター)
【認知予備力と認知症予防】運動と認知症予防.
  臨床精神医学, 49(5): 637-642, 2020.

近藤和泉, 尾崎健一, 大沢愛子 (健康長寿支援ロボットセンター,リハビリテーション科部)
認知症に対するロボット・AIの適応
The Jpanese Journal of Rehabilitation Medicine 57, 421-424, 2020年5月18日

佐竹昭介 (フレイル研究部、老年内科部)
サルコペニアの新規治療法開発
Medical Practice・2020年5月

書物等

Kimura Y, Kato T, Ito K, Ichise M  (脳機能画像診断開発部)
SPECT and PET of the Brain.
Clinical Nuclear Medicine 2nd Ed., Chapter 4. p. 211–231, Springer 2020

講演等

学会・研究会等発表

坂本明彦,丸山光生  (老化機構研究部)
老齢マウスの液性免疫不良におけるDOCK11の寄与
第43回日本基礎老化学会大会 2020年5月29日 長崎県

川口耕一郎,古茂田かおり,三河隆太,丸山光生,浅井あずさ,杉本昌隆 (老化機構研究部)
細胞老化によるメラノーマ肺移転促進機構の解明
第43回日本基礎老化学会大会 2020年5月29日 長崎県

Yamakoshi,K Kameyama,A Nishijima,R Maruyama,M (老化機構研究部)
マウスの老化過程における顎下腺ムチンの解析
第43回日本基礎老化学会大会 2020年5月29日 長崎県

亀井優香川口耕一郎渡辺憲史錦見昭彦,松田一成,杉本昌隆丸山光生 (老化機構研究部)
老化細胞可視化除去モデルマウスを用いた皮膚老化解析への試み
第43回日本基礎老化学会大会 2020年5月29日 長崎県

渡辺憲史亀井優香,五十嵐美樹,杉本昌隆,木村郁夫,丸山光生 (老化機構研究部)
自然加齢マウスにおける水溶性イソフラボン摂取とその効果
第43回日本基礎老化学会大会 2020年5月29日 長崎県

青山貴文, 相本啓太, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
平地およびトレッドミル上の歩行神経筋電気刺激装置の刺激タイミング設定による歩容の変化について
第11回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会 R02年5月29日 金曜日 岐阜県

加藤隆司  (脳機能画像診断開発部)
An introduction to radionuclide imaging of neurodegenerative dementia.(変性認知症診断における核医学(入門編))
第79回日本医学放射線学会総会 WEB開催、教育講演 核医学1 2020年5月15日~6月14日 17時 WEB開催

講演など(教育、普及、広報活動)

里直行  (分子基盤研究部)
タンパク質機能と老化・老化関連疾患
名古屋市立大学医学部 2020年5月28日 名古屋市

土井剛彦.   (予防老年学研究部)
MCI(軽度認知機能障害)最前線.
  オンラインセミナー「運動と認知機能」,  2020年5月25日.

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2020年 [令和2年] 5月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました