本文へ移動

 

文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2020年 [令和2年] 4月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­20年­­­[令和2­­年­]4月

新聞・雑誌等

堤本広大.   (予防老年学研究部)
日経トレンディ2020年5月号,
  2020年4月4日, 運動×脳トレで認知症対策!「コグニサイズ」入門.

島田裕之.   (老年学・社会科学研究センター)
NHK「あさイチ」,
  2020年4月6日, 認知症の発症・進行を遅らせることのできる生活習慣について.

島田裕之.   (老年学・社会科学研究センター)
中日新聞,
  2020年4月11日, 高齢者の運転技術 長寿研が実証実験 大府市と覚書締結.

島田裕之.   (老年学・社会科学研究センター)
中部経済新聞,
  2020年4月11日, 「高齢者運転研究」で覚書 大府市と長寿研.

島田裕之.   (老年学・社会科学研究センター)
読売新聞,
  2020年4月11日, 高齢者の運転技能維持・向上で覚書.

島田裕之.   (老年学・社会科学研究センター)
しんぶん赤旗,
  2020年4月11日, 脳も体も元気に コグニサイズ.

論文発表等

原著論文

Onuma T, Iida M, Kito Y, Tanabe K, Kojima A, Nagase K, Uematsu K, Enomoto Y, Doi T, Tokuda H, Ogura S, Iwama T, Kozawa O, Iida H. (臨床検査部)
Cigarette smoking cessation temporarily enhances the release of phosphorylated-HSP27 from human platelets.
Intern Med. 2020 Apr 30. doi: 10.2169/internalmedicine.4000-19.

飯塚祐美子、平敷安希博、橋本駿、佐竹昭介、清水敦哉、志水正明 (栄養管理部、循環器内科部、リハビリテーション科部、フレイル研究部、老年内科部)
高齢心不全患者のStage分類によるフレイルおよび栄養状態についての検討
日本病態栄養学会誌・2020年4月

Kinoshita K, Satake S,  Shimokata H,  Arai H (老化疫学研究部,フレイル研究部,老年内科部,NILS-LSA活用研究室,理事長)
Proposal for the Revising the Nutrition Intervention Standards on the Kihon Checklist
Geriatrics and Gerontology International in press

Chen LK, Arai H. (理事長)
Physio-cognitive decline as the accelerated aging phenotype.
Arch Gerontol Geriatr. In press

Sawa R, Asai T, Doi T, Misu S, Murata S, Ono R.   (予防老年学研究部)
The Association Between Physical Activity, Including Physical Activity Intensity, and Fear of Falling Differs by Fear Severity in Older Adults Living in the Community.
  J Gerontol B Psychol Sci Soc Sci, 75(5): 953-960, 2020.

Tsutsumimoto K, Doi T, Nakakubo S, Kim M, Kurita S, Ishii H, Shimada H.   (予防老年学研究部、老年学・社会科学研究センター)
Cognitive Frailty as a Risk Factor for Incident Disability During Late Life: A 24-Month Follow-Up Longitudinal Study.
  J Nutr Health Aging, 24(5): 494-499, 2020.

Makino K, Lee S, Bae S, Shinkai Y, Chiba I, Shimada H.   (予防老年学研究部、老年学・社会科学研究センター)
Predictive Validity of a New Instrumental Activities of Daily Living Scale for Detecting the Incidence of Functional Disability among Community-Dwelling Older Japanese Adults: A Prospective Cohort Study.
  Int J Environ Res Public Health, 17(7), 2020.

Katayama O, Lee S, Bae S, Makino K, Shinkai Y, Chiba I, Harada K, Shimada H.   (予防老年学研究部、老年学・社会科学研究センター)
Modifiable Risk Factor Possession Patterns of Dementia in Elderly with MCI: A 4-Year Repeated Measures Study.
  J Clin Med, 9(4), 2020.

Noguchi T,Nakagawa-Senda H,Tamai Y,Nishiyama T,Watanabe M,Kamiya M,Wakabayashi R,Hosono A,Shibata K,Ichikawa M,Ema K,Nagaya K,Okamoto N,Tsujimura S,Fujita H,Kondo F,Yamada T,Suzuki S  (老年社会科学研究部)
The Association between Family Caregiver Burden and Subjective Well-being and Moderating Effect of Social Participation among Japanese Adults:A Cross-sectional Study Healthcare,5;8(2).pil:E87,April 2020

Suzumura S, Takano E, Sugishima Y, Narukawa R, Makino I, Abiko T, Oi S, Kondo I  (リハビリテーション科部,健康長寿支援ロボットセンター)
Reduced Family Care Burden by Using a Communication Robot: Report of a Case
Geriatrics & Gerontology International 20, 384-385, Apl 1 2020

清水笑子, サブレ森田さゆり, 伊藤恵里奈, 川村皓生, 吉原杏奈, 内田育恵, 鈴木宏和, 中田隆文, 杉浦彩子, 近藤和泉  (リハビリテーション科部,看護部,耳鼻いんこう科部)
補聴器外来受診高齢者におけるフレイルの実態
AUDIOLOGY JAPAN,Vol.63 No.2, 122-129, 2020年4月30日

Kiuchi S, Aida J, Kusama T, Yamamoto T, Hoshi M, Yamamoto T, Kondo K, Osaka K  (老年学評価研究部)
 Does public transportation reduce inequalities in access to dental care among older adults? Japan Gerontological Evaluation Study
  Community Dentistry and Oral Epidemiology. 48(2):109-118, Apr 2020

総説, その他

佐竹昭介 (フレイル研究部、老年内科部)
特集:フレイル対策最前線「第1章 フレイルとは何か?」
看護技術・2020年4月

木下かほり (老化疫学研究部、フレイル研究部)
特集:フレイル対策最前線「第2章 2. フレイル高齢者の栄養問題と対応」
看護技術・2020年4月

西原恵司 (老年内科部)
特集:フレイル対策最前線「第3章 3. 術後合併症」
看護技術・2020年4月

加納優 (老年内科部)
特集:フレイル対策最前線「第5章 3. 退院支援におけるフレイル対応」
看護技術・2020年4月

佐竹昭介 (フレイル研究部、老年内科部)
One Point Advice7 診療における基本チェックリストの使用法/あとがき
サルコペニア・フレイル指導士テキスト 2020年4月

木下かほり (老化疫学研究部、フレイル研究部)
Clinical Knowledge1 栄養からみた身体機能低下の予防・介入戦略
サルコペニア・フレイル指導士テキスト 2020年4月

佐竹昭介 (フレイル研究部、老年内科部)
高齢者について知る
uro-LO・2020年4月

島田裕之.   (老年学・社会科学研究センター)
【フレイルの社会的側面について】高齢者における社会的フレイルと機能障害.
  老年社会科学, 42(1): 45-48, 2020.

島田裕之.   (老年学・社会科学研究センター)
【認知機能を高める豊かな運動】デュアルタスクを含む運動プログラムによる認知機能増進効果.
  体育の科学, 70(4): 251-254, 2020.

川口耕一郎、三河隆太、杉本昌隆  (老化機構研究部)
細胞老化
医学のあゆみ、2020年4月

杉本昌隆  (老化機構研究部)
喫煙病態における細胞老化の役割
喫煙科学、2020年4月

本山昇  (老化機構研究部)
DNA損傷応答と老化
医学のあゆみ、272(13):1299-1306,2020

書物等

島田裕之.   (老年学・社会科学研究センター)
Clinical Knowledge 6 啓蒙活動/地域での指導からみた身体機能低下の予防・介入戦略.
  日本サルコペニア・フレイル学会(監), 荒井秀典(編), 佐竹昭介(編), 日本サルコペニア・フレイル学会認定 サルコペニア・フレイル指導士テキスト, 株式会社 新興医学出版社, 東京都, 2020年4月10日, pp97-103.

近藤克則  (老年学評価研究部)
ソーシャル・キャピタルと健康・福祉 実証研究の手法から政策・実践への応用まで(序章・終章執筆、編著),P288
ミネルヴァ書房,2020年4月30日

佐々木由理、宮國康弘、岡田栄作  (老年学評価研究部)
ソーシャル・キャピタルと健康・福祉 実証研究の手法から政策・実践への応用まで(近藤克則編著),第5章 地域診断と効果評価
ミネルヴァ書房,2020年4月30日

徳田治彦 (臨床検査部)
人間ドックの上手な利用法.
荒井秀典(編)、40歳からの健康年表、文春新書1260、株式会社文藝春秋、東京都、2020年4月20日、pp270-283.

講演等

学会・研究会等発表

 

講演など(教育、普及、広報活動)

 

センター内活動(セミナー等)

佐竹昭介 (フレイル研究部)
高齢者医療の特性
令和2年度新採用者オリエンテーション 2020年4月2日 大府市

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2020年 [令和2年] 4月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました