本文へ移動

 

文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2019年 [令和元年] 8月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­19年­­­[令和元­­年­]8月

新聞・雑誌等

荒井由美子  (長寿政策科学研究部)
高知新聞,
2019年8月3日(土)朝刊,争論 高齢者の運転「家族で抱えず相談を」.

荒井由美子  (長寿政策科学研究部)
沖縄タイムズ,
2019年8月19日(月)朝刊,高齢者の運転「悲劇を未然に防ぐために:免許返納 説得より納得」.

荒井由美子  (長寿政策科学研究部)
新潟日報,
2019年8月25日(日)朝刊,争論 高齢者の運転“卒業”「第三者介し方向付けて」. 

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
骨を守る会ニュースvol.13
令和元年8月20日(火),「健康長寿を目指す生き方」

島田裕之  (老年学・社会科学研究センター)
中日新聞,
2019年8月7日, 「認知症予防講演会」

島田裕之  (老年学・社会科学研究センター)
終活読本ソナエ vol25 2019年夏号,
2019年8月10日, 「脳トレ+運動で認知症を遅らせる」

大沢愛子  (健康長寿支援ロボットセンター)
朝日新聞デジタル, 
令和元年8月29日(木), 「認知用ケアに歌や体操 進行抑える「非薬物療法」に期待」

中村廣隆  (老年社会科学研究部)
中日新聞
令和元年8月21日 特技生かし「幸福感」アップ 大府市で高齢者対象に調査

中村昭範  (脳機能画像診断開発部)
QUARTZ
August 2, 2019,There are a lot of promising blood tests for Alzheimer’s—here’s how to keep track.

佐治直樹 (もの忘れセンター)
CNBCアジア.
2019年8月25日, Channel JAPAN(アジア向け情報番組)

論文発表等

原著論文

Kawabata T, Tokuda H, Fujita K, Matsushima-Nishiwaki R, Sakai G, Tachi J, Hioki T, Kim W, Iida H, Otsuka T, Kozawa O.  (臨床検査部)
HSP90 inhibitors diminish PDGF-BB-induced migration of osteoblasts via suppression of p44/p42 MAP kinase.
Biomedical Res. 40: 169-178, 2019

Yuki A, Otsuka R, Tange C, Nishita Y, Tomida M, Ando F, Shimokata H, Arai H  (NILS-LSA活用研究室,老化疫学研究部,理事長)
Daily physical activity predicts frailty development among community-dwelling older Japanese adults
J Am Med Dir Assoc, Aug 2019

Ogawa M, Maruo K, Sone D, Shimada H, Suzuki K, Watanabe H, Matsuda H, Mizusawa H  (老年学・社会科学研究センター)
Longitudinal analysis of risk factors for dementia based on Mild Cognitive Impairment Screen results and questionnaire responses from healthy Japanese individuals registered in an online database
Alzheimers Dement, 5: 347-353, 2019

Bae S, Masaki H  (予防老年学研究部)
Effects of Acute Aerobic Exercise on Cognitive Flexibility Required During Task-Switching Paradigm
Front Hum Neurosci, 13: 260, 2019

Miyasaka,H Kondo,I Yamamura,C Fujita,N Orand,A Sonoda,S  (リハビリテーション科部)
The quantification of task-difficulty of upper limb motor function skill based on Rasch analysis
Topics in Stroke Rehabilitation, Aug 1 2019

櫻庭唱子,赤崎美冬,亀田義人,長嶺由衣子,近藤克則  (老年学評価研究部)
都市型介護予防モデルの開発 JAGES「松戸プロジェクト」の概要
保健師ジャーナル75(8),688-694,2019年8月

Yokomichi H, Kondo K, Nagamine Y, Yamagata Z, Kondo N  (老年学評価研究部)
Dementia risk by combinations of metabolic diseases and body mass index: Japan Gerontological Evaluation Study (JAGES) Cohort Study
Journal of Diabetes Investigation(in press)

Takasugi T, Tsuji T, Nagamine Y, Miyaguni Y, Kondo K  (老年学評価研究部)
Socio-economic status and dementia onset among older Japanese: A 6-year prospective cohort study from the Japan Gerontological Evaluation Study
Int J Geriatr Psychiatry(in press)

Saito J, Haseda M, Amemiya A, Takagi D, Kondo K, Kondo N  (老年学評価研究部)
Community-based care for healthy ageing : lessons from Japan
Bulletin of the World Health Organization 97(8):570-574,Aug 2019

Hirai H, Ichikawa M, Kondo N, Kondo K  (老年学評価研究部)
The risk of functional limitations after driving cessation among older Japanese adults: the JAGES cohort study
J Epidemiol(in press)

Nishizawa T, Morita A, Fujiwara T, Kondo K  (老年学評価研究部)
Association between Childhood Socioeconomic Status and Subjective Memory Complaints Among Older AdultsAdults: Results from the Japan Gerontological Evaluation Study 2009
International Psychogeriatrics(in press)

Nihashi T, Ito K, Terasawa T (脳機能画像診断開発部)
Diagnostic accuracy of DAT-SPECT and MIBG scintigraphy for dementia with Lewy bodies: an updated systematic review and Bayesian latent class model meta-analysis.
Eur J Nucl Med Mol Imaging, 2019 Aug 19

Yamazaki T, Inui Y, Ichihara T, Uno M, Ota S, Toyoda A, Ishiguro M, Kato T, Ito K, Toyama H (脳機能画像診断開発部)
Clinical utility of the normal database of 123I-iodoamphetamine brain perfusion single photon emission computed tomography for statistical analysis using computed tomography-based attenuation correction: a multicenter study.
Ann Nucl Med. 2019 Aug 14

総説, その他

里直行  (分子基盤研究部)
生活習慣病と認知症予防
カラントテラピー 通巻439号 2019年8月1日

金谷さとみ, 仙波浩幸, 山上徹也, 島田裕之, 横井輝夫  (老年学・社会科学研究センター)
座談会:認知症のADLとIADL-どの時期にどのように介入すべきか
理学療法ジャーナル, 53(8): 801-808, 2019

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
高齢者に無理な塩分制限、ダイエットは必要ない
未病ケアジャーナル,4:2,2019.

古庄克宏 丸山光生 (中枢性老化・睡眠制御PT, 老化機構研究部)
免疫系の老化-Inflammagingにおける核酸センサーの役割を中心に-
Geriatric Medicine  老年医学 57(8):787-790, 2019年8月1日発行

伊藤大介,斉藤雅茂,宮國康弘近藤克則  (老年学評価研究部)
91市区町における地域組織参加率と要支援・介護認定率の関連―地域組織の種類・都市度別の分析:JAGESプロジェクト―
厚生の指標66(8)1-8,2019年8月

中村昭範(脳機能画像診断開発部)
血液超早期診断の進歩.
臨床現場で役立つ最新の治療 カレントセラピー Vol.37 No.8 P81、2019年8月1日発売

伊藤健吾(脳機能画像診断開発部)
アミロイドPET-保険収載への課題とIDEAS study.
CLINICIAN vol.66 no.674 p32-36、2019年

書物等

大塚礼,本川佳子 (NILS-LSA活用研究室)
認知症患者さんへの摂食嚥下・栄養・緩和ケア 2.栄養アセスメントについて
歯科医院で認知症の患者さんに対応するための本 ーガイドラインに基づいた理解・待遇・治療・ケアー,平野浩彦,枝広あや子,本橋佳子編,医歯薬出版株式会社,p121-125,2019.

講演等

学会・研究会等発表

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
脳の形態学的加齢変化に関する研究-preliminary analyses-
第15回「必須脂肪酸と健康」研究会 2019年8月2日 京都市

Zhang S, Otsuka R, Tomata Y, Shimokata H, Tange C, Tomida M, Nishita Y, Tsuji I (NILS-LSA活用研究室)
Japanese diet and risk of incident frailty: The NILS-LSA project
Asian Congress of Nutrition (ACN) 2019 Aug 6th 2019 Bali, Indonesia

Nakagawa T (NILS-LSA活用研究室)
Changes in well-being through the transiton into widowhood: Findings from longitudinal studies in Japan
International Conference on the Caregiver and Family Burden Aug 16th 2019 Kaohsiung, Taiwan

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
栄養の欠乏が認知機能に及ぼす影響~地域住民を対象とした長期縦断疫学研究~
第53回栄養学若手研究者のつどい サマーセミナー 2019年8月23日 伊東市

篠原充  (分子基盤研究部)
危険因子にも着目したアルツハイマー病の治療標的の同定と治療薬の開発
第8回 大阪大学神経難病フォーラム 2019年8月30日 吹田市

島田裕之, 土井剛彦, 堤本広大, 中窪翔, 石井秀明, 牧野圭太郎, 千葉一平, 片山侑  (老年学・社会科学研究センター、予防老年学研究部)
心理的フレイルと新規要介護認定.
日本予防理学療法学会 第5回サテライト集会  2019年8月18日 東京都

青山貴文, 相本啓太, 大脇駿平, 谷本正智, 伊藤直樹, 近藤和泉  (リハビリテーション科部)
平地およびトレッドミル上のウォークエイド設定による歩容の変化について
第6回イノベーティブリハビリテーション研究会 2019年8月3日 土曜日 東京都

近藤和泉  (リハビリテーション科部)
小児神経筋疾患の評価‐発達・改善・効果判定を考慮して‐
徳島SMAリハビリテーション学術講演会 2019年8月9日 金曜日 徳島市

近藤和泉  (健康長寿支援ロボットセンター)
国立長寿医療研究センターにおけるロボットの活用・実証評価の取組
CareTEX名古屋専門セミナー 2019年8月7日 水曜日 名古屋市

近藤克則  (老年学評価研究部)
認知症・寝たきりの少ないまちづくりは可能か?
2019年度公衆衛生セミナー 2019年8月4日 大阪府吹田市

Nakamura A(脳機能画像診断開発部)
Plasma Amyloid Biomarkers for Alzheimer’s Disease:Current Status and The Future.
13th International Congress of the Asian Society Against Dementia, and 6th Singapore International Neuro-Cognitive Symposium Aug. 30, 2019 Singapore

Nakamura A(脳機能画像診断開発部)
Electromagnetic Biomarkers for Earlier Stages of Alzheimer’s Disease.
13th International Congress of the Asian Society Against Dementia, and 6th Singapore International Neuro-Cognitive Symposium Aug. 30, 2019 Singapore

佐治直樹、室谷健太、久田貴義、都築毅、杉本大貴、木村藍、新飯田俊平、鳥羽研二、櫻井孝 (もの忘れセンター, メディカルゲノムセンター, 理事長特任補佐)
腸内細菌は脳小血管病と関連し、軽度認知障害の独立した関連因子である.
第10回日本脳血管・認知症学会.YIA審査講演. 2019年8月3日 東京都

Saji N. (もの忘れセンター)
Relationship between the gut microbiome and dementia: a cross-sectional study conducted in Japan.
Symposium: Nutrition and Cognition, Asian Congress of Nutrition 2019 Aug 7 2019 Bali, Republic of Indonesia

講演など(教育、普及、広報活動)

徳田治彦  (臨床検査部)
骨粗鬆症の予防について-骨芽細胞からのメッセージ-.
第38回健康講座KURUTOおおぶ 2019年8月21日 大府市

柳澤勝彦  (研究所長室)
アルツハイマー病の早期発見・バイオマーカーの利活用について.
令和元年度全国認知症疾患医療センター連絡協議会・地域認知症フォーラム(第15回) 2019年8月2日 東京

里直行  (分子基盤研究部)
アルツハイマー病の基礎研究
第13回老年医学サマーセミナー 2019年8月3日 大府市

篠原充  (分子基盤研究部)
脂質と老化
大阪大学大学院薬学系研究科 2019年8月6日 吹田市

島田裕之  (老年学・社会科学研究センター)
自分でできる認知症予防.
知多市講演 2019年8月2日 知多市

土井剛彦  (予防老年学研究部)
健康寿命延伸のためのサルコペニア・フレイル対策.
2019年度健康運動指導士更新必修講座 2019年8月3日 名古屋市

島田裕之  (老年学・社会科学研究センター)
介護予防の実際.
認定理学療法士必須研修会 2019年8月4日 東京都

土井剛彦  (予防老年学研究部)
認知症予防概論及びコグニサイズの有効性について、コグニサイズの基礎、コグニサイズの実践(実技)等.
令和元年度 地域で実践!コグニサイズを教える研修会 2019年8月7日~8日 横浜市

堤本広大  (予防老年学研究部)
認知症予防概論及びコグニサイズの有効性について、コグニサイズの基礎、コグニサイズの実践(実技)等.
令和元年度 地域で実践!コグニサイズを教える研修会 2019年8月7日~8日 横浜市

栗田智史  (予防老年学研究部)
認知症予防概論及びコグニサイズの有効性について、コグニサイズの基礎、コグニサイズの実践(実技)等.
令和元年度 地域で実践!コグニサイズを教える研修会 2019年8月7日~8日 横浜市

中窪翔  (予防老年学研究部)
認知症予防概論及びコグニサイズの有効性について、コグニサイズの基礎、コグニサイズの実践(実技)等.
令和元年度 地域で実践!コグニサイズを教える研修会 2019年8月9日 横浜市

金珉智  (予防老年学研究部)
認知症予防概論及びコグニサイズの有効性について、コグニサイズの基礎、コグニサイズの実践(実技)等.
令和元年度 地域で実践!コグニサイズを教える研修会 2019年8月9日 横浜市

石井秀明  (予防老年学研究部)
認知症予防概論及びコグニサイズの有効性について、コグニサイズの基礎、コグニサイズの実践(実技)等.
令和元年度 地域で実践!コグニサイズを教える研修会 2019年8月9日 横浜市

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
在宅栄養管理各論~認知症~
第3回在宅栄養専門管理栄養士専門研修 2019年8月31日 東京都

大沢愛子  (リハビリテーション科部)
認知症の人と家族に対するリハビリテーション〜臨床の視点から〜. 
第21回 関西・中部認知症研究会 2019年8月3日 名古屋市

佐竹昭介 (フレイル研究部)
フレイルについて
認知症,フレイルの人のための,地域とつなぐアドバンス・ケア・プランニング(ACP)セミナー 2019年8月9日 大府市

木下かほり、荒井秀典 (NILS-LSA活用研究室、フレイル研究部,理事長)
フレイル予防・対策講座:Lesson04 毎日のタンパク質摂取が健康寿命のカギ!
e ヘルシーレシピ(第一三共株式会社) 2019年8月26日

近藤克則  (老年学評価研究部)
データにもとづく健康なまちづくり
福岡県 高齢者の医療・介護・保険事業に関する研究会 2019年8月19日 福岡県福岡市

近藤克則  (老年学評価研究部)
高齢者の社会参加と健康長寿のまちづくり
埼玉県 令和元年度介護予防事業研修 2019年8月22日 埼玉県さいたま市

宮國康弘  (老年学評価研究部)
健康づくり推進員になった今がチャンス!~幸福な未来のためにできること~
松本市健康づくり推進員連合会エリア別研修会 2019年8月23日 長野県松本市

センター内活動(セミナー等)

中川威,西田裕紀子,丹下智香子,富田真紀子,大塚礼,安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室,老化疫学研究部)
成人期後半における感情の安定性と変化
第4回NCGGサマーリサーチサミナー 2019年8月9日 大府市

里直行  (分子基盤研究部)
βアミロイド42はob/obマウスにおいて脳内グリア細胞の変化を伴って寿命を短くする
NCGGサマーリサーチセミナー 2019年8月9日 大府市

篠原充  (分子基盤研究部)
タウに対するELISAの開発と剖検脳の検討
NCGGサマーリサーチセミナー 2019年8月9日 大府市

福森亮雄  (分子基盤研究部)
APP669-711ププチドの検出
NCGGサマーリサーチセミナー 2019年8月9日 大府市

鈴木香  (分子基盤研究部)
両側総頸動脈狭窄(BCAS)におけるBtg2の動態とノックアウトマウスの解析
NCGGサマーリサーチセミナー 2019年8月9日 大府市

田代善崇  (分子基盤研究部)
次世代の認知症創薬を目指すための糖尿病モデルを用いた脳内糖感受因子の探索
NCGGサマーリサーチセミナー 2019年8月9日 大府市

野田泰裕  (分子基盤研究部)
Cyr61のアルツハイマー病病態に及ぼす影響の検討
NCGGサマーリサーチセミナー 2019年8月9日 大府市

坂本明彦 (老化機構研究部)
高齢者の感染予防に向けたマウスB細胞でのZizimin2の解析
第5回NCGGサマーリサーチセミナー 2019年8月9日 大府

石原眞澄,斎藤民,櫻井孝,大沢愛子,荒井秀典 (老年社会科学研究部, もの忘れセンター,リハビリテーション科部,理事長)
軽度認知障害(MCI)および早期認知症の方を対象としたポジティブな写真鑑賞プログラムによる抑うつ気分改善効果:ランダム化比較試験による検証
NCGGサマーリサーチセミナー 2019年8月9日 愛知県大府市

斎藤民,村田千代栄,近藤克則 (老年社会科学研究部,老年学評価研究部)
地域づくり型介護予防生活支援プログラムのフレイル・要介護抑制効果の中長期的検証
NCGGサマーリサーチセミナー 2019年8月9日 愛知県大府市

近藤克則 (老年学評価研究部)
ソーシャルキャピタルとNon-communicable Disease(NCD)の研究
NCGGサマーリサーチセミナー 2019年8月9日 愛知県大府市

三河隆太 (老化機構研究部)
肺気腫病態における細胞老化の役割
第5回NCGGサマーリサーチセミナー 2019年8月9日 大府

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2019年 [令和元年] 8月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました