本文へ移動

 

文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2019年 [令和元年] 7月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­19年­­­[令和元­­年­]7月

新聞・雑誌等

佐治直樹(もの忘れセンター)
腸内細菌の秘密-プレバイオティクス.
韓国JTBCドキュプラス、 2019年7月28日.

佐治直樹(もの忘れセンター)
名医は知っている 長生きする人の「胃腸」の秘密.
女性セブン、2019年7月11日.

木下かほり,荒井秀典 (NILS-LSA活用研究室,理事長)
e ヘルシーレシピ(第一三共株式会社),令和元年7月1日,「フレイル予防・対策講座 噛む力を鍛えよう!オーラルフレイルの予防と対策」

李相侖. (予防老年学研究部)
レクリエ 2019 7・8月号, 2019年6月1日, 運動+脳トレで認知機能向上!無理なくできるコグニサイズ.

島田裕之. (老年学・社会科学研究センター)
福島民報, 2019年6月2日, 認知症予防セミナー.

島田裕之. (老年学・社会科学研究センター)
福島民友, 2019年6月5日, 認知症予防 運動が効果的.

島田裕之. (老年学・社会科学研究センター)
デイリー東北, 2019年7月8日, 認知症予防セミナー 早期発見や対策訴える.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
月刊糖尿病ライフさかえ2019年7月号, 2019年7月15日. 認知症と予防―運動による認知機能低下予防を目指して―.

杉本昌隆(老化機構研究部)
Aging & Health No.90, 長寿フロントライン「組織老化・疾患における細胞老化の役割」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
宮崎日日新聞 2019年7月1日(月),争論 高齢者ドライバー事故「中止の悩み まず相談」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
山形新聞 2019年7月1日(月),争論 高齢ドライバーの事故防ぐには「家族だけで悩まず相談」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
秋田魁新報 2019年7月1日(月),争論 高齢者の運転「家族で抱えず相談を」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
中国新聞 2019年7月3日(水),交論 高齢ドライバー対策「家族だけで抱え込むまい」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
京都新聞 2019年7月6日(土),ニュースを読み解く 高齢ドライバーの事故を防ぐには「運転生活徐々に変えよう」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
岐阜新聞 2019年7月9日(火),争論 高齢者の運転「家族で抱えず相談を」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
佐賀新聞 2019年7月9日(火),奏論 高齢者の運転「家族で抱えず相談を/運転生活、徐々に変えよう」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
静岡新聞 2019年7月13日(土),争論 高齢者の運転「家族得抱えず相談を」.

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
大阪日日新聞 2019年7月29日(月),争論 高齢者の運転「家族で抱えず相談して」.

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
ロボットでリハビリ・介護・健康長寿. NHK出版, NHKテキスト 今日の健康 7, 92-93, 2019年7月

Nakamura A (脳機能画像診断開発部)
2019年7月15~28日掲載

  • AAIC: A Potential New Biomarker for Alzheimer’s Disease. Bio Space
  • Advances In The Global Search For Blood Markers For Alzheimer's Disease And Other Dementias. PR Newswire CISION
  • AAIC update: Where blood-based dementia tests stand in 2019. LABPULSE.com
  • AAIC 2019: Are we one step closer to finding a blood test for Alzheimer’s? Neuro Central
  • Blood test for Alzheimer’s disease moves closer to becoming a reality. Los Angeles Times
  • Wissenschaftler in der Nähe auf Bluttest für Alzheimer. Miet Spiegel News
  • Scientists Are Closer to Creating Blood Test That Screens for Alzheimer's Disease and Dementia. NBC Los Angeles
  • Scientists Closing in on Blood Test to Screen People for Possible Signs of Alzheimer’s Disease. News GRAM
  • Blood could be the key to Alzheimer's. News Beezer
  • Scientists report significant advances in using blood tests as tool to diagnose Alzheimer's. Xinhua
  • Advances In The Global Search For Blood Markers For Alzheimer’s Disease And Other Dementias. THE WEEK - Celebstarzone
  • Alzheimer's Blood Test on the Horizon. Medscape
  • White Flowers, A Symbol of Hope for Alzheimer’s Disease. Flower Power, The First Daily Floral News Site
  • Blood Biomarkers Show Promise for Identifying Alzheimer’s Disease. EVERYDAY HEALTH
  • Progress Made in Identification, Prevention of Brain Diseases. Learning English
  • Bill Gates i Jef Bezos ulažu u detekciju Alchajmerove bolesti. PC Press
  • Scientists close in on blood test for Alzheimer's.
    The Daily Journal, THE NEWS tullahomanews.com, KTSM.com, U.S. News CIVIC, STAT. E-News.US, Las Vegas REVIEW-JOURNAL, The Asahi Shimbun - THE ASSOCIATED PRESS, The Japan Times News web, KRCR News, WCTI News Channel ABC12, WGME, NBC MONTANA, NEWS4SA, FOX5, KMEG14 FOX44 SIOUXLAND NEWS, FOX32, CHICAGO SUN TIMES
  • アルツハイマー病などの認知症用血液検査技術が世界的探求で前進.
    AGARA 紀伊民報、共同通信PRWire、AFP BB NEWS、岐阜新聞 Web
  • アルツハイマー病協会国際会議、ロサンゼルスで開催される.
    認知症ネット、Infoseek News、@nifty ニュースなど

 

論文発表等

原著論文

Fujita K, Otsuka T, Kawabata T, Sakai G, Kim W, Matsushima-Nishiwaki R, Kozawa O, Tokuda H.(臨床検査部)
Wnt3a downregulates thyroid hormone-induced osteocalcin expression in osteoblasts.
Exp. Therapeut. Med. 18: 1921-1927, 2019.

Chou MY, Nishita Y, Nakagawa T, Tange C, Tomida M, Shimokata H, Otsuka R, Chen LK, Arai H (老化疫学研究部,NILS-LSA活用研究室,理事長)
Role of gait speed and grip strength in predicting 10-year cognitive decline among community-dwelling older people.
BMC Geriatr, 19: 186 (11pages), 2019.

Zhang S, Otsuka R, Tomata Y, Shimokata H, Tange C, Tomida M, Nishita Y, Matsuyama S, Tsuji I (NILS-LSA活用研究室,老化疫学研究部)
A cross-sectional study of the associations between the traditional Japanese diet and nutrient intakes: The NILS-LSA project.
Nutr J, 18: 43 (10pages), 2019.

Shimada H, Lee S, Doi T, Bae S, Makino K, Chiba I, Arai H. (老年学・社会科学研究センター、予防老年学研究部、理事長)
Study protocol of the self-monitoring activity program: Effects of activity on incident dementia.
Alzheimers Dement, 5: 303-307, 2019.

Park H, Park JH, Na HR, Shimada H, Kim GM, Jung MK, Kim WK, Park KW. (老年学・社会科学研究センター)
Combined Intervention of Physical Activity, Aerobic Exercise, and Cognitive Exercise Intervention to Prevent Cognitive Decline for Patients with Mild Cognitive Impairment: A Randomized Controlled Clinical Study.
J Clin Med, 8(7), 2019.

Tsutsumimoto K, Doi T, Nakakubo S, Kim M, Kurita S, Ishii H, Shimada H, Kawachi I. (予防老年学研究部、老年学・社会科学研究センター)
Impact of Social Frailty on Alzheimer's Disease Onset: A 53-Month Longitudinal Cohort Study.
J Alzheimers Dis, 70(2): 585-593, 2019

Nakakubo S, Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Kurita S, Kim M, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部、理事長特任補佐室、老年学・社会科学研究センター)
Sleep condition and cognitive decline in Japanese community-dwelling older people: Data from a 4-year longitudinal study.
J Sleep Res, 28(4): e12803, 2019.

Harada K, Lee S, Lee S, Bae S, Harada K, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部、理事長特任補佐室、老年学・社会科学研究センター)
Psychological and Environmental Correlates of Moderate-to-Vigorous Physical Activity and Step Counts Among Older Adults With Cognitive Decline.
Percept Mot Skills, 126(4): 639-655, 2019

Doi T, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Kim MJ, Kurita S, Shimada H. (予防老年学研究部、老年学・社会科学研究センター)
Rethinking the Relationship Between Spatiotemporal Gait Variables and Dementia: A Prospective Study.
J Am Med Dir Assoc, 20(7): 899-903, 2019.

Arakawa Martins B, Visvanathan R, Barrie H, Huang CH, Matsushita E, Okada K, Satake S, Uno C, Kuzuya M(フレイル研究部)
Frailty prevalence using Frailty Index, associated factors and level of agreement among frailty tools in a cohort of Japanese older adults.
Arch Gerontol Geriatr. 2019 Sep - Oct;84:103908. doi: 10.1016/j.archger.2019.103908. Epub 2019 Jul 8.

Kim SE, Kawaguchi K, Hayashi H, Furusho K, Maruyama M (老化機構研究部)
Remission Effects of Dietary Soybean Isoflavones on DSS-Induced Murine Colitis and an LPS-Activated Macrophage Cell Line.
Nutrients 11, 1746, 2019

Ikenuma H, Koyama H, Kajino N, Kimura Y, Ogata A, Abe J, Kawasumi Y, Kato T, Takashima A, Ito K, Suzuki M (脳機能画像診断開発部)
Synthesis of (R,S)-isoproterenol, an inhibitor of tau aggregation, as an 11C-labeled PET tracer via reductive alkylation of (R,S)-norepinephrine with [2-11C]acetone.
Bioorg Med Chem Lett. 2019 Jul 3. pii: S0960-894X(19)30449-4. doi: 10.1016/j.bmcl.2019.07.005. [Epub ahead of print]

Jeong S,Inoue Y,Kondo K,Ide K,Miyaguni Y,Okada E,Takeda T,Ojima T (老年社会科学研究部,老年学評価研究部)
Correlations between Forgetfulness and Social Participation: Community Diagnosing Indicators. Int. J. Environ. Res. Public Health 16, 2426, 2019, doi:10.3390/ijerph16132426.

Yokomichi H, Kondo K, Nagamine Y, Yamagata Z, Kondo N (老年学評価研究部)
Dementia risk by combinations of metabolic diseases and body mass index: Japan Gerontological Evaluation Study (JAGES) Cohort Study. Journal of Diabetes Investigation.

Tsuji T, Kanamori S, Miyaguni Y, Hanazato M, Kondo K. (老年学評価研究部)
Community-level sports group participation and the risk of cognitive impairment.
Medicine & Science in Sports & Exercise 2019.

Ishihara M,Saito T,Sakurai T,Osawa A,Ueda I,Kamiya M,Arai H. (老年社会科学研究部,もの忘れセンター,リハビリテーション科部,理事長)
Assessment of the Feasibility of a Positive Art Program for Dyads of People with Dementia and their Caregivers.
The 6th World Congress on Positive Psychology(WCPP),July 18-21,2019,Melbourne (Australia)

総説, その他

柳澤勝彦(研究所長室)
Aß血液バイオマーカー開発の新展開. 特集「認知症の今と未来を捉える —超早期診断時代を迎える前に—」
CLINICIAN, 66(674): 48-52, 2019年7月1日発行

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
老化の長期縦断研究から見た高齢期の栄養,高齢者の栄養管理.
Aging & Health,90:10-13,2019.

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
食事ガイドライン第10回:高尿酸血症・痛風の診療ガイドライン.
食と医療,10:89-93,2019.

島田裕之. (老年学・社会科学研究センター)
社会的フレイルの構成要素としての独居のとらえ方.
日本サルコペニア・フレイル学会誌, 3(1): 27-30, 2019年.

島田裕之. (老年学・社会科学研究センター)
認知機能低下.
臨床栄養別冊 はじめてとりくむ身体活動支援, 別冊: 50-59, 2019年.

佐竹昭介(フレイル研究部)
フレイル、サルコペニアの概念と運動による予防・改善法
全薬Journal,289:6-9,2019.

佐竹昭介(フレイル研究部)
特集1.サルコペニア・フレイルのコントロバーシー「施設入所高齢者にフレイル評価は必要か-A.施設入所高齢者にフレイル評価は必要」
日本サルコペニア・フレイル学会誌,3(1):6-10,2019.

荒井秀典木下かほり、吉村芳弘、石井好二郎、小川澄人、葛谷雅文、重本和宏、山田実、鈴木規雄、上島順子、三浦絵里子、神野麻耶子、黄啓徳、若林秀隆(理事長、フレイル研究部、NILS-LSA活用研究室)
特集2.EWGSOP2論文の翻訳とQ and A「サルコペニア:定義と診断に関する欧州のコンセンサス改訂の翻訳とQ and A」
日本サルコペニア・フレイル学会誌,3(1):37-66,2019.

近藤和泉, 尾崎健一, 大沢愛子 (リハビリテーション科部)
人工知能を利用した認知症支援.
BRAIN and NERVE 71, 0759-0764, 2019.7.

書物等

Osawa A, Maeshima S (リハビリテーション科部)
Swallowing Disorders in Patients with Stroke.
Intech Open, DOI: http://dx.doi.org/10.5772/intechopen.88341, 2019.7.30.

講演等

学会・研究会等発表

佐治直樹(もの忘れセンター).
動脈スティッフネスと認知症.
第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会. シンポジウム10 脳循環障害は認知症の原因か そのメカニズムupdate. 2019年7月12日.京都.

Doi T, Nakakubo S, Tsutsumimoto K, Kim M, Kurita S, Ishii H, Shimada H. (予防老年学研究部、老年学・社会科学研究センター)
Low function based on spatio-temporal gait variables and disability.
International Society of Posture & Gait Research(ISPGR) WORLD CONGRESS 2019, Edinburgh, Scotland, July 1, 2019. Poster presentation.

Nakakubo S, Doi T, Tsutsumimoto K, Kim M, Kurita S, Ishii H, Shimada H. (予防老年学研究部、老年学・社会科学研究センター)
Association of walk ratio during normal gait speed and fall in community-dwelling elderly people.
International Society of Posture & Gait Research(ISPGR) WORLD CONGRESS 2019, Edinburgh, Scotland, July 2, 2019. Poster presentation.

Blumen H, Schwartz E, Allali G, Beauchet O, Brickman A, Callisaya M, Doi T, Lipton R, Shimada H, Srikanth V, Verghese J. (予防老年学研究部、老年学・社会科学研究センター)
Cortical Thinning in the Motoric Cognitive Risk (MCR) Neuroimaging Consortium.
Alzheimer’s Association International Conference 2019, Los Angeles, United States of America, July 14-18, 2019. Poster presentation.

佐竹昭介(フレイル研究部)
地域で実践できるフレイル・サルコペニア評価
第1回日本在宅医療連合学会大会 シンポジウム「フレイル予防はまさに「まちづくり」」,2019年7月15日,東京.

Shinohara M et al. (分子基盤研究部)
Increased Levels of Aβ42 Decrease the Lifespan of Ob/Ob Mice with Dysregulation of Microglia and Astrocytes
Alzheimer's Association International Conference 2019 ポスター発表, July 16, 2019, Los Angeles, United States

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
VRを搭載した床反力付きトレッドミルGRAILによる高齢者のリハビリテーション.
第35回日本義肢装具学会学術大会, 2019年7月13日, 仙台

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
アルツハイマー病のアミロイド病変を早期に捉える高精度血液バイオマーカーの開発とその展開.
第32回北大阪もの忘れ研究会 2019年7月20日、大阪

Ogata A, Kimura Y, Yamada T, Ichise M, Ikenuma H, Abe J, Koyama H, Suzuki M, Kato T, Ito K. (脳機能画像診断開発部)
PET imaging of colony stimulating factor 1 receptor in rat brains,
Brain & Brain PET 2019, July 4-7 2019, Yokohama, Japan.

Ikenuma H, Ogata A, Kimura Y, Koyama H, Abe J, Yamada T, Ichise M, Kato T, Suzuki M, Ito K (脳機能画像診断開発部)
Formulation of 11C-labeled (R,S)-isoproterenol and pharmacokinetic studies in rats.
Brain & Brain PET 2019, July 4-7 2019, Yokohama, Japan

Nakamura A, Kaneko N, Kato T, Ishii K, Ishii K, Arahata Y, Iwamoto S, Ito K, Tanaka K, Yanagisawa Y (脳機能画像診断開発部、神経内科部、研究所長)
What Kind of Information Does the Plasma Amyloid-β Biomarker Tell Us?
Alzheimer’s Association International Conference (AAIC 2019), July 14-18, 2019, Los Angeles, USA.

Bamba C, Iwata K, Nakashima K, Kato T, Ito K, Nakamura A (脳機能画像診断開発部)
JART Is a Protective and Independent Measure from Pathological Change of Alzheimer’s Disease.
Alzheimer Imaging Consortium, Alzheimer’s Association International Conference (AAIC 2019), July 13, 2019, Los Angeles, USA.

Shimada H, Tagai K, Kubota M, Takahata K, Takado Y, Shinotoh H, Yamamoto Y, Sano Y, Seki C, Hirano S, Kimura Y, Ichise M, Ono M, Tempest P, Jang MK, Sahara N, Kawamura K, Zhang MR, Kuwabara S, Hattori N, Suhara T, Higuchi M (脳機能画像診断開発部)
In vivo tracking of tau pathologies with 18F-PM-PBB3 (18F-APN-1607) PET in AD and diverse non-AD tauopathies.
Alzheimer’s Association International Conference (AAIC 2019), July 13, 2019, Los Angeles, USA.

仲野義和、島田斉、篠遠仁、平野成樹、木村泰之、市瀬正則、関千江、高堂裕平、高畑圭輔、久保田学、互健二、河村和紀、張明栄、須原哲也、桑原聡、樋口真人 (脳機能画像診断開発部)
PETを用いた大脳皮質基底核症候群の背景病理推定に関する検討.
第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、2019年7月25日、東京

島田斉、互健二、小野麻衣子、久保田学、高畑圭輔、高堂裕平、篠遠仁、山本保天、佐野康徳、関千江、平野成樹、木村泰之、市瀬正則、関大成、河村和紀、張明栄、桑原聡、服部信孝、須原哲也、樋口真人 (脳機能画像診断開発部)
18F-PM-PBB3 PETは発症前駆期より4リピートタウオパチーの脳病理を捕捉し得る.
第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、2019年7月27日、東京

荒井康之,鄭丞媛,井上祐介,太田秀樹,鈴木隆雄 (老年社会科学研究部,理事長特任補佐室)
在宅医療における医療の質の評価指標に関する意識調査―医師・看護師は何を重視して在宅医療に従事しているのか?第1回日本在宅医療連合学会大会,2019年7月14日,東京都新宿区(最優秀演題賞)

野口泰司,中川弘子,西山毅,渡邉美貴,細野晃弘,柴田清,神谷真有美,尚爾華,市川麻理,若林諒三,上島寛之,永谷憲司,依馬加苗,山田珠樹,鈴木貞夫 (老年社会科学研究部)
高齢者の就労および働きがいが健康感に及ぼす影響:5 年間の縦断研究.第65回東海公衆衛生学会,2019年7月6日,愛知県名古屋市瑞穂区

依馬加苗,中川弘子,西山毅,渡邉美貴,細野晃弘,柴田清,近藤文,若林諒三,市川麻理,野口泰司,上島寬之,永谷憲司,山田珠樹,鈴木貞夫 (老年社会科学研究部)
一般住人におけるコーヒー摂取とメタボリックシンドロームとの関連 J-MICC Study 岡崎.第65回東海公衆衛生学会, 2019年7月6日,愛知県名古屋市瑞穂区

尚爾華,野口泰司,中山佳美,森満,中川弘子,西山毅,渡邉美貴,小嶋雅代,今枝奈保美,神谷真有美,依馬加苗,加藤利枝子,鈴木貞夫 (老年社会科学研究部,フレイル研究部・ロコモ研究室)
地域在住女性高齢者における現在歯数の関連要因~名古屋市老人福祉センター調査~.第65回東海公衆衛生学会, 2019年7月6日,愛知県名古屋市瑞穂区

橋本駿, 平敷安希博, 杉岡純平, 水野佑美, 谷奥俊也, 西崎成紀, 阿部良一, 植田郁恵, 川村皓生, 伊藤直樹,松尾宏, 川島一博, 清水敦哉, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 循環器内科部)
高齢心不全患者の生活活動度に関連する因子の検討.
第25回日本心臓リハビリテーション学術集会, 2019年7月13日-14日, 大阪市

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
脳性麻痺という疾患の理解.
令和元年度日本理学療法士協会 認定必須研修会(発達障害), 2019年7月20日, 大阪市

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
慢性期軽症意識障害の評価システムの構築とその運用.
第28回日本意識障害学会, 2019年7月27日, 東京

講演など(教育、普及、広報活動)

柳澤勝彦 (研究所長室)
Aß重合の理: アルツハイマー病制圧を目指して.
東京大学医学部老年病学教室リサーチ・カンファランス 特別講演, 2019年7月6日, 東京

柳澤勝彦 (研究所長室)
血液で脳を診る —アルツハイマー病制圧をめざして—.
Keio Endocrine & Metabolism Survey(KEMS) 研究会学術集会 講演, 2019年7月13日, 東京

柳澤勝彦 (研究所長室)
アルツハイマー病血液バイオマーカーの開発
第33回老年期認知症研究会 講演, 2019年7月27日, 東京

木下かほり (NILS-LSA活用研究室、フレイル研究部)
食事でフレイル予防~いきいき健康長寿をめざそう~.
フレイル予防セミナー,2019年7月2日,東浦町.

木下かほり (NILS-LSA活用研究室、フレイル研究部)
フレイル予防は栄養、運動、社会参加の三位一体で!
第12回 小児がん・脳腫瘍全国大会,2019年7月27日,大阪市.

島田裕之. (老年学・社会科学研究センター)
「認知症予防」をテーマに、コグニサイズ.
青森・認知症予防セミナー, 八戸市, 2019年7月3日.

島田裕之. (老年学・社会科学研究センター)
「認知症予防」をテーマに、コグニサイズ.
青森・認知症予防セミナー, 青森市, 2019年7月3日.

島田裕之. (老年学・社会科学研究センター)
自分で行う認知症予防の方法-この30年間の研究から見えてきたこと.
NPO法人ほのぼの研究所設立記念講演会, 千葉県柏市, 2019年7月5日.

島田裕之. (老年学・社会科学研究センター)
認知症予防と簡単エクササイズ(コグニサイズ).
認知症予防講演会, 埼玉県小川町, 2019年7月11日.

島田裕之. (老年学・社会科学研究センター)
シンポジウムB 社会と繋がる人の移動に貢献するモビリティ 高齢者に対する運転能力向上プログラムの効果~ランダム化比較試験~.
第28回日本交通医学工学研究会学術総会, 名古屋市, 2019年7月15日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症予防とコグニサイズの概要、認知機能評価の概要、認知機能評価の演習・ロールプレイ、検査データの扱い方等.
令和元年度認知機能評価研修会, 神奈川県平塚市, 2019年7月18日.

堤本広大. (予防老年学研究部)
認知症予防とコグニサイズの概要、認知機能評価の概要、認知機能評価の演習・ロールプレイ、検査データの扱い方等.
令和元年度認知機能評価研修会, 神奈川県平塚市, 2019年7月18日.

中窪翔. (予防老年学研究部)
認知症予防とコグニサイズの概要、認知機能評価の概要、認知機能評価の演習・ロールプレイ、検査データの扱い方等.
令和元年度認知機能評価研修会, 神奈川県平塚市, 2019年7月18日.

金珉智. (予防老年学研究部)
認知症予防とコグニサイズの概要、認知機能評価の概要、認知機能評価の演習・ロールプレイ、検査データの扱い方等.
令和元年度認知機能評価研修会, 神奈川県平塚市, 2019年7月18日.

中窪翔. (予防老年学研究部)
認知症予防.
名古屋市高年大学鯱城学園公開講座, 名古屋市, 2019年7月25日.

木下かほり(フレイル研究部、NILS-LSA活用研究室)
フレイル予防・対策講座
:Lesson03  噛む力を鍛えよう!オーラルフレイルの予防と対策
e ヘルシーレシピ, 第一三共株式会社 2019年7月1日更新.

佐竹昭介(フレイル研究部)
健康寿命を延ばすために大切なこと~努力とおつきあい~
フレイル予防セミナー,2019年7月2日,東浦町.

佐竹昭介(フレイル研究部)
フレイル予防に向けた最新情報と栄養士の役割
平成31年度全国栄養士大会,2019年7月27日,東京.

佐竹昭介(フレイル研究部)
制度と研修会
サルコペニア・フレイル指導士 京都研修会,2019年7月28日,京都.

丸山光生(老化機構研究部)
「公衆衛生学」「保健衛生学特論」
富山短期大学 食物栄養学科、2019年7月24日、富山

根本哲也伊藤直樹大沢愛子,伊藤安海(健康長寿支援ロボットセンター, リハビリテーション科部)
介護施設における介助作業に起因する人体損傷の評価, 第10回MECHANICAL FINDERユーザー研究会講演要旨,東京  (2019) 講演論文

伊藤安海,鍵山善之,根本哲也 (健康長寿支援ロボットセンター)
工学鑑定における骨折荷重評価へのFEM利用の現状と課題, 第10回MECHANICAL FINDERユーザー研究会講演要旨集, 東京 (2019) 講演論文

近藤克則 (老年学評価研究部)
「人生100年時代の予防医学・社会医学」
河合塾2019文化事業,2019年7月13日,愛知県名古屋市中村区

近藤克則 (老年学評価研究部)
「ビッグデータを活用した健康づくり」
健康づくり講演会,2019年7月25日,岐阜県大垣市

近藤克則 (老年学評価研究部)
「健康寿命の延伸は本当に可能か?」パネラー
第14回健康寿命延伸と介護予防を考える会,2019年7月25日,愛知県名古屋市中村区

神谷正樹 (リハビリテーション科部)
認知症の中核症状と精神・心理症状への対応方法.
東海北陸理学療法・作業療法連絡協議会第24期、第2回理事会・春の研修会, 2019年7月6日, 名古屋市

伊藤直樹(リハビリテーション科部)
当センターにおける転倒予防対策〜リハビリテーションの観点から〜
人体損傷評価分科会・第9回研究会, 2019年7月22日,山梨県甲府市

大沢愛子(リハビリテーション科部)
慢性期意識障害の治療:高次脳機能障害のリハビリテーション.
第28回日本意識障害学会, 2019年7月25日-26日, 東京

センター内活動(セミナー等)

中村昭範 (脳機能画像診断開発部)
血液バイオマーカー:その後の展開.
CAMD報告会、2019年7月11日

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2019年 [令和元年] 7月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました