文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2018年 [平成30年] 11月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­18­年­­­[平成30­­­年­]11月

新聞・雑誌等

柳澤勝彦(研究所長室)
集中出版 MediCon OPINION11月号(2018年10月31日発行)、認知症団体が協働して初のシンポ開催—血液検査でアルツハイマー病を早期発見—

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
NHK BSプレミアム 偉人たちの健康診断,平成30年11月14日,「戦国武将・宇喜多秀家 長寿のヒミツは島流し!?」

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
SOMPO笑顔倶楽部,平成30年11月30日,「認知機能維持への近道は食生活にあった ~老化に関する長期縦断疫学研究」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
メーテレ UP!,平成30年11月30日,「“極端な”糖質制限に注意」

島田裕之. (予防老年学研究部)
名古屋大学健康長寿シリーズ, 認知症予防のための運動実践についての紹介動画, 名古屋市, 2018年11月1日.

谷本正智 (リハビリテーション科部)
東海テレビ「スイッチ!」松本伊代の健康ジャーニー 2018年11月1日

論文発表等

原著論文

Nagamine Y, Kondo N, Yokobayashi K, Ota A, Miyaguni Y, Sasaki Y, Tani Y, Kondo K (老年学評価研究部)
Socioeconomic Disparity in the Prevalence of Objectively Evaluated Diabetes Among Older Japanese Adults: JAGES Cross-Sectional Data in 2010.
Journal of Epidemiology (Advance online publication) https://doi.org/10.2188/jea.JE20170206このリンクは別ウィンドウで開きます

Miyabayashi I, Washio M, Toyoshima Y, Ogino H, Hata T, Horiguchi I, Arai Y. (長寿政策科学研究部)
Factors related to heavy burden among Japanese family caregivers of disabled elderly with home-visiting nursing services under the public long-term care insurance system.
IMJ 2018; 25(3): 167-170.

Horikawa C, Otsuka R, Kato Y, Nishita Y, Tange C, Rogi T, Kawashima H, Shibata H, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Longitudinal association between n-3 long-chain polyunsaturated fatty acid Intake and depressive symptoms: A population-based cohort study in Japan.
Nutrients, 10: 1655, 2018.

Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Nakakubo S, Kim M, Kurita S, Hotta R, Shimada H. (予防老年学研究部)
Transitional status and modifiable risk of frailty in Japanese older adults: A prospective cohort study.
Geriatr Gerontol Int, 18(11): 1562-1566, 2018.

Tsutsumimoto K, Doi T, Makizako H, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H. (予防老年学研究部, 理事長特任補佐室)
Cognitive Frailty is Associated with Fall-Related Fracture among Older People.
J Nutr Health Aging, 22(10): 1216-1220, 2018.

Saji N, Sakurai T, Ito K, Tomimoto H, Kitagawa K, Miwa K, Tanaka Y, Kozaki K, Kario K, Eto M, Suzuki K, Shimizu A, Niida S, Hirakawa A, Toba K; Strawberry study investigators. (もの忘れセンター, 脳機能画像診断開発部, 治験・臨床研究推進センター, 循環器内科部, メディカルゲノムセンター, 理事長)
Protective effects of oral anticoagulants on cerebrovascular diseases and cognitive impairment in patients with atrial fibrillation: protocol for a multicentre, prospective, observational, longitudinal cohort study (Strawberry study).
BMJ Open. 2018; 8(11): e021759.

Kitaguchi N, Kato T, Matsunaga S, Hirano K, Iwata K, Kawaguchi K, Fujita K, Takechi H, Hasegawa M, Yuzawa Y, Ito K. (脳機能画像診断開発部)
Removal of blood amyloid-β with hemodialysis reduced brain amyloid-β, confirmed by brain imaging: a case report.
Neuropsychiatr Dis Treat. 2018 Nov 1;14:2931-2937. doi: 10.2147/NDT.S186118. eCollection 2018

総説, その他

Arai H, Satake S, Kozaki K. (老年学・社会科学研究センター、フレイル研究部)
Cognitive Frailty in Geriatrics. Clin Geriatr Med. 34(4):667-675 2018

藤原聡子, 服部真治, 近藤克則 (老年学評価研究部)
(連載)地域包括ケアシステムは機能するか- 4. ソーシャルキャピタルと地域包括ケアシステム
医学のあゆみ 267巻6号(2018年11月10日号)479-484

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症高齢者の自動車運転を考える:現行法の下での問題意識および対応.
日本臨牀 2018;76(増刊号7 老年医学(下)):60-65.

水野洋子,荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
認知症の疑いを有する高齢運転者及び家族の視座:これまでの対応と今後への要望.
老年精神医学雑誌 2018;29(8):818-824.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
栄養と認知症予防 Evidence level moderate (観察研究),新薬開発まで待てない認知症.
Med Sci Digest,44:702-704,2018.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
DHA? EPA?,誌上ディベート.
アンチ・エイジング医学,14:671-676,2018.

野田信雄根本哲也,中野正博 (健康長寿支援ロボットセンター)
QOL向上を目指すフレイル検査システム, バイオメディカル・ファジィ・システム学会第31回年次大会.2018年11月4日, 金沢市

根本哲也,冨村敦子,伊藤安海,磯貝善蔵,原田敦, (健康長寿支援ロボットセンター)
コンピュータシミュレーションを用いた介護作業時の損傷程度の推定,
日本法科学技術学会誌第24回学術集会講演要旨集, Vol. 23, p.88, 2018年

松原知貴,伊藤安海,福岡達也,山田隆一,鍵山善之,根本哲也, (健康長寿支援ロボットセンター)
FEM解析における頭蓋骨損傷メカニズムの検討,日本法科学技術学会誌第24回学術集会講演要旨集,Vol. 23, p.89, 2018年

Kondo S, Ito Y, Fukuoka T, Chigira K, Kagiyama Y, Yamada R, Nemoto T, (健康長寿支援ロボットセンター)
Dynamic Viscoelasticity Properties Evaluation of Skin and Development of Dummy Skin for Safety Evaluation: Analysis of Deformation Behavior in the Depth Direction of the Skin, Abstract of 13th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics, p.161, 2018

土井剛彦. (予防老年学研究部)
サルコペニアの理学療法評価の実際.
理学療法, 35(11): 1015-1022, 2018年11月28日.

書物等

佐竹昭介、荒井秀典(フレイル研究部、院長)
サルコペニア診療ガイドライン
週刊日本医事新報 日本医事新報社 No.4928 2018.10.6 p.48-50

講演等

学会・研究会等発表

佐藤倫子、松井康素、近藤和泉、渡邉剛、佐竹昭介、平野裕滋、伊藤直樹、谷本正智、原田敦、荒井秀典(ロコモフレイルセンター、副院長、フレイル研究部、リハビリテーション部、院長)
認知機能と各種運動機能、筋力、筋量との関連-ロコモフレイル外来より
第29回日本老年医学会東海地方会 2018.11.3 名古屋市

千田一義、佐竹昭介、近藤和泉、徳田治彦、松井康素、(呼吸内科部、フレイル研究部、副院長、臨床検査部、ロコモフレイルセンター)
呼吸リハビリテーション外来のCOPD患者と「フレイル予防:OGA外来」の老年症候群患者のフレイルの比較
第29回日本老年医学会東海地方会 2018.11.3 名古屋市

黄継賢、Bonfiglio Vivian、葛谷雅文、Barrie Helen、Visvanathan Renuk、宇野千春、松下英二、岡田希和子、佐竹昭介(フレイル研究部)
Comparison between Frailty Index ,F rai 1ty Phenotype and Kihon Checklist on the Nagoya Longitudinal Study of Healthy Elderly
第29回日本老年医学会東海地方会 2018.11.3 名古屋市

黄継賢、Arakawa Martins Beatriz、Bonfiglio Vivian、宇野千春、松下英二、岡田希和子、佐竹昭介(フレイル研究部)
地域在住裔齢者における食事パクーンとフレイルの関係ーNLS-HE研究における横断的解析
第29回日本老年医学会東海地方会 2018.11.3 名古屋市

佐竹昭介(フレイル研究部)
サルコペニア・フレイルの予防の観点から生活習慣病へのアプローチを標準化する
シンポジウム5 第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018.11.10-11 東京

佐竹昭介(フレイル研究部)
サルコペニア・フレイル指導士とは
新制度紹介 第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018.11.10-11 東京

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
日本NP学会第4回学術集会 シンポジウム「地域医療のパラダイムシフト」~医師と考えるNPのさらなる前進:特定行為の先にあるものは?~
講演,2018年11月23日(金),仙台市

大倉美佳、荻田美穂子、荒井秀典、香美町役場職員(老年学・社会科学研究センター)
性別及び年代別運動機能低下と認知機能低下の健康関連アウトカムへの関連の程度
第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018年11月10日~11日 東京

駒場郁子、畠中健二、田中則子、福原徹太郎、丸山貴資、荒井秀典 (老年学・社会科学研究センター)
自立高齢女性の運動機能の特性-フレイルの分類に基づいた検討-
第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018年11月10日~11日 東京

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
フレイルの予防研究から臨床や地域への展開
第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018年11月10日~11日 東京

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
呼吸器疾患管理におけるサルコペニア・フレイルの意義
第28回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会2018年11月9日~10日 千葉

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター
代謝疾患とフレイル、サルコペニア
第28回 臨床内分泌代謝Update 平成30年11月2日~3日 福岡

Hosokawa A. & Tomida M. (老年学・社会科学研究センター長室、長寿保健科学研究室)
Effects of Group Reminiscence Focusing on Sequential Life Review on Cognitive Aging.
Annual Scientific Meeting of Gerontological Society of America.  15, November, 2018.  Boston, The United States. (Paper/ Talk Session)

近藤克則 (老年学評価研究部)
教育講演4:座長
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会,2018年11月2日-4日,宮城県仙台市

Murata C,Saito-Kokusho T,Takeda T,Kondo K (老年社会科学研究部,老年学評価研究部)
Gender differences in the association between social support and dementia:The AGES Project 10 year follow-up study.
APHA’s2018 Annual Meeting&Expo,Nov 10-14,2018,San Diego,USA

Saito-Kokusho T,Kondo N,Aida J, Murata C ,Saito M,Ojima T,Kondo K(老年社会科学研究部・老年学評価研究部)
Residency in public and private rental housing and risk of mortality among older adults in Japan.
APHA’s2018 Annual Meeting&Expo,Nov 10-14,2018,San Diego,USA

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
地域における認知症予防のための介入研究
第1回普及と実装科学研究会「いま、なぜ、普及と実装を科学するのか?その基礎と研究事例」,2018年11月18日,東京都中央区

石原眞澄,斎藤民 (老年社会科学研究部)
高齢者におけるポジティブな写真鑑賞プログラムの気分改善持続効果に関する検討,
第7回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会,2018年11月10日,福岡県福岡市【2019年4月19日更新】

木下かほり (NILS-LSA活用研究室,フレイル研究部)
オーラルフレイル・口腔機能低下症の予防と改善における管理栄養士の役割.シンポジウム8:オーラルフレイルの国民への周知:新病名口腔機能低下症から見えてきたこと.
第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会,2018年11月11日,東京都.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
栄養からみたフレイル予防対策.シンポジウム9:認知的・社会的フレイル対策.
第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会,2018年11月11日,東京都.

里直行 (分子基盤研究部)
糖尿病とアルツハイマー病の悪循環の分子機構
第41回日本分子生物学会年会 招待講演 (オーガナイザー 津田 玲生先生・飯島 浩一先生),横浜市,平成30年11月30日

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
「ロボットが開く義肢装具支援機器の未来」リハビリテーション医療におけるロボットの利用総論.
第34回日本義肢装具学会学術集会 セミナー, 2018年11月11日,名古屋市

加藤健治, 近藤和泉, 相本啓太(健康長寿支援ロボットセンター, リハビリテーション科部)
バーチャル・リアリティを用いた視覚フローがトレッドミル歩行へ与える影響.
第34回日本義肢装具学会学術大会口頭発表, 2018年11月11日, 名古屋市

加藤健治(健康長寿支援ロボットセンター)
バーチャル・リアリティーを付与したトレッドミル歩行機能評価の試みとその応用.
第34回日本義肢装具学会学術大会シンポジウム「義肢装具士のための基礎的工学入門」, 2018年11月11日,名古屋市

加藤健治(健康長寿支援ロボットセンター)
Brain-Machine Interface技術による運動機能の再建.
応用脳科学コンソーシアム, 2018年11月16日, 東京都

加藤健治(健康長寿支援ロボットセンター)
神経インターフェイスを介した大脳皮質―筋間の損傷神経再接続による運動機能再建とその皮質適応機構.
生理研研究会「行動を制御する神経ネットワーク機能の解明に向けて」, 2018年12月1日, 岡崎市

Lee S. (予防老年学研究部)
Symposium1-3 Physical, cognitive, and social frailty and adverse health events.
4th Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Dalian, China, October 20, 2018.

Chiba I, Lee S, Bae S, Jung S, Makino K, Shinkai Y, Shimada H. (予防老年学研究部)
Association Between Lower Visceral Fat Accumulation and Mild Cognitive Impairment in Community-Dwelling Older Japanese Women.
Asian Confederation for Physical Therapy Congress 2018, Cebu City, Philippines, November 24, 2018, 口述発表.

Shimada H, Doi T, Lee S, Bae S, Nakakubo S, Ishii H. (予防老年学研究部)
Associations Between Skeletal Muscle Mass Index and Walking Parameters in Japanese Older Adults.
Asian Confederation for Physical Therapy Congress 2018, Cebu City, Philippines, November 24, 2018, ポスター発表.

Bae S, Lee S, Lee S, Jung S, Makino K, Shinkai Y, Chiba I, Shimada H. (予防老年学研究部)
The Effect of Multicomponent Intervention to Promote Community Activity on Improving Physical, Cognitive, and Psychological Function in Older Adults.
Asian Confederation for Physical Therapy Congress 2018, Cebu City, Philippines, November 24, 2018, ポスター発表.

Nakakubo S, Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Kurita S, Kim M, Shimada H. (予防老年学研究部)
Sleep Condition and Cognitive Decline in Japanese Community-Dwelling Elderly: Data from A 4-Year Longitudinal Study.
Asian Confederation for Physical Therapy Congress 2018, Cebu City, Philippines, November 25, 2018, ポスター発表.

Doi T, Nakakubo S, Tsutsumimoto K, Kim M, Kurita S, Ishii H, Shimada H. (予防老年学研究部)
Spatio-Temporal Gait Variables Related to Disability.
Asian Confederation for Physical Therapy Congress 2018, Cebu City, Philippines, November 25, 2018, ポスター発表.

Ishii H, Makizako H, Doi T, Tsutsumimoto K, Shimada H. (予防老年学研究部)
Association of Skeletal Muscle Mass and Lower-Extremity Functioning with Cognitive Impairment in Community-Dwelling Older People in Japan.
Asian Confederation for Physical Therapy Congress 2018, Cebu City, Philippines, November 25, 2018, ポスター発表.

Lee S, Bae S, Makino K, Chiba I, Jung S, Shinkai Y, Shimada H. (予防老年学研究部)
Doing Active Lifestyle is Associated with Physical Disability in Community-Dwelling Older Adults?.
Asian Confederation for Physical Therapy Congress 2018, Cebu City, Philippines, November 25, 2018, ポスター発表.

Shimada H. (予防老年学研究部)
AI Application in Dementia Detection in the Early Stage.
2018 Taiwan Industrial Technoligies and Policies Forum, Taipei, Taiwan, November 29, 2018.

Doi T. (予防老年学研究部)
Lecture Dementia Prevention.
1st geriatric medicine and dementia seminar, Obu City, Japan, November 30, 2018.

島田裕之. (予防老年学研究部)
教育講演 運動による認知症予防.
第36回東北理学療法学術大会, 青森市, 2018年11月3日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
シンポジウム3-1  ウェアラブルIoTデバイスを用いたポピュレーションアプローチ:愛知県高浜市での取り組み.
第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 東京都, 2018年11月10日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
シンポジウム9 認知的・社会的フレイル対策.
第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 東京都, 2018年11月11日.

李相侖. (予防老年学研究部)
シンポジウム9-1  地域在住高齢者における認知的、社会的、身体的フレイルの有病率とアプローチ.
第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 東京都, 2018年11月11日.

Kawaguchi K, Kim SE, Maruyama M (老化機構研究部)
Age-associated alterations in murine skin via ROS/SASP axis linked by mitochondrial DNA deletions
第41回日本分子生物学会年会 2018年11月29日 横浜市

三河隆太、杉本昌隆 (老化機構研究部)
肺気腫における老化細胞を標的とした治療と予防の可能性
第41回日本分子生物学会年会 2018年11月29日 横浜市

松井直美、亀井優香、小木曽昇、丸山光生 (老化機構研究部,実験動物管理室)
妊娠、授乳期マウスの持続的ストレスとSASP因子の加齢変化に関する研究
第41回日本分子生物学会年会 2018年11月29日 横浜市

中島和敬, 中村昭範, 西田裕紀子, 岩田香織, 木村泰之, 文堂昌彦, 佐治直樹, 白川誠士, 伊藤健吾, 加藤隆司, MULNIAD study group (脳機能画像診断開発部, NILS-LSA活用研究室, もの忘れ外来部)
アミロイドβの皮質平均集積度の縦断的変化に関する統計学的検討
第58回日本核医学会学術総会、2018年11月15日、沖縄

岩田香織, 加藤隆司, 中島和敬, 木村泰之, 櫻井孝, 武田章敬, 服部英幸, 鷲見幸彦, 伊藤健吾, 中村昭範, MULNIAD study group (脳機能画像診断開発部, もの忘れ外来部 , 神経内科部, 精神科部, 副院長)
AD continuum におけるTHK-5351集積と脳萎縮との領域間相関の検討
第58回日本核医学会学術総会、2018年11月15日、沖縄

竹中章倫, 岩田香織, 中村昭範, 木村泰之, 新畑豊, 倉坪和泉, 本田愛, 遠藤英俊, 伊藤健吾, 加藤隆司, MULNIAD study group (放射線診療部, 脳機能画像診断開発部, 神経内科部, 治験・臨床研究推進センター, 老年内科部)
AD continuumにおけるTHK-5351集積とアミロイド集積の領域間の関係の検討
第58回日本核医学会学術総会、2018年11月15日、沖縄

岡田佑介, 岩田香織, 加藤隆司, 木村泰之, 中村昭範, 服部英幸, 外山宏, 石井一成, 石井賢二, 千田道雄, 伊藤健吾, 岩坪威, Japanese Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative (精神科部, 脳機能画像診断開発部)
PiB PETの境界的な集積に対応する皮質平均SUVRのカットオフ値の検討
第58回日本核医学会学術総会、2018年11月15日、沖縄

Izumi Kondo (リハビリテーション科部)
Plenary Session 1 Injury Prevention, Longevity and Good Health in Elders.
SAFETY 2018 World Conference, 5-7 Nov, 2018, Bangkok, Thailand

Izumi Kondo, Masanori Tanimoto, Ryuuji Oota, Akinori Iida, Tatuya Katagiri, Naoki Ito (リハビリテーション科部)
Complementary strategy between leg raising and toe lifting in stair ascent.
6th AOCPRM, 21-24 Nov, 2018, Skycity, Auckland, New Zealand

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
ADL評価とPRO.
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, シンポジウム&ディベート4 リハビリテーション医療のアウトカムにPROをどのように活かして行くか? 2018年11月2日, 仙台市

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
One on One meeting による臨床研究実施とリハビリテーション部運営.
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, ジョイントシンポジウム3(日本理学療法士協会ジョイント)リハビリテーション医療・臨床研究における医師・理学療法士の連携, 2018年11月2日, 仙台市

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
Inhibitor barが脳卒中後の下肢痛の改善に役立った一症例.
第34回日本義肢装具学会, 2018年11月10日, 名古屋市

大沢愛子, 前島伸一郎, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
記憶障害を再考する~これから私たちがやるべきこと・伝えたいこと~.
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 2018年11月2日-4日, 仙台市

牧賢一郎, 伊藤直樹, 大沢愛子, 相本啓太, 近藤和泉, 高野映子 (リハビリテーション科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
高齢者の離床検知と転倒予防に関する検討.
第29回日本老年医学会東海地方会, 2018年11月3日, 名古屋市

野本惠司, 相本啓太, 小島千枝子, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
舌接触補助床を用いて嚥下機能が改善した延髄サルコイドーシスの1例.
第34回日本義肢装具学会学術集会, 2018年11月10日~11日, 名古屋市

鈴村彰太, 大沢愛子, 前田夏海, 長濵大志,  杉岡純平, 久野克己, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
認知症患者の手指巧緻性評価と手指機能障害について.
第34回日本義肢装具学会学術集会, 2018年11月10日~11日, 名古屋市

鈴村彰太, 高野映子, 飯田圭紀, 伊藤圭, 前田夏海, 伊藤陽子, 牧野勲, 安孫子智明, 大井茂雄, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
赤ちゃん型ロボット使用時の前頭前野の脳血流動態について.
第34回日本義肢装具学会学術集会, 2018年11月10日~11日, 名古屋市

平沢勇夢, 川村皓生, 高野映子, 佐藤健二, 伊藤直樹, 松尾宏, 尾崎健一, 新谷和宏, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
大腿骨近位部骨折を受傷した回復期病棟入棟患者に対するバランス練習アシストロボットの介入効果.
第34回日本義肢装具学会学術集会, 2018年11月10日~11日, 名古屋市

大藪実和, 相本啓太, 戸沢拓, 伊藤直樹, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
高齢脳卒中患者における歩行アシストロボットの効果検証.
第34回日本義肢装具学会学術集会, 2018年11月10日~11日, 名古屋市

相本啓太, 加藤健治, 長谷川泰久, 近藤和泉 (リハビリテーション科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
杖ロボット歩行時における床反力付きトレッドミルの足圧中心キャンセレーションシステムの開発.
第34回日本義肢装具学会学術集会, 2018年11月10日~11日, 名古屋市

橋爪美春, 牧賢一郎, 青山貴文, 神谷正樹, 相本啓太, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
脳卒中患者に対する上肢ロボット訓練の麻痺重症度別効果の検証.
第34回日本義肢装具学会学術集会, 2018年11月10日~11日, 名古屋市

青山貴文, 川村皓生, 大脇駿平, 谷本正智, 相本啓太, 伊藤直樹, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
腓骨神経麻痺患者の下垂足に対して,機能的電気刺激によって歩行改善がみられた一例.
第34回日本義肢装具学会学術集会, 2018年11月10日~11日, 名古屋市

谷本正智, 松岡のぞみ, 宇佐見和也, 相本啓太, 伊藤直樹, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
歩行車ロボット歩行における生理的コストに関する検討.
第34回日本義肢装具学会学術集会, 2018年11月10日~11日, 名古屋市

飯田圭紀, 植田郁恵, 伊藤直樹, 大沢愛子, 谷本正智, 清野和代, 竹内有名, 村松隆二郎, 松岡のぞみ, 神谷正樹, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
通所リハビリテーション利用者に対する人型ロボットを利用したレクリエーションの有効性.
第34回日本義肢装具学会学術集会, 2018年11月10日~11日, 名古屋市

佐竹昭介(フレイル研究部)
高齢者医療のこれから-フレイル/ザルコペニアを防ぐ.
第72回国立病院総合医学会 2018.11.9.-10 神戸市【2019年2月22日更新】

平野裕滋、松井康素、近藤和泉、渡邉剛、佐竹昭介、伊藤直樹、谷本正智、原田敦、荒井秀典(ロコモフレイルセンター、副院長、整形外科部、フレイル研究部、リハビリテーション部、院長)
虚弱度による歩行速度に関わる歩行パラメータの変化
ポスター 第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018.11.10-11 東京【2019年2月22日更新】

溝神文博、松井康素、近藤和泉、佐竹昭介、千田一嘉、渡邉剛、飯田浩貴、小林真一郎、竹村真理枝、木下かほり、平野裕滋、伊藤直樹、谷本正智、サブレ森田さゆり、原田敦、荒井秀典(薬剤部、ロコモフレイルセンター、整形外科部、フレイル研究部、呼吸器内科部、リハビリテーション部、看護部、院長)
ポリファーマシーの適正化がフレイルに与える影響についての考察
ポスター 第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018.11.10-11 東京【2019年2月22日更新】

川嶋修司、新畑豊、竹内真理枝、平野優、松下昇也、西原恵司、佐竹昭介、遠藤英俊、荒井秀典(老年内科部、代謝内科部、脳機能診療部、先端診療部、フレイル研究部、院長)
地域包括ケア病棟におけるビタミンD欠乏と低栄養、サルコペニアとの関連
ポスター 第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018.11.10-11 東京【2019年2月22日更新】

千田一嘉、佐竹昭介、近藤和泉、徳田治彦、松井康素、(呼吸器内科部、ロコモフレイルセンター、フレイル研究部、副院長、臨床検査部、)
COPDと老年症候群患者の基本チェックリストによるフレイル評価の7年間の症例対照研究
ポスター 第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018.11.10-11 東京【2019年2月22日更新】

松井康素、近藤和泉、佐竹昭介、千田一嘉、渡邉剛、飯田浩貴、小林真一郎、竹村真理枝、溝神文博、平野裕滋、伊藤直樹、谷本正智、原田敦、荒井秀典(ロコモフレイルセンター、副院長、整形外科部、フレイル研究部、呼吸器内科部、リハビリテーション部、薬剤部、院長)
ダイナペニアを考慮したサルコペニア分類とフレイルの合併ならびにロコモ度との関連
ポスター 第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018.11.10-11 東京【2019年2月22日更新】

宇野千春、岡田希和子、松下英二、下末祥代、佐竹昭介、葛谷雅文(フレイル研究部)
健常高齢者におけるプレサルコペニアの要因の検討-NLS-HEより-
ポスター 第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018.11.10-11 東京【2019年2月22日更新】

講演など(教育、普及、広報活動)

佐竹昭介(フレイル研究部)
フレイル診療ガイド 2018年版
ロコモメタボフレイル合同会議 2018.11.15 豊中市

佐竹昭介(フレイル研究部)
サルコペニア・ロコモ・フレイルの栄養対策
サルコペニア・フレイル指導士 大阪研修会 日本サルコペニア・フレイル学会 2018.11.18 大阪市

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人福井県介護福祉士会「ファーストステップ研修」講師、2018年11月11日、福井市

柳澤勝彦(研究所長室)
アミロイドβ蛋白重合:基礎研究から応用研究.
第14回霊長類医科学フォーラム、 2018年11月9日、つくば市

柳澤勝彦(研究所長室)
アルツハイマー病変の早期発見—発症予防に向けた展望—
認知症ケアネットワーク in Saitama、2018年11月26日、さいたま市

Kimura N, Takeuchi S, Ueda N, Suzuki K, Shimozawa N, Yasutomi Y. (アルツハイマー病研究部)
Elevated membrane cholesterol aggravates endocytic disturbance, resulting in enhanced Abeta accumulation: A potential mechanism underlying exacerbation of  Abeta pathology by type 2 diabetes mellitus.
Society for Neuroscience 2018, 2018年11月4日, San Diego (USA)(ポスター)

伊藤圭哉, 浅田明子、斎藤太郎、久永眞市、飯島浩一、安藤香奈絵 (アルツハイマー病研究部)
タウの蓄積と毒性におけるESCRT complexの役割
​Role of ESCRT complex in tau metabolism and toxicity
第41回日本分子生物学会年会2018年11月28日,横浜市

浅田明子、伊藤圭哉、斎藤太郎、久永眞市、飯島浩一、安藤香奈絵 (アルツハイマー病研究部)
タウの蓄積におけるエンドソーム選別輸送(ESCRT)複合体構成因子CHMP2Bの役割
第41回日本分子生物学会年会2018年11月28日,横浜市

真野叶子、岡未来子、鈴木えみ子、飯島浩一、安藤香奈絵 (アルツハイマー病研究部)
シナプス前終末でのタンパク質恒常性におけるミトコンドリアの役割
第41回日本分子生物学会年会2018年11月29日,横浜市

津田玲生,飯島浩一 (創薬モデル動物開発室,アルツハイマー病研究部)
(3AW-12,オーガナイザー&セッションチェア
早期診断から先制治療に向けたアルツハイマー病に対する新たな研究アプローチ
第41回日本分子生物学会年会2018年11月30日,横浜市

近藤克則 (老年学評価研究部)
特別講演:地域づくりによる認知症予防の可能性
第29回日本老年医学会東海地方会,2018年11月3日,愛知県名古屋市

近藤克則 (老年学評価研究部)
健康格差社会の処方箋
医療法人健和会講演会,2018年11月12日,東京都足立区

近藤克則 (老年学評価研究部)
データヘルス時代の健康なまちづくり
千葉県国民健康保険団体連合会,2018年11月13日,千葉県千葉市

近藤克則 (老年学評価研究部)
健康なまちづくり
これからの医療とまちづくりシンポジウム,2018年11月17日,東京都千代田区

近藤克則 (老年学評価研究部)
特別講演(2):生物・心理・社会モデルと地域保健と社会疫学
第7回日本プライマリ・ケア連合学会関東甲信越ブロック地方会,2018年11月18日,千葉県千葉市

村田千代栄 (老年社会科学研究部)
笑いと認知症予防
加木屋デイサービスセンター開放日,2018年11月4日,愛知県東海市【2019年4月19日更新】

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
生き甲斐は健康のエッセンス! ~目的意識の有無で寿命が変わる~.
メディカフェ,2018年11月15日,名古屋市.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
食生活からの認知機能低下予防 -地域住民を対象とした老化に関する長期縦断疫学研究-.
第23回静岡健康・長寿学術フォーラム,2018年11月17日,静岡市.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
健康長寿を目指す生き方.
第8回京滋骨を守る会講演会,2018年11月17日,京都市.

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
長期縦断疫学研究(NILS-LSA)により明らかとなったWell-agingにおける食事と栄養.
第11回抗加齢ウィメンズヘルス研究会,2018年11月18日,東京都.

近藤和泉 (健康長寿支援ロボットセンター)
健康長寿のための体力づくり―自宅でできるものからロボット訓練まで―.
KURUTOおおぶ第18回健康講座, 2018年11月28日, 大府市

島田裕之. (予防老年学研究部)
地域ぐるみで取り組む認知症予防.
国立水俣病総合研究センター40周年記念講演, 水俣市, 2018年11月1日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
認知症のリスクと予防方法.
第20回徳島市医師会 糖尿病市民公開講座, 特別講演, 徳島市, 2018年11月4日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知機能の低下を予防するための身体活動とその効果.
平成30年度健康運動.指導士更新必修講座, 菰野町, 2018年11月11日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
運転寿命延伸と認知症予防.
認知症予防と運転寿命延伸に関する講演会, 基調講演, 都城市, 2018年11月14日.

中窪翔. (予防老年学研究部)
認知症予防への取り組み~コグニサイズを中心に~.
飯山市, 2018年11月14日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
健康寿命延伸への取り組みと食品業界に期待されること向けた現役時代からの取り組み.
特約店会「全国昭和会」, 東京都, 2018年11月15日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
身体・認知・社会活動促進による認知症予防の可能性.
第27回長崎県北認知症研究会, 特別講演, 佐世保市, 2018年11月16日.

中窪翔. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防を目指して.
てんぱくヘルスカレッジ 元気が栄養コース, 名古屋市, 2018年11月16日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症予防のための脳活性化運動 コグニサイズの最新情報.
認知症予防特別講座, 神奈川県中井町, 2018年11月17日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
運動による認知症予防を目指して~コグニサイズについて~.
100歳のハツラツ健康長寿を目指そう!講演会, 徳島市, 2018年11月19日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
高齢者理学療法 ~認知症予防を目指すには~.
畿央大学健康科学部理学療法学科 特別講義, 奈良県広陵町, 2018年11月28日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症予防について(コグニサイズについての説明と体験).
にしのみや認知症つながりフェア, 西宮市, 2018年11月29日.

丸山光生 (老化機構研究部)
老化研究の最前線 (老化と免疫)
中部大学 老化基礎医科学 第9・10時限 2018年11月1日 春日井市

丸山光生 (老化機構研究部)
老化の研究の最前線 〜老化と免疫系の関わりについて〜
あいちシルバーカレッジ講義 2018年11月8日 名古屋市

丸山光生 (老化機構研究部)
老化研究の最前線 〜老化と免疫系、栄養との関わりについて〜
至学館大学 健康科学部栄養学科3年講義 2018年11月20日 大府市

丸山光生 (老化機構研究部)
健康寿命の延伸に向けた基礎老化研究の取組み 〜老化と免疫系、栄養との関わりについて〜
鳥取大学 先端医学セミナー 2018年11月22日 鳥取県

中村昭範(脳機能画像診断開発部)
アルツハイマー病の診断に役立つ画像・血液バイオマーカー
島津製作所テクノフェア 特別講演、11月1日、京都

中村昭範(脳機能画像診断開発部)
アルツハイマー病の血液・画像バイオマーカー
第29回日本老年医学会当会地方会、11月3日、名古屋

加藤隆司(脳機能画像診断開発部)
未承認PET薬剤の臨床研究,In PET核医学ワークショップ,
第58回日本核医学会学術総会,2018年11月15-17(17)日,沖縄コンベンションセンター,那覇市

中村昭範(脳機能画像診断開発部)
アルツハイマー病の早期診断:血液バイオマーカーの開発とその可能性
分子生物会 ワークショップ講演、11月30日、横浜

神谷正樹 (リハビリテーション科部)
作業療法士に向けた地域包括ケアに資する人材教育研修会
愛知県作業療法士会, 2018年11月4日, 名古屋市

谷本正智 (リハビリテーション科部)
クリニカルリーズニング
平成30年度 NPO法人愛知県理学療法学会 教育局生涯学習部 新人教育プログラム, 2018年11月18日, 名古屋市

進藤由美(企画戦略局)
「認知症ライフサポート研修 ~認知症の方やその家族が安心して暮らしていくために~」
平成30年度認知症初期集中支援チーム員と認知症地域支援推進員の合同研修 名古屋市認知症相談支援センター、平成30年11月19日、名古屋市IMYビル【2019年4月17日更新】

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2018年 [平成30年] 11月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました