本文へ移動

 

文字サイズ

ホーム > マンスリーレポート > 2018年 [平成30年] 7月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました

マンスリー­­­­レポ­ー­ト­(­­研­究業­­績)­­­ 2­0­­18­年­­­[平成30­­­年­]7月

新聞・雑誌等

Yanagisawa K. (研究所長室)
Nature Outlook: Alzheimer’s disease, Alzheimer’s disease is getting easier to spot, "Blood will tell", Nature 559, S10-S12 (2018)

柳澤勝彦(研究所長室)
SMBCマネジメントプラス, 2018年7月号, テクノロジー最前線 —アルツハイマー病検査—「発症前の早期発見に道を拓き根本的な治療薬の開発を後押し」

荒井由美子 (長寿政策科学研究部)
産経新聞,2018年7月22日(水),学ぼう産経新聞「高齢者の運転」.

島田裕之. (予防老年学研究部)
美感遊創, 運動 今日から始めよう! ステップ+拍手で脳活を!, 東京, 2018年7月1日. PP11-12.

島田裕之. (予防老年学研究部)
読売新聞, 2018年7月20日, 輪禍を防げ脱ワースト高齢ドライバーの今 安全に特化した講習.

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
百菜元気新聞 ,平成30年7月1日,「百寿会の集い」

内田育恵 (NILS-LSA活用研究室)
ラジオNIKKEI 大人のラヂオ,平成30年7月6日,「加齢性難聴と認知症のリスク」

下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
東海テレビ スイッチ!,平成30年7月19日,「夏注意!シニアの“低栄栄養対策”」

大塚礼 (NILS-LSA活用研究室)
FOODS CHANNEL ,平成30年7月23日,「高齢者こそ脂肪を摂るべき!認知機能への効果とは~科学研究から見る、食と脳・こころ(前篇)」

近藤克則 (老年学評価研究部)
朝日新聞「交流して刺激多いまちへ」2018年7月4日

論文発表等

原著論文

Umegaki H, Makino T, Uemura K, Shimada H, Xian Wu Cheng, Kuzuya M. (予防老年学研究部)
Objectively measured physical activity and cognitive function in urban-dwelling older adults.
Geriatr Gerontol Int, 18(6):922-928, 2018 Jun.

Makizako H, Tsutsumimoto K, Shimada H, Arai H. (予防老年学研究部 老年学・社会科学研究センター)
Social Frailty Among Community-Dwelling Older Adults: Recommended Assessments and Implications.
Ann Geriatr Med Res, 22(1): 3-8, 2018.

Doi T, Makizako H, Tsutsumimoto K, Hotta R, Nakakubo S, Makino K, Suzuki T, Shimada H, (予防老年学研究部 理事長特任補佐室)
Combined effects of mild cognitive impairment and slow gait on risk of dementia.
Exp Gerontol, 110:146-150, 2018 Jun.

Bae S, Lee S, Lee S, Harada K, Makizako H, Park H, Shimada H. (予防老年学研究部)
Combined effect of self-reported hearing problems and level of social activities on the risk of disability in Japanese older adults: A populationbased longitudinal study.
Maturitas, 115:51-55, 2018.

Yuki A, Otsuka R, Tange C, Nishita Y, Tomida M, Ando F, Shimokata H (NILS-LSA活用研究室)
Physical frailty and mortality risk in Japanese older adults.
Geriatr Gerontol Int, 18: 1085-1092, 2018.

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
地域包括ケアの基本的概念とあるべき形.
医療 72, 313-316, 2018

Maeshima S, Osawa A (リハビリテーション科部)
Thalamic Lesions and Aphasia or Neglect.
Curr NeurolNeurosci Rep, 2018 May 23, 18(7):39,  doi:10.1007/s11910-018-0844-4. 

T Fukuoka, Y Ito, M Watanabe, K Shinmura, T Matsubara, Y Kagiyama T Nemoto (健康長寿支援ロボットセンター)
Study on the Evaluation Method of Fracture Risk by Dynamic Loading Considering Age and Gender - Influence of Bone Strength and Soft Tissue –.
Proceedings of The Sixth Japan-US NDT Symposium USB memory version, pp.171-176, 2018

Kanamori S,Takamiya T, Inoue S, Kai Y,Tsuji T,Kondo K .(老年学評価研究部)
Frequency and pattern of exercise and depression after two years in older Japanese adults: the JAGES longitudinal study. Sci Rep. 2018 Jul 25;8(1)

Tsuji T, Amemiya A, Shirai K,Stenholm S, Pentti J, Oksanen T, Vahtera J, Kondo K .(老年学評価研究部)
Association between education and television viewing among older working and retired people: a comparative study of Finland and Japan. BMC Public Health. 2018 Jul 25;18(1):917.

Hayashi T, Kondo K, Kanamori S, Tsuji T, Saito M, Ochi A, Ota S. (老年学評価研究部)
Differences in Falls between Older Adult Participants in Group Exercise and Those Who Exercise Alone: A Cross-Sectional Study Using Japan Gerontological Evaluation Study (JAGES) Data. Int J Environ Res Public Health. 2018 Jul 5;15(7).

Ishihara M, Saito T, Sakurai T, Shimada H, Arai H. (老年社会科学研究部,もの忘れ外来部,予防老年学研究部,老年学・社会科学研究センター長)
Effect of a Positive Photo Appreciation Program on Depressive Mood in Older Adults: A Pilot Randomized Controlled Trial. International Journal of Environmental Research and Public Health, 2018 Jul 12;15(7). pii: E1472.

鄭丞媛, 井上祐介, 斎藤民, 村田千代栄, 鈴木隆雄. (老年社会科学研究部、理事長特任補佐室)
認知症の徘徊により行方不明になった者の特徴と自治体の徘徊対策の現状: A県の全市町村を対象にした調査から.
認知症ケア学会誌 ,17(2)457-463,2018

Mikawa R, Suzuki Y, Baskoro H, Kanayama K, Sugimoto K, Sato T, Sugimoto M: (老化機構研究部)
Elimination of p19ARF-expressing cells protects against pulmonary emphysema in mice.
Aging Cell, Jul 30, 2018 : e12827

Sakakibara Y, Sekiya M, Saito T, Saido TC, Iijima KM. (アルツハイマー病研究部)
Cognitive and emotional alterations in App knock-in mouse models of Aβ amyloidosis.
BMC Neurosci, 19(1): 46, 2018

Koide Y, Teranishi M, Sugiura S, Uchida Y, Nishio N, Kato K, Otake H, Yoshida T, Otsuka R, Ando F, Shimokata H, Hasegawa Y, Nakashima T, Sone M (耳鼻いんこう科部,NILS-LSA活用研究室)
Association between uncoupling protein 2 gene Ala55val polymorphism and sudden sensorineural hearing loss.
J Int Adv Otol, 14: 166-169, 2018.

総説, その他

川島修司、徳田治彦.(代謝内科部、臨床検査部)
糖尿病と認知症(6-6)糖尿病を合併した糖尿病患者の治療の実際.
医療の広場,58(7):4-6,2018

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
「認知症への新たなアプローチ」,聖マリア医学 43巻 P2-7,2018.7

下方浩史,安藤富士子 (NILS-LSA活用研究室)
食事ガイドライン第6回:動脈硬化性疾患予防ガイドライン.
食と医療,6:92-96,2018.

Nakamura A. (脳機能画像診断開発部)
 Editorial: Plasma biomarker for alzheimer's disease: Are we ready now for clinical practice and drug trials?
The journal of prevention of Alzheimer's disease. 2018;5:158-159

飯島浩一, 関谷倫子(アルツハイマー病研究部)
アルツハイマー病発症機序研究 —TREM2/TYROBPから見えてきたアルツハイマー病発症機序—.
Animus 96: 13-17, 2018

木澤剛,加藤隆司木村泰之伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
脳血流SPECT  In: 特集「画像診断医のための認知症画像診断」 
画像診断 38(9):912-920, 8月号 2018年7月25日発行

書物等

幸篤武,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
Q.2 罹患の実態について教えてください.
サルコペニア30のポイント,関根里恵,小川純人編,フジメディカル出版,p12-16,2018.

安藤富士子,下方浩史 (NILS-LSA活用研究室)
Q.6 サルコペニア高齢者の特徴は?遺伝子,性差,環境,生活習慣など.
サルコペニア30のポイント,関根里恵,小川純人編,フジメディカル出版,p32-36,2018.

松居徹, 近藤和泉, 大沢愛子, 前島伸一郎 (リハビリテーション科部)
スコアリングをもとにした予後予測.
医療従事者と家族のための遷延性意識障害患者のために在宅ケアサポートブック. 黒岩俊彦, 加藤庸子監修, 日本意識障害学会編集, 55-57, 2018

大沢愛子, 前島伸一郎 (リハビリテーション科部)
呼吸管理(在宅呼吸リハビリテーション).
医療従事者と家族のための遷延性意識障害患者のために在宅ケアサポートブック. 黒岩俊彦, 加藤庸子監修,日本意識障害学会編集, 91-94, 2018

大沢愛子, 前島伸一郎 (リハビリテーション科部)
在宅リハビリテーション(意思伝達の方法:補助装置). 
医療従事者と家族のための遷延性意識障害患者のために在宅ケアサポートブック. 黒岩俊彦, 加藤庸子監修,日本意識障害学会編集, 142-143, 2018

近藤和泉 (リハビリテーション科部)
病院における認知症患者リハビリテーションの実際.
日々のくらしにつなげる認知症リハビリテーション実践ガイド, 公益社団法人 全国老人保健施設協会編, 93-118, 2018

大沢愛子 (リハビリテーション科部)
病院における認知症患者リハビリテーションの実際.
日々のくらしにつなげる認知症リハビリテーション実践ガイド, 公益社団法人 全国老人保健施設協会編, 94-108, 2018

講演等

学会・研究会等発表

遠藤英俊 (長寿医療研修センター)
第10回日本静脈経腸栄養学会近畿支部学術集会 特別講演「高齢者の栄養に関するトピックス」,2018年7月7日(土),神戸市

Yanagisawa K. (研究所長室)
Opening Comments on Plasma Aß Biomarkers.
Global Biomarkers Standardization Consortium of CSF biomarkers, July 21, 2018. Chicago, USA.

Izumi Kondo, Kei Ito, Eiko Takano, Nobuyuki Morioka, Kenji Sato, Yumi Mizuno, Naoki Ito (リハビリテーション科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
Can SIDE Predict the Fall after Discharge for the Patients after Surgery for Proximal Femoral Fracture.
The 12th International Society of Physical and Rehabilitation, 8-12 Jul, 2018, Paris, France

Osawa A, Ueda I, Izumi K, Arai H (リハビリテーション科部, 病院長)
A novel handicraft kit for cognitive assessment and rehabilitation for people with dementia.
The 12th International Society of Physical and Rehabilitation, 8-12 Jul, 2018, Paris, France

近藤和泉, 高野映子, 大沢愛子, 長嶺義秀, 本田千穂, 篠田淳 (リハビリテーション科部, 健康長寿支援ロボットセンター)
NASVAスコアに対するRasch分析.
第27回日本意識障害学会 シンポジウム2「慢性期意識障害の診断・治療」, 2018年7月20日-21日, 豊中市, 大阪府

近藤和泉, 大沢愛子, 前島伸一郎, 松居徹 (リハビリテーション科部)
慢性期軽症意識障害スケールの作成.
第27回日本意識障害学会 特別講演2「意識障害スコアリング再考」, 2018年7月20日-21日, 豊中市, 大阪府

松原知貴, 伊藤安海, 根本哲也 (健康長寿支援ロボットセンター)
CT画像を利用した有限要素法による 画像を利用した有限要素法による骨折解析の法科学へ応用 -幼児頭蓋における骨折荷重推定事例 幼児頭蓋における骨折荷重推定事例 -.
第9回MECHANICAL FINDERユーザー研究会, 2018年7月14日, 東京

根本哲也, 冨村敦子, 伊藤安海, 原田敦 (健康長寿支援ロボットセンター)
メカニカルファインダーの人体損傷への応用.
第9回MECHANICAL FINDERユーザー研究会, 2018年7月14日, 東京

Yamakoshi K, Iida M, Nishijima R, Kameyama A, Maruyama M.(老化機構研究部)
Bmi-1 controls cancer cell motility and invasion through the glycosyltransferase C2GnT2
International Cell Senescence Association, July 10, 2018, Montreal Canada.

Ogata A, Kimura Y, Yamada T, Bin Ji, Seki C, Ichise M, Abe J, Ikenuma H, Koyama H, Suzuki M, Kato T, Ito K. (脳機能画像診断開発部)
Development of PET imaging of Colony Stimulating Factor 1 Receptor Expressed on Microglia
The XII International Symposium of Functional Neuroreceptor Mapping of the Living Brain (NRM2018), July 12, 2018, London, UK

Shimada H, Ono M, Tagai K, Kubota M, Kitamura S, Takuwa H, Seki C, Kimura Y, Ichise M, Shinotoh H, Takahata K, Yamamoto Y, Sano Y, Takado Y, Tempest P, Jang MK, Seibyl J, Barret O, Alagille D, Marek K, Sahara N, Kawamura K, Zhang MR, Suhara T, Higuchi M. (脳機能画像診断開発部)
Clinical and preclinical characterization of Tau PET ligand 18F-PM-PBB3 in diverse tauopathies
Alzheimer's Association International Conference, July 22, 2018, Chicago, US

Nakamura A, Kaneko N, Villemagne VL, Kato T, Doecke J, Doré V, Fowler C, Li Q-X, Martins R, Rowe C, Ishii Ke, Ishii Ka, Arahata Y, Iwamoto S, Ito K, Tanaka K, Masters CL, Yanagisawa K. (脳機能画像診断開発部、神経内科部、研究所長室)
Plasma biomarker with high accuracy in predicting brain amyloid-β burden: Initial results across two independent large cohorts NCGG (Japan) and AIBL (Australia)
Alzheimer's Association International Conference, July 24, 2018, Chicago, US

Okada Y, Iwata K, Kato T, Kimura Y, Kizawa G, Nakamura A, Hattori H, Toyama H, Matsuda H, Ito K, Iwatsubo T, JADNI  (脳機能画像診断開発部、精神科部)
The effect of age and sex on evaluation hippocampal atrophy in normal and mild AD dementia, J-ADNI study
Alzheimer's Association International Conference, July 24, 2018, Chicago, US

平島 学、鈴木啓介、佐藤弥生、片山朱美、本田 愛、伊藤有香、井上麻希、進藤由美、佐治直樹、櫻井 孝、伊藤健吾、鳥羽研二 (治験・臨床研究推進センター、もの忘れ外来部、企画戦略局、脳機能画像診断開発部、理事長)
「臨床試験の加速化を目指した軽度認知障害(MCI)レジストリの構築」
第39回日本臨床薬理学会学術総会,京都,2018年7月3日

近藤克則 (老年学評価研究部)
シンポジウム4:社会医学課題へ切り込む疫学 健康格差に挑む社会疫学-JAGES(日本老年学的評価研究)
第59回日本社会医学会総会,2018年7月22日,栃木県壬生町

大髙由美,舟越光彦,尾形和泰,伊藤真弘,福庭勲,結城由恵,大矢亮,中司貴大,近藤尚己,近藤克則 (老年学評価研究部)
患者の経済状態を把握するための、簡易質問項目の開発
第59回日本社会医学会総会,2018年7月21日,栃木県壬生町

岡田栄作,杉田恵子,櫻木正彦,近藤克則,尾島俊之 (老年学評価研究部)
地域診断結果共有・展開ツール「Community Diagnosis Share Tool」の開発
第59回日本社会医学会総会,2018年7月21日,栃木県壬生町

細川陸也,尾島俊之,近藤克則 (老年学評価研究部)
健康寿命および平均寿命に関連する高齢者の生活要因
第59回日本社会医学会総会,2018年7月22日,栃木県壬生町

Arai H(老年学・社会科学研究センター)
Aged care in Japan : Past, current and future
International Symposium of Aged Health and Care July. 21   2018 Taiwan

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017を紐解く
平成30年度全国栄養士大会 平成30年7月28日~7月29日 横浜

荒井秀典(老年学・社会科学研究センター)
Management of Atherogenic Dyslipidemia to Reduce Residual Risk : Impact of a Novel Selective Peroxisome Proliferator-activated Receptor αModulator (SPPARMα)
第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会 平成30年7月12日~7月14日 大阪

佐竹昭介(フレイル研究部)
薬剤師のための栄養学
ランチョンセミナー9 第11回 日本在宅薬学会学術集会 2018.7.16 大阪

Sakakibara Y, Sekiya M, Saito T, Saido TC, Iijima KM. (アルツハイマー病研究部)
AβアミロイドーシスモデルであるAppノックインマウスにおける情動および認知機能に関する行動解析. Emotional and cognitive alterations in App knock-in mouse models of Aβ amyloidosis.
第41回日本神経科学大会, 2018年7月27日, 神戸市

Quan X, Sekiya M, Sakakibara Y, Iijima KM. (アルツハイマー病研究部)
加齢性海馬硬化症発症機序の解明. Mechanisms Underlying Hippocampal Sclerosis of Aging.
第41回日本神経科学大会, 2018年7月29日, 神戸市

Shindo Y, Horibe K. (企画戦略局)
Effects of the Dementia Supporter Program ~Change in Attitude and Behavior of the Workers for Financial Services~
33rd International Conference of Alzheimer’s Disease International, July 28, 2018, Chicago, U.S.A.

中田隆文,寺西正明,上田幸夫,曾根三千彦 (耳鼻咽喉科部)
高齢女性のBPPV患者におけるFRAX®を用いた骨折発生危険度の評価
第66回日本耳鼻咽喉科学会中部地方部会連合会,2018.7.14 岐阜

講演など(教育、普及、広報活動)

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
認知症予防フォーラム実行委員会 「認知症予防フォーラム」 講演、2018年7月1日、名古屋市

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
聖路加国際大学教育センター「2018年度認定看護師教育課程(認知症看護コース)」講師、2018年7月6日、東京都

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
国際医療福祉大学大学院 乃木坂スクール「認知症にどう取り組むか」講師、2018年7月10日、東京都

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
スマートリィ・エイジングEXPO「認知症にならない『元気脳』のつくり方」講演、2018年7月21日、東京都

遠藤英俊(長寿医療研修センター)
一般社団法人 静岡県介護福祉士会「介護福祉士ファーストステップ研修」講師、2018年7月29日、静岡市

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症とその予防について.
神奈川県横浜市中福祉保健センター主催認知症予防講演会, 横浜市, 2018年7月3日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症予防のための運動(コグニサイズ).
介護予防事業授業者向け研修会, 中津川市, 2018年7月4日.

石井秀明. (予防老年学研究部)
認知症予防とコグニサイズの概要、認知機能評価の概要、認知機能評価の演習・ロールプレイ、検査データの扱い方.
平成30年度認知機能評価研修会, 横浜市, 2018年7月6日.

金珉智. (予防老年学研究部)
認知症予防とコグニサイズの概要、認知機能評価の概要、認知機能評価の演習・ロールプレイ、検査データの扱い方.
平成30年度認知機能評価研修会, 横浜市, 2018年7月6日.

中窪翔. (予防老年学研究部)
認知症予防とコグニサイズの概要、認知機能評価の概要、認知機能評価の演習・ロールプレイ、検査データの扱い方.
平成30年度認知機能評価研修会, 横浜市, 2018年7月6日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
認知症予防とコグニサイズの概要、認知機能評価の概要、認知機能評価の演習・ロールプレイ、検査データの扱い方.
平成30年度認知機能評価研修会, 横浜市, 2018年7月6日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
運転寿命延伸プロジェクトについて.
全国合宿教習所協議会, 東京都, 2018年7月9日.

島田裕之. (予防老年学研究部)
Detection of Dementia: Developing Al-Aided Prediction Algorithm.
2018 Forum of Future AI: Applications in Medicine of Aging Symposium, Taiwan, 2018年7月23日.

土井剛彦. (予防老年学研究部)
軽度認知障害(MCI)とは?.
西区認知症講演会, 名古屋市, 2018年7月23日.

内田育恵 (NILS-LSA活用研究室)
難聴と認知機能.
平成30年度日本耳鼻咽喉科学会大阪府地方部会が行う補聴器相談医資格更新のための講習会,2018年7月14日,大阪市.

内田育恵 (NILS-LSA活用研究室)
高齢期難聴の影響-バランス機能や認知機能-.
尾勢耳鼻咽喉科講演会,2018年7月21日,名古屋市.

内田育恵 (NILS-LSA活用研究室)
聞こえともの忘れの気になる関係.
平成30年度尾張旭市健康講座,2018年7月26日,尾張旭市.

大沢愛子, 前島伸一郎, 近藤和泉 (リハビリテーション科部)
高次脳機能障害のリハビリテーション.
第27回意識障害学会 教育講演「遷延性意識障害の治療・看護の現状と今後の展望」, 2018年7月20日-21日, 豊中市, 大阪府

近藤克則 (老年学評価研究部)
Roundtable session:Getting from science to policy and practice, How to make sure that your research findings do not get lost in translation? パネリスト
7th GACD Implementation Science Workshop,2018年7月5日,東京都中央区

近藤克則 (老年学評価研究部)
「法人設立の背景とめざすもの」
JAGES機構設立記念シンポジウム「健康長寿・地域共生社会づくりと『見える化』」,2018年7月8日,東京都文京区

近藤克則 (老年学評価研究部)
「食環境と健康-こどもから高齢者まで-」,第5回「アマニフォーラム」セミナー, 2018年7月10日,東京都中野区

近藤克則 (老年学評価研究部)
「~多世代協働の社会づくり~人々のつながりと健康 生協参加による健康づくり 効果検証へのご協力のお願い」 平成30年度消費生活協同組合役員研修会,2018年7月12日,千葉県千葉市

近藤克則 (老年学評価研究部)
「健康格差社会への処方箋 社会と健康の間にある謎とは?」
麻生区協働事業第3期「超高齢団地の支え合い」平成30年度第2回講演会,2018年7月14日, 神奈川県川崎市

近藤克則 (老年学評価研究部)
「健康格差社会への処方箋」 栃木保健医療生活協同組合 学習講演会,2018年7月22日,栃木県宇都宮市

近藤克則 (老年学評価研究部)
「健康格差対策と地域共生社会づくり」, 鳥取県市町村保健師協議会,2018年7月24日,鳥取県倉吉市

近藤克則 (老年学評価研究部)
「データヘルス新時代の健康なまちづくり」, 長野県保険者協議会トップセミナー, 2018年7月31日,長野県長野市

宮國康弘 (老年学評価研究部)
パネルディスカッション「保険者機能強化推進において、今保険者がなすべきこととは」パネリスト
地域包括ケア実践セミナー2018,2018年7月5日,東京都千代田区

伊藤健吾 (脳機能画像診断開発部)
認知症の診療と研究におけるPET検査
第32回老年期認知症研究会 2018年7月28日 東京

佐竹昭介(フレイル研究部)
健康長寿延伸のため大切なこと
平成30年度 いきいき百歳体操交流会 2018.7.14 滋賀県栗東市

佐竹昭介(フレイル研究部)
健康長寿延伸のための高齢者診療~サルコペニア・フレイルの概念と利用
日医生涯教育協力講座セミナー 2018.7.21 三重県津市

進藤由美(企画戦略局)
「認知症介護の過去・現在・未来」
「地域資源の理解とケアへの活用」
平成30年度第1回足立区認知症介護実践者研修 足立区、平成30年7月3日、足立区役所

進藤由美(企画戦略局)
「認知症の基礎知識」
日本語版BPSDケアプログラム アドミニストレータ―研修 東京都医学総合研究所、2018年7月20日、足立区

センター内活動(セミナー等)

 

マンスリーレポートトップに戻る

マンスリーレポート 2018年 [平成30年] 7月分マンスリーレポート(研究業績)を掲載しました