本文へ移動

老年学・社会科学研究センター

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

 

組織

ホーム > 老年学・社会科学研究センター > 組織 > 老年学評価研究部

老年学評価研究部

老年学評価研究部では、JAGES(Japan Gerontological Evaluation Study, 日本老年学的評価研究)に取り組んでいます。このプロジェクトは、健康長寿社会をめざした政策の科学的な基盤づくりを目標としたもので、2016年には全国40市町村の約20万人、2019年には64市町村の25万人超の高齢者にご回答いただいた大規模調査を実施しました。健康な高齢化とユニバーサル・ヘルス・カバレッジ の推進に向けて、ナレッジ・トランスレーション(KT:知見の政策や事業への活用)に取り組んでいます。詳しくは、WHOから出版されたモノグラフ※をご参照ください。

※ Kondo K, Rosenberg M, editors. Advancing universal health coverage through knowledge translation for healthy ageing: lessons learnt from the Japan Gerontological Evaluation Study. Geneva: World Health Organization; 2018このリンクは別ウィンドウで開きます 

日本語の要旨はこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます 

研究者

JAGES事務局体制図このリンクは別ウィンドウで開きます

2019年度「健康とくらしの調査」ご案内このリンクは別ウィンドウで開きます

老年学評価研究部ホームページ

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター