在宅連携医療部について
----------在宅連携医療部----------

交通アクセス サイトマップ

文字サイズ:

twitter


長寿メニュー
病院
研究所
認知症先進医療開発センター
老年学・社会科学研究センター
もの忘れセンター
メディカルゲノムセンター(バイオバンク)
治験・臨床研究推進センター
長寿医療研修センター
歯科口腔先進医療開発センター
健康長寿支援ロボットセンター
お問い合わせ
ツバメ

急性期病院との在宅医療研修会

home ホーム > 在宅医療の推進 > 在宅生活を支える > 急性期病院との在宅医療研修会
> 平成27年度 > 独立行政法人労働者健康福祉機構 旭労災病院(現在のページ)

独立行政法人労働者健康福祉機構 旭労災病院

研修会の概要

目的 病院スタッフが在宅医療現場について知見を深め、また、在宅ケアスタッフが病院の機能を学ぶことで、より円滑な連携が推進され、地域における生活の切れ目ない医療提供体制の構築に寄与することを目的とし、当研修会を開催する。
目標 1. 病院スタッフと在宅ケアスタッフの相互の顔の見える関係を構築する。
2. 今後のより円滑な連携体制構築にむけた、現状の情報交換と課題の共有を行う。
対象者 1. 病院の医師、看護師(病棟・連携担当)、医療ソーシャルワーカー、その他の職種。
2. 在宅医療に従事する医師、看護師、ケアマネジャー、その他の職種。
開催日時 平成28年1月20日(水曜日)14:00〜16:00 ※終了しました
開催場所 独立行政法人労働者健康福祉機構 旭労災病院 診療棟会議室
〒488-8585
尾張旭市平子町北61番地
TEL 0561-54-3131(代表)

2.プログラム・研修会資料

時間 内容 演者 資料
14:00 開会 総合司会 旭労災病院
医事課長 北村功氏
挨拶 愛知県医師会 理事
野田正治氏
14:10 趣旨説明 国立長寿医療研究センター
和田忠志氏
14:15 講演「病院の行う退院支援」
座長 旭労災病院 呼吸器科部長 加藤宗博氏
国立長寿医療研究センター
千田一嘉氏
14:35 講演「在宅医療への導入」
座長 旭労災病院 呼吸器科部長 加藤宗博氏
愛知県医師会 理事
野田正治氏
14:55 グループワーク 国立長寿医療研究センター
和田忠志氏
16:40 グループ代表者発表・討論 国立長寿医療研究センター
和田忠志氏
16:55 講評 旭労災病院
副院長 宇佐美郁治氏
16:00 終了
アンケート記入後、解散

※この研修会は、公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団の助成を受けています。

3.グループワーク 模造紙画像


サイトマップ 在宅連携医療部について 資料ダウンロード 各種ビデオ資料 リンク お問い合わせ