在宅連携医療部について
----------在宅連携医療部----------

交通アクセス サイトマップ

文字サイズ:

twitter


長寿メニュー
病院
研究所
認知症先進医療開発センター
老年学・社会科学研究センター
もの忘れセンター
メディカルゲノムセンター(バイオバンク)
治験・臨床研究推進センター
長寿医療研修センター
歯科口腔先進医療開発センター
健康長寿支援ロボットセンター
お問い合わせ

copyright

カブト

在宅医療の推進・情報共有

home ホーム > 在宅医療の推進 > 在宅生活を支える > 情報共有(現在のページ)

情報共有

ICTを活用した情報共有

はじめに

超高齢社会を向かて、ますます地域で医療・介護・福祉連携の重要性が求められる中、支援提供者が支援を受ける方の情報を迅速に、かつ的確に把握する事でチームの機能を高め、質のより支援提供につながるという声が多く聞かれるようになりました。
全国では、迅速に、知りたい情報が確実に安全に共有されるためにICTを活用した情報共有システムの開発・導入・稼働が始まっており、今後の多職種連携と在宅医療推進に向けて引き続き検討を進める課題の一つと捉えています。


シンポジウムのご案内

1.チラシ

2.開催日程

日付 2013年6月29日(土) ※終了しました
時間 13時30分〜16時30分
場所 ウインクあいち(愛知県産業労働センター) 11階 1104会議室
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
TEL 052-571-6131
参加費 2,000円
主催 NPO法人 地域ICTプラットホーム

3.プログラム

  1. 医療ICTに関する総務省の取扱いについて
    総務省情報流通行政局情報流通振興課 情報流通高度化推進室長 吉田恭子氏
  2. 在宅医療連携拠点事業における多職種連携について
    国立長寿医療研究センター 在宅連携医療部長 三浦久幸氏
  3. 在宅療養支援診療所のICT活用について
    やすい内科 医学博士 安井直氏


サイトマップ 在宅連携医療部について 資料ダウンロード 各種ビデオ資料 リンク お問い合わせ