在宅連携医療部について
----------在宅連携医療部----------

交通アクセス サイトマップ

文字サイズ:

twitter


長寿メニュー
病院
研究所
認知症先進医療開発センター
老年学・社会科学研究センター
もの忘れセンター
メディカルゲノムセンター(バイオバンク)
治験・臨床研究推進センター
長寿医療研修センター
歯科口腔先進医療開発センター
健康長寿支援ロボットセンター
お問い合わせ

copyright
カメ

平成28年度のとりくみ@あいち

home ホーム > 包括ケアシステム構築@あいち> 平成28年度のとりくみ@あいち > タイプ別研修会
>開発志向型研修会@第6回 大口町、江南保健所、尾北医師会連携会議(現在のページ)

開発志向型研修会

第6回 大口町、江南保健所、尾北医師会連携会議

今回の会議目的 大口町の地域包括ケアシステム構築にむけた、地域課題の明確化と課題解決策の検討
今回の会議題
  1. 大口町民の療養生活の可視化(町民の医療や介護サービスとの接点を見える化)
  2. 見える化された地域課題を踏まえた、大口町のまちづくり活動ジョンの検討
日付 平成28年9月30日(土) 13:30〜15:30) ※終了しました
場所 大口町 健康文化センター
〒480-0126 愛知県丹羽郡大口町伝右1丁目35
電話:0587-94-0061
主催 大口町、江南保健所、尾北医師会サポートセンター
オブザーバー 江南市、犬山市、扶桑町
開発志向型研修会の目的
  1. 主催自治体
    1. 自分たちの取組みを他地域の関係者に公開する準備の過程で、自分たちの活動の強みに気づ き、活動の方向性を明確化することを学ぶ。
    2. 自分達の取組みを客観的にとらえながら、他地域の自治体担当者とディスカッションの中で 活動を洗練化させる。
  2. オブザーバー自治体
    1. 県内の他市町村の活動を主体的に情報収集し、自分の地域の取組みを発展させることを学ぶ。

※大口町・江南保健所・尾北医師会連携会議の場を、開発志向型研修会として承認を頂き、周辺自治体も一緒に学ぶ場として公開頂きました。




サイトマップ 在宅連携医療部について 資料ダウンロード 各種ビデオ資料 リンク お問い合わせ