在宅連携医療部について
----------在宅連携医療部----------

交通アクセス サイトマップ

文字サイズ:

twitter


長寿メニュー
病院
研究所
認知症先進医療開発センター
老年学・社会科学研究センター
もの忘れセンター
メディカルゲノムセンター(バイオバンク)
治験・臨床研究推進センター
長寿医療研修センター
歯科口腔先進医療開発センター
健康長寿支援ロボットセンター
お問い合わせ

copyright
カメ

平成28年度のとりくみ@あいち

home ホーム > 包括ケアシステム構築@あいち> 平成28年度のとりくみ@あいち > タイプ別研修会
>地域コミット型研修会@新城市(現在のページ)

地域コミット型研修会

急性期病院と在宅医療現場の連携研修会 〜切れ目のない医療提供体制の構築を目指して〜

目的 できる限り暮らし慣れた地域で暮らし続けたいと願う住民の希望が高まる近年の社会ニーズを受けて、切れ目のない医療提供体制の構築を目指す
目標 新城市民病院圏域の、病院医療を含めた暮らしを支える医療のための専門職間の連携体制を構築する
活動目標 新城市民病院において、新城市民病院スタッフと在宅医療スタッフ、新城市民病院医療圏内生活支援や介護の中核人材の顔の見える関係づくりのための研修会を開催する
日時 平成29年 2月23日(木) 19:30〜21:30
場所 新城市民病院 3階 講義室
〒441-1387 愛知県新城市北畑32-1
電話 0536-22-2171(代表)
主催 新城市民病院、新城市、新城市医師会
国立長寿医療研究センター
愛知県
内容
  • 講演『地域包括ケアと、暮らしを支える医療に期待される役割について』
  • ワールド・カフェ『地域のつながりを創造する』
対象者
  1. 病院医療スタッフ: 医師、看護師、連携担当スタッフ、薬剤師、栄養士等
  2. 在宅医療スタッフ: 医師、訪問看護師、薬剤師、歯科医師など
  3. 生活支援、介護スタッフ:介護支援専門員、介護職、市役所職員、保健所職員等
参加者へのご案内等 新城市民病院、新城市医師会在宅医療サポートセンターから関係者へアナウンスします。

プログラム

第1部

時間 分数 内容 演者
19:30 10 開会 新城市長 穂積亮次 氏
挨拶 愛知県医務国保課
19:40 5 趣旨説明 国立長寿医療研究センター
在宅連携医療部 三浦 久幸 氏
19:45 20 講演「住民のいつまでも暮らし続けられるまちづくりと、暮らしを支える医療に期待される役割について」

第2部

時間 分数 内容 演者
20:05 55 グループワーク
ワールドカフェ
★こんな地域のつながり、あったらいいな!を創造する
国立長寿医療研究センター
後藤 友子 氏
21:00 15 グループ・ディスカッションの情報共有 テーブルホスト
21:15 10 講評 新城市民病院 院長 綿引洋一 氏
新城市医師会 会長 中根幸雄 氏
21:25 5 閉会のあいさつ 愛知県 医療福祉計画課
21:30 アンケート記入後、解散

※第1部は、医務国保課の平成28年度愛知県委託事業 在宅医療移行支援研修事業費にて実施いたします。

※第2部は、医療福祉計画課の平成28年度地域包括ケア相談体制整備事業にて開催します。



サイトマップ 在宅連携医療部について 資料ダウンロード 各種ビデオ資料 リンク お問い合わせ