文字サイズ

ホーム > お知らせ > 認知症予防運動「コグニサイズ™」に関するお知らせ

認知症予防運動「コグニサイズ™」に関するお知らせ

国立長寿医療研究センターは、「コグニサイズ™」の普及を図っています。

 認知症を患う人数は、今後大きく増えることが予想され、2012年に全国で462万人と推計された人数が、2025年には700万人を超えるとされ、わずか10年間で1.5倍に増加すると予想されています。
 このような背景の中で、国立長寿医療研究センターでは、これまで自治体等との連携の下で進めてきた研究から、MCI(認知症ではないが正常とも言えない状態)の段階で、運動と認知トレーニングを組み合わせた「コグニサイズ」の実施が、認知機能の低下を抑制することを明らかにしました。
 国立長寿医療研究センターは、認知症になる方を少しでも減らすことを目指して「コグニサイズ」の普及をしています。そのために、認知症予防に係る従事者を対象として、コグニサイズやその効果検証のための評価方法に関する研修を実施していく予定です。

スポーツジム、デイサービス、自治体の介護予防・健康増進事業等で、「コグニサイズ™」を継続的に実施される方へ 

-利用状況の把握のため、利用登録を行って下さい。(無料)

*ここでの利用とは「コグニサイズ™」の名称を利用した印刷物の作成を指します。通常の運動プログラムの一環としてコグニサイズを実施している場合のみにおいては登録の必要はありません。印刷物(チラシやパンフレット、Webでの告知など)に記載する場合のみ登録をお願いします。

コグニサイズについてよくある質問・Q&A
 

-「コグニサイズ」の実施に当たっては、予防老年学研究部のページをご参照下さい。

(予防老年学研究部のページに移動する)このリンクは別ウィンドウで開きます


コグニサイズ指導者研修実施のお知らせ

 このたび、国立長寿医療研究センターでは、コグニサイズ普及のための指導者養成研修を実施いたします。
養成研修には、「コグニサイズ指導者研修」(2日間)と「コグニサイズ実践者研修」(1日間)があります。コグニサイズ指導者研修では、コグニサイズの理論、認知機能の評価、コグニサイズの実践を含む包括的な講習内容となっており、受講者が一定の要件を満たした場合には、所属施設をコグニサイズ推進協力施設として認定します。コグニサイズ実践者研修は、コグニサイズの実践者を対象としてコグニサイズの具体的内容について研修します。

コグニサイズ指導者研修のページに移動するこのリンクは別ウィンドウで開きます


コグニサイズ™の商標を使った指導者研修について

「コグニサイズ™」の商標を使った指導者講習は、センターが関与するもの以外は認めていません。コグニサイズの商標を使った実践指導については、個別にお答えしていませんが、センター講習を受講の上で指導されることが望ましいと考えています。

 


「コグニサイズ™」に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスより、E-Mailでお問い合わせください。電話でのお問い合わせには対応しておりません。

※「コグニサイズ」は、国立長寿医療研究センターの登録商標です。

国立長寿医療研究センター
「コグニサイズ」普及事務局
cognicise@    ncgg.go.jp
※メールの際には@の後のスペースを削除下さい

お知らせ

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター